断とは?

だん【断】

決定すること。決断。「最終的に断を下す」「経営陣に断を迫る」


だん【断〔斷〕】

[音]ダン(呉) [訓]たつ ことわる

学習漢字5年

たち切る。切り分ける。「断裁断頭断髪断片断面横断遮断縦断寸断切断分断

とぎれる物事をやめる。「断食(だんじき)・断酒断水断絶断続断念間断禁断中断不断

きっぱりと決める。「断案断定英断果断決断処断診断推断速断独断判断予断

思いきって。「断乎(だんこ)・断行断然

ことわる。「無断

名のりさだ・さだむ・たけし・とう


だん【断】

〔名〕

たちきること。また、とぎれること。

勝鬘経義疏(611)歎仏真実功徳章「解脱是断」

② はっきりと意志をきめること。また、事をさばいて決定すること。

ニッポン日記(1951)〈井本威夫訳〉一九四五年一二月一一日究極の断は部外者の手行われた」


だん‐・ず【断】

〔他サ変〕 ⇒だんずる(断)


だん・じる【断】

〔他ザ上一〕 (サ変動詞だんずる(断)」の上一段したもの) =だんずる(断)


だん‐・ずる【断】

〔他サ変〕 [文]だん・ず 〔他サ変

切断する。たつ。特に、煩悩迷い現世的快楽などを断ちきる。

百座法談(1110)三月四日「われは三界の戒をば断したれど仏の功徳をばさらにえしらず」

断定する。決定する。裁断する。さばききめる。

法華経釈文平安中期点(976頃)「管見を以て容易(たやす)く聖説を断(タム)す可から不」

③ おしきってする。断行する。


こと‐わり【断・理】

〔名〕 (動詞「ことわる(断)」の連用形名詞化

[一] (断)

① 事の理非判別すること。判断判定決断

源氏100114頃)帚木中将此のことはり聞きはてむと、心入れてあへしらひ居給へり」

理由事情予定などを説明すること。

(イ) わけを説明すること。

今昔1120頃か)四「仏師心清一塵不犯用ざりければ、裁(ことわ)り申に、仏二に別れ給へり」

(ロ) 前もって知らせること。予告通告

浮世草子世間胸算用(1692)三「㝡前(さいぜん)引合したる太皷もちは、盗人の請に立けるとて、町へきびしき断(コトハリ)」

(ハ) 届け出ること。届け出

浄瑠璃鑓の権三重帷子(1717)下「日数をふるは不調法と存、引返しただ今帰りがけすぐにことはり相済み、ちょっと立ながら両親にあはんため此仕合

申しわけを言うこと。

(イ) 申しわけ。言いわけ。

源氏100114頃)宿木いみじうことはりして聞ゆとも、いと著(しる)かるべきわざぞ」

(ロ) あやまること。謝罪わびごと。〔和訓栞(1777‐1862)〕

辞退したり、拒絶したりすること。また、そのことば。辞退

栄花(1028‐92頃)駒競行幸年頃風病、ことはり申して、まかりさりぬべかめり申し給ふ

[二] (理) 理非判断の意から、道理真理などの意に用いる。

① 人の力では、支配し動かすことのできない条理道理。物ごとのすじ道。

書紀720崇神一〇年九月北野南北朝期訓)「大神対へて曰はく、言理(コトハリ)灼然(いやちこ)なり」

平家13C前)一「祇園精舎の鐘の声諸行無常の響あり。娑羅(しゃら)双樹花の色盛者(じゃうしゃ)必衰のことはりをあらはす

② 理づめのことば。道理にかなったことば。

大唐西域記長寛元年点(1163)四「敢(かしこ)まりて大造(コトハリ)(〈別訓〉おほせごと)を承はぬ」

読本椿説弓張月(1807‐11)続「『聖断その意を得がたく候』と、理(コトワリ)を竭(つく)して諫(いさ)めしかば」

理由。わけ。よってきたるゆえん。また、理由などをあげてする弁明

能因本(10C終)三一九「申の時にぞ、いみじうことはり言はせなどしてゆるして」

仮名草子伊曾保物語(1639頃)中「わが悪口をいふにあらず。そのことはりをこそ述べ候へ

格式や、礼儀にかなっていること。礼儀

書紀720敏達元年六月前田本訓)「有司(つかさ)、礼(コトハリ)を以て収め葬る

(5)形動それなりの理由のあること。当然であること。また、そのさま。もっともであるさま。そのはず。あたりまえ。

*竹取(9C末‐10C初)「翁、理に思ふ、此国に見えぬ玉の枝なり」

源氏100114頃)須磨心細くあはれなる御有様を、この御蔭にかくれてものし給へば、おぼし歎きたるさまもいとことはりなり」

(6) ことわるまでもないこと。言うまでもないこと。もちろん。

(10C終)二六二「わが得たらんはことわり、人のもとなるさへにくくこそあれ

[語誌](1)成立については、動詞コトワル(断)の連用形名詞化とするのが一般であるが、「万葉集」や「竹取物語」などの中古前期和文資料には、動詞コトワルの例が見られず、中古中期の「源氏物語」などでも名詞形容動詞の例に比べ動詞の例はごくわずかであるところから、名詞コトワリ先に成立たとする説もある。
(2)(二)(5)形容動詞用法は、平安時代物語類に多く見られ話者が是非を言うときの決まり文句として「げにいとことわりなり」「ことわりなりや」などの形で使われることが多い。


こと‐わ・る【断・判】

〔他ラ五(四)〕 (「こと(言・事)割る」の意)

事の是非優劣などを言いわける。判断する。判別する。裁く。

書紀720大化元年八月北野本訓)「又、国の司等、国に在りて罪を判(コトワル)こと得じ」

理非判別して述べる。道理説く

徒然草1331頃)一四一「にぎはひ豊かなれば、人には頼まるるぞかしと、ことわられ侍りしこそ」

寸鉄録(1606)「後世に、孟子のこれをことはりて、『恵而不政』とのたまへり」

③ 事の内容理解する。道理を知る。思い知る

源氏100114頃)浮舟「帝の御婿にて、飽かぬ事なしとぞ、世の人も、ことはりける」

理由事情説明する。

(イ) 理由を述べる。わけを話す。

京大二十冊本毛詩抄(1535頃)四「其事を注にことはったぞ」

(ロ) あらかじめ知らせ確認しておく。前もって通告する。

浄瑠璃大経師昔暦(1715)上「『それ久三はさみばこ、暦くばる家によってお引が出る、只取ると思ふ給分に引きつぐ、ことはって置たぞ』と打つれ表に出にけり」

(ハ) 公(おおやけ)の機関などに届け出る届け出許可を得る。また、訴える。

長宗我部氏掟書(1596)一条「不叶時者、奉行人迄可相理也」

(ニ) 書かれたものの内容説明する。注釈を加える

多情多恨(1896)〈尾崎紅葉〉前「折角洒落言っても傍から註(コトワ)らなければならないやうぢゃ」

(5) 理由を述べて言いわけをする。弁明する。あやまる。わびる。

今鏡(1170)九「くち惜しき事は、〈略〉蔵人になるべき由をば奏せざりけるぞ〈略〉と仰せられければ、ことはり申す限りなくて」

思出の記190001)〈徳富蘆花〉二「舌を見せると云ふことがあるか、謝(コトハ)りなさい」

(6) 相手申し出などを辞退したり、拒否したりする。

和英語林集成初版)(1867)「カネヲ カスコトヲ kotowaru(コトワル)」

(7) 関係を断つ。解雇する。くびにする

夢酔独言(1843)「兵庫が胸が悪ひから、講中も断てやった」


た・つ【絶・断・截・裁】

〔他タ五(四)

① 物を切り離すつながっているものを断ち切る切断する。

万葉(8C後)二〇・四四二九「厩なる縄多都(タツ)駒の後(おく)るがへ妹が言ひしを置きてかなしも」

日葡辞書(1603‐04)「ノヲ、または、ヤノヲ tatçu(タツ)」

② (裁) 衣服にするために布を切る。

常陸風土記717‐724頃)久慈「服(はたもの)は、自ら衣裳成りて、更に裁(た)ち縫ふこと無く

つながり切って関係をなくする縁を切る交際をやめる。

蜻蛉(974頃)中「しも月もおなじごとにて、廿日になりにければ、今日見えたりし人、そのままに廿よ日あとをたちたり」

源氏100114頃)手習流転三界中などいふにも、たち果ててしものをと思ひ出づるも」

続けいたことをやめる。また、特定のものを飲食することをやめる。

*竹取(9C末‐10C初)「五こくをたちて千余日に力をつくしたる事すくなからず

大唐西域記十二平安中期点(950頃)「二十年の秋七月に筆を絶(タツ)」

(5) 終わらせる。滅ぼす。

万葉(8C後)二〇・四四六五「おぼろか心思ひて 虚言(むなこと)も 祖(おや)の名多都(タツ)な 大伴の 氏と名に負へる ますらをの伴」

日葡辞書(1603‐04)「ヒトノ イノチヲ tatçu(タツ)」

(6) さえぎる。隔てる。

徒然草1331頃)六「此所を切れ、彼所をたて。子孫あらせじと思ふなり」


出典:『Wiktionary』 (2021/12/05 13:55 UTC 版)

発音(?)

名詞: 日本語

文語断ず/(口語断じる

  1. (ダン) 物を決定すること。断定すること。また、その決められたこと。
  2. (ダン) 裁断下すこと。
  3. (ダン) 断ち切ること。
  4. (ダン) (「断じて」の形で否定文中で) 否定強調する。絶対に。して。

熟語: 日本語


出典:『Wiktionary』 (2021/08/12 09:19 UTC 版)

発音(?)

熟語: 日本語



※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「断」の関連用語

断のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



断のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)、 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS