勘定とは?

かん‐じょう〔‐ヂヤウ〕【勘定】

[名](スル)

物の数量、または金銭数えること。「売上金の勘定が合わない」「人員勘定する

代金支払うこと。また、その代金。「勘定を済まして店を出る」

他から受ける作用や、先々生じるかもしれない事態などを、あらかじめ見積もっておくこと。「列車待ち時間を勘定に入れて行動する」

いろいろ考え合わせて出た結論。「うまくいけばみんなが得をする勘定だ」

簿記で、資産負債資本増減収益費用発生記録・計算するために設け形式


かん‐じょう ‥ヂャウ 【勘定】

〔名〕

① (━する) いろいろ考え合わせて判断下すこと。

続日本紀天平宝字八年(764)七月丁未「勅曰、前者、卿勘定而奏、依庚午勘者沈」

② (━する) 金銭物の数量を数えること。計算すること。決算

延喜式(927)一一「凡諸国異損正税雑稲未納者、率勘損田

浮世草子日本永代蔵(1688)三「勘定(カンデウ)なしの無帳無分別

③ (━する) 代金支払うこと。また、その代金

高野山文書‐(年未詳五月七日・会行事書状案「又水旱の損に勘定候て、年預坊へ御わたしある分にて候

仕事報酬としての金銭

女工哀史1925)〈細井和喜蔵一六そのくせ彼の取る勘定は妻よりもすけない

(5) (━する) 利害損得などを予測して計算すること。見積り予想

滑稽本風来六部集(1780)飛だ噂の評「飯と汁と香の物計(ばかり)喰て居れば、病気出ず勘定にもよけれ共」

(6) (━する) 考えに入れること。→勘定に入れる

*門(1910)〈夏目漱石〉一七「宗助は羨しい人のうちに、御米(およね)迄勘定(カンヂャウ)しなければならなかった」

(7) いろいろな事情考え合わせて出る結論。わけ。活用語連体形や「…という」の形を受けて用いられる。

酒中日記(1902)〈国木田独歩五月八日自然と私共も忙がしくなる勘定(カンヂャウ)サ」

(8) 簿記で、資産負債資本収益費用について、その増減記録計算をするために設定する計算上の区分のこと。借方貸方という形式用いて増減変化記入する。勘定科目勘定口座の意味にも用いる。

(9) キリスト教で、神の下し審判室町時代末期西洋人によって与えられた訳語

ぎやどぺかどる(1599)上「最期に臨んでは〈略〉只御勘定の緊しき事をのみ歎き

(10) 江戸時代勘定組頭支配を受けて勘定所事務取り扱った役人のこと。勘定衆

*吏徴(1845)別録・下「御勘定 寛永十五戊寅十二月五日始置十二

(11) 飲食などをおごらせて帳尻を合わせること。

胡瓜遣1872)〈仮名垣魯文〉初「勘定(カンジャウ)とは俗におごる、おごらせるなど云言葉なり」


勘定

作者武田麟太郎

収載図書武田麟太郎全集 第3
出版社日本図書センター
刊行年月2003.1


勘定

読み方:カンジョウ(kanjou)

作者 武田麟太郎

初出 昭和8年

ジャンル 小説


勘定

読み方
勘定かんじょう

勘定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/30 05:20 UTC 版)

勘定(かんじょう)




「勘定」の続きの解説一覧

勘定

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 08:22 UTC 版)

名詞

 かんじょう

  1. サ変金額計算すること。
  2. サ変代金支払うこと。また、その代金
  3. いろいろ事象考え合わせること。考慮
  4. 簿記において、取引内容記録計算するために設けられた区分のこと。勘定につけた名称勘定科目という。

発音

東京アクセント
か↗んじょ↘ー[1]

翻訳

関連語

動詞

活用

サ行変格活用
勘定-する



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「勘定」に関係したコラム

  • 株式やFX、CFDのギャン理論とは

    株式やFX、CFDのギャン理論とは、ウィリアム・デルバート・ギャン(William Delbert Gann)の考案した相場を張る時のルールのことです。ギャン理論は、「ギャンの価値ある28のルール(G...

  • 株式の投資基準とされるROEとは

    株式の投資基準とされるROEとは、株主資本の当期純利益の割合をパーセンテージで表したものです。ROEは、Return on Equityの略で、株主資本利益率といいます。ROEは次の計算式で求めること...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「勘定」の関連用語

勘定のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



勘定のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの勘定 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの勘定 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS