販売会社とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ビジネス > 経営 > 販売 > 販売会社の意味・解説 

販売会社

メーカー自社製品流通円滑化し、流通政策徹底させる目的出資設立したメーカー資本系列の卸売流通企業販売店援助だけでなく、配送販売促進アフター・サービスなど販売に関するいっさいマーケティング活動統括する。形態としては、地区別に販売会社を設立するケースと、商品別販売会社、あるいはメーカー営業部的機能を果たす販売会社もある。

販売会社


ベンダー

別名:ベンダ売り手売り主販売者,販売会社
【英】vender, vendor

ベンダーとは、製品サービス販売供給納入する事業者のことである。流通においてメーカー製造者)とユーザー消費者)を介在する位置にある概念である。実際にメーカーがベンダーを兼ね場合も多い。

ベンダーという言葉基本的には「販売行為主体」を幅広く指す語である。取り扱い商品種類内容は特に問わないハードウェアも、ソフトウェアも、サービスコンテンツも、それを商品としてユーザー販売する事業者がベンダーと呼ばれている。

ベンダーは、扱う商品ジャンルごとに(下位区分要領で)呼び分けられることも多い。たとえば、セキュリティ関連ソフトウェアサービス提供する事業者は「セキュリティベンダー」と呼ばれる情報システム構築業務最適化推進するための支援助言提供する事業者は「ソリューションベンダー」と呼ばれる

ベンダーとの対比において、ベンダーが製品販売する相手は「ユーザー」、ベンダーがユーザー販売する製品製造する事業者は「メーカー」と呼ばれる。ベンダーは流通においてメーカー製造者)が製造した製品ユーザー消費者)へ販売する立場位置づけられる。ただしメーカーとベンダーは必ずしも別個の事業者であるとは限らずメーカーがベンダーとして立ち回る場合も決して少なくないメーカーとベンダーは定義上は区別されるが、実際に製造販売両方携わるメーカーでもありベンダーでもある)事業者は多い。とりわけPCサーバー販売するハードウェアベンダーは、完成品販売納入するという部分焦点を置く限りにおいて「ベンダー」と呼ばれることが多いが、その多く自社製品設計製造手掛けている。もちろん、製造のみ手掛けていて販売には携わらない事業者は、ベンダーと呼ばれることはない。

なお、こうした対比におけるユーザー基本的にエンドユーザー」のことである。すなわち、製造販売手掛けている事業者ではあっても、下請け業者中間部品の供給者は「ベンダー」とは呼ばれない場合が多い。原料中間部品を調達供給する事業者は「サプライヤー」と呼ばれることが多い。

ベンダーという言葉は、もともと「売り手」という意味合いの英語表現である。語根動詞 vend(売る)であり、この語は sell(売る)とほぼ意味上の違いがない同義語である。基本的に分野を問わず、幅広い文脈で「販売者」を「ベンダー」と表現し得るとはいえ日本では「ベンダー」といえば特にIT関連業界で用いられることの多い言葉となっている。

ちなみに工業分野において「曲げ加工」を行うための機械を指す「ベンダー」は、動詞 bend曲げる)に基づく bender であり、別個の語である。

企業活動のほかの用語一覧
企業活動:  オフショアリング  BCP  バックオフィス  ベンダー  ブランドステートメント  IHV  ISV



販売会社と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「販売会社」の関連用語

販売会社のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



販売会社のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2020by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
投信資料館投信資料館
Copyright(C) 2020 Tokyo Investor Network Limited. All rights reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2020 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリベンダーの記事を利用しております。

©2020 Weblio RSS