工程とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 手順 > 工程の意味・解説 

こう‐てい【工程】

読み方:こうてい

仕事作業進めていく順序段階また、その進みぐあい。「製造―」


工程

英語 process

ある目的を達成するための仕事の手順順序過程をいう。ものつくりの場合には製品部品加工組み付けするときの作業の手順とか製造工程を指す。例え歯車製造工程木型鋳造旋盤歯切り盤組み立て一般的な工程で、さらにこの歯車製作するために企画計画段階資金計画工程設計要員計画材料調達実施中工程管理などの作業も必要となる。ものつくりだけでなく、経営計画をつくるための工程、例え現状把握環境調査目標設定実施計画案(複数)作成計画絞り込み承認手続きなど種々の手順も工程といわれている。

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

工程

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/09 23:29 UTC 版)

工程(こうてい)は、何らかの物品を加工する上において、その各々の段階を指す。




「工程」の続きの解説一覧

工程

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/10/09 00:06 UTC 版)

イオンプレーティング」の記事における「工程」の解説

加工装置チャンバー内に蒸着金属と被加工物を入れ内部10-3 Pa10-5 Pa程度高真空状態にしてから不活性ガスアルゴンもしくは反応性ガス窒素炭化水素など)を注入する加工装置熱電子発生陰極電子銃)から電子ビーム蒸着材に向けて放電行いイオン電子分離したプラズマ発生させる電子ビームにより、金属高温加熱蒸発させる蒸発した金属粒子は、正の電圧をかけることによりプラズマ中で電子と金粒子衝突して金属粒子がプラスイオンとなり、被加工物に向かって進むとともに金属粒子反応性ガス結びついて化学反応促進される蒸着金属チタン反応性ガス窒素の場合、 Ti+N → TiN 化学反応促進され粒子は、マイナス電子加えられた被加工物へ向かって加速され高エネルギー衝突し金属化合物として表面堆積される

※この「工程」の解説は、「イオンプレーティング」の解説の一部です。
「工程」を含む「イオンプレーティング」の記事については、「イオンプレーティング」の概要を参照ください。


工程

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/26 09:59 UTC 版)

ジビエ」の記事における「工程」の解説

ジビエハンティングでは、銃弾の種類によっては可食部分が大きく損傷してしまったり内臓飛び散って味が悪くなってしまったりすることがあるジビエ特有の獣臭血抜き技術大きく左右され、血が残っているほど臭いは強くなる逃げ回った体温上昇しており、なるべく早く肉を冷やさない急速にうま味損なわれる信じられている。そのため止めた後も、血抜き解体といった処理を行う習慣がある。解体内臓摘出し、一旦きれいな水で肉を冷却し、皮を剥いで脱骨や精肉をする。 最近のジビエブームでは、獲ってすぐに食べるのではなく数日から1か月程かけて熟成(仏: faisandage、フザンダージュ)させてから調理することを主張する者もいる。熟成肉には後述国産ジビエ認証制度まで長らく統一規格存在せず稚拙な方法用いれば食中毒や有害カビ増殖など、健康被害リスク高めることになる。

※この「工程」の解説は、「ジビエ」の解説の一部です。
「工程」を含む「ジビエ」の記事については、「ジビエ」の概要を参照ください。


工程

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/17 05:25 UTC 版)

洗張」の記事における「工程」の解説

洗張」の工程は、文字通り「洗」段階洗浄)と「張」段階仕上げ乾燥)に大別される。 「洗」段階では、まず衣服形状から反物形状へと解きほぐし糸くずやごみを除去してから、水洗洗浄)を行う。 次の「張」段階、「張物」が仕上げであり、反物素材によって方法分かれる。「湯のし」を除きいずれも糊を使用して張って乾燥させることで光沢風合いを出す。 板張いたばり仕上げ - 木綿レーヨン交織籡張しんしばり仕上げ - 縮緬ちりめん)、お召大島紬等の紬といった高級絹織物 湯のし(ゆのし)仕上げ - 縮緬等の強撚糸物(糊を使用しないアイロン仕上げ - 近代以降の方法「板張り」、「籡」、および「湯のしを参照

※この「工程」の解説は、「洗張」の解説の一部です。
「工程」を含む「洗張」の記事については、「洗張」の概要を参照ください。


工程

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/09/23 05:00 UTC 版)

佐賀錦」の記事における「工程」の解説

経糸調節する起こし板」がついた織り台を台に置き、裏にある2本の巻軸に糊を付けてカメラフィルムを巻く要領和紙巻き込む経糸となる紙を一寸幅あたり数十本の切り目入れる。デザインにより、太いもので三十割(一寸あたり三十本)から六十割(一寸あたり六十本)まであるが、四十割か三十五割がよく用いられる織り台に巻き込んである和紙中心に合わせて止める経糸に使う紙は必ず手漉き和紙で、繊維長いために粘り強く引っ張りに強い。 経糸下部に糊をつけ、数十本ずつ間隔開けながら和紙貼りつける経糸整えながら、巻き棒を回して織り台に巻き込んでいく。 オベリスク型をした柄の長いヘラ経糸1本おきに掬い上げ反対側で同じ作業繰り返す。上下に開いた経糸間に紙縒りを通す。 「あばり」と呼ばれる代用となる針に絹糸巻きつけ経糸五・三綾織り)・一(平織り)ずつ拾って色鮮やかな絹糸織り込んでいく。熟練者でも1cmあたり2・3時間を費やすことも少なくない

※この「工程」の解説は、「佐賀錦」の解説の一部です。
「工程」を含む「佐賀錦」の記事については、「佐賀錦」の概要を参照ください。


工程

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/11/26 20:46 UTC 版)

直接製鉄法」の記事における「工程」の解説

直接製鉄法では固体直接還元により、炭素がほとんど入らず加工しやすい錬鉄を得ることができる。直接製鉄法では高温ならないため浸炭少なく得られ錬鉄リン硫黄などの不純物少な錬鉄となる。 直接製鉄法に対して間接製鉄法とは一般的には鉄鉱石還元する際に一度銑鉄作った上で鉄鋼を得る方法をいうが、直接製鉄法間接製鉄法区分精錬段階での酸素含有量分けられる直接製鉄法間接製鉄法とは異なり酸素含有量減少させるプロセス直線的に行われる理論的には間接製鉄法よりも直接製鉄法のほうが消費エネルギー少なくなる。しかし直接製鉄法では固体のままへの還元を行うため、鉄鉱石中にあった脈石等の非金属介在物取り除かれておらず加工の工程で叩いて取り出す必要がある間接製鉄法では液体とすることで脈石等の不純物浮き出して排出されるため加工の工程で叩いて取り出す必要はない。全プロセスを見ると高炉法など間接製鉄法のほうが合理化が格段に進んでおり、製鉄生産効率から見ると圧倒的に間接製鉄法が有利となっている。しかし年産50t程度小規模製鉄所であればエネルギー消費抑えることができるという直接製鉄法利点享受できるとされている天然ガス石炭用いた新たな製鉄法も開発されている。1980年代2段還元法開発進み、COREX法などが開発され、COREX法は微粉鉱石一般炭利用して溶銑製造することが可能となりFINEX法に改良され実用化されている

※この「工程」の解説は、「直接製鉄法」の解説の一部です。
「工程」を含む「直接製鉄法」の記事については、「直接製鉄法」の概要を参照ください。


工程

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/11/26 21:07 UTC 版)

間接製鉄法」の記事における「工程」の解説

間接製鉄法では溶融した炭素溶け込ませてて還元し溶融還元浸炭)、この高濃度炭素を含む溶銑脱炭して鉄鋼を得る。直接製鉄法間接製鉄法区分精錬段階での酸素含有量分けられ間接製鉄法では炭素飽和溶銑製造した上で酸化精錬行い再度脱酸工程を経るが、直接製鉄法では酸素含有量減少させるプロセス直線的に行われる理論的には間接製鉄法よりも直接製鉄法のほうが消費エネルギー少なくなる。しかし直接製鉄法では固体のままへの還元を行うため、鉄鉱石中にあった脈石等の非金属介在物取り除かれておらず加工の工程で叩いて取り出す必要がある間接製鉄法では液体とすることで脈石等の不純物浮き出して排出されるため加工の工程で叩いて取り出す必要はないそのため製鉄生産効率から見ると圧倒的に間接製鉄法が有利とされている。 全プロセスを見ると高炉法など間接製鉄法のほうが合理化が格段に進んでいるが、直接製鉄法のエネルギーメリットを活かした新たな製鉄法も開発されてきており、微粉鉱石一般炭利用するFINEX法などが実用化されている

※この「工程」の解説は、「間接製鉄法」の解説の一部です。
「工程」を含む「間接製鉄法」の記事については、「間接製鉄法」の概要を参照ください。


工程

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/02/15 21:05 UTC 版)

直接製鋼法」の記事における「工程」の解説

直接製鋼法ケラ押し法)は酸性チタン成分少な真砂砂鉄原料とする。低温還元のため不純物混入少ない。こうして作られた鋼は鍛造により日本刀や高級刃物となる。

※この「工程」の解説は、「直接製鋼法」の解説の一部です。
「工程」を含む「直接製鋼法」の記事については、「直接製鋼法」の概要を参照ください。


工程

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/02/15 21:04 UTC 版)

間接製鋼法」の記事における「工程」の解説

間接製鋼法ズク押し法)は塩基性チタン成分5%以上の赤目砂鉄原料とする。こうして作られた鋼は鋳造により各種の鋳造品の原料となるほか、脱炭鍛造工程を経て包丁などの刃物原料となる。 なお、間接製鋼法ズク押し法)も銑鉄製造する。しかし、一般的な間接製鉄法はいった炭素濃度4%の銑鉄を得るのに対したたら製鉄得られる玉鋼炭素濃度がより低い。そのため、たたら製鉄直接製鉄法にも間接製鉄法いずれにも当てはまらない別の種類分けられることもある。

※この「工程」の解説は、「間接製鋼法」の解説の一部です。
「工程」を含む「間接製鋼法」の記事については、「間接製鋼法」の概要を参照ください。


工程

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/05/13 07:44 UTC 版)

ライフジェム」の記事における「工程」の解説

遺灰遺骨中の炭素天然炭素結合され抽出され浄化の後黒鉛化される。黒鉛ダイヤモンド成長装置投入されダイヤモンドは科学者チームにより温度勾配といわれる製法製造される。この製法では合金融剤とし、5.06.0 Gpa圧力、1,600–2,000気温で合が行われる。 ラウンド、ラディアント、ブリリアント3種類のスタンダードカットが提供されているが、その他のカット可能である完成したダイヤにはレーザー刻印施されメッセージ別途料金)、宝石鑑定書添付される

※この「工程」の解説は、「ライフジェム」の解説の一部です。
「工程」を含む「ライフジェム」の記事については、「ライフジェム」の概要を参照ください。


工程

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/21 16:00 UTC 版)

真空凍結乾燥装置」の記事における「工程」の解説

予備凍結対象物大気中で凍結させるコールドトラップ冷却蒸発した水分再度対象物に付させないようにコールドトラップ冷却し付着した水分を氷にする。 真空排気真空排気水分蒸発させるこの時水分氷の状態から直接水蒸気になるこの際対象物温度冷却されるある程度補う程度加熱する加熱乾燥対象物加熱し水分取り除き乾燥完了させる大気開放真空チャンバー内に空気乾燥窒素をいれて対象物取り出すまた、水蒸気捕らえたコールドトラップの氷を溶かし取り除く

※この「工程」の解説は、「真空凍結乾燥装置」の解説の一部です。
「工程」を含む「真空凍結乾燥装置」の記事については、「真空凍結乾燥装置」の概要を参照ください。


工程

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/27 14:27 UTC 版)

フレーミングカット」の記事における「工程」の解説

まず頭部5つエリア分け下記の4つ工程を通してヘアスタイル5つ要素であるアウトラインヘアスタイル輪郭)、フォルムヘアスタイル立体的な形)、サイズ(幅、高さ、奥行き)、テクスチャー(髪の質感)、フロー(髪の流れ方向)を操作しながらカットしスタイル完成させる基本的にはカットデザイン用とパーマデザイン用では工程が同じだが、パーマデザイン用にはパーマ活かすための調整必要である(※印を参照)。 ベースカット アウトライン決めてフォルム設定する。 ラインストローク フォルム調整してサイズ決める。※パーマ用のカットを施す場合は、パーマをかけたときにボリュームアップすることを計算に入れてフォルムサイズは髪を削い小さめ仕上げておく。 毛量調整 必要な部分シザー削いで、サイズ調整する。 デザインカット テクスチャーフロー決め、毛の流れ動きなどを作る。※パーマをかけてできたウェーブよりきれいに出すために、曲線が出るカットを施す。

※この「工程」の解説は、「フレーミングカット」の解説の一部です。
「工程」を含む「フレーミングカット」の記事については、「フレーミングカット」の概要を参照ください。


工程

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/14 02:09 UTC 版)

錠剤」の記事における「工程」の解説

古くは、有効成分賦形剤などを加えて練り合わせのばしたものを一定の形に打ち抜い製造する湿製法があったが、現在は「打錠」と呼ばれる圧縮形成技術により生産される打錠には、混合した原料そのまま打錠する直接打錠法と、混合した原料顆粒してから打錠する顆粒打錠法がある。直接打錠法では工程は単純になるが、原料流動性が悪いと重量ばらつき出たり仕上がり悪くなるまた、湿式合したものを型に入れ乾燥させるOD錠のような製法もある。 以下に一般的な顆粒打錠法の工程を示す。 秤量 一次混合 - 有効成分賦形剤結合剤崩壊剤などを均一になるように混合する造粒 篩過 - 顆粒大きさをそろえる。粒径ばらつくと、錠剤重量有効成分放出性などに影響する二次混合 - 顆粒滑沢剤混ぜるある程度均一にする必要があるが、混ぜすぎると撥水性のある滑沢剤の場合、錠剤崩壊性を損ない有効成分放出されにくくなる打錠 - 打錠圧と速度品質影響する打錠圧が低いと錠剤強度低下する逆に高すぎる表面割れて剥がれたりする打錠障害起きことがあるコーティング必要に応じ包装

※この「工程」の解説は、「錠剤」の解説の一部です。
「工程」を含む「錠剤」の記事については、「錠剤」の概要を参照ください。


工程

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/12 05:03 UTC 版)

ロストワックス」の記事における「工程」の解説

原型作る原型周りを型の素材となるシリカ水ガラス石膏等で重ねる。 型が固まったら内部に残っている原型を熱で融かして取り除く。 型にできた空洞溶融金属流し込む型を取り除き形を整える銅製リンゴ作成石膏原型複製用の置き換えた原型 湯口付けた原型鋳造用の溶かして抜き取った後の型に溶融金属を注ぐ 型から取り出され成型品 湯口切り落とし整形し完成

※この「工程」の解説は、「ロストワックス」の解説の一部です。
「工程」を含む「ロストワックス」の記事については、「ロストワックス」の概要を参照ください。


工程

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/06 16:23 UTC 版)

ユーザインタフェース設計」の記事における「工程」の解説

ユーザインタフェース設計はいくつかの工程があり、どれが重要かということはそのプロジェクト性質によって異なる。なお、ここでいうシステムとは、プロジェクトの種類によって様々なものを指している(ウェブサイトだったりアプリケーションだったり機械だったりする)。 機能要求収集 - そのシステム最終的に達成すべき機能要求リストアップし、ユーザー潜在的ニーズ見極めるユーザー分析 - そのシステム潜在的ユーザー分析する手法としては、ユーザー関わる人々議論するか、ユーザーになると想定される人々議論する。ここで質問すべきこと以下の通りユーザーはそのシステム何をして欲しいか? そのシステムユーザー通常のワークフロー日常活動どのように適合するか? ユーザー技術的なことにどの程精通しているか? また、ユーザー類似のシステムを既に使っているか? ユーザー魅力的に感じルック・アンド・フィールはどんなものか? 情報アーキテクチャ - そのシステムプロセス情報フロー開発例えば、ウェブサイトなら、ページ階層構造とそれを利用する際のフロープロトタイピング - 簡単なプロトタイプ開発この場合プロトタイプは、インタフェースそのもの注目するため、ルック・アンド・フィール要素内容をほとんど排除したものであるユーザビリティ評価 - プロトタイプ実際のユーザー評価してもらう。その場デザイナー立ち会ってユーザー生の声聞くのが望ましい。 グラフィックインタフェースデザイン - 実際のルック・アンド・フィール設計。これが最終的なGUIとなる。それまでの工程で明らとなった事柄に基づいて行われる機能よりも見た目重視される場合グラフィック要素プロトタイピングでも重視される。この工程は、グラフィックデザイナーユーザインタフェース設計者が共同で行うことが多い。 ユーザインタフェース設計では、ユーザーニーズをよく把握することが重要である

※この「工程」の解説は、「ユーザインタフェース設計」の解説の一部です。
「工程」を含む「ユーザインタフェース設計」の記事については、「ユーザインタフェース設計」の概要を参照ください。


工程

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/17 12:35 UTC 版)

4ストローク機関」の記事における「工程」の解説

ガソリンエンジンとして広く普及しているものはドイツのニコラス・オットーによって発明されオットーサイクルで、燃焼きっかけとして電気火花利用することから火花点火機関呼ばれることもある。ロータリーエンジンバンケルエンジン)はピストン使わない基本原理同様でオットーサイクルのひとつとして分類される。1サイクル中の4つ工程は以下の通りである。 吸入工程 : ピストン下が混合気燃料含んだ空気)をシリンダ内に吸い込む工程。 圧縮工程 : ピストン上死点まで上がり混合気圧縮する工程。 燃焼工程 : 点火プラグにより点火され混合気燃焼し燃焼ガス膨張してピストン下死点まで押し下げられる工程。以前は爆発工程と言った排気工程 : 慣性によりピストン上がり燃焼ガスシリンダ外に押し出す工程。 ガソリンエンジンサイクル 初期状態ピストン上死点。 1 - 吸入工程 2 - 圧縮工程 燃料点火 3 - 燃焼膨張工程 4 - 排気工程 軽油などの自己着火性の高い燃料用いエンジンとして普及しているものは、ルドルフ・ディーゼル発明したディーゼルサイクルである。ディーゼルサイクル利用したエンジンディーゼルエンジン呼ばれるディーゼルサイクル次の4工程で構成される吸入工程 : ピストン下がり、空気のみをシリンダ内に吸い込む工程。 圧縮工程 : ピストン上死点まで上がり空気のみを圧縮する工程。 燃焼工程 : 圧縮により高温になった空気燃料噴射され、熱により燃料自己着火して燃焼し燃焼ガス膨張力によりピストン下死点まで押し下げる工程。 排気工程 : 慣性によりピストン上がり燃焼ガスシリンダ外に押し出す工程。

※この「工程」の解説は、「4ストローク機関」の解説の一部です。
「工程」を含む「4ストローク機関」の記事については、「4ストローク機関」の概要を参照ください。


工程

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/07 00:51 UTC 版)

からむし織」の記事における「工程」の解説

からむし焼き からむし発芽揃え成長均一になるようにするため、二十四節気小満の頃に、焼き畑を行う。 刈り取り 7月頃からお盆前にかけ一本ずつ手作業刈り取るからむし剥ぎ 数時間から一晩ほど流水浸し丁寧に皮を剥ぎ取るからむし引き (お)引き具剥いだ皮の外皮除き一枚ずつ表皮繊維引き分ける取り出した繊維は、数日陰干しして乾かす。 積(おう)み からむし引き取り出され繊維糸の太さに合わせて裂き繊維繋ぎ合わせるからむし織 積んで紡がれた糸を地機や高織で手織りする。なお、文化財等指定条件として、地機織られものとい場合もある。

※この「工程」の解説は、「からむし織」の解説の一部です。
「工程」を含む「からむし織」の記事については、「からむし織」の概要を参照ください。


工程

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/12 01:53 UTC 版)

アディンクラ」の記事における「工程」の解説

伝統的に専ら男性の手大きな布にウリ科植物製のスタンプ捺すことにより作られてきた。スタンプ材質トネリコツゲイチジクナシなどといった堅い木である場合もある。スタンプ紋様同じ種類のものを反復し規則的なパターンとなる様に印刷される布地通例白や暗めのオリーブ色である。なお、現在では女性アディンクラ用いて服を製作する場合もある。

※この「工程」の解説は、「アディンクラ」の解説の一部です。
「工程」を含む「アディンクラ」の記事については、「アディンクラ」の概要を参照ください。


工程

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/04 07:29 UTC 版)

電気めっき」の記事における「工程」の解説

ある技法では、めっきした物質アノード用いる。これらを電解液呼ばれる溶液等に浸す。電流アノード供給しアノード形成している金属原子酸化し電解液溶け出させる。カソードでは、電解液溶解した金属イオン電解液カソード接す面で還元されカソード表面めっきされる。このようにしてめっきした物質アノードから電解槽内へ継続的に補給されるまた、他の技法として、溶解しないアノードを使う電気めっき法もある。この場合めっきした物質電解槽内へ補給する必要がある黄銅やはんだといった合金電気めっきすることも可能である電解槽内にめっきする金属の化合物だけでなく、遊離酸導電塩が含まれていることが多い。これらはアノード溶解容易にするためや、伝導率上げるために役立つ。

※この「工程」の解説は、「電気めっき」の解説の一部です。
「工程」を含む「電気めっき」の記事については、「電気めっき」の概要を参照ください。


工程

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/25 14:01 UTC 版)

楽譜浄書」の記事における「工程」の解説

楽譜印刷自体一般書籍と同じように行われるが、印刷の前の段階である版下作り古くから様々な方法が行われてきた。彫版印刷における浄書の工程は大きく3つ分けられる割り付け 記号捺印 不定形記号書き込み 割り付け作業3つの工程の中で最も難しい。作曲家自筆譜持ち込まれると、まず版の寸法決め奏者読みやすいように小節割り付けていく。奏者譜めくりしやすいよう、ページ変わり目は特に配慮される。以上の作業完了すれば鉛筆下書き行い、その割り付けに沿って記号捺印していく。最後にスラーなどの不定形記号カラス口用いて書き込む

※この「工程」の解説は、「楽譜浄書」の解説の一部です。
「工程」を含む「楽譜浄書」の記事については、「楽譜浄書」の概要を参照ください。


工程

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/05 01:47 UTC 版)

若狭めのう細工」の記事における「工程」の解説

原石古来近辺採石されていためのうであるが、現在は海外から輸入している。 石地取り焼き入れ彫刻成形磨きの4工程により制作される焼入れにより、赤色発色されためのう原石金剛砂使って研磨し成型し長時間かけ仕上げ磨き行いなど動物模した細工置物香呂等を細工する

※この「工程」の解説は、「若狭めのう細工」の解説の一部です。
「工程」を含む「若狭めのう細工」の記事については、「若狭めのう細工」の概要を参照ください。


工程

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 08:58 UTC 版)

K-14現像」の記事における「工程」の解説

以下はコダック指定する処方である(K-14Mヴァージョン)。 K-14現像の工程(E-6現像との比較K-14現像E-6現像1 バッキング除去浴 2 バッキング除去水洗 3 第一現像 第一現像 4 第一水洗 第一水洗反転浴 5 赤反転露光 発色現像 6 シアン現像 7 シアン現像水洗 8 青反転露光 9 イエロー現像 10 イエロー現像水洗 11 マゼンタ現像 12 マゼンタ現像水洗 13 調整プレ漂白 14 漂白 漂白 15 定着 定着 16 最終水洗 最終水洗 17 最終洗浄 最終洗浄 18 乾燥 乾燥

※この「工程」の解説は、「K-14現像」の解説の一部です。
「工程」を含む「K-14現像」の記事については、「K-14現像」の概要を参照ください。


工程

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/04 14:49 UTC 版)

オルガノイド」の記事における「工程」の解説

オルガノイド一般的に立体的な培地中で幹細胞または前駆細胞培養され、形成される立体的な培地は、Engelbreth-Holm-Swarm腫瘍細胞株によって分泌されるラミニンに富む細胞外マトリクスであるヒドロゲル・マトリゲル(hydrogel Matrigel)を使用して作製することができる。オルガノイドは、幹細胞立体的な培地包埋することによって作製することができる。多能性幹細胞オルガノイド生成に使用される場合細胞通常は胚様体形成することが可能であるこれらの様体は、パターニング因子薬理学的処理され望みオルガノイド形成促進するオルガノイドまた、標的器官から採取され成体幹細胞用いて作製され3D培地培養されている

※この「工程」の解説は、「オルガノイド」の解説の一部です。
「工程」を含む「オルガノイド」の記事については、「オルガノイド」の概要を参照ください。


工程

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/15 01:41 UTC 版)

注射剤」の記事における「工程」の解説

一般的なアンプル入り水溶性注射剤製造工程について記す。 計量 混合溶解 濾過 充填 熔封 滅菌 異物検査 包装表示 バイアル入りの場合は、『熔封』が『打栓』になる。固形注射剤は、一般的に充填後に凍結乾燥の工程が入る。プラスチック容器入り生理食塩水などでは、充填と同時に容器形成を行う場合もある。滅菌加圧加熱滅菌一般的である。熱により成分変成してしまい加熱滅菌できないものは、充填前に濾過滅菌を行う。

※この「工程」の解説は、「注射剤」の解説の一部です。
「工程」を含む「注射剤」の記事については、「注射剤」の概要を参照ください。


工程

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/27 14:44 UTC 版)

縮毛矯正」の記事における「工程」の解説

現在、最も多く用いられている基本的な工程以下の通りである。 根元避け髪に還元剤(1液)を馴染ませた後、しばらく放置する還元剤洗い流した後、乾かす。 必要に応じてブローセッティングを行う。 ヘアーアイロンをかける。 髪に酸化剤(2液)を馴染ませ、しばらく放置する酸化剤洗い流した後、乾かす。 髪の状態に応じ要所要所でケラチン・コラーゲン・CMC・セラミド・ヘマチンなどを補いながら作業する

※この「工程」の解説は、「縮毛矯正」の解説の一部です。
「工程」を含む「縮毛矯正」の記事については、「縮毛矯正」の概要を参照ください。


工程

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/15 22:30 UTC 版)

パッケージデザイン」の記事における「工程」の解説

グラフィックデザイン一分野としてグラフィックデザイナー担当する場合が多いが、容器として立体造形要素を多く含む場合には、プロダクトデザイナー関わることもある。また、グラフィックメインとし立体物としては比較的単純といえる外箱デザインなどであってもPOP什器などと同様平面デザインに対して立体デザイン呼ばれることもある(この場合プロダクトデザインとは意味が異なる)。 対象物となる商品CM新聞・雑誌などのマス広告や、ポスターSP販売促進ツールPOPWEBなど、あらゆる媒体広告展開されることや、商品そのもの企画開発クリエイター関わるケースもある。メディアミックス・クロスメディアのように、あらゆる媒体連携融合しイメージ価値観構築される現代イコンかつ商品一部であるパッケージデザインおいてもクリエイティブディレクターアートディレクター役割が重要となっている。

※この「工程」の解説は、「パッケージデザイン」の解説の一部です。
「工程」を含む「パッケージデザイン」の記事については、「パッケージデザイン」の概要を参照ください。


工程

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/06 08:34 UTC 版)

活版印刷」の記事における「工程」の解説

活版印刷する際には、まず印刷しようとする原稿と、印刷必要な活字用意する。ただし和文の場合は文字が膨大に存在するため、あらかじめ使う活字だけを用意しておく(文選)。その後適切な活字選択しインテルなどとともに原稿に従って並べる(植字)。組版ステッキ上に並べていき、数行ごとにゲラ移しながら版全体作り上げていく。なお、文字ごとに大きさの違う数千以上の活字から適切なものを選択し印刷寸法応じた枠内適切に配置するには、高度な訓練必要である。版全体組み上がったらバラバラにならないよう糸で全体を縛る(結束)。その後誤植がないか確認するため試し刷り行い校正刷りゲラ刷り)、校正結果間違いなければ印刷機に取付けて印刷する印刷後はインク落とし活字ごとに版をバラバラにして片付ける(解版)。

※この「工程」の解説は、「活版印刷」の解説の一部です。
「工程」を含む「活版印刷」の記事については、「活版印刷」の概要を参照ください。


工程

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/16 03:32 UTC 版)

デカルコマニー」の記事における「工程」の解説

ガラス表面滑らかな紙など、絵具定着しにくい素材選びその上に絵具を塗る。 絵具乾かないうちに、別のガラスや紙を上に重ねて押し付ける重ねたガラスや紙を外すと、そこに模様ができている。ただしガラスの場合は外さなくとも模様見えるため、重ねたままにすることもある。

※この「工程」の解説は、「デカルコマニー」の解説の一部です。
「工程」を含む「デカルコマニー」の記事については、「デカルコマニー」の概要を参照ください。


工程

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 01:55 UTC 版)

抄紙機」の記事における「工程」の解説

紙を製造する工程(製紙)は大きく分けると、パルプ叩解こうかい)、調成、抄造加工・仕上げの工程がある。抄紙機は調成した紙料薄めたものを流し込んで抄いていく抄造の工程に用いる。 抄紙機には繊維抄く網(ワイヤーの方式の違いにより、ワイヤパートがコンベア状の長網抄紙機とワイヤパートがシリンダ状の丸網抄紙機(円網(まるあみ)抄紙機)に大別される。長網抄紙機新聞用紙印刷用紙など高速で大量の製紙向き、丸網抄紙機厚紙様々な多様な用途の紙を抄ける。 ワイヤパート、プレスパート、ドライヤーパートを経た後、コーターにおける塗工、カレンダリング(ローラー圧力加えて仕上げる)を経てリール巻き取られ完成する。 ワイヤパート1%薄めた紙料水分99%)を、網(ワイヤー)に流し平らにすることで水分脱落し、湿紙(水分80%程度)になる。 プレスパート湿紙をフェルトによって両面から圧縮することで、湿紙の水分55%程度になる。 ドライパート(ドライヤーパート)湿紙を加温して水分蒸発させ、水分が8%程度になるまで乾燥させるこの後のカレンダパートはカレンダという均一な紙の厚さにするためのロール組み合わせたプレス処理の装置パートであるが使用しない場合もある。 なお、抄紙の工程で紙の表面(フェルトサイドと呼ぶ)には填料サイズ剤集中するに対し、紙の裏面(ワイヤサイドと呼ぶ)には脱水用いワイヤ痕跡残り平滑性表面に比べ失われる

※この「工程」の解説は、「抄紙機」の解説の一部です。
「工程」を含む「抄紙機」の記事については、「抄紙機」の概要を参照ください。


工程

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 10:17 UTC 版)

盛土」の記事における「工程」の解説

盛土を行う場合には丁張りちょうはり)またはトンボ呼ばれる目印用いる。まず地面木杭打ち込んで測量して目標とする高さに印をつける。T字になるように木杭の印の高さとヌキ材と呼ばれる横板下端合わせて釘で固定する。これを目印ブルドーザーなどを使って土を押し寄せ、土を盛り立てる

※この「工程」の解説は、「盛土」の解説の一部です。
「工程」を含む「盛土」の記事については、「盛土」の概要を参照ください。


工程

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/20 02:42 UTC 版)

地域主権戦略会議」の記事における「工程」の解説

地域主権戦略会議第1回にて、原口プラン呼ばれる工程表示された。なお、当初は2013年夏地域主権推進大綱策定という工程であったが、地域主権戦略会議における1年前倒しすべきという指摘により、以下となったフェーズI2010年6月まで):推進体制確立から「地域主権戦略大綱」の策定 フェーズII2012年夏まで):「地域主権戦略大綱」の実現と「地域主権推進基本法」の制定 見直しとして関連改革を総レビューし、「地域主権推進大綱」を策定

※この「工程」の解説は、「地域主権戦略会議」の解説の一部です。
「工程」を含む「地域主権戦略会議」の記事については、「地域主権戦略会議」の概要を参照ください。


工程

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/18 06:31 UTC 版)

エンバーミング」の記事における「工程」の解説

日本においてのエンバーミングとは、エンバーマーEmbalmer)と呼ばれるIFSA(一般社団法人 日本遺体衛生保全協会)のエンバーマーライセンスを取得した者や医学資格有した医療従事者によって、化学的外科学的に遺体処置されること。 現代エンバーミングは、具体的には以下の方法行われている。 全身消毒、および洗浄を行う。 遺体表情を整え必要に応じて髭を剃るなどの処置を行う。 遺体小切開(主に頸部など)を施し動脈より循環器経路使用し防腐剤注入同時に静脈より血液排出する腹部に約1cm穴を開けそこからトローカーと言われる金属製の管を刺し胸腔腹腔部に残った体液や、腐敗起こしやすい消化器官内の残存物吸引し除去する。また同時にそれらの部分にも防腐剤注入する切開施した部位縫合するこの時切開行った部分にはテープ等を貼り目立たなくする事故など損傷箇所がある場合はその部分修復も行う。 再度全身頭髪洗浄し遺族より依頼のあった衣装着せ表情を整え直した上で化粧施し納棺する上記の処置行われた遺体長期保存可能である。IFSAでは自主基準により海外搬送ケース除き火葬埋葬までの日数50以内定めている。処置後定期的なメンテナンスを行うことにより、ある程度生前の姿維持し保存することが可能である

※この「工程」の解説は、「エンバーミング」の解説の一部です。
「工程」を含む「エンバーミング」の記事については、「エンバーミング」の概要を参照ください。


工程

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/24 15:46 UTC 版)

土塁」の記事における「工程」の解説

土塁は、その工程によっておおまかに2つ種類分けられる版築土塁はんちくどるい) 版築版という木製型枠立てた内部で異な性質の土や瓦礫、砂、細かい粒砂利粘土などを数十ミリメートルほどの層に蛸木などで突き固め多層積み上げて盛る方法日本では奈良時代頃から見られる土塁盛り方。一方版築状土塁版築版を使わず版築と同様の方法で土を積み上げたものであるたたき土塁 土砂粘土叩き固めながら積み重ねて盛る方法版築土塁違い大雑把に土を積んでたたき締める。

※この「工程」の解説は、「土塁」の解説の一部です。
「工程」を含む「土塁」の記事については、「土塁」の概要を参照ください。


工程

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/19 04:07 UTC 版)

上総掘り」の記事における「工程」の解説

@media screen{.mw-parser-output .fix-domain{border-bottom:dashed 1px}}基底3m×3mほど、高さ約10mのやぐらを建てるその一方に径約4m木製多角形踏み車を、踏み車の上方に数本丸竹スギ丸太たばねた「はねぎ」を設ける。はねぎに、孟宗竹皮つきのままつくった幅49mm、厚さ10mmの「へね」(ヒネとも)という割竹連結させ、鑿をかけつるしたをつるす。操作はすべて人力で、はねぎの弾性利用して、竹桿を上下させ、また撚り鑿に衝撃および回転をあたえ、鑿進するものである。竹桿および鑿を穴から引き上げるには、人が踏み車内部に入って踏み板踏み、竹桿を巻き取る[要出典]。

※この「工程」の解説は、「上総掘り」の解説の一部です。
「工程」を含む「上総掘り」の記事については、「上総掘り」の概要を参照ください。


工程

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/02 16:05 UTC 版)

すんき漬け」の記事における「工程」の解説

赤カブ茎葉部分切り取りそのまま、あるいは3~4cmにざく切りした物を湯を沸かした鍋に入れ軽く湯がく漬け物プラスチック容器などに湯通ししたカブ茎葉漬け種を敷き詰めて、一晩室内保管した後に寒い小屋物置移動、あるいは一日目から寒い小屋物置にて保管する1週間ほどで食べられるが、熟成させるときには2か月ほど漬け込むここまで

※この「工程」の解説は、「すんき漬け」の解説の一部です。
「工程」を含む「すんき漬け」の記事については、「すんき漬け」の概要を参照ください。


工程

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/01 21:11 UTC 版)

ルー (食品)」の記事における「工程」の解説

焙煎した小麦食用油脂調味料スープあわせて加熱 水分飛ばしペースト状になったソース容器にいれ石けん状に成形した固形状の物、フレーク状にした物、ペースト状のままの物がある冷却しパッケージ梱包

※この「工程」の解説は、「ルー (食品)」の解説の一部です。
「工程」を含む「ルー (食品)」の記事については、「ルー (食品)」の概要を参照ください。


工程

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/27 07:36 UTC 版)

レベルデザイン」の記事における「工程」の解説

現代ゲームにおける各レベルレベルデザインは、通常コンセプトアートスケッチレンダリング、そして物理モデルから始まる 。その後これらのコンセプトは通常レベルエディタ活用して詳細なドキュメント環境モデリングおよびゲームの具体的なエンティティアクター)の配置となる。 レベルエディタは、時には市販3Dモデリングソフトウェアに匹敵する完全なスタンドアロンパッケージとして配布されることがあるマップ設計にはさまざまなステップがあり、これらのステップ今日存在するさまざまなゲームジャンルによって劇的に異な場合がある一般的な手順次のようになる。 丘、都市部屋トンネルなど、プレイヤーや敵が動き回るための大規模な地物配置する日中/夜間天候採点システム使用可能な武器またはゲームプレイ種類制限時間開始リソースなど、環境条件と「基本規則」を決定する資源収穫拠点建設水上移動など、あるゲームプレイ活動や行動が起こ領域指定するドアや鍵、ボタン関連装置テレポーター隠し通路など、静的でないレベルパーツ指定する。 プレイヤーユニット、敵、モンスター発生ポイント、はしご、コイン、リソースノード、武器セーブポイントなど、さまざまなエンティティ位置指定する一人以上のプレイヤー開始位置終了位置指定するレベル固有のグラフィックテクスチャ 、サウンドアニメーション照明音楽など審美的な詳細追加するプレイヤーによるアクション特定の変化引き起こすことができるスクリプト化されイベント地点導入するノンプレイヤーキャラクターが、歩き回るときに利用するパスファインディング英語版ノード特定のトリガーに応じて行うアクションプレイヤーと行う会話配置するゲームの最初のレベル通常プレイヤーがゲームメカニクスを探るようデザインされており、特に『スーパーマリオブラザーズ』のワールド1-1英語版)が該当するカットシーンレベルイベントによって引き起こされるかもしれないが、明らかに異なスキルを必要とし、異なる人またはチームによって作成されるだろう。 所望結果達成するまでに、レベル設計プロセス数回繰り返されるかもしれないレベルデザイナーコンセプトアーティストまた、プレイヤーのためにプリレンダリングされたレベル(またはゲーム世界全体)のマップ提供することを求められるかもしれない

※この「工程」の解説は、「レベルデザイン」の解説の一部です。
「工程」を含む「レベルデザイン」の記事については、「レベルデザイン」の概要を参照ください。


工程

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/05 22:45 UTC 版)

オリッサ・イカット」の記事における「工程」の解説

絹織物模様織り前に縦糸横糸染色する工程を経て変わる。 染色の為、他の布が織機特定の箇所で糸に固定される染料は布に吸収され織機から取り除く染められ一回染色だと斑点多くなる模様作り職人高度な技術長時間を必要とし、糸を結び染色する8つの工程で製作される縦糸を結ぶだけでなく、場合によっては横糸結んで結ばれていない部分に色を移すことも慣わし染色され部分結び付け染色工程を繰り返し、より多くの色が追加されるこうする事で生地独特の色合い持った模様付ける事が出来る。 前面背面両方に同じカラフルな模様描かれる模様事前にデザインされるのではなく、結びと染色過程職人想像力模様創り上げる。 入る絵は動物、ルドラクシュビーズ、幾何学的なデザインサイコロ寺院の塔尖塔等。 カタック地区のヌアパトナ製のそれはイカット糸で織られており、この織物毎日ジャガンナート寺院の像に飾られている。 西部オリッサ州ブラス生産されイカットは、東部オリッサ州製品比較して生地模様(ダブルイカットを含む)の両方使用において優れていると考えられるイカットサリー手作業作るには約7ヶ月かかり、14の工程を経て2人職人手がける。「アンチャル」「パル―」という錦の飾りが縁につき、儚さを表す為羽模様となる。 オリッサ・イカットサリー他に、布のボルト、ベッドリネン、テーブルクロス、ドゥパッタの素材になる。

※この「工程」の解説は、「オリッサ・イカット」の解説の一部です。
「工程」を含む「オリッサ・イカット」の記事については、「オリッサ・イカット」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「工程」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

工程

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 23:57 UTC 版)

名詞

こうてい

  1. 作業進めていく順序

「工程」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



工程と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「工程」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



工程のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの工程 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのイオンプレーティング (改訂履歴)、ジビエ (改訂履歴)、洗張 (改訂履歴)、佐賀錦 (改訂履歴)、直接製鉄法 (改訂履歴)、間接製鉄法 (改訂履歴)、直接製鋼法 (改訂履歴)、間接製鋼法 (改訂履歴)、ライフジェム (改訂履歴)、真空凍結乾燥装置 (改訂履歴)、フレーミングカット (改訂履歴)、錠剤 (改訂履歴)、ロストワックス (改訂履歴)、ユーザインタフェース設計 (改訂履歴)、4ストローク機関 (改訂履歴)、からむし織 (改訂履歴)、アディンクラ (改訂履歴)、電気めっき (改訂履歴)、楽譜浄書 (改訂履歴)、若狭めのう細工 (改訂履歴)、K-14現像 (改訂履歴)、オルガノイド (改訂履歴)、注射剤 (改訂履歴)、縮毛矯正 (改訂履歴)、パッケージデザイン (改訂履歴)、活版印刷 (改訂履歴)、デカルコマニー (改訂履歴)、抄紙機 (改訂履歴)、盛土 (改訂履歴)、地域主権戦略会議 (改訂履歴)、エンバーミング (改訂履歴)、土塁 (改訂履歴)、上総掘り (改訂履歴)、すんき漬け (改訂履歴)、ルー (食品) (改訂履歴)、レベルデザイン (改訂履歴)、オリッサ・イカット (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの工程 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS