炭化水素とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 分子化学 > 水素 > 炭化水素の意味・解説 

たんか‐すいそ〔タンクワ‐〕【炭化水素】


炭化水素

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

炭化水素

英訳・(英)同義/類義語:hydrocarbon

有機化合物で、炭素水素のみからできた物質総称

炭化水素

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/02 20:08 UTC 版)

炭化水素たんかすいそ: hydrocarbon)は、炭素原子水素原子だけでできた化合物の総称である。その分子構造により鎖式炭化水素と環式炭化水素に大別され、更に脂肪族炭化水素、脂環式炭化水素、芳香族炭化水素などと細分化される。また、炭素原子が全て単結合している場合は飽和炭化水素、多重結合を含む場合は不飽和炭化水素と分類することもできる。炭化水素で最も構造の簡単なものはメタンである。


注釈

  1. ^ 例外として、アレン類では2つの二重結合を作るsp炭素がある。

出典

  1. ^ 炭化水素中毒”. MSD. 2011年10月29日閲覧。


「炭化水素」の続きの解説一覧

炭化水素

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/21 07:49 UTC 版)

大気化学」の記事における「炭化水素」の解説

大気に含まれる炭化水素のうち最も重要なものはメタンであり、自然起源化石燃料使用により発生するほか、対流圏OHラジカル反応することにより、硫黄化合物ハロゲン化物各種反応寄与している。また温室効果ガスとしての作用を持つ。ただし組成比としては排気ガス影響によりメタンよりもエタンエテンプロペンイソプレンアセチレンなどが多いことがある近年塗料溶剤使用により、都市大気中揮発有機化合物VOC)が増加している。呼吸器に対する発癌性や、光化学反応物質への影響問題となっている。VOC植物からも発生し主な例としてテルペン類が挙げられるVOC光化学酸化反応を経ることで生成する揮発性有機化合物は、大気中の粉塵凝縮することで二次有機エアロゾルSecondary Organic Aerosol)を生成し雲凝結核(Cloud Condensation Nuclei)となることから気候変動影響を及ぼす考えられ近年注目されている

※この「炭化水素」の解説は、「大気化学」の解説の一部です。
「炭化水素」を含む「大気化学」の記事については、「大気化学」の概要を参照ください。


炭化水素

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/08 08:56 UTC 版)

サンピエール島・ミクロン島」の記事における「炭化水素」の解説

カナダ東海岸沖の海底堆積物抽出する北米石油会社は、セーブル島のノバスコシア・ガス盆地最も近いエリアである、群島南側フランス排他的経済水域tuyauにおいて、液体または気体の炭化水素を発見することに関心を持っている。ここでは2001年から掘削探査が行われている。 ニューファンドランド島ノバスコシア利益をもたらす沖合油田開発からの大幅な経済波及効果考えると、サンピエール島およびミクロン島将来興味深い堆積物領海内または、サン=ピエール島南側にある仏加両政府構想する『共同管理地域』(現在フレンチ・バゲットの名で知られている)で発見され場合受け取有益な影響を、推し量っている。

※この「炭化水素」の解説は、「サンピエール島・ミクロン島」の解説の一部です。
「炭化水素」を含む「サンピエール島・ミクロン島」の記事については、「サンピエール島・ミクロン島」の概要を参照ください。


炭化水素 (HC)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/16 01:09 UTC 版)

排気ガス」の記事における「炭化水素 (HC)」の解説

ガソリンC8H18 など)が揮発したり、燃焼不完全で燃焼できなかった混合気そのまま排出される発生する太陽光の紫外線成分によって、光化学スモッグ引き起こす光化学オキシダントへと変化する呼吸器などの粘膜への刺激農作物への悪影響見られる

※この「炭化水素 (HC)」の解説は、「排気ガス」の解説の一部です。
「炭化水素 (HC)」を含む「排気ガス」の記事については、「排気ガス」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「炭化水素」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

炭化水素

出典:『Wiktionary』 (2021/06/20 04:16 UTC 版)

名詞

炭化 水素たんかすいそ

  1. 炭素原子水素原子のみで構成されている化合物総称

発音(?)

た↗んかす↘いそ

翻訳


「炭化水素」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



炭化水素と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「炭化水素」の関連用語

炭化水素のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



炭化水素のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
九州環境管理協会九州環境管理協会
財団法人 九州環境管理協会(以下、「当協会」とします)ホームページに記載されている全ての文章、写真その他の画像等の著作権は、すべて当協会に帰属します。これらを無断で転載・複製することは、私的使用または引用として使用する場合を除き、著作権法で禁止されています。
気象庁気象庁
©2023 Japan Meteorological Agency. All rights reserved.
なお、「気象庁 予報用語」には、気象庁の「気象庁が天気予報等で用いる予報用語」に掲載されている2009年11月現在の情報から引用しております。
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
JOGMECJOGMEC
Global Disclaimer(免責事項)
本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)石油・天然ガス調査グループが信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、 機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。 また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。 なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
※Copyright (c) 2023 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
発泡スチロール協会発泡スチロール協会
Copyright (c) 2023 Japan Expanded Polystyrene Association All rights reserved.
JabionJabion
Copyright (C) 2023 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの炭化水素 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの大気化学 (改訂履歴)、サンピエール島・ミクロン島 (改訂履歴)、排気ガス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの炭化水素 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS