展覧会とは? わかりやすく解説

てんらん‐かい〔‐クワイ〕【展覧会】

読み方:てんらんかい

美術品などを陳列して一般に公開する会。


発表会・展覧会

贈答慣習

発会記念・創立記念身内の方を初め友人知人ご近所親し方などが各種の発表会や展覧会を開催され場合心より祝意込めて贈りたいものです
また展覧会や発表会の楽屋訪れて激励してあげることも当の本人にとって大変うれしいことです。

お祝いを贈る時期

招待ご案内に対して応えるのが一番のお祝いとなりますがお祝いを贈る場合遅くとも発表会・展覧会開催日の前日までか初日までに贈ります

お祝い返しの時期

一般的にはお礼状程度に留めようですが、気になる先様には会期終了後会期中報告兼ねて贈ります事前に発表会や展覧会の招待状贈っておいたり記念品用意しておいて当日ご来場時に贈る場合あります

ひとくちMEMO

各種の発表会や展覧会を開催され場合祝意を持って激励の贈り物届ける。

ご贈答のマナー

贈答様式 贈り 献辞表書き 慶弔用品
出場出展祝い品を贈る 身内
身内以外
発表会開催御祝
展覧会出品御祝
祈念盛会
御祝
のし紙花結び
出場出展
祝い金を贈る
身内
身内以外
のし袋花結び
金封赤白花結び/赤白あわび結び
表彰祝金を贈る 運営元 最優秀賞
入選
優秀作品賞
佳作
表彰に祝品を贈る のし紙花結び
祝い返し 本人 御礼
入選内祝
のし紙花結び祝/赤棒
会場裏方への謝礼 運営元 御礼
御祝儀
のし袋御礼/御祝儀字入

使用例(のし紙/金封/のし袋の様式)

のし紙/金封/のし袋の様 使い方
のし袋:使用例 のし袋:使用例


展覧会

作者表邦一

収載図書タイチ
出版社日本文学館
刊行年月2006.4


展覧会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/21 08:50 UTC 版)

展覧会(てんらんかい)とは、一般に、博物館[注 1]において行われる歴史的資料、人物的資料、工芸美術作品等を公開するための展示企画のことを称する。ある個人の作品のみを集めて開く展覧会を個展と呼ぶ[1]


  1. ^ なお、美術館は博物館の一種である。
  1. ^ 個展”. コトバンク. 株式会社DIGITALIO. 2022年2月21日閲覧。


「展覧会」の続きの解説一覧

展覧会(回顧展)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/03 00:51 UTC 版)

赤瀬川原平」の記事における「展覧会(回顧展)」の解説

戦後日本前衛美術グッゲンハイム美術館巡回 1994年)に出品赤瀬川原平冒険 脳内リゾート開発大作戦 1995年1月21日4月2日 名古屋市美術館連続鼎談ネオ・ダダ鼎談赤瀬川原平吉村益信風倉匠 ハイレッド・センター鼎談赤瀬川原平中西夏之和泉達 「千円札裁判鼎談赤瀬川原平刀根康尚川仁宏櫻画報鼎談赤瀬川原平南伸坊松田哲夫 トマソン路上観察鼎談赤瀬川原平藤森照信林丈二 ライカ同盟鼎談赤瀬川原平,秋山祐徳太子,高梨豊 映画上映利休監督勅使河原宏脚本赤瀬川原平+勅使河原宏豪姫監督勅使河原宏脚本赤瀬川原平+勅使河原宏 ビデオ上映会(60年代実験フィルム飯村隆彦ダダ62城之内元晴「シェルター・プラン」 赤瀬川原平ホモロジー」ほか 赤瀬川原平×尾辻克彦 文学と美術多面体展、2014年10月18日12月21日町田市民文学館ことばらんど 赤瀬川原平芸術原論 1960年代から現在まで2014年10月28日12月23日千葉市美術館

※この「展覧会(回顧展)」の解説は、「赤瀬川原平」の解説の一部です。
「展覧会(回顧展)」を含む「赤瀬川原平」の記事については、「赤瀬川原平」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「展覧会」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

展覧会

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 09:06 UTC 版)

名詞

展覧 てんらんかい

  1. 作品などを陳列して多くの人に見せる会。

発音(?)

て↗んら↘んかい

「展覧会」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



展覧会と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

展覧会のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



展覧会のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ササガワササガワ
All Right Reseved,Copyright© Sasagawa Co.,Ltd. 1996-2022
株式会社ササガワ(タカ印紙製品)ご贈答マナー
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの展覧会 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの赤瀬川原平 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの展覧会 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS