ダイヤとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > ダイヤ > ダイヤの意味・解説 

ダイヤ

《「ダイヤモンド」の略》

金剛石

トランプで赤い♦の模様また、その模様のついた


ダイヤ

ダイヤグラム」の略。「臨時―」


だい‐や【台屋】

読み方:だいや

遊郭で、料理調える仕出し屋


ダイヤ

作者唐十郎

収載図書唐十郎コレクション 2 銀ヤンマ小説
出版社右文書院
刊行年月2008.2


ダイヤ

読み方:だいや

  1. 腕力の強い者のことをいふ。〔犯罪語〕
  2. 腕力の強い者のことをいふ。
  3. 腕力の強いものを云ふ。
  4. 腕力の強い者のこと〔不良〕。
  5. 腕力強い人間のこと。〔一般犯罪
  6. 腕力の強い者。大屋と書き形容語。〔盗〕
  7. 不良〕(Diamond)の略。腕力のつよいもののこと。

分類 不良不良青少年硬派)、犯罪犯罪語、盗/犯罪


ダイヤ

読み方:だいや

  1. 事務運行社員出勤予定表のことをいふ。ダイヤグラムの略である。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

大屋

読み方:ダイヤ(daiya)

所在 富山県下新川郡朝日町

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

ダイヤ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/20 07:45 UTC 版)

ダイヤだいや




「ダイヤ」の続きの解説一覧

ダイヤ(DAIYA)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/22 00:42 UTC 版)

AR performers」の記事における「ダイヤ(DAIYA)」の解説

本名:甲本大哉 誕生日8月7日 血液型O型 身長:187cm 体重:71kg 本名は大哉。幼い頃両親亡くし施設育ったストリートダンス国際大会優勝経験をもつ。ラップ得意でCROSS BONE時代にはボーカル他にギター担当していた。ライブ衣装アクセサリーデザイン手掛けており、デニム改造趣味面倒見がよく几帳面な性格で、レイジ同居する学生寮での家事は主にダイヤが担っている口癖は「それな」。

※この「ダイヤ(DAIYA)」の解説は、「AR performers」の解説の一部です。
「ダイヤ(DAIYA)」を含む「AR performers」の記事については、「AR performers」の概要を参照ください。


ダイヤ(開拓・海底)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/11 05:00 UTC 版)

ドラえもん (ファミコン)」の記事における「ダイヤ(開拓海底)」の解説

開拓編では単に得点加算のみだが、海底編では画面内の敵をすべて消し去る効果を持つ(一定数割合アイテムにも変化しその後アイテム発生にも影響する)。また、アイテム持ち去ってしまうユーレイ消し去ることが出来る唯一の手段でもある。ただし、海底編では金塊と合わせて20個取ると拷問部屋飛ばされる開拓編・海底編共に2000点が加算される

※この「ダイヤ(開拓・海底)」の解説は、「ドラえもん (ファミコン)」の解説の一部です。
「ダイヤ(開拓・海底)」を含む「ドラえもん (ファミコン)」の記事については、「ドラえもん (ファミコン)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ダイヤ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

ダイヤ

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 13:07 UTC 版)

名詞

ダイヤ別表記:ダイア

  1. ダイヤモンド金剛石
  2. トランプ名称一つ記号「♦」。ダイヤモンド図案化して赤く描いたもの。

語源

ダイヤモンドの略 < 英語 diamond

発音(?)

だ↘いや
だ↗いや

関連語

翻訳

名詞2

ダイヤ

  1. ダイヤグラム交通機関運行表
  2. 電車の運行状況

語源

ダイヤグラムの略。


「ダイヤ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ダイヤと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ダイヤ」の関連用語

ダイヤのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ダイヤのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本民営鉄道協会日本民営鉄道協会
(C) 2022 (社)日本民営鉄道協会
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのダイヤ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのAR performers (改訂履歴)、ドラえもん (ファミコン) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのダイヤ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS