天然ガスとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 天然ガス > 天然ガスの意味・解説 

てんねん‐ガス【天然ガス】

読み方:てんねんがす

天然に地下存在するガス。ふつう、可燃性ガスをいい、メタン・エタンなどからなる燃料化学工業原料など利用


天然ガス(てんねんがす)

常温気体一次エネルギーのことです。開発生産原油ほぼ同じで、産出地域も類似してます。天然ガスは気体あるため輸送保存困難です

天然ガス

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

天然ガス

読み方てんねんがす
【英】: natural gas

天然に地下から産出し地表条件では気状を成す物質通常メタン主成分とする低級パラフィン系炭化水素(CnH2n+2から成る可燃性天然ガスを指す。
その地質学的産状によっておよそ次のように大別される。すなわち、油田において原油とともに産出するか、または油田地帯含油地質系統中に遊離鉱床成して存在する油田ガス原油または石炭鉱床有しない地質系統中で主として地層水中に溶解状態を成して存在する水溶性天然ガス、および炭田地帯炭層または炭層付近地層から産出する炭田ガスである。
このうち世界的に商業的稼行対象となるのは第一油田ガスであり、原油とともに生産されるガス油井ガスoil-well gas)またはケーシング・ヘッド・ガスといい、原油別にガスだけ産出するものを non-associated gas またはガス井ガスgas-well gas)という。前者随伴ガスassociated gas)とも呼ばれ油層中の原油に溶存している溶解ガスsolution gas もしくは dissolved gasから成ることが多いが、貯留層で原油の上部にこれと接して存在しているガス・キャップ・ガスが同時に生産されてくることもある。後者のうちで地下条件では全体ガス相であるが、地表物理条件では液相コンデンセート)を析出するものもある。天然ガスの主成分パラフィン系炭化水素で C1メタンが最も多いが、油井ガスコンデンセートを伴うガスあるいはガス井ガスなかにも C の数の多いエタンプロパンブタンペンタンなどを含むガスもある。プロパン以上の高級炭化水素ある程度以上含む常温常圧下で液体分を生じるが、このようなガス湿性ガスwet gas)といい、メタン多く液体分を生じないガス乾性ガスまたはドライ・ガス(dry gas)という。原油採収率増加のため、採取したガス圧入ガス源として用いことがあるが、このとき C2エタン)~ C6ヘキサン成分に富むガスをリッチ・ガス(rich gas)、少なガスをリーン・ガス(lean gasと呼ぶ用語もよく使われる炭化水素以外の不純分としては窒素炭酸ガス硫化水素を含むことがあり、またアルゴンヘリウムキセノンなどの希元素ガスをごく微量に含む場合もある。天然ガスは広く燃料として使用されるほか、水素メタノールアンモニアなどの製造原料にもなる。1984 年世界の天然ガス生産量は約 1 兆 7,000 億 m3 であり、そのうち 1,920 億 m312 %)が国越えて輸出されている。このうち低温液化して LNG として取り引きされた量34 百万トンなので、天然ガス生産量占め比率は 3 %弱ということになる。

天然ガス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/27 07:11 UTC 版)

天然ガス(てんねんガス)とは、メタンを主成分とし、エタンプロパンなどを含む化石燃料の一種[1]


注釈

  1. ^ ハイドレートとはガスの水分が凍結したもの。
  2. ^ : liquefied natural gas
  3. ^ : compressed natural gas

出典

  1. ^ a b c 内山洋司「化石燃料のエネルギー転換」 一般社団法人日本エレクトロヒートセンター
  2. ^ 都市ガス事業について日本ガス協会(2018年4月3日閲覧)
  3. ^ 天然ガスが「クリーン・エネルギー」と呼ばれるのはなぜ?国際石油開発帝石(2018年4月3日閲覧)
  4. ^ 火力発電の主力燃料「LNG」の正体って?東京電力ホールディングス(2018年4月3日閲覧)
  5. ^ 海運3社/船舶にLNG 自ら供給網/環境規制に対応 燃料船普及視野『日経産業新聞』2018年3月15日(商社・物流面)
  6. ^ 天然ガスとは三菱瓦斯化学(2018年4月3日閲覧)
  7. ^ ヨウ素とは関東天然瓦斯開発(2018年4月3日閲覧)
  8. ^ 「東ガス、LNGコスト削減/マレーシア産、転売可能に/ガス値下げの可能性も」『日本経済新聞』朝刊2018年3月14日
  9. ^ https://www.kyoto-np.co.jp/articles/biz/765322
  10. ^ 北逸郎、長谷川英尚、神谷千紗子 ほか、「CH4の炭素同位体比とN2/Ar比の分布に基づく天然ガスの生成プロセス」『石油技術協会誌』 Vol.66 (2001) No.3 P.292-302
  11. ^ a b c 早稲田周、重川守(1988):「本邦油・ガス田地帯における天然ガスの起源に関する地球化学的考察」『石油技術協会誌』 Vol.53 (1988) No.3 P.213-222
  12. ^ 吉江照一:地球深層天然ガスに関する調査」『石油技術協会誌』 Vol.56 (1991) No.2 P159-164
  13. ^ 早稲田周、岩野裕継、武田信從、「地球化学からみた天然ガスの成因と熟成度」『石油技術協会誌』 Vol.67 (2002) No.1 P.3-15
  14. ^ 石炭を天然ガスに変えるメタン生成菌を発見 産業技術総合研究所 2016/10/14
  15. ^ a b 金子信行, 「メタン生成アーケア(古細菌)」『石油技術協会誌』 Vol.68 (2003) No.5 P450-457
  16. ^ 坂田将、高橋誠、星野一男(1986):「深部火山岩中の天然ガスの成因に関する地球化学的考察」『石油技術協会誌』 Vol.51 (1986) No.3 P.228-237
  17. ^ 藤田嘉彦、「火山岩体石油鉱床の起源」『地学雑誌』 Vol.94 (1985-1986) No.7 P612-619
  18. ^ 北逸郎、長谷川英尚、滝沢英夫 ほか、「天然ガスの起源と生成環境 N2/Ar比とHe/Ar比からのアプローチ」『石油技術協会誌』 Vol.64 (1999) No.5 P.438-447
  19. ^ a b c d e f g 糸山直之著 「LNG船がわかる本」 成山堂出版 2005年1月18日 増補改訂初版発行 ISBN 4-425-32123-5
  20. ^ サイエンス』日本語版 2007年12月号
  21. ^ a b c d e f g 藤田和男ほか監修 佐々木詔雄ほか編著 『天然ガスの本』 日刊工業新聞 2008年3月25日初版1刷発行 ISBN 978-4-526-06024-3
  22. ^ 温暖化の科学 Q10 二酸化炭素以外の温室効果ガス削減の効果 - ココが知りたい地球温暖化”. 地球環境研究センター. 2018年8月11日閲覧。
  23. ^ 天然ガス処理の原理と技術”. sigvn.com. 2022年4月28日閲覧。
  24. ^ 石油とガスの生産”. sigvn.com. 2022年4月28日閲覧。
  25. ^ 第2節 一次エネルギーの動向”. 資源エネルギー庁. 2019年7月9日閲覧。
  26. ^ 金子信行、佐脇貴幸、棚橋学、「関東平野下に賦存する可燃性天然ガスについて」 日本地質学会学術大会講演要旨 第115年学術大会(2008秋田)セッションID: P-90, doi:10.14863/geosocabst.2008.0.426.0
  27. ^ LNGとは
  28. ^ 日本エネルギー学会編 「よくわかる天然ガス」 社団法人 日本エネルギー学会 2000年2月16日初版発行 ISBN 4-339-08232-5
  29. ^ “「世界最大の浮遊施設」が進水、エンパイアステートビルより巨大”. AFP (フランス通信社). (2013年12月5日). http://www.afpbb.com/articles/-/3004524 2013年12月6日閲覧。 
  30. ^ a b Center for Energy Economics, BEG/UT-Austin(2013年7月28日時点のアーカイブ
  31. ^ LNG供給(タンクローリー・タンクコンテナ輸送)東北天然ガス株式会社(2018年3月15日閲覧)
  32. ^ 【注目グリーン技術】石油資源開発/世界初のLNG鉄道輸送 鉄道網発達の欧米照準『日経産業新聞』2018年3月13日(環境・エネルギー・素材面)
  33. ^ SLNG - Singapre LNG Corporation(2014年3月8日時点のアーカイブ
  34. ^ 大寒波とLNG不足が直撃、電力逼迫の「異常事態」 市場価格は急騰、発電所トラブルが追い打ち”. 東洋経済オンライン (2021年1月14日). 2021年1月30日閲覧。
  35. ^ 米寒波襲来で天然ガス高騰、約100倍の報告も 議員が調査要求”. CNN (2021年2月22日). 2021年2月25日閲覧。
  36. ^ 【ビジネスTODAY】川重がLNG発電船/10万世帯に供給可能/消費地近くに配置 土木工事不要『日本経済新聞』朝刊2018年12月4日(企業3面)2018年12月21日閲覧。
  37. ^ Johnson, Jeff. LNG WEIGHS ANCHOR. Chemical & Engineering News. Vol.83. No.17. pp.19-22. 2005年4月25日.
  38. ^ 商船三井がLNG発電船 事業化検討、収益安定狙う
  39. ^ LNG発電船、インドネシアに初配備…政府検討
  40. ^ ケネス・S・ディフェス著 秋山淑子訳 「石油が消える日」 パンローリング株式会社 2007年8月5日初版第一刷発行 ISBN 978-4-7759-7088-1


「天然ガス」の続きの解説一覧

天然ガス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/27 03:32 UTC 版)

フィンランドのエネルギー」の記事における「天然ガス」の解説

2010時点では天然ガスが一次エネルギー供給の約10%占めている。フィンランドは天然ガスの輸入ロシア英語版一国頼っており、天然ガスの貯蔵施設もないが、フィンランドでは天然ガスを暖房直接使用することはまれであり、ほとんどが電気石油地域熱供給となっている。天然ガスの75%は発電熱併給発電工業使われており、家庭で使用ごくわずかである。実際、天然ガスの93%は大型施設卸しており、小売りでの流通少ない。しかし、ヘルシンキでは天然ガスの供給網つながっている住宅が3軒、レストラン300軒ある。ただし、別の燃料利用できるようにする義務があるので、ガス供給突如切れた場合でもすぐにほかの燃料差し替えることができる。ガスの供給網は南東海岸にしかなく、北へはイカーリネン(英語版)まで届く。 隣国スウェーデン2010年時点ではデンマークからの供給頼っているが、スウェーデンでは天然ガスが最終エネルギー消費3.5%しか占めず最終エネルギー消費376テラワット時、天然ガス消費13テラワット時)、フィンランドでの比率よりも低い。フィンランドスウェーデンガス依存率は2010年時点では経済協力開発機構OECD加盟国平均より低く国際エネルギー機関加盟国28か国のうち16か国で天然ガスが一次エネルギー供給の2割以上を占めている。 天然ガスは1973年石油危機英語版)の翌年から使用されてきた。フィンランドにおける天然ガスの輸入販売会社はガスム(英語版)であり、ガスムはフィンランドの天然ガス輸送システム運営している。フィンランドでは天然ガス自動車はあまり一般的ではないが、天然ガスを使用するバス存在する

※この「天然ガス」の解説は、「フィンランドのエネルギー」の解説の一部です。
「天然ガス」を含む「フィンランドのエネルギー」の記事については、「フィンランドのエネルギー」の概要を参照ください。


天然ガス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/01 02:28 UTC 版)

石油」の記事における「天然ガス」の解説

天然ガスは、沸点30位までであり、常温よりも沸点が低いため、ガスとして分離する主な構成成分は、メタン・エタン・プロパン・ブタン・ペンタンなど。但しプロパン及びブタンは、液化石油ガスLPG)として販売されるCH4メタンmethane) - 沸点 -108 C2H6エタンethane) - 沸点 -67 C3H8プロパンpropane) - 沸点 -43 C4H10ブタンbutane) - 沸点 -18

※この「天然ガス」の解説は、「石油」の解説の一部です。
「天然ガス」を含む「石油」の記事については、「石油」の概要を参照ください。


天然ガス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/20 08:34 UTC 版)

マイアミ郡 (カンザス州)」の記事における「天然ガス」の解説

1882年、天然ガスの大きなガス田マイアミ郡田園部、パオラの東7マイル (11 km) で発見された。1886年までに町の広場までパイプライン敷かれガス灯灯された。1887年までにパオラ市の街灯は天然ガスを使ったランプになった1887年までにマイアミ郡全体で他のガス田発見されパオラ周辺はガスベルトだと見なされていた。1887年夏、天然ガス祝宴開催され人々が天然ガスを使い、それに驚くことを祝った

※この「天然ガス」の解説は、「マイアミ郡 (カンザス州)」の解説の一部です。
「天然ガス」を含む「マイアミ郡 (カンザス州)」の記事については、「マイアミ郡 (カンザス州)」の概要を参照ください。


天然ガス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/11 03:49 UTC 版)

日本のエネルギー資源」の記事における「天然ガス」の解説

日本の天ガス国内生産はほとんどなくほぼ全量輸入で、前述の通り世界有数の天然ガス輸入国となっている。主な輸入元(2016年重量ベース)はオーストラリア26.9%、マレーシア18.6%、カタール14.5%、ロシア8.8%、インドネシア8.0%などとなっている。

※この「天然ガス」の解説は、「日本のエネルギー資源」の解説の一部です。
「天然ガス」を含む「日本のエネルギー資源」の記事については、「日本のエネルギー資源」の概要を参照ください。


天然ガス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/04 05:50 UTC 版)

アシュビル (ノースカロライナ州)」の記事における「天然ガス」の解説

天然ガスはPSNCエナジーによって供給されている。

※この「天然ガス」の解説は、「アシュビル (ノースカロライナ州)」の解説の一部です。
「天然ガス」を含む「アシュビル (ノースカロライナ州)」の記事については、「アシュビル (ノースカロライナ州)」の概要を参照ください。


天然ガス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/09 09:16 UTC 版)

モザンビーク」の記事における「天然ガス」の解説

モザンビークでは世界で最大規模埋蔵力を誇るガス田発見されている。2003年には南アフリカ企業による陸上ガス田生産開始し、南アフリカ輸出用ガスパイプライン結ばれるなど、同国からの投資近年増えている。また、モザンビーク北部沖合いにおけるオフショアの天然ガスの液化設備計画三井物産らによって進められている。プラント建設は、千代田化工建設と米CB&I社、イタリアのサイペン社の3社連合請け負うLNG生産能力は年1200トンで、インフラ含めた事業総額少なくとも1兆円規とみられる

※この「天然ガス」の解説は、「モザンビーク」の解説の一部です。
「天然ガス」を含む「モザンビーク」の記事については、「モザンビーク」の概要を参照ください。


天然ガス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 01:01 UTC 版)

アフガニスタン」の記事における「天然ガス」の解説

同国での天然ガス生産はないが、トルクメニスタン南部巨大ガス田から同国パキスタン経由してインド西部へ通じTAPIガスパイプライン2015年建設着手された。同国に通過料が落ちるほか、一定量ガス輸入見込まれる

※この「天然ガス」の解説は、「アフガニスタン」の解説の一部です。
「天然ガス」を含む「アフガニスタン」の記事については、「アフガニスタン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「天然ガス」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「天然ガス」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



天然ガスと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「天然ガス」に関係したコラム

  • CFDの天然ガス相場の見方

    天然ガスは、石油や石炭と同じく化石燃料の1つです。次の図は天然ガスの生産量をグラフに表したものです。ロシアやアメリカ合衆国、カナダなどでの生産量の多いことがわかります。※BP Statistical ...

  • CFDで取り扱うコモディティの一覧

    CFDで取り扱うコモディティは、エネルギー、貴金属、農産物の3つに大別できます。CFDのエネルギーには、原油や天然ガス、ガソリンなどの銘柄があります。WTI原油先物もそのうちの1つで、外国為替市場や証...

  • CFD銘柄のヒストリカルボラティリティの比較

    ヒストリカルボラティリティ(HV)とは、ある銘柄の価格変動率のことです。ヒストリカルボラティリティの大きい銘柄は価格の変動が大きいハイリスクハイリターンの銘柄になります。一方、ヒストリカルボラティリテ...

  • CFDの銘柄のシンボルの意味

    CFDではさまざまな銘柄を取り扱っています。そして、取引ツールには多くの銘柄が登録されており、その一部は日本語で銘柄を表示していない場合があります。ここでは、銘柄のシンボルの日本語の意味を一覧で紹介し...

  • CFDのCO2排出権取引とは

    CO2排出権取引とは、欧州エネルギー取引所やBlue Nextなどで取引されているEUA(EU Allowance)先物に連動する銘柄の取引のことです。CFDのCO2排出権の価格は、「気候変動に関する...

  • CFDのスプレッド比較

    CFD業者ではほとんどの銘柄にスプレッドを設定しています。下の図は、GMOクリック証券の「日本225」の注文画面です。これは、8419ポイントで売り注文ができ、8422ポイントで買い注文ができることを...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「天然ガス」の関連用語

天然ガスのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



天然ガスのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本ユニコム日本ユニコム
Copyright(C) 2022 NIHON UNICOM CORPORATION All Rights Reserved.
日本ユニコム商品先物取引用語集
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
JOGMECJOGMEC
Global Disclaimer(免責事項)
本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)石油・天然ガス調査グループが信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、 機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。 また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。 なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
※Copyright (c) 2022 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの天然ガス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのフィンランドのエネルギー (改訂履歴)、石油 (改訂履歴)、マイアミ郡 (カンザス州) (改訂履歴)、日本のエネルギー資源 (改訂履歴)、アシュビル (ノースカロライナ州) (改訂履歴)、モザンビーク (改訂履歴)、アフガニスタン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS