BCPとは?

BCP

別名:Business Continuity Plan事業継続計画

BCPとは、BCPの意味

BCPとは、Business Continuity Planning頭文字をとった言葉であり、事業継続計画のこと。災害など有事の際に、企業が被る被害最小化し、活動継続していくための対策を指す。平常時にリスク分析事業分散をしておき、緊急事態発生時の指針となる復旧計画をあらかじめマニュアル化しておくことで、即座に発動できるよう各企業取り組んでいる。

日本におけるBCPへの取組

BCP(事業継続計画)は、2020年コロナ以前から大企業中心に取り入れられてきた。地震大国ある日本では、自然災害への懸念大きく事業継続計画比較積極的に行われてきた背景がある。データセンターサポートセンターといった顧客サービス直結する事業は、業務一極集中ではなく地域分散されるといった対策を講じてきた。

一方で新型コロナウィルスのような新種ウイルスへの対策は十分とはいえなかった。疫病地震水害火災テロとは異なり長期的かつ広範囲への影響懸念されている。よって、事業継続計画においても、損害最小限抑えるための初動だけでなく、中長期的な視点対策を行う必要があるまた、これまでBCPは大企業率先して行ってきたが、コロナにおいては経営基盤脆弱な中小企業こそ計画検討早急な対応が求められている。


bcp

別表記:事業継続計画Business Continuity Plan

BCPは「Business Continuity Plan」の略であり「事業継続計画」と訳される語である。事業者が、業務支障を来し得る緊急事態発生した際に、損害最小限抑えつつ業務続行するための対応策、という意味で用いられる。要は重要業務中断させないための備えでありリスクマネジメント心得である。

BCPは、災害などが発生して事業継続危機的状況陥った際に、より重要な業務への影響極力最小限に)抑えよしんば最重要業務中断余儀なくされても、できる限り迅速に業務再開できるように、そのため復旧対策の手立て事前に策定しておく計画である。

BCPが確立されていれば万が一非常事態が生じた際にも不便を最小化して事業継続にこぎ着けられる。BCPの有無程度事業備えの質に直結し、ひいては事業者信頼性・安心度にかかわる要素となる。BCPは国際規格ISO)としても日本国内の規格JIS)としても標準的取り入られており一定程度遵守すべき事項となっている。

BCP

読み方ビー・シー・ピーじぎょうけいぞくけいかく
【英】:Business Continuity Plan

災害などリスク発生したときに重要業務中断しないこと。また、万一事業活動中断した場合でも、目標復旧時間内に重要な機能再開させ、業務中断に伴うリスク最低限にするために、平時から事業継続について戦略的準備しておく計画

2006年4月中央防災会議)では、2015年度までの10年間に、大企業全て中小企業半数上の設定目標としている。

BCP(事業継続計画)

BCPはBusiness Continuity Planの略で、災害事故など不測の事態想定して、事業継続視点から対応策をまとめたもの。危機発生の際、重要業務への影響最小限抑え、仮に中断しても可及的速やかに復旧再開できるようにあらかじめ策定しておく行動計画のことです。

BCP 事業継続計画

別名:事業継続計画
【英】Business Continuity Plan

事業継続計画。BCPとは企業自然災害事故テロ等の予期せぬ緊急事態遭遇した場合に、重要業務対す被害最小限にとどめ、最低限事業活動継続早期復旧を行うために事前に策定する行動計画である。
計画策定の際には自社業務プロセス見直し緊急事態の際の各事業ごとのリスク大きさや、優先して継続復旧すべき事業定め必要がある
計画内容緊急事態見据えた事前対策継続復旧のための実施計画であるが、施策だけではなく緊急事態備え組織体制の構築人員訓練含まれる
・BCPを導入することで得られるメリットとしては緊急事態においてもすぐに操業率を100%に戻せるほか、市場信頼を得やすいということが挙げられる。


BCP

フルスペル:Business Continuity Planning
読み方ビーシーピー
別名:事業継続計画

BCPとは、企業安定的業務遂行のために取り決め管理運営方針のことである。

企業では、大規模地震発生した場合情報システム壊滅的被害を受けて業務停止する恐れがある。BCPは、このような事態が起きても、最低限度の業務継続しながら迅速に通常体制復旧するまでの手順をまとめたものである

具体的には、地震洪水などの自然災害火災事故などのリスクごとに、システム与え影響洗い出して、社内連絡体制やバックアップシステムへの切り替えルール復旧優先順位手順などを定める。

BCPは、電力通信金融など、その停止人間の生活に大きな影響与え業種では先行して導入されていたが、製造業でも短期業務停止でも取引先影響を及ぼしかねないことから、BCPに取り組むところが増えている。


参照リンク
事業継続ガイドライン - (PDF形式

ブカルポラート

分子式C16H22O6
その他の名称:ブカルポラート、B.C.P.、Bucarpolate、1,3-Benzodioxole-5-carboxylic acid 2-(2-butoxyethoxy)ethyl、1,3-Benzodioxole-5-carboxylic acid 2-(2-butoxyethoxy)ethyl ester
体系名:1,3-ベンゾジオキソール-5-カルボン酸2-(2-ブトキシエトキシ)エチル


ナトリウムブコローム

分子式C14H21N2NaO3
その他の名称:Bucolom sodiumSodium bucolome、Buculome sodium、ナトリウムブコローム、Bucolome sodium、BCP、ブクロームナトリウム、ブコロームナトリウム、5-Butyl-1-cyclohexyl-2-sodiooxy-4,6(1H,5H)-pyrimidinedione
体系名:5-ブチル-1-シクロヘキシル-2-ソジオオキシ-4,6(1H,5H)-ピリミジンジオン


ブコローム

分子式C14H22N2O3
その他の名称:ブコローム、ブチミジン、パラミジン、BCP、Bucolome、Butymidin、Paramidin、5-Butyl-1-cyclohexylbarbituric acid、5-Butyl-1-cyclohexyl-2,4,6(1H,3H,5H)-pyrimidinetrione、ブコロム、ブクロム、Paramidine、Buclom、5-Butyl-1-cyclohexylpyrimidine-2,4,6(1H,3H,5H)-trione、パラミヂン
体系名:5-ブチル-1-シクロヘキシルピリミジン-2,4,6(1H,3H,5H)-トリオン、5-ブチル-1-シクロヘキシル-2,4,6(1H,3H,5H)-ピリミジントリオン、5-ブチル-1-シクロヘキシルバルビツル酸


2,9‐ジメチル‐4,7‐ジフェニル‐1,10‐フェナントロリン

分子式C26H20N2
その他の名称:バトクプロイン、Bathocuproine、2,9-Dimethyl-4,7-diphenyl-1,10-phenanthroline、4,7-Diphenyl-2,9-dimethyl-1,10-phenanthroline、バソクプロイン、BCP
体系名:4,7-ジフェニル-2,9-ジメチル-1,10-フェナントロリン、2,9-ジメチル-4,7-ジフェニル-1,10-フェナントロリン


BCP

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/13 20:09 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

BCP

脚注

[ヘルプ]

  1. ^ ベストカレントプラクティス” (1995年8月). 2019年7月17日閲覧。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「BCP」の関連用語

BCPのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



BCPのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
JMACJMAC
Copyright (C) JMA Consultants Inc. All Rights Reserved.
日本の人事部日本の人事部
Copyright © 2004- 2020 i.Q. Co., Ltd. All Rights Reserved.
人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー
Copyright© 2020 Active and Company Ltd. All rights reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2020 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリBCPの記事を利用しております。
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのBCP (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS