一橋大学とは? わかりやすく解説

ひとつばし‐だいがく【一橋大学】


一橋大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 08:28 UTC 版)

一橋大学(ひとつばしだいがく、英語: Hitotsubashi University)は、東京都国立市2丁目1番地に本部を置く日本国立大学である。1920年に設置された。指定国立大学法人に指定されている。


注釈

  1. ^ 一橋大学の大学院の専攻及び講座等に関する規則、2015年度版の大学概要 [1] によると、学科目として、経営・会計がある。
  2. ^ 一橋大学の大学院の専攻及び講座等に関する規則、2015年度版の大学概要によると、学科目として、市場・金融がある。
  3. ^ 一橋大学の大学院の専攻及び講座等に関する規則、2015年度版の大学概要によると、学科目として、経済理論・経済統計、応用経済、経済史・地域経済がある。
  4. ^ 一橋大学の大学院の専攻及び講座等に関する規則によると、学科目として、経済関係法、公共関係法、国際関係がある。なお、2015年度版の大学概要には記載がない。
  5. ^ 一橋大学の大学院の専攻及び講座等に関する規則、2015年度版の大学概要によると、学科目として、社会動態研究、社会文化研究、人間行動研究、人間・社会形成研究、総合政策研究、歴史社会研究がある。
  6. ^ 一橋大学の大学院の専攻及び講座等に関する規則、2015年度版の大学概要によると、講座は、経済理論、経済統計、社会経済システム、情報数理がある。
  7. ^ 一橋大学の大学院の専攻及び講座等に関する規則、2015年度版の大学概要によると、講座は、経済政策、公共経済、現代経済、環境・技術、経済地理がある。
  8. ^ 一橋大学の大学院の専攻及び講座等に関する規則、2015年度版の大学概要によると、講座は、経済史、地域経済、経済文化情報がある。
  9. ^ 一橋大学の大学院の専攻及び講座等に関する規則、2015年度版の大学概要によると、講座は、比較経済(協力講座)、地域開発(協力講座)がある。
  10. ^ 一橋大学の大学院の専攻及び講座等に関する規則、2015年度版の大学概要によると、講座は、法学、国際関係がある。
  11. ^ 一橋大学の大学院の専攻及び講座等に関する規則、2015年度版の大学概要によると、講座は、法務がある。
  12. ^ 一橋大学の大学院の専攻及び講座等に関する規則、2015年度版の大学概要によると、講座は、社会動態研究、社会文化研究、人間行動研究、人間・社会形成研究、総合政策研究、歴史社会研究がある。
  13. ^ 一橋大学の大学院の専攻及び講座等に関する規則、2015年度版の大学概要によると、講座は、地球社会研究がある。
  14. ^ 部門は、一橋大学大学院言語社会研究科規則による。2016年入学生用の大学案内 [2] によると、授業科目には、社会言語系、思想・哲学・歴史系、欧米文化系、アジア文化系、芸術系、日本語学・日本語教育学系の6系統があるとされているが、一橋大学大学院言語社会研究科規則では、授業科目系として、社会言語系科目、思想・哲学・歴史系科目、言語文化論系科目、芸術系科目、日本語教育学系科目、日本語学系科目、比較文化学系科目、演習系科目が記載されている。一橋大学の大学院の専攻及び講座等に関する規則によると、講座として、言語動態、社会言語、言語文化、思想・文化論(協力講座)、日本語・日本文化(連携講座)があるとされているが、2015年度版の「大学概要」では、これらに加え、アジア文化(連携講座)が記載されている。
  15. ^ コース、プログラムの構成は、一橋大学大学院国際・公共政策教育部規則による。なお、グローバル・ガバナンス・プログラムに外交政策サブプログラムを設けるとされている。一橋大学の大学院の専攻及び講座等に関する規則、2015年度版の大学概要によると、講座として、国際・行政、公共経済があるとされる。
  16. ^ 一橋大学経済研究所規則によると、研究部門には、日本・アジア経済、米・欧・ロシア経済、現代経済、経済体制、経済システム解析、比較経済改革(国内客員部門)がある。
  17. ^ BELCA賞-優良既存建築物の表彰制度
  18. ^ 十二支の「申」と「酉」をつないだ「申酉」(しん・ゆう)であって、十干の「辛」と十二支の「酉」を組み合わせた干支の「辛酉」(しんゆう)ではない。「辛酉革命」と混同するせいか、これを「辛酉事件」と誤記する例が目立ち、たとえば一橋大学の同窓会 「如水会」のサイト一橋大学附属図書館のサイト でも「辛酉事件」と記した箇所があるが、いずれも誤記である。

出典

  1. ^ 商業学校設立基金募集の趣意書「商学校ヲ建ルノ主意」”. 如水会 (2015年1月15日). 2021年9月28日閲覧。
  2. ^ 帰国、そしてクララ・ホイットニーとの出会い 植物学者 大久保三郎の生涯
  3. ^ 一橋大学 大学案内 大学プロフィール Captains of Industry
  4. ^ 「一橋大学の特色」 Archived 2012年5月10日, at the Wayback Machine.一橋大学。
  5. ^ 「入学者選抜要項/平成21年度一橋大学入学者選抜の実施教科・科目等について」 Archived 2009年2月1日, at the Wayback Machine. 一橋大学、2008年。
  6. ^ 「一橋大学 | 一橋大学で学びたい方へ: 一橋大学の特色」 Archived 2012年5月10日, at the Wayback Machine. 一橋大学。
  7. ^ [3] 一橋大学学園史刊行委員会編 『一橋大学百二十年史』 一橋大学学園史刊行委員会、1995年、266頁-275頁。
  8. ^ [4] 川崎操編 『一橋大学年譜 第一』 一橋大学、1976年。
  9. ^ 『朝日新聞』1958年2月11日。
  10. ^ 『朝日新聞』1963年2月1日。
  11. ^ [5] 一橋大学学園史刊行委員会編 『一橋大学年譜 第二』 一橋大学学園史刊行委員会、2004年。
  12. ^ 一橋大学学長メッセージ: 平成20年度学部入学式における式辞 Archived 2009年10月24日, at the Wayback Machine. 一橋大学、2008年4月3日。
  13. ^ 「一橋大学転学部規則」
  14. ^ 一橋大学 「改革が必然の流れなら、 全学を挙げて取り組まねば意味がないでしょう」
  15. ^ a b 石弘光 「学長あいさつ」『一橋大学案内2001』 一橋大学、2000年。
  16. ^ 籠城事件 社団法人如水会。
  17. ^ 「学長候補者除斥投票=7/23〜7/31」 一橋新聞 On-Line、2008年7月11日。
  18. ^ 「一橋大、7校目の「指定国立大学法人」に…世界最高水準の教育研究目指す」 読売新聞2019/09/05 18:07
  19. ^ 新学部・研究科設置運営へのご支援のお願い‐ソーシャル・データサイエンス分野の強化 | 一橋大学基金”. www.kikin.ad.hit-u.ac.jp. 2020年11月21日閲覧。
  20. ^ a b c d 入学者選抜要項/入学定員
  21. ^ a b [6]一橋大学HQウェブマガジン「一橋大学法学部に『法曹コース』開設」2020年6月29日 掲載
  22. ^ 一橋大学大学院経済学研究科規則
  23. ^ 一橋大学大学院法学研究科規則
  24. ^ 第3回新司法試験の結果について
  25. ^ a b c d 豊田裕昭、高橋菜奈子「一橋大学附属図書館の蔵書管理とその利用 : 大学図書館ランキングにみるコア・コンピタンス」『大学図書館研究』80号
  26. ^ [相互利用協定大学の方へ | 図書館利用案内 | 一橋大学附属図書館 http://www.lib.hit-u.ac.jp/guide/cooperation/index.html]
  27. ^ 豊田裕昭、高橋菜奈子「一橋大学附属図書館の蔵書管理とその利用 : 大学図書館 ランキングにみるコア・コンピタンス」『大学図書館研究』80号
  28. ^ 一橋大学附属図書館及び社会科学古典資料センター、「西洋古典資料保存に関する拠点およびネットワーク形成事業」の取組で、令和元年度国立大学図書館協会賞を受賞 国立国会図書館
  29. ^ a b 2012/7/2付日本経済新聞 朝刊
  30. ^ 『産経新聞』2007年11月25日。
  31. ^ 5年一貫教育システム一橋大学
  32. ^ a b 5年一貫教育プログラムについて一橋大学
  33. ^ 社会学部・社会学研究科「学部・大学院修士課程5年一貫教育プログラム」一橋大学
  34. ^ a b 国立市産業振興課
  35. ^ 一橋大学端艇部 HUBC” (日本語). www.hubc.jp. 2018年10月21日閲覧。
  36. ^ 一橋大学兼松講堂”. 文化遺産オンライン. 文化庁. 2018年7月21日閲覧。
  37. ^ 一橋大学旧門衛所”. 文化遺産オンライン. 文化庁. 2018年7月21日閲覧。
  38. ^ 一橋大学東本館”. 文化遺産オンライン. 文化庁. 2018年7月21日閲覧。
  39. ^ a b 兼松講堂と改修計画 社団法人如水会。
  40. ^ 兼松の記念事業 兼松株式会社。
  41. ^ 福地智子「兼松講堂の美しい響きは近代的な音響理論を超えたところにある。」『HQ』(一橋大学)第2号、2003年12月。
  42. ^ 佐藤正治「国立キャンパスの環境全体が、兼松講堂の魅力を高めているんです。」『HQ』(一橋大学)第2号、2003年12月。
  43. ^ HQvol027
  44. ^ 2011年10月10日河北新報
  45. ^ 一橋植樹会・一橋大学 「5月22日レスター・ブラウン氏の一橋大学来学に際しての一橋植樹会関連企画」 一橋植樹会、2006年4月21日。
  46. ^ 「NEWS11. 「緑のデザイン賞」 国土交通大臣賞を受賞」 一橋大学、2006年、『産経新聞』2006年11月16日。
  47. ^ 山田洋次 『男はつらいよ. 4』立風書房(立風寅さん文庫),1977年2月、山田洋次原作・監督、渥美清倍賞千恵子八千草薫主演 『男はつらいよ : 寅次郎夢枕(寅さん大全集 ; 第10作 )』パイオニアLDC、1972年参照。
  48. ^ 「Campus Information」『HQ』20号、一橋大学、2008年、56頁。
  49. ^ 「本学キャンパスが、TBSドラマ「エジソンの母」の撮影ロケ地として使用されました」『HQ』19号、一橋大学、2008年、56頁。
  50. ^ [7] において、ビルの敷地および延べ床面積が一橋大学の財産として掲示されていることからこのように表記した
  51. ^ 小平国際キャンパス案内図
  52. ^ 「社会イノベーションへの貢献という 志を共有するグローバル連携」 Hq.55
  53. ^ 東京工業大学、多摩美術大学、一橋大学が連携した価値創造人材育成プログラム「Technology Creatives Program (通称テックリ)」を2022年度から開講
  54. ^ 「国際交流協定締結機関」 一橋大学
  55. ^ 「中小企業分析で共同研究…一橋大と帝国データバンク」 読売新聞2018年03月28日
  56. ^ 「「一橋大学経済学研究科 帝国データバンク企業・経済高度実証研究センター」設立」 帝国データバンク
  57. ^ 「Berkeley Research Groupが一橋ICSと戦略的コラボレーション」 SankeiBiz2018.3.9
  58. ^ 国立大学法人一橋大学経済研究所と研究交流に関する覚書を締結 RIETIの活動
  59. ^ 法科大学院別司法試験累計合格者数等(累計合格率順)|文部科学省
  60. ^ 令和元年司法試験結果 合格率順(合格者/受験者) 9月10日発表(一橋大学法科大学院調べ)
  61. ^ 令和2年司法試験法科大学院等別合格者数等|法務省
  62. ^ 司法試験2020、合格率1位は「予備試験合格者」89%…法科大学院別結果 2枚目の写真・画像
  63. ^ 司法試験2021、合格率1位は「予備試験合格者」93.50%…法科大学院別結果
  64. ^ a b c 《日経HR》企業の人事担当者から見た大学イメージ調査 『就職力ランキング』”. 2021年6月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月18日閲覧。
  65. ^ 日本の大学数 2021年度は788大学 (PDF) 」 『今月の視点』第172号、旺文社 教育情報センター、2021年4月1日、2021年7月18日閲覧。
  66. ^ 《日経HR》『人事が見る大学イメージ調査』”. 2022年6月3日閲覧。
  67. ^ 日本経済新聞令和4年6月1日朝刊.35面.東京・首都圏経済
  68. ^ 小樽ジャーナル
  69. ^ 週間ダイヤモンド「大学出世ランキング」
  70. ^ 週刊ダイヤモンド「出世できる大学」 神戸商科大学は5位、大阪市立大学は27位 大阪府立大学は14位
  71. ^ 大学数・学生数|国立大学協会
  72. ^ 週刊ダイヤモンド 出世できる大学ランキング
  73. ^ 日本の人口推移と大学数の推移|大学改革 参考資料 平成30年2月 内閣官房人生100年時代構想推進室 14/17頁
  74. ^ 「有名大学卒ほど出世しやすい」はもはや昔の話?小樽商科、滋賀、大阪市立――地方の意外な実力校|週刊エコノミスト(2010年8月31日号)より



「一橋大学」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

一橋大学のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



一橋大学のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの一橋大学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS