診断とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 医療 > 診断 > 診断の意味・解説 

しん‐だん【診断】

読み方:しんだん

[名](スル)

医者患者診察して健康状態病気種類病状などを判断すること。「―を下す」「インフルエンザと―する」「健康―」

物事実情調べて、その適正欠陥有無などを判断すること。「経営―」

「診断」に似た言葉

診断


診断

作者ヘンリー・スレッサー

収載図書最期の言葉
出版社論創社
刊行年月2007.5
シリーズ名ダーク・ファンタジー・コレクション


診断

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/11 02:16 UTC 版)

医学的診断(いがくてきしんだん、: medical diagnosisDx, Dx, Ds[1])は、人の症状や徴候がどの疾患病態で説明できるかを判断する過程である。医学的文脈を暗に含めて診断(しんだん、: diagnosis)と呼ばれることも多い。診断に必要な情報は、通常、医療を求める人の病歴身体所見から収集される。多くの場合、その過程で医学的検査などの1つ以上の診断手順: diagnostic procedures)も行われる。死後診断英語版は、医学的診断の一種と見なされることもある。


  1. ^ See List of medical abbreviations: D for variants.
  2. ^ Thompson, C. & Dowding, C. (2009) Essential Decision Making and Clinical Judgement for Nurses.
  3. ^ a b c d Langlois, John P. (2002). “Making a Diagnosis”. In Mengel, Mark B.; Holleman, Warren L.; Fields, Scott A.. Fundamentals of Clinical Practice (2nd ed.). New York, N.Y.: Kluwer Academic/Plenum Publishers. ISBN 0-306-46692-9 
  4. ^ a b c Wadhwa, R. R.; Park, D. Y.; Natowicz, M. R. (2018). “The accuracy of computer‐based diagnostic tools for the identification of concurrent genetic disorders”. American Journal of Medical Genetics Part A 176 (12): 2704–09. doi:10.1002/ajmg.a.40651. PMID 30475443. 
  5. ^ Sushkova, Olga; Morozov, Alexei; Gabova, Alexandra; Karabanov, Alexei; Illarioshkin, Sergey (2021). “A Statistical Method for Exploratory Data Analysis Based on 2D and 3D Area under Curve Diagrams: Parkinson's Disease Investigation”. Sensors 21 (14): 4700. Bibcode2021Senso..21.4700S. doi:10.3390/s21144700. PMC 8309570. PMID 34300440. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC8309570/. 
  6. ^ Decision support systems. 26 July 2005. 17 Feb. 2009 <http://www.openclinical.org/dss.html>
  7. ^ “Diagnostic errors are leading cause of successful malpractice claims”. The Washington Post. (2012年4月30日). オリジナルの2018年12月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20181205103506/https://www.washingtonpost.com/national/health-science/diagnostic-errors-are-leading-cause-of-successful-malpractice-claims/2013/04/22/e9194154-ab7d-11e2-b6fd-ba6f5f26d70e_story.html-malpractice-payouts-study 2016年10月31日閲覧。 
  8. ^ What is overdiagnosis?. Institute for Quality and Efficiency in Health Care (IQWiG). (20 April 2017). https://www.ncbi.nlm.nih.gov/books/NBK430655/ 
  9. ^ Coon, Eric; Moyer, Virginia; Schroeder, Alan; Quinonez, Ricardo (2014). “Overdiagnosis: How Our Compulsion for Diagnosis May Be Harming Children”. Pediatrics 134 (5): 1013–23. doi:10.1542/peds.2014-1778. PMID 25287462. https://pediatrics.aappublications.org/content/134/5/1013. 
  10. ^ Gawande, Atul (4 May 2015). “America's Epidemic of Unnecessary Care”. The New Yorker. https://www.newyorker.com/magazine/2015/05/11/overkill-atul-gawande. 
  11. ^ [[National Academies of Sciences, Engineering, and Medicine |en:National Academies of Sciences, Engineering, and Medicine]] 著、Balogh, Erin P、Miller, Bryan T、Ball, John R 編 『Improving Diagnosis in Health Care』The National Academies Press、Washington, DC、2015年、S-1頁。doi:10.17226/21794ISBN 978-0-309-37769-0PMID 26803862https://jdc.jefferson.edu/surgerygr/53 
  12. ^ Johnson, P. E.; Duran, A. S.; Hassebrock, F.; Moller, J.; Prietula, M.; Feltovich, P. J.; Swanson, D. B. (1981). “Expertise and Error in Diagnostic Reasoning”. Cognitive Science 5 (3): 235–83. doi:10.1207/s15516709cog0503_3. 
  13. ^ a b Chan, K. W.; Felson, D. T.; Yood, R. A.; Walker, A. M. (1994). “The lag time between onset of symptoms and diagnosis of rheumatoid arthritis”. Arthritis and Rheumatism 37 (6): 814–20. doi:10.1002/art.1780370606. PMID 8003053. 
  14. ^ Office of Health and Human Services: Office of Inspector General (1993年). “Medicare's Reimbursement for Interpretations of Hospital Emergency Room X-Rays”. Department of Health and Human Services Office of Inspector General. 2022年7月10日閲覧。
  15. ^ Edwin Smith Papyrus”. 2015年2月28日閲覧。
  16. ^ H. F. J. Horstmanshoff, Marten Stol, Cornelis Tilburg (2004), Magic and Rationality in Ancient Near Eastern and Graeco-Roman Medicine, pp. 97–98, Brill Publishers, 90-04-13666-5.
  17. ^ Jingfeng, C. (2008). “Medicine in China”. Encyclopaedia of the History of Science, Technology, and Medicine in Non-Western Cultures. pp. 1529–34. doi:10.1007/978-1-4020-4425-0_8500. ISBN 978-1-4020-4559-2 
  18. ^ What Would Hipocrates Do?” (2008年9月23日). 2015年2月28日閲覧。
  19. ^ Online Etymology Dictionary”. 2022年7月3日閲覧。
  20. ^ Treasure, Wilfrid (2011). “Chapter 1: Diagnosis”. Diagnosis and Risk Management in Primary Care: words that count, numbers that speak. Oxford: Radcliffe. ISBN 978-1-84619-477-1 
  21. ^ McWilliams, Nancy (2011). Psychoanalytic Diagnosis. Guilford. p. 8. ISBN 978-1-60918-494-0 
  22. ^ H.Harold Friedman著 日野原重明監訳 『PO臨床診断マニュアル』メディカル・サイエンス・インターナショナル ISBN 4-89592-294-4
  23. ^ Myriam Hunink, Paul Glasziou 著 福井次矢 監訳 『医療・ヘルスケアのための決断科学―エビデンスと価値判断の統合』医歯薬出版 ISBN 4-263-20554-5
  24. ^ admitting diagnosis”. The Free Dictionary. 2022年7月10日閲覧。
  25. ^ Berner, E. S.; Webster, G. D.; Shugerman, A. A. et al. (1994). “Performance of four computer-based diagnostic systems”. New England Journal of Medicine 330 (25): 1792–96. doi:10.1056/NEJM199406233302506. PMID 8190157. 
  26. ^ WebMed Solutions. “Connection between onset of symptoms and diagnosis”. 2019年2月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年1月15日閲覧。


「診断」の続きの解説一覧

診断

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 00:44 UTC 版)

名詞

しんだん

  1. 医者患者診察して健康状態病状判断し、また病名つけること
  2. 物事調べて欠陥有無などを判断すること。

発音(?)

し↗んだん

関連語

翻訳

動詞

活用

サ行変格活用
診断-する

翻訳


「診断」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



診断と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「診断」の関連用語

診断のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



診断のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中四国エイズセンター中四国エイズセンター
Copyright (C) 2023, Chugoku-Shikoku Regional AIDS Center
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2023 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの診断 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの診断 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS