予防医学とは?

よぼう‐いがく〔ヨバウ‐〕【予防医学】

病気原因除去および発病前の予防目的とする医学一分野。治療医学に対していう。→予防医療


予防医学(ヨボウイガク)


予防医学

1929年英国細菌学者フレミングは、感染症対す治療医学の有力な手段となったアンチバイオティクス抗生物質)を発見しました。そのころ日本医学者代田稔は、病気かかってから治療するのではなく病気にかからないための「予防」が重要であると考え(予防医学)、腸内感染腐敗菌などの悪い制する乳酸菌シロタ株発見し、プロバイオティクスパイオニアとなりました。
予防医学は、1953年米国医学者レベルクラークにより「病気予防し、生命延長し、身体ならびに精神の健康と能力増進する科学技術である」と定義され、健康増進発病予防一次予防早期発見早期治療二次予防機能維持回復三次予防呼ばれています。
21世紀に入ると、感染症に代わって生活習慣病人類脅かし始め生活習慣改善することにより疾病発症進行予防する一次予防が重要な社会的課題となり、代田予見提唱した予防医学の時代到来しました。


予防医学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/14 22:46 UTC 版)

予防医学(よぼういがく、英語: preventive medicine)とは、健康障害の予防及び健康異常の進展の防止のすべての段階を含む医学[1]。具体的には、疾病の発生・経過・分布・消長とそれに影響をおよぼす原因を研究し、疾病の予防を行うことや、病気になりにくい心身の健康増進を図るための学問で、狭義には、「病気になってしまってからそれを治すことより、病気になりにくい心身を作る。病気を予防し、健康を維持する」という考え方に基づく医学をいう[2]


  1. ^ a b c d e 岡崎勲、豊嶋英明、小林廉毅 編『標準公衆衛生・社会医学(第2版)』医学書院、2009年、76頁。
  2. ^ 日野原重明、「人間ドックの刷新を目指しての提言」『健康医学』 1989年 3巻 2号 p.5-10, doi:10.11320/ningendock1986.3.2_5, 日本人間ドック学会
  3. ^ a b 岡崎勲、豊嶋英明、小林廉毅 編『標準公衆衛生・社会医学(第2版)』医学書院、2009年、76-77頁。
  4. ^ a b c 岡崎勲、豊嶋英明、小林廉毅 編『標準公衆衛生・社会医学(第2版)』医学書院、2009年、77頁。


「予防医学」の続きの解説一覧



予防医学と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「予防医学」の関連用語

予防医学のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



予防医学のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
Supplement Kuchikomi RankingSupplement Kuchikomi Ranking
(C)2021 All Rights Reserved. 健康食品のあり方を考える日本サプリメント評議会の運営です。
ヤクルトヤクルト
Copyright © Yakult Honsha Co.,Ltd.All Rights Reserved.Produced by Yakult Honsha Co.,Ltd.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの予防医学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS