一生とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生活 > 人生 > 一生 > 一生の意味・解説 

いっ‐しょう〔‐シヤウ〕【一生】

読み方:いっしょう

生まれてから死ぬまでの間。終生(しゅうせい)。生涯。「幸せな―を送る」「事業に―を捧げる」「―を棒にふる」「―忘れられない出来事

やっと生き延びること。一命。「九死に―を得る」

(「一生の…」の形で生きている間一度しかないようなこと。生涯にかかわる重大なこと。「―の願い」「―の不覚

「一生」に似た言葉

人生

(一生 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/04 01:19 UTC 版)

人生(じんせい)とは、がこの世で生きていくこと[1]。人の、この世に生きている間[1]。あるいは、この世で生きている間に経験することなどである。「人の一生」「生涯」などとも言う[1]


  1. ^ a b c [1]
  2. ^ 飯田史彦 『人生の価値: 私たちは、どのように生きるべきか』PHP出版、2003年。ISBN 4569660401 
  3. ^ a b 飯田史彦、吉田武男 『スピリチュァリティ教育のすすめ: 「生きる意味」を問い「つながり感」を構築する本質的教育とは』PHP研究所、2009年。 
  4. ^ a b c d e f g This 75-Year Harvard Study Found the 1 Secret to Leading a Fulfilling Life
  5. ^ a b c d e STUDY OF ADULT DEVELOPMENT


「人生」の続きの解説一覧

一生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/19 06:22 UTC 版)

ベドンシン」の記事における「一生」の解説

1947年光州初の個展を開く。 1950年韓国戦争勃発1964年1967年、そして1969年全羅道水彩画個展を開く。ベドンシン生涯26回の個展開き、主にソウル東京大阪個展開いた1968年彼は水彩画創作家協会初代会長になった1970年彼はオ・ジホ、バクチョルギョ、ガンヨンギュン、オジェギル、キム・ヨンテ、チェヨンガプ、キム・インギュ、カンドンムンと一緒にで「黄土回」というアートグループを作った1972年構想前に推戴受け正会員となった1975年韓国水彩協会初代会長務めた1973年から毎年国立現代美術館招待された。 1998年故郷光州ベドンシン水彩画60年記念する展覧会開かれた 2000年10月16日大韓民国政府からの世界的な水彩画画家という点、地域美術発展のため尽力したことを認められ13人の保管文化勲章受勲者一人となった彼は油絵スケッチ程度思われ水彩画絵画のジャンルに格上げするために寄与したという点で高い評価受けた。 彼が死亡した後、ベドンシン遺族ベドンシン水彩画ヌード作品美術品オークション出し2017年10月25日150ドルeBay落札され韓国画家の当時としては最も高い価格設定された彼の作品は、大韓民国国立現代美術館東京国西洋美術館上野美術館) で所蔵している。 1973年には、「新東亜」1975年1978年の「韓国美術全集近代美術」、「韓国現代美術全集」の筆者イギョンソンは「不毛の韓国水彩画ベドンシン存在絶対に不可欠である。」と紹介した1982年9月15日日刊紙日刊スポーツ」で、「韓国水彩画第一人者」とした。 1986年11月10日日刊紙毎日経済新聞」はベドンシーンを「韓国水彩画絶対的存在」と紹介した1990年korean Air季刊(Vol.411990)を発刊し韓国訪問する外国人韓国代表するアーティストでベドン神紹介した

※この「一生」の解説は、「ベドンシン」の解説の一部です。
「一生」を含む「ベドンシン」の記事については、「ベドンシン」の概要を参照ください。


一生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/31 15:26 UTC 版)

金基協」の記事における「一生」の解説

1950年ソウル生まれた。 、京畿高等学校卒業して ソウル大学理工系トップ物理学科入学した後、史学科転科した。 文明史巨視的な観点から 韓国史東アジアの歴史研究する慶北大学校中国 古代天文学研究修士号を、 、延世大学マテオ・リッチ研究博士号取った啓明大学校史学科教授韓国民族文化大百科事典編集委員(科学分科)、中央(チュンアン)日報文化専門委員韓国科学サハクフェ編集委員歴任した2002年から中国延辺韓国行き来しながら、韓国史東洋史西洋史世界史境界横切っており、近代歴史学枠組みから外れた学際的研究試みている。

※この「一生」の解説は、「金基協」の解説の一部です。
「一生」を含む「金基協」の記事については、「金基協」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「一生」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

一生

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 12:17 UTC 版)

名詞

いっしょう

  1. 生まれてから死ぬまで

発音(?)

いっ↗しょー

類義語

熟語


「一生」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



一生と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「一生」の関連用語

一生のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



一生の意味のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの人生 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのベドンシン (改訂履歴)、金基協 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの一生 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS