簿記とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ビジネス > 会計 > 簿記 > 簿記の意味・解説 

簿記

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/19 05:50 UTC 版)

簿記(ぼき、英語: bookkeeping)とは、企業などの経済主体が経済取引によりもたらされる資産負債純資産の増減を管理し、併せて一定期間内の収益及び費用記録することである。より平易な言い方をすると「お金やものの出入りを記録するための方法」である[1]。記帳方法によって単式簿記と複式簿記があるが、今日では、産業革命以降、企業の大規模化に伴い一般的な記帳方式である「複式の商業簿記」を指して「簿記」と称することもある。簿記の種類には商業簿記、工業簿記、銀行簿記、農業簿記などがある[2][1][注釈 1]。簿記は、会計学よりも会計における実務に近い部分を担当する。


注釈

  1. ^ 家計簿や小遣い帳も単式簿記といわれる簿記の一種であるといえる。浜田(2005)p.21

出典

  1. ^ a b c d 浜田(2005)pp.20-21
  2. ^ コトバンク- 簿記”. 2019年1月23日閲覧。
  3. ^ a b c 浜田(2005)pp.22-23
  4. ^ 洋式簿記事始め130周年紀念”. 複式簿記がやってきた!. 一橋大学 (2003年). 2012年1月12日閲覧。
  5. ^ 西川 (1964), pp.37-38
  6. ^ 福澤諭吉. “福澤全集緒言”. 2012年1月12日閲覧。
  7. ^ 西川 (1964), pp.39-40
  8. ^ 西川 (1964), p.41
  9. ^ 西川 (1964), pp.41-42
  10. ^ 馬耳蘇氏記簿法”. 複式簿記がやってきた!. 一橋大学 (2003年). 2012年1月12日閲覧。
  11. ^ a b 銀行簿記精法”. 複式簿記がやってきた!. 一橋大学 (2003年). 2012年1月12日閲覧。
  12. ^ a b 岩田康成、米田正巳、石塚一彌、井手健二 (2009年3月). “複式簿記の日本への導入とその影響 (PDF)”. Fuji business review (1), 74-79, 2009-03. 東京富士大学. 2012年1月12日閲覧。
  13. ^ 西川 (1964), p.42
  14. ^ a b 西川 (1964), p.43
  15. ^ 西川 (1964), p.44


「簿記」の続きの解説一覧

簿記

出典:『Wiktionary』 (2009/04/28 13:48 UTC 版)

名詞

簿(ぼき)

  1. 企業などで経済活動取引一定ルール帳簿記入すること。またその技術単式簿記複式簿記がある。今では一般的に簿記といえば複式簿記商業簿記を指す。

関連語

語源

翻訳




簿記と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「簿記」の関連用語

簿記のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



簿記のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの簿記 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの簿記 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2019 Weblio RSS