絶対とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 程度 > 絶対 > 絶対の意味・解説 

ぜっ‐たい【絶対】

読み方:ぜったい

[名・形動

他に比較するものや対立するものがないこと。また、そのさま。「—の真理」「—な(の)存在」「—君主

他の何ものにも制約制限されないこと。また、そのさま。「—な(の)権力

絶対者

副詞的に用いる)

㋐どうしても。何がどうあっても。「—に行く」「—合格する

㋑(あとに打消しの語を伴って決して。「—に負けない」「—許さない」「—反対

「絶対」に似た言葉

ぜったい 【絶対】

他との比較対立絶していること。並ぶもののないこと。相対の対。宗教では自宗説く尊崇対象絶対的存在とし、その説教説絶対の真理とする。仏教には、ふつういう「絶対」よりもっと意味を強めた絶待妙」の語があり、△絶対的絶対▽とでもいうべき意である。

絶対

作者文生

収載図書クミコハウス
出版社求龍堂
刊行年月1999.8


絶対

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/04 05:50 UTC 版)

アドレッシングモード」の記事における「絶対」解説

オペランド直接アドレス指定し、それを実効PCアドレスとする。修飾は特に行わない

※この「絶対」の解説は、「アドレッシングモード」の解説の一部です。
「絶対」を含む「アドレッシングモード」の記事については、「アドレッシングモード」の概要を参照ください。


絶対(強、普遍的)(universally)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/05 16:23 UTC 版)

代数幾何学用語一覧」の記事における「絶対(強、普遍的)(universally)」の解説

射がある性質絶対的にもしくは強く普遍的に)持つとは、その射の全ての基底変換が同じ性質を持つことを言う。例:強鎖状、絶対閉射(普遍的閉と訳されることもある)。

※この「絶対(強、普遍的)(universally)」の解説は、「代数幾何学用語一覧」の解説の一部です。
「絶対(強、普遍的)(universally)」を含む「代数幾何学用語一覧」の記事については、「代数幾何学用語一覧」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「絶対」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

絶対

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 11:07 UTC 版)

名詞・形容動詞

 ぜったい

  1. 条件制約されないこと。無条件
  2. 永久不変の。
  3. 比べるものや対立するものが無いこと。無比
  4. 他の選択余地許さずかならず
  5. 条件比較左右されず、単独で成立すること。

発音(?)

ぜ↗ったい

類義語

関連語

翻訳

副詞

 ぜったい

  1. 口語条件無しで間違いなくかならず

「絶対」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



絶対と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「絶対」に関係したコラム

  • 株365や株式投資で必ず儲かる話は本当か

    株365や株式投資、FX、CFDなどで必ず儲かるという謳い文句で投資を勧誘する手口が後を絶ちません。勧誘の手口には次のようなものが挙げられます。「絶対儲かる。借金してでも投資する価値がある。」と絶対儲...

  • FXのRSIとは

    FX(外国為替証拠金取引)のRSIとは、通貨ペアの売られすぎ、買われすぎを調べるためのテクニカル指標の1つです。RSIは、Relative Strength Indexの略で、日本語では相対力指数とい...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

絶対のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



絶対のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの絶対 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアドレッシングモード (改訂履歴)、代数幾何学用語一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの絶対 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS