高知大学とは?

高知大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/10 06:45 UTC 版)

高知大学(こうち だいがく、英語: Kochi University)は、高知県高知市曙町2-5-1に本部を置く日本国立大学である。1949年に設置された。




注釈

  1. ^ 地域協働学部履修案内[1]によると、専門科目の選択科目は、「地域協働マネジメント分野」「地域産業分野」「地域生活分野」の3分野を設けている。また、選択必修科目は「6次産業化人」「産業の地域協働リーダー」「行政の地域協働リーダー」「生活・文化の地域協働リーダー」のうち、どの人材像を目指すかによって、履修すべき科目の指定がある。
  2. ^ 教育学部の定員の一部は地域協働学部に振り替えられ、生涯学習課程の教員の一部は地域協働学部の授業を担当する。
  3. ^ 2015年度(平成27年度)版の大学概要[2]によると、講座には、解剖学病理学生理学生化学、遺伝子機能解析学、生態分子構造学、薬理学微生物学寄生虫学免疫学法医学、医療学(予防医学・地域医療学分野、医療管理学分野)、病態情報診断学、放射線医学麻酔科学・集中治療医学、消化器内科学、内分泌代謝・腎臓内科学、血液・呼吸器内科学、老年病・循環器・神経内科学、皮膚科学、小児思春期医学、産科婦人科学、神経精神科学、外科学外科1、外科2、臨床腫瘍・低侵襲治療学)、整形外科泌尿器科学眼科学耳鼻咽喉科学脳神経外科学歯科口腔外科、家庭医療学(寄附講座)、災害・救急医療学(寄附講座)がある。
  4. ^ 2015年度版(平成27年度)の大学概要によると、講座には、基礎看護学、臨床看護学、地域看護学がある。
  5. ^ 2015年度(平成27年度)版の大学概要によると、分野には、作物学、育種学、蔬菜花卉園芸学、果樹園芸学、農業経営学、農産施設工学がある。
  6. ^ 2015年度(平成27年度)版の大学概要によると、分野には、水族生態学、水族環境学、水族病理学、水族利用学、水族栄養学がある。
  7. ^ 2015年度(平成27年度)版の大学概要によると、分野には、土壌環境学、食物栄養分子生理学、生物資源利用学、応用生物化学、応用微生物学がある。
  8. ^ 2015年度(平成27年度)版の大学概要によると、分野には、植物生育環境学、応用微生物学、生理活性物質化学、植物工学、動物生殖工学がある。
  9. ^ 2015年度(平成27年度)版の大学概要によると、分野には、昆虫学、植物環境システム学、山地保全学、食料生産プロセス学、生物多様性管理学、気象環境学、昆虫生態学、生理活性物質化学がある。
  10. ^ 2015年度(平成27年度)版の大学概要によると、分野には、土地保全学、施設工学、地盤防災学、防災水工学、水環境工学、流域水工学がある。
  11. ^ 2015年度(平成27年度)版の大学概要によると、分野には、林業工学、森林計測学、森林経営学、木材理学、木材化学、造林学がある。
  12. ^ 2015年度(平成27年度)版の大学概要によると、分野には、水族栄養学、沿岸環境学、造林学、地理空間情報学、土壌生態学、資源機能学、農山漁村地域研究、国際支援学がある。
  13. ^ コース、領域の構成は、2015年度(平成27年度)版の大学概要による。
  14. ^ コース、領域の構成は、2013年度(平成25年度)版の大学概要[3]による。
  15. ^ コース、分野の構成は、2015年度(平成27年度)版の大学概要による。
  16. ^ コース、分野の構成は、2015年度(平成27年度)版の大学概要による。
  17. ^ 海洋研究開発機構と連携
  18. ^ 牧野植物園と連携
  19. ^ 2016年(平成28年)入学生用の学生募集要項[4]によると、研究指導教員の所属講座等は、遺伝子機能解析学、生体分子構造学、分子細胞生物学(黒潮圏科学部門)、解剖学、医療学(医療管理学分野)、生理学、生化学、免疫学、微生物学、薬理学、病理学、医療学(予防医学・地域医療学分野)、法医学、消化器内科学、内分泌代謝・腎臓内科学、血液・呼吸器内科学、老年病・循環器・神経内科学、小児思春期医学、神経精神科学、皮膚科学、放射線医学、病態情報診断学、外科学(外科1)、外科学(外科2)、麻酔科学・集中治療医学、産科婦人科学、整形外科学、眼科学、耳鼻咽喉科学、脳神経外科学、泌尿器科学、歯科口腔外科学、総合研究センター(分子生物学)、医療学(予防医学・地域医療学分野)、薬剤部、寄生虫学である。
  20. ^ 2016年(平成28年)入学生用の学生募集要項によると、研究指導教員の所属講座等は、医学情報センターである。
  21. ^ 2016年(平成28年)入学生用の学生募集要項によると、研究指導教員の所属講座等は、医療学(予防医学・地域医療学分野)である。
  22. ^ 2016年(平成28年)4月入学生用の学生募集要項[5]によると、看護教育・看護管理学分野、母子看護学分野(母子看護学課程、実践助産学課程)、成人・老人看護学分野がある。なお、2014年度(平成26年度)版の大学概要には、領域、分野の記載はない。
  23. ^ 2015年(平成27年)10月および2016年(平成28年)4月入学生用の学生募集要項[6]によると、海底資源科学分野、海洋物質科学分野、多様性生物学分野がある。
  24. ^ 2015年(平成27年)10月および2016年(平成28年)4月入学生用の学生募集要項によると、水熱無機機能科学分野、有機物質創成科学分野、生命情報相関科学分野、量子物質機能科学分野がある。
  25. ^ 2016年(平成28年)入学生用の学生募集要項[7]によると、研究指導教員の所属講座等は、解剖学、病理学、生理学、生化学、遺伝子機能解析学、生体分子構造学、薬理学、微生物学、免疫学、総合研究センター(分子生物学)、寄生虫学、地域看護学である。
  26. ^ 2016年(平成28年)入学生用の学生募集要項によると、研究指導教員の所属講座等は、消化器内科学、内分泌代謝・腎臓内科学、血液・呼吸器内科学、老年病・循環器・神経内科学、皮膚科学、脳神経外科学、小児思春期医学、神経精神科学、整形外科学、産科婦人科学、眼科学、耳鼻咽喉科学、歯科口腔外科学、麻酔科学・集中治療医学、放射線医学、外科学(外科1)、外科学(外科2)、泌尿器科学、病態情報診断学、医療学(予防医学・地域医療学分野)、法医学、薬剤部、医療学(医療管理学分野)である。
  27. ^ 2016年(平成28年)入学生用の学生募集要項によると、研究指導教員の所属講座等は、医学情報センター、基礎看護学(保健医療情報学)である。
  28. ^ 2016年(平成28年)入学生用の学生募集要項によると、研究指導教員の所属講座等は、神経精神科学、小児思春期医学である。
  29. ^ 2015年(平成27年)10月入学生および2016年(平成28年)4月入学生用の学生募集要項[8]によると、流域圏資源科学領域(生物資源生産分野、生物構造機能分野、鯨類資源生態系分野)、流域圏環境科学領域(環境保全分野、環境変動・社会分野)、海洋健康医科学領域(海洋健康医科学分野)、人間科学領域があるとされる。なお、2015年度(平成27年度)版の大学概要には、領域、分野の記載はない。
  30. ^ 2015年(平成27年)10月入学生および2016年(平成28年)4月入学生用の学生募集要項によると、人間科学領域(人間科学分野)があるとされる。なお、2015年度(平成27年度)版の大学概要には、領域、分野の記載はない。
  31. ^ 講座、分野の構成は、2015年度(平成27年度)版の大学概要による。
  32. ^ 教員組織。系、部門などの構成は、2015年度(平成27年度)版の大学概要による。
  33. ^ 海洋生物研究教育施設、実験実習機器施設、RI実験施設、動物実験施設、遺伝子実験施設がある。
  34. ^ 附属図書館と学術情報処理センターを統合して設置。中央館(朝倉キャンパス)、医学部分館(岡豊キャンパス)、農学部分館(物部キャンパス)がある。
  35. ^ 朝倉キャンパスにあるが、医学部分室、農学部保健相談室もある。

出典

  1. ^ http://www.kochi-u.ac.jp/_files/00020572/2012p34-37.pdf (PDF, 国立大学法人高知大学広報室『国立大学法人高知大学概要2012』34-37頁)
  2. ^ 上野宏人、岩間理紀(2015年4月2日). “新年度スタート:気持ち新たに”. 毎日新聞 (毎日新聞社)
  3. ^ http://compe.japandesign.ne.jp/report/kochi-u/
  4. ^ http://www.kochi-u.ac.jp/JA/campus/gakufu.html
  5. ^ 2016年(平成28年)入学生用の大学案内[9]によると、入試はコースごとに実施。2年次にプログラムを選択する。
  6. ^ 2016年度(平成28年度)入学生用の大学案内によると、2年次後半に4領域の中から主専攻、副専攻を一つずつ選ぶ。
  7. ^ 2016年度(平成28年度)入学生用の大学案内によると、生物環境化学、動植物健康化学、微生物化学という3つの科目群を設けている。
  8. ^ 希望創発センター(2018年6月7日閲覧)。
  9. ^ 放送大学 平成28年度 単位互換案内
  10. ^ 「井上石灰工業と研究などで連携 高知大」『日本経済新聞』朝刊2018年5月16日(四国経済面)2018年6月9日閲覧。
  11. ^ 国立大学法人高知大学と旭食品株式会社との包括的連携協力に関する協定書調印式を挙行高知大学(2018年8月22日)2018年8月23日閲覧。
  12. ^ 「次世代施設園芸、農研機構と協定 高知県・県内3大学」『日本経済新聞』朝刊2019年2月1日(四国経済面)2019年2月27日閲覧。


「高知大学」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「高知大学」の関連用語

高知大学のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



高知大学のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの高知大学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS