勃発とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 心情 > > 勃発の意味・解説 

ぼっ‐ぱつ【勃発】

読み方:ぼっぱつ

[名](スル)事件など突然に起こること。「内乱が—する」

「勃発」に似た言葉

勃発

読み方:ボッパツ(boppatsu)

急に事件など発生すること


勃発

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/27 05:28 UTC 版)

クウェート侵攻」の記事における「勃発」の解説

1990年8月2日午前2時共和国防衛隊RG)はクウェート国境を越えて侵攻開始した。このとき、十分な弾薬燃料携行していたのは、RG戦車2個中隊のみで、他の部隊有する兵站物資必要最低限のみであった。しかしクウェート軍は、RG50分の1の戦力しかなかった上に奇襲を受けて混乱しており、わずか数時間のうちに制圧され、軍の一部サウジアラビアカタール撤退したイラクの奇襲作戦混乱したクウェート軍ではあったが、すぐに軍勢立て直し、アリー・サーリム空軍基地死守するなど、各所奮戦見せたが、力の差は歴然としており、20時間でクウェート軍抵抗粉砕された。 クウェート市内に侵入したRGダスマン宮殿攻撃した首長ジャービル3世首長一族大半は、軍首脳助言に従い事前に宮殿出てサウジアラビアに向けて出発した後だった。しかしジャービル3世異父弟で、クウェート・オリンピック委員会委員長であるシェイク・ファハド・アル=サバーハ国外からクウェート帰国したばかりで、イラクの軍事侵攻知らされておらず宮殿に戻るとRG一群遭遇した。そして、宮殿護衛隊と共に銃撃戦行った末、シェイク・ファハドは射殺された。 また、共和国防衛隊により占領されクウェート国際空港着陸したブリティッシュ・エアウェイズ149便の乗員乗客イラク首都バグダードに連行された。(ブリティッシュエアウェイズ149便乗員拉致事件

※この「勃発」の解説は、「クウェート侵攻」の解説の一部です。
「勃発」を含む「クウェート侵攻」の記事については、「クウェート侵攻」の概要を参照ください。


勃発

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/25 13:23 UTC 版)

ハンガリー革命 (1848年)」の記事における「勃発」の解説

革命自体1848年3月15日始まった大衆十二か条要求帝政による受け入れ目的として、ペシュトブダデモ行進した。それを契機にハンガリー王国中で反乱起き、その圧力により王国政府動きハンガリーはバッチャーニ・ラヨシュを首相とした新し国会作ること国王名をもって宣言した新政府旧体制一掃して認められ民主的政治機構に基づいて作られた四月法にも言及した。それと同時に新政府ハンガリー国内徴税された金銭使用権ハプスブルク家からハンガリー自身に取返す必要性が生じ国会ハプスブルク軍と対峙余儀なくされた。 同年夏、ハンガリー王国政府重役市民戦争俯瞰して、ハプスブルク朝抵抗するクロアチア及びダルマチア伯爵であるヨシップ・イェラチッチ攻めることによって、ハプスブルク朝支援受けようとした。そして、北イタリア軍隊派遣した8月末、ウィーン帝政府はペシュトにあるハンガリー政府に対し軍隊撤退要求したイェラチッチ当時ハンガリー国内侵入しており、予想異なっていた。そして、イェラチッチオーストリア帝国の統治及ばない間にハンガリー政府潰滅させた。 ハンガリー三方面、南のイェラチッチ三位一体王国軍東のバナト及びトランシルヴァニア居住するハンガリー人、そして西のオーストリアハンガリー悩まされた。 ペシュトでの運動可能性があるように見えた9月には国会ペシュト暴動譲歩させ、帝国崩壊させないようにした。しかし、反革命軍が介入してきた。彼ら、ボヘミア王国軍及びクロアチア軍その後多くの地域での勝利を経て、翌1849年1月5日ペシュト突入し暴動鎮圧された。 オーストリアこの時ウィーン暴動襲われていた。このため初めはハンガリー政府成立したオーストリア他の地域鎮圧しウィーン大衆従えた結果1848年3月13日クレメンス・フォン・メッテルニヒオーストリア大法官の任を解かれ彼は保身のためロンドンへ逃れたウィーンオーストリアへの暴動収束した後、オーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフ1世叔父フェルディナント1世交代させようとする秘密結社設立された。フランツ・ヨーゼフ1世はその治世ハンガリー政府承認しなかった。しまいにはウィーンペシュトの間でオーストリア陸軍元帥フランツ・フィリップ・フォン・ランベルクが全ハンガリー軍及びイェラチッチ軍を掌握した彼はハンガリー向かい邪知暴虐な殺人働いた。そして、帝政ハンガリー政府取潰し決定し明文化されていないものの、イェラチッチランベルクの下でハンガリー王国王権及び最高司令官地位賦与された。 ここにオーストリアハンガリーの間で開戦なされた

※この「勃発」の解説は、「ハンガリー革命 (1848年)」の解説の一部です。
「勃発」を含む「ハンガリー革命 (1848年)」の記事については、「ハンガリー革命 (1848年)」の概要を参照ください。


勃発

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/02 14:40 UTC 版)

ブレシアの十日間」の記事における「勃発」の解説

19世紀前半ブレシアオーストリア傀儡国ロンバルド=ヴェネト王国属していた。1849年3月23日サルディーニャ王国オーストリア激突したノヴァーラの戦いと同じ日にブレシアでティート・スペーリ率い反乱勃発した。なお、ノヴァーラの戦いオーストリア勝利終わったが、その知らせはまだブレシア届いていなかった。

※この「勃発」の解説は、「ブレシアの十日間」の解説の一部です。
「勃発」を含む「ブレシアの十日間」の記事については、「ブレシアの十日間」の概要を参照ください。


勃発

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/07 17:02 UTC 版)

白蓮教徒の乱」の記事における「勃発」の解説

乾隆帝が劉之協の捕縛命じて和珅(へシェン)の兄弟の和琳(ヘリェン)を白蓮教鎮圧送りこみ、全土過酷な取調べが行われ、無関係民衆多数犠牲になり、加えてこれを良いこと官吏たちは捜査名目金銭収奪などを行った1795年乾隆帝嘉慶帝皇位を譲ると、ヘシェン地位を利用して専横開始したこれらの事で民衆は不満を募らせ1796年嘉慶元年)に湖北省王聡児・姚之富率い白蓮教団の指導の元に反乱起こしたこれを契機として陝西省四川省でも反乱起こり、更に河南省甘粛省にも飛び火した白蓮教徒たちは弥勒下生唱え死ねば来世にて幸福が訪れるとの考えから命を惜しまず戦った。この反乱には白蓮教徒以外にも各地窮迫農民や塩の密売人なども参加しており、参加した人数数十万といわれる。 それを鎮圧するべき清朝正規軍八旗緑営長い平和により堕落しており、反乱軍に対して主戦力とはならず、それに代わったのが郷勇呼ばれる義勇兵団練呼ばれる自衛武装集団であった白蓮教徒たちも組織的な行動無く各地バラバラな行動を取っていたために次第各個撃破され、1798年王聡児・姚之富が自害1799年乾隆上皇崩御し親政開始した嘉慶帝ヘシェン弾劾しヘシェン自殺した1800年に劉之協が捕らえられ1801年には四川指導者の徐天徳・樊人傑自害するなど次第下火になっていき、1802年頃にはほぼ鎮圧された。

※この「勃発」の解説は、「白蓮教徒の乱」の解説の一部です。
「勃発」を含む「白蓮教徒の乱」の記事については、「白蓮教徒の乱」の概要を参照ください。


勃発

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/01 22:57 UTC 版)

九月虐殺」の記事における「勃発」の解説

きっかけ革命戦争において、オーストリア軍ヴェルダン要塞陥落させ、その敗報パリ衝撃もたらした際に行われたダントン演説である。彼は全て興奮し全て動顚し、全て掴みからんばかりだ。やがて打ち鳴らされる鐘は警戒知らせではない。それは祖国敵への攻撃なのだ。敵に打ち勝つためには、大胆さいっそうの大胆さ、常に大胆さ必要なのだ。そうすればフランス救われるだろう!」と呼びかけた。これがテロリズムへの公然たる誘導となった9月2日朝から反革命狩り始まりパリ市コミューン監視委会は全ての囚人人民の名において裁判することを命じたコミューン防衛固め警鐘乱打され、市門閉じられた義勇軍編成始まる。数日前から、「殺し屋」集められていた。三色記章をつけた赤い帽子をかぶり、緋色の上着を着た彼らは忠実に任務果たした。「外国軍示し合わせるために、牢屋の中で陰謀が企まれている。『反革命陰謀』だ。やられる前に、やれ。」こうして、その日午後から、民衆による牢獄襲撃始まった牢獄次々と襲われ囚人手当たり次第に引きずり出された。問答無用殺害、あるいは略式裁判まねごとの後、虐殺一連の虐殺行為監獄内の人民法廷」での即決裁判結果を受けて有罪判決下された囚人殺害しそれ以外の者は無罪放免するという極端な形行なわれた。

※この「勃発」の解説は、「九月虐殺」の解説の一部です。
「勃発」を含む「九月虐殺」の記事については、「九月虐殺」の概要を参照ください。


勃発

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/29 09:41 UTC 版)

エチオピア革命」の記事における「勃発」の解説

状況悪化するにつれてデモ暴動鎮圧担当していた軍の中でも不満は広がり賃金の上昇を要求したその中で皇帝勢力が軍でも増え始めていた。 1974年2月経済状況抗議したことを契機として暴動発生し首都アディスアベバで5人が死亡した。この暴動ハイパーインフレ影響に鑑みハイレ・セラシエ1世は、基本的な製品の価格固定するなど、大きな譲歩強いられることとなった。 しかし、それでも不満は収まらなかった。9月12日左派陸軍英語版下級将校によって結成され政治委員会であるデルグ(英語版)は、皇帝帝国政府打倒し支配的な軍事政権移行した。翌1975年3月21日マルクス・レーニン主義を公式イデオロギーとして採用したデルグは帝制廃止しエチオピアにおける社会主義国家建設する過程としての臨時軍事行政評議会樹立したクーデター勃発時に国外にいた皇太子アスファ・ウォッセンそのままロンドン亡命したが、ハイレ・セラシエ1世をはじめとして、イジガエフ(英語版皇女やテナグネウォルク(英語版皇女といった革命勃発時にエチオピア居住していたソロモン家(英語版)の皇族多く拘留投獄された。8月27日アディスアベバジュビリー宮殿英語版)に拘禁されていたハイレ・セラシエ1世謎の多い状況下で死去したその年、ほとんどの産業民間都市不動産がデルグによって国有化された。

※この「勃発」の解説は、「エチオピア革命」の解説の一部です。
「勃発」を含む「エチオピア革命」の記事については、「エチオピア革命」の概要を参照ください。


勃発

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/30 07:30 UTC 版)

仙石騒動」の記事における「勃発」の解説

文政7年1824年藩主仙石政美参勤交代出府する途中発病し江戸についてまもなく28歳病没した。 政美に嗣子無かったため、隠居していた政美の父久道は後嗣選定するため、分家旗本当主らを含めて江戸で会議開いた仙石左京筆頭家老あるため国許代表者として江戸へ出るが、実子小太郎同伴させた。これを、左京小太郎後継推すのでは、と不信感抱いた造酒実弟酒匂清兵衛同道させ監視した会議造酒派の主導進み、久道の十二男で政美の弟である道之助元服させ仙石久利として後継藩主据えることで決定した左京小太郎後継主張するとも無く賛成した。 こうして藩政実権造酒派が完全に掌握し左京政策全て廃止された。しかし、造酒側近桜井重用したことから、同じ造酒派内家老磯野源太左衛門造酒清兵衛激しく対立し家来乱闘騒ぎまで起こした。この事件の責任問われ源太左衛門造酒清兵衛隠居余儀なくされた。 幼君の下、筆頭家老として人事権握った左京反撃出て重役造酒息子主計以外はみな左京派に挿げ替えられた。造酒政策である藩札切り替えによって流通量半減させる政策失敗し上方商人からの借り入れ不可能になると、その責任問われ主計失脚した藩政掌握した左京は再び改革を始めた。家族一人あたり一石八斗以上の俸禄禄高数に関係なく全額借り上げる面扶持制を導入し人件費大幅に抑えたまた、物産会所復活し領外商人締め出し御用商人特権を与える代わりに運上金増徴した。さらに、江戸詰め造酒重臣荒木玄蕃の不正が発覚したことを機に荒木免職し藩政最高権力者になった天保2年1831年)、左京息子小太郎の嫁に、幕府権力者であった老中松平康任の姪を迎えた左京松平康任に対し6千両を送るなど、多額の贈賄行っていたとされる。 これに対し仙石主計酒匂清兵衛荒木玄蕃原市右衛門といった造酒派の重臣左京小太郎藩主据えようとしていると先々代藩主久道に直訴した。久道は全く相手にせず、かえって4人は久道の怒りを買い蟄居命じられた。同じ造酒派でこの行動首謀者であった河野兵衛は藩を追放された。瀬兵衛江戸上り天保4年1833年)、一門旗本仙石久祇(仙石弥三郎)に上書提出して訴えたこの上書は久道夫人(常真院)に渡った左京政策から、江戸屋敷での経費大幅に節減され耐乏生活送っていた久道夫人は上書内容そのまま信じ左京藩士から取上げ俸禄不正に蓄財しているとして、国許隠居している久道に左京の非を激しく訴えた。久道から夫人書状見せられ左京重臣江戸上らせ、久道夫人に弁明をすると共に、瀬兵衛消息を掴むことに全力挙げた。藩内に潜伏していた瀬兵衛天領生野銀山にまで逃げた捕縛された。本来天領での捕縛には幕府勘定奉行許諾必要で無断捕縛違法であった。しかし、左京懇意の老中松平康任工作し、この事実もみ消してもらった。そして瀬兵衛加担し仙石弥三郎引き合わせた弥三郎家臣神谷転の捕縛を、老中松平康任の伝で南町奉行実行させた。身の危険感じた神谷虚無僧になって江戸潜伏していたが、南町奉行所捕縛されてしまった。 この事態に、神谷帰依所属していた普化宗一月寺が、虚無僧僧侶)は寺社奉行管轄属し町奉行管轄ではなく、すなわち神谷捕縛違法であり即時釈放すべきであるする旨を、神谷が所持していた瀬兵衛の上書の控と共に寺社奉行所訴えたまた、道夫人は実家である姫路藩邸に赴き、藩主酒井忠学の妻で将軍徳川家斉の娘喜代姫にも藩の騒動話していた。 寺社奉行脇坂安董は、松平康任対抗し幕府権力の掌握狙っていた老中水野忠邦出石藩騒動と康任の関係を報告した。康任を失脚させるため、水野忠邦脇坂安董は「左京仙石家乗っ取り策謀している」として将軍家斉に言上した。出石藩騒動については娘の喜代姫経由家斉の耳にも達しており、家斉はこの騒動寺社奉行町奉行公事方勘定奉行構成される評定所裁定すること、その責任者脇坂安董とすることを決めた

※この「勃発」の解説は、「仙石騒動」の解説の一部です。
「勃発」を含む「仙石騒動」の記事については、「仙石騒動」の概要を参照ください。


勃発

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 23:53 UTC 版)

第二次コンゴ戦争」の記事における「勃発」の解説

第二次コンゴ戦争は、コンゴ民主共和国において第一次コンゴ戦争終結のたった1年後1998年8月20日に同じ問題民族対立資源獲得競争)が原因でコンゴ民主連合武装蜂起し勃発した

※この「勃発」の解説は、「第二次コンゴ戦争」の解説の一部です。
「勃発」を含む「第二次コンゴ戦争」の記事については、「第二次コンゴ戦争」の概要を参照ください。


勃発

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/20 22:09 UTC 版)

平事件」の記事における「勃発」の解説

1949年6月30日早朝より、共産党員在日本朝鮮人連盟朝鮮人動員し湯本町内郷町両町とも現在のいわき市)の自治体警察押しかけて平市警察応援出さないことを確約させた後、午後3時30分頃トラック平市警察署に押しかけた群集インターナショナル歌いながら気勢上げて署内乱入した午後6時になると署長室だけでも80人が侵入するなど大混乱陥った侵入阻止しようとする署員に対して殴る蹴る暴力加え、署の窓ガラス次々と割っていった。 群集一団留置場にも侵入し先程逮捕され留置された者を奪還逆に警察官留置場閉じ込めた群集公安委員会招集署長辞職要求したこの間、署の玄関赤旗交差させて掲げ、「人民警察ができた」などと呼号したり、市内各所に検問所設けて警戒に当たるなど無警察状態に陥った午後11時になって近県より警察応援部隊やってくるという情報入ったため、ようやく解散した

※この「勃発」の解説は、「平事件」の解説の一部です。
「勃発」を含む「平事件」の記事については、「平事件」の概要を参照ください。


勃発

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/11 14:01 UTC 版)

ピレネー戦争」の記事における「勃発」の解説

1793年1月21日フランスで国民公会ルイ16世処刑しヨーロッパ中の王室戦慄させた。この時点ですでにフランスハプスブルク帝国オーストリア)やプロイセン王国サルデーニャ王国戦争中だった。ジュマップの戦い勝利したフランス軍は、オーストリア領ネーデルラント占領した血気にはやるフランス政府はこの現在のベルギーにあたる地域併合宣言しイギリスとの断交引き起こした2月1日フランスイギリスネーデルラント連邦共和国宣戦布告した。そして3月7日フランスはついにルイ14世以来盟邦スペイン宣戦布告した

※この「勃発」の解説は、「ピレネー戦争」の解説の一部です。
「勃発」を含む「ピレネー戦争」の記事については、「ピレネー戦争」の概要を参照ください。


勃発

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/22 14:23 UTC 版)

治承三年の政変」の記事における「勃発」の解説

治承3年1179年11月14日豊明節会の日。清盛数千騎の大軍擁して福原から上洛、八条殿に入った京都には軍兵充満し人々何が起こるか分からず騒擾極めた15日、基房・師家が解官され、正二位叙された基通が関白内大臣氏長者任命された。清盛強硬姿勢驚いた後白河は、静賢信西の子)を使者として今後は政務介入しないことを申し入れたため、一時は関白父子解任後白河清盛和解するではないかという観測流れた。しかし16日天台座主覚快法親王罷免となり親平氏派の明雲復帰17日太政大臣藤原師長以下39名(公卿8名、殿上人受領検非違使など31名)が解官される。この中には一門平頼盛縁戚花山院兼雅などが含まれており、この政変発端となった越前守藤原季能にしても清盛次男平基盛の娘が妻であった諸国受領の大幅な交替行われ平氏知行国反乱前の17ヶ国から32ヶ国になり、「日本秋津島僅かに66ヶ国平家知行国三十余ヶ国、既に半国に及べり」(『平家物語』)という状態となった。 18日、基房は大宰権帥左遷の上配流師長源資賢追放決まったこれらの処置には除目開催され天皇の公式命令である宣命詔書発給されていることから、すでに高倉天皇清盛意のままになっていたことを示している20日辰刻午前8時)、後白河清盛指示鳥羽殿移された。鳥羽殿武士厳しく警護し信西の子藤原成範藤原脩範静憲)と女房以外は出入り許され幽閉態となり、後白河院政は停止された。清盛後の処置宗盛託して福原引き上げた次々と院近臣逮捕所領没収始まり、院に伺候していた検非違使大江遠業は子息らを殺害して自邸火を放ち自害白河殿倉預の藤原兼盛は手首切られ備後前司藤原為行、上総前司藤原為保は殺害され河へ突き落とされた。後白河第三皇子である以仁王所領没収憂き目にあい、このことが以仁王の挙兵直接的な原因となった。 ただ、清盛当初から軍事独裁考えていたわけではなく左大臣経宗右大臣九条兼実など上流公卿には地位認めて協力求めたまた、知行国増加比して人事面で平経盛修理大夫になったのが目立程度で、解任され公卿たちの後任多くを親平氏あるいは中間派とみなされ藤原氏公卿占めたまた、解任され公卿多く翌年には復帰している。 治承4年1180年2月高倉天皇言仁親王譲位安徳天皇)、平氏傀儡としての高倉院政が開始された。

※この「勃発」の解説は、「治承三年の政変」の解説の一部です。
「勃発」を含む「治承三年の政変」の記事については、「治承三年の政変」の概要を参照ください。


勃発

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 09:07 UTC 版)

ルーマニア革命 (1989年)」の記事における「勃発」の解説

12月21日 - 首都ブカレスト官製集会の最中爆発事件が発生するルーマニア共産党本部庁舎前の広場(旧王宮広場)で約10万人を動員したチャウシェスク称賛する官製集会開催された。チャウシェスク演説始まって間もなくティミショアラ事件抗議するルーマニア人参加者爆弾2つ爆発させた(実行犯警察により射殺された。10代若者2人爆竹爆発させたと言う説もあるが詳細不明なところが多い)。広場パニック状態陥り集会強制解散させられた。なお、この集会国営ルーマニア放送生中継されていたがチャウシェスク演説始まった直後群集パニック状態になっている姿を見てたじろぐ姿が映しされているところで放送中止された(その後放送再開された)。 集会参加者一部大学生市民一部合流しチャウシェスク独裁抗議集会へと発展した。しかしこの政治集会に対してセクリターテ発砲し多数死傷者を出す事態となった軍隊動員されたが、車両抗議集会妨害をする程度とどまり直接市民殺傷することはなかった。市民政権に対する不満頂点達したこの状態危機感抱いたチャウシェスクは、国防相ワシーリ・ミリャに対し軍隊による発砲含めた鎮圧指示した。しかし、彼は人民には発砲できない」と、この命令拒否したその後、ミリャは自室で銃で撃たれ死亡した態で発見された。翌日国営ルーマニア放送は「国防相自殺した」と報じたものの、市民間には「チャウシェスク処刑された」との噂が広まった軍部中にも処刑説が広がり政権反旗を翻すきっかけとなった同日夜に軍隊広場集ま市民側に立ち、政府機関共産党本部等)の占拠始まった

※この「勃発」の解説は、「ルーマニア革命 (1989年)」の解説の一部です。
「勃発」を含む「ルーマニア革命 (1989年)」の記事については、「ルーマニア革命 (1989年)」の概要を参照ください。


勃発

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/28 07:12 UTC 版)

ヴィエルコポルスカ蜂起 (1794年)」の記事における「勃発」の解説

1794年3月中央ポーランド発生したコシチュシュコの蜂起影響でプロイセン領ポーランドポーランド人プロイセン王国支配跳ね返そうと集結して反乱起こした当初ロシア戦っていたコシチュシュコは、二正面戦線となることを恐れてヴィエルコポルスカ反乱軍支援しなかった。当時ポーランド名目上プロイセン対ロシア同盟結んでいたためであるその結果ヴィエルコポルスカ計画された暴動はそのほとんどが実行に移る前に潰れた。しかし1794年4月ラツワヴィツェの戦い英語版)(波: bitwa pod Racławicami)でコシチュシュコロシア軍勝利し、これを危険視したプロイセン6月ロシア組んで反乱鎮圧側に回ったことで状況変わったコシチュシュコの最高国評議会は「ヴィエルコポルスカ市民へ」と題した宣言出しヴィエルコポルスカポーランド人武装蜂起呼び掛けた

※この「勃発」の解説は、「ヴィエルコポルスカ蜂起 (1794年)」の解説の一部です。
「勃発」を含む「ヴィエルコポルスカ蜂起 (1794年)」の記事については、「ヴィエルコポルスカ蜂起 (1794年)」の概要を参照ください。


勃発

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/13 00:07 UTC 版)

ワトリング街道の戦い」の記事における「勃発」の解説

それは、ガイウス・スエトニウス・パウリヌス総督率いる軍がウェールズ戦闘に当たっていた時だった。ブーディカ指導してイケニ族立ち上がり故地カムロドゥヌム(英語版)(現在のコルチェスター)を植民地として奪われていたトリノヴァンテス族など周辺部族と連合し反乱起こした最初の標的は、このカムロドゥヌムとなったこの町に対し反乱軍は強い憎悪湧き上がらせていた。ローマ軍退役軍人たちが作り上げたこの町にあった皇帝クラウディウス祭った神殿が、トリノヴァンテス族搾取し、その財産労働力建設したのだっためである。カムロドゥヌムを急襲したブーディカ軍は逃げ遅れ人々全て殺し反乱勃発の元凶一人カトゥスは這々の体ガリア逃げたブーディカ軍は次の進軍先をロンディニウム現在のロンドン)に定めたスエトニウス軍も同様にそこへ向かったが、都市防衛には要員足りない判断してロンディニウムには入らず結局この街も、逃亡成功したひとにぎり人々除き全員殺害され焼き払われた。 反乱軍破壊狂奔し次の贄をウェルラミウム(英語版)(現在のセント・オールバンズ)に定め北に進む頃、スエトニウス現在ではワトリング街道呼ばれるローマ街道に沿って北上しつつ軍の補強着手したタキトゥスによると、スエトニウス指揮する第14軍団ゲミナに加え第20軍団ウァレリア・ウィクトリクス(en)からの派遣隊可能な限り予備役兵らを傘下に納め総勢10,000人の兵力組織した。ただし、エクセター近郊展開していた第2軍団アウグスタ不可解にもこれに加わらなかった。なお、同じくブリタンニア展開していたクィントゥス・ペティリウス・ケリアリス率い第9軍団ヒスパナは既にカムロドゥヌム奪回戦で敗退していた。 一方ブーディカ軍は、約230,000人までその兵士の数を膨らませていた。

※この「勃発」の解説は、「ワトリング街道の戦い」の解説の一部です。
「勃発」を含む「ワトリング街道の戦い」の記事については、「ワトリング街道の戦い」の概要を参照ください。


勃発

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/26 07:29 UTC 版)

米墨戦争」の記事における「勃発」の解説

テキサス併合したアメリカは、メキシコとの国境リオグランデ川 (Rio Grande) 以北としていた。一方メキシコ同様にリオグランデ川北側流れるヌエセス川 (Nueces River) 以南しており両国の主張には相違があった。時のアメリカ大統領ジェームズ・ポークは、アメリカ主張するテキサス州土地確保するよう軍に命じた。これを受けたザカリー・テイラー将軍率い軍隊はヌエセス川を南に超えてメキシコ非難にもかかわらずブラウン砦 (Fort Brown) を築いた1846年4月24日メキシコ騎兵隊アメリカ分遣隊捕らえたことから戦闘状態となったパロアルト (Palo Alto) およびレサカ・デ・ラ・パルマ (Resaca De La Palma) での国境衝突および戦闘の後に、連邦議会5月13日宣戦布告した南部出身者民主党がそれを支持した一方北部出身者ホイッグ党員は一般に戦争宣言反対した。メキシコ5月23日宣戦布告したアメリカ宣戦布告後、アメリカ軍ロサンゼルスを含むカリフォルニアいくつかの都市占領したモンテレーの戦い1846年9月起こった1847年2月22日ブエナ・ビスタの戦いテイラー将軍アントニオ・ロペス・デ・サンタ・アナ将軍配下メキシコ軍破りアルタ・カリフォルニアニューメキシコ占領確実なものにした。ウィンフィールド・スコット将軍配下アメリカ軍は、海上からベラクルス大西洋岸)を攻略引き続きセロゴルド(メキシコ中部)と進撃しメキシコ中心部チャプルテペク城メキシコシティ)も攻め落とした進撃3月9日始められた)。

※この「勃発」の解説は、「米墨戦争」の解説の一部です。
「勃発」を含む「米墨戦争」の記事については、「米墨戦争」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「勃発」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「勃発」の例文・使い方・用例・文例




勃発と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

勃発のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



勃発のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのクウェート侵攻 (改訂履歴)、ハンガリー革命 (1848年) (改訂履歴)、ブレシアの十日間 (改訂履歴)、白蓮教徒の乱 (改訂履歴)、九月虐殺 (改訂履歴)、エチオピア革命 (改訂履歴)、仙石騒動 (改訂履歴)、第二次コンゴ戦争 (改訂履歴)、平事件 (改訂履歴)、ピレネー戦争 (改訂履歴)、治承三年の政変 (改訂履歴)、ルーマニア革命 (1989年) (改訂履歴)、ヴィエルコポルスカ蜂起 (1794年) (改訂履歴)、ワトリング街道の戦い (改訂履歴)、米墨戦争 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS