用品とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ビジネス > 経営 > 品物 > 用品の意味・解説 

よう‐ひん【用品】

読み方:ようひん

ある事に使用する品物必要な品物。「スポーツ—」「事務—」


用品

名字 読み方
用品ようしな
名字辞典では、珍しい名字を中心に扱っているため、一般的な名字の読み方とは異なる場合がございます。

用品

読み方
用品ようしな

用品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/28 05:30 UTC 版)

ペン入れ」の記事における「用品」の解説

ペン入れは、伝統的にインクつぼペン先浸して使うつけペンGペン丸ペンなど)によって行うのが主流だが、1980年代以降は油性フェルトペン水性のミリペンサインペンを使うケースみられるようになり、ペン入れ専用油性ペンであるコミックペンも普及し始めている。ロットリングなどの製図ペンや、筆ペンを使うケース見られる近年は、鉛筆下書き取り込んでコンピューター上でペン入れする(デジタルペン入れ)ことも行われるようになった場合によっては下書きからの工程をすべてコンピューター上で行い入稿まで紙を使わない者も存在するボールペン上手にペンタッチをつけるのが難しく漫画にはあまり使われない志村貴子などペン入れゲルインクボールペン使用する作家存在するが、油性ボールペン印刷段階で線が飛びやすく商用原稿にはタブーとされている。 ここでどのペン先を選ぶか、あるいはどの筆記具を使うかによって絵のタッチ質感)が変わってくるので、その選択プロ・アマ問わず漫画家にとって重要なものとなる宮崎駿のようにペン入れせず、鉛筆の線のまま印刷することもある。敢えて鉛筆のかすれなどのタッチ生かすためという目的だが、ペン入れの手間を省くという意味もある。場合によっては締切迫って下書きのまま入稿する者も少なからず存在するGペンはおもに、人物動植物など生物を描く際に用いられる筆圧調節によって、線の太さ自在に変えられる。タマペンやスクールペン丸ペンは、線の細さから人物・動植物以外の物体用いられるこれらの使い分け一般的なものであり、漫画家好みによって様々に使い分けられる。すべてGペンを使う作家もっぱら丸ペンを使う作家ミリペン組み合わせて使う作家など様々であるコマ枠線を描くには、かつては主にカラス口用いられてきたが、現在はミリペン製図ペンを使う者が多い。

※この「用品」の解説は、「ペン入れ」の解説の一部です。
「用品」を含む「ペン入れ」の記事については、「ペン入れ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「用品」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

用品

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 23:16 UTC 版)

名詞

ようひん

  1. あること使う品物

発音(?)

よ↗ーひん

関連語

翻訳


「用品」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



用品と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

用品のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



用品のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
名字見聞録名字見聞録
copyright©1996-2022 SPECTRE all rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのペン入れ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの用品 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS