回顧とは? わかりやすく解説

かい‐こ〔クワイ‐〕【回顧】

読み方:かいこ

[名](スル)

過ぎ去ったことを思い起こすこと。「学生時代を―する」

後ろを振り返ること。

客室内を―し、アリス一隅坐するを観(み)て」〈織田訳・花柳春話


回顧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/04 04:06 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「回顧」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「回顧」を含むページの一覧/「回顧」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「回顧」が役に立つかも知れません。

関連項目



回顧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 05:00 UTC 版)

ムーランルージュ新宿座」の記事における「回顧」の解説

ムーラン・ルージュ新宿座」の記録残そうと、映画美術監督中村公彦その死後遺志引き継いだスタッフによって延べ20人の関係者に取材し貴重な証言集めた記録映画ムーランルージュの青春』が製作され、「ムーランルージュ新宿座生誕80周年記念映画として2011年9月公開された

※この「回顧」の解説は、「ムーランルージュ新宿座」の解説の一部です。
「回顧」を含む「ムーランルージュ新宿座」の記事については、「ムーランルージュ新宿座」の概要を参照ください。


回顧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/05 15:17 UTC 版)

ジェームズ・メレディス」の記事における「回顧」の解説

ジェームス・メレディスは自分自身を『公民権運動家』ではなくアメリカ人になら誰にでも与えられるべき正当な権利要求して与えられた一人市民だ、と述べている。 メレディスと、組織だっ公民権運動(家)との間にかなりの軋轢あるようである。「公民権という考え方ほど私にとって侮辱的なものはない。(その考えすがりついている間は)いつまで2級市民でいることと同じだ。」と彼は語っている。 CNNとのインタビューで、メレディスは「私は戦争参加したのだ。初日から自分戦争携わっているのだと思っていた。そして私の目的は、私が市民としての権利執行できるよう後押しするために、連邦政府当時はジョン・F・ケネディ政権)が軍隊派遣せざるを得ない状況作ることだった。」と述べている。

※この「回顧」の解説は、「ジェームズ・メレディス」の解説の一部です。
「回顧」を含む「ジェームズ・メレディス」の記事については、「ジェームズ・メレディス」の概要を参照ください。


回顧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/27 04:40 UTC 版)

2017年のアルビレックス新潟」の記事における「回顧」の解説

前年不動レギュラーであった舞行龍ジェームズレオ・シルバラファエル・シルバらが退団したが、実績のある富澤清太郎矢野貴章本間勲らが加入ホニチアゴ・ガリャルド新外国人選手迎えた開幕戦広島戦こそ引き分けるものの、10試合でわずか1勝しか出来ず低迷し5月7日付で三浦監督休養。片渕が1試合限り登板した後、5月11日元日本代表の呂比須ワグナーを新監督として迎えた。 呂比須監督就任後初の試合となった12札幌戦では7節以来勝利を挙げたが、その後6連敗前半戦を2勝2分14敗の最下位終わった前半戦終了後大武峻磯村亮太小川佳純らを補強した一方で同時期加わるも技術不足露呈していた元群馬ドウグラス・タンキ起用に呂比須監督拘り後半戦チーム調子上向かない。 J2降格決定可能性出てきた29G大阪戦で19試合ぶり勝利すると、以降5試合を4勝1分けで終える。しかし、11月18日32甲府戦の勝利からまもなく、他会場結果によりクラブ初のJ2降格決まってしまった。最終的には17位で終了来季ルヴァンカップ出場権獲得したルヴァンカップでは1勝もできず、1分5敗の最下位グループステージ敗退となった天皇杯では3回戦セレッソ大阪敗れ姿を消した

※この「回顧」の解説は、「2017年のアルビレックス新潟」の解説の一部です。
「回顧」を含む「2017年のアルビレックス新潟」の記事については、「2017年のアルビレックス新潟」の概要を参照ください。


回顧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/02 09:43 UTC 版)

2007年のアルビレックス新潟」の記事における「回顧」の解説

即戦力級の選手獲得して臨んだ2007シーズンは、リーグ開幕直前獲得した新外国人マルシオ・リシャルデスがすぐにチーム戦術フィットし攻守バランスの取れたアグレッシブなパスワークから左右SBを軸としたサイドアタック機能して順調に勝ち点積み重ねリーグ前半戦3位折り返したリーグ後半戦になると田中亜土夢マルシオ・リシャルデス負傷離脱鈴木慎吾移籍もあり徐々に選手層薄くなり、攻撃面で個人技頼ったものが目立ち始めて失速したが、J1昇格後最高順となっている156分13敗(勝点51)の6位でリーグ戦終えた

※この「回顧」の解説は、「2007年のアルビレックス新潟」の解説の一部です。
「回顧」を含む「2007年のアルビレックス新潟」の記事については、「2007年のアルビレックス新潟」の概要を参照ください。


回顧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/02 09:42 UTC 版)

2008年のアルビレックス新潟」の記事における「回顧」の解説

攻守要の選手退団した一方で選手補強新外国人選手新卒選手の獲得のみに留まり、主力選手怪我相次いだ2008シーズンはほぼすべての試合新卒選手ベンチ入り経験したり、第30浦和戦では登録の18名も埋められなくなるなどシーズンを通して選手層薄さ悩まされた。攻撃面でも、中盤から前線ボール収まらずにサイド攻撃機能不全陥りアレッサンドロリーグ戦13得点挙げ奮闘したものの、34試合中32得点リーグ最少となり、無得点試合16達するなど深刻な得点力不足に陥ったその結果リーグ終盤戦までJ1・J2入れ替え戦巻き込まれる可能性残していたが、最終節G大阪3-2勝利して辛くも自力残留確定し最終的には11勝9分16敗(勝点42)の13位でリーグ戦終えた

※この「回顧」の解説は、「2008年のアルビレックス新潟」の解説の一部です。
「回顧」を含む「2008年のアルビレックス新潟」の記事については、「2008年のアルビレックス新潟」の概要を参照ください。


回顧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/01 04:22 UTC 版)

2011年のアルビレックス新潟」の記事における「回顧」の解説

2011シーズンは、J1第1節福岡3-0勝利して2009年以来開幕戦勝利を飾ったが、3月11日発生した東北地方太平洋沖地震の影響を受け、第2節から第6節延期された。この中期間中には、3月29日行われた復興支援試合日本代表チーム東口順昭選出され短時間ながらも試合出場果たした4月24日から再開されリーグ戦開幕戦含めて5試合負け無し好調保っていたが、その後9試合未勝利夏場3連勝を挟んで7試合未勝利低迷したが、10月には鬼門アウェー川崎戦でJ1昇格初勝利収めるなど2度目3連勝を記録。第32節で自身G大阪2-2引き分けた一方で勝点差が8に開いていた16甲府磐田敗れたためJ1残留確定したが、第33節甲府0-3で、最終節J1昇格ホーム無敗記録続いていた名古屋0-1敗れ最終的には10勝9分15敗の勝点392006年と並ぶチームワーストタイの14位でリーグ戦終えた

※この「回顧」の解説は、「2011年のアルビレックス新潟」の解説の一部です。
「回顧」を含む「2011年のアルビレックス新潟」の記事については、「2011年のアルビレックス新潟」の概要を参照ください。


回顧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/15 01:27 UTC 版)

2012年のアルビレックス新潟」の記事における「回顧」の解説

選手・スタッフ大幅な入れ替わりがあった中で迎えた2012シーズンは、リーグ戦開幕から3連敗を喫するなど低迷。第12磐田戦で1-6の大敗を喫する暫定順位J2降格圏の17位(2勝3分7敗)に沈み試合後の5月21日成績不振責任を取る形で黒崎久志監督西ヶ谷隆之ヘッドコーチ辞任シーズン途中での監督交代クラブ史上初となったその後ユース監督から転任した上野展裕ヘッドコーチ監督代行として暫定的に指揮執ったが、第13戦も0-2敗れて2014 FIFAワールドカップ・アジア4次予選によるリーグ戦中断期間を迎えたリーグ戦再開直前6月11日2011年まで磐田監督務めていた柳下正明監督就任発表上野ヘッドコーチユース監督復任)。再開直後の第14節で清水1-0勝利してリーグ戦ホーム初勝利収めると、一敗挟んで5試合無敗持ち直して一時的にJ2降格圏内から脱出したが、直後に連敗喫して再び降格圏内17位に沈んだその後も第23節で鹿島1-0勝利してJ1通算100勝目挙げ、第27節では名古屋に対しJ1昇格最多となる5点挙げて 大勝するなど奮闘続けたが、し烈残留争い繰り広げていた神戸・大宮との直接対決に勝ち切れなかった(新潟0-0神戸新潟1-1大宮)ためJ2降格圏から脱出するには至らなかった第31節清水1-0下して27以来4試合ぶり勝利を収めたが、第32節でJ1昇格ホーム無敗記録続いていた川崎0-1敗れたこの時点で15神戸との勝ち点差が5に開いたため、新潟残留する条件残り2試合に連勝した上で神戸残り2試合を1敗1分けまたは2敗、勝ち点3差の16G大阪1勝もしない場合のみという、絶体絶命の状態に追い込まれた。 それでも、第33節優勝争い繰り広げていた仙台1-0勝利してその優勝阻止し、同節で敗れた神戸との勝点差を2、引き分けたG大阪との勝点差を1にそれぞれ縮めて残留望みを繋ぐと、最終節では監督不在だったものの札幌4-1勝利しシーズン初の連勝収めて1010分14敗の勝点40とした一方で神戸G大阪が共に敗れたため、逆転15位に浮上してJ1残留果たした 。 なお、リーグ戦34失点この年優勝した広島並んで横浜FM次いで少ないものとなったが、29得点札幌次いで少ないものであったまた、警告J1ワースト3位65反則ポイント104となり、反則金40万円Jリーグ支払うことになった

※この「回顧」の解説は、「2012年のアルビレックス新潟」の解説の一部です。
「回顧」を含む「2012年のアルビレックス新潟」の記事については、「2012年のアルビレックス新潟」の概要を参照ください。


回顧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/15 01:21 UTC 版)

2009年のアルビレックス新潟」の記事における「回顧」の解説

得点力不足を解消するために攻撃的な選手中心に補強して臨んだ2009シーズンは、豊富なアタッカー活用するためそれまで4-4-2から4-3-3フォーメーション変更J1第1節FC東京戦では4-1大量得点J1昇格開幕戦初勝利収める など前線3トップ躍動し一方で守備陣熟成した連係により躍進するチーム後方から支え失点31この年3連覇果たした鹿島アントラーズ次いで少ないものとなった。第22節までACL出場圏内に入っていたが、リーグ前半戦10得点挙げたペドロ・ジュニオールG大阪移籍した8月以降は失速最終的には8位でリーグ戦終えたリーグ戦こそ中位に終わったが、天皇杯順調に勝ち進み過去最高ベスト8入り果たしたシーズン終了後4年指揮執った鈴木淳監督退任した

※この「回顧」の解説は、「2009年のアルビレックス新潟」の解説の一部です。
「回顧」を含む「2009年のアルビレックス新潟」の記事については、「2009年のアルビレックス新潟」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「回顧」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

回顧

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 08:03 UTC 版)

名詞

かいこ

  1. 過去振り返ること。
  2. 後ろ振り返ること。

発音(?)

か↘いこ

動詞

活用

サ行変格活用
回顧-する



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「回顧」の関連用語

回顧のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



回顧のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの回顧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのムーランルージュ新宿座 (改訂履歴)、ジェームズ・メレディス (改訂履歴)、2017年のアルビレックス新潟 (改訂履歴)、2007年のアルビレックス新潟 (改訂履歴)、2008年のアルビレックス新潟 (改訂履歴)、2011年のアルビレックス新潟 (改訂履歴)、2012年のアルビレックス新潟 (改訂履歴)、2009年のアルビレックス新潟 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの回顧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS