再構築とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 再構築の意味・解説 

リストラ

(再構築 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/01/26 10:07 UTC 版)

リストラとは、英語の「re-structuringリストラクチャリング組織再編再構築)」の略語(和製英語)である。経営合理化を建前とする解雇である。企業の経営に関わる組織再編のための行動。本来の英語と日本語では意味が異なり、英語圏ではたとえば「労働市場を再構築して完全雇用を実現しよう」といった使われ方もされる。日本で一般的に用いられる「リストラ」は、人員削減の意味で用いられることが多く、整理解雇と同様の意味で用いられる傾向にある。




「リストラ」の続きの解説一覧

再構築

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/16 05:41 UTC 版)

ツンデレ」の記事における「再構築」の解説

途中まで仲良かったアクシデントツンになり、それを乗り越えることでより深いデレ関係を再構築する、心地よかったときからの落差ストレスをかなり高めるがそれゆえ解決したときのカタルシス大きい、恋愛ものだけでなく人間関係作劇典型例

※この「再構築」の解説は、「ツンデレ」の解説の一部です。
「再構築」を含む「ツンデレ」の記事については、「ツンデレ」の概要を参照ください。


再構築

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/05 13:50 UTC 版)

イルクート (航空機メーカー)」の記事における「再構築」の解説

ロシア政府イルクートイリューシンミコヤンスホーイツポレフ新会社である統一航空機製造会社合併したイルクート同様にインド航空機製造会社であるヒンドスタン航空機イリューシンによって設計される予定多目的輸送機Il-214の合弁事業参加している。

※この「再構築」の解説は、「イルクート (航空機メーカー)」の解説の一部です。
「再構築」を含む「イルクート (航空機メーカー)」の記事については、「イルクート (航空機メーカー)」の概要を参照ください。


再構築

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/31 12:26 UTC 版)

オルシーニ多翼祭壇画」の記事における「再構築」の解説

開いたとき、祭壇画片側には、キリスト受難4つの場面があった。左から右に『十字架を担うキリスト』(ルーヴル美術館)、『キリストの磔刑』アントワープ王立美術館)、『十字架降下』(アントワープ王立美術館)、『キリスト埋葬』(ベルリン絵画館)である。 アントワープ中央の2枚板絵の裏側には現在、同じくアントワープにある2枚の『受胎告知』の板絵があった。外側板絵1つ、『十字架を担うキリストの裏側には、オルシーニ家紋章がある。ベルリン板絵はおそらくその裏側に同じ紋章があったが、板絵その後の変更によって、現在では失われている。 表側板絵十字架を担うキリストルーヴル美術館 (パリ) 29.5cm x 20.5cm 『キリストの磔刑』アントワープ王立美術館 約24cm x 約15cm 『十字架降下アントワープ王立美術館 約24cm x 約15cm 『キリスト埋葬ベルリン絵画館 23.3cm x 16.6cm 裏側板絵受胎告知大天使ガブリエルアントワープ王立美術館 約24cm x 約15cm 『受胎告知聖母アントワープ王立美術館 約24cm x 約15cm

※この「再構築」の解説は、「オルシーニ多翼祭壇画」の解説の一部です。
「再構築」を含む「オルシーニ多翼祭壇画」の記事については、「オルシーニ多翼祭壇画」の概要を参照ください。


再構築

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/17 05:20 UTC 版)

メソポタミア神話」の記事における「再構築」の解説

他の消滅した宗教と同様、彼らの共有していた価値観多く教義込み入った内容長い年月の間に失われ忘れ去られしまっている。しかし、人々からは忘れ去られとは言え幸運に多く文献残っている。歴史家科学者は、宗教学者翻訳家助け借り、この宗教に関する知識歴史習慣の再構築をおこない、そしてこの宗教シュメールアッカドアッシリアバビロニア人々日々の生活の中で果たした役割を探る努力が行われた。メソポタミア宗教は後の宗教多大な影響与えていると考えられている。その影響カナン人アラム人古代ギリシア人フェニキア人宗教、さらにユダヤ教キリスト教マンダ教イスラム教などの一神教にも及んでいる。 少なくともアッシュールAshur)は4世紀まで信仰の対象となっていたことがわかっている。メソポタミア多神教では、2100神々信仰集めていた。多く神々それぞれの都市や国と関係付けられている。それらには例えシュメールアッカドアッシリアアッシュールニネヴェ (メソポタミア)、ウルウルクマリバビロンといった都市あげられる。特に重要な神々としてはアヌエンキエンリルイシュタルアスタルト)、アッシュールAshur)、シャマシュ、シュルマヌ(Shulmanu)、タンムーズアダドAdad或いはハダドHadad)、シンクルダゴンニヌルタ、ニスロッチ(Nisroch)、ネルガルティアマトベルマルドゥクあげられる。 ジャン・ボテロ(Jean Bottéro)など、歴史家何人かはメソポタミア宗教世界最古宗教であると主張している。最古宗教に関して議論があるが、メソポタミア文字発祥の地であるため少なくとも文字残されたものとしては最古宗教であるといえるメソポタミア宗教に関してわかっていることはすべて、この地域考古学的に発見され品々、特には文献由来する。それらは通常楔形文字粘土板著され、神話主題のものもあれば宗教儀式に関するものもある。古代文明にはよく見られることだが、耐久性のある素材貴重な素材造られアーティファクトは、それがゆえに後代まで残ることになったとも考えられるのだが、たいていの場合信仰儀式まつわる品々である。ある学者メソポタミア人々について、「彼らの残したほとんど全てから彼らの宗教に関して知ることができる。すっかり信仰染まった人々であったであろう」と主張している。 アッシリアジャズィーラ呼ばれる地域)のいくつかの孤立したコミュニティ除けばおよそ400年頃にメソポタミア宗教消滅している。それでもメソポタミア宗教旧約聖書通じて現代世界支配的な影響与えているといえるユダヤ教キリスト教イスラム教マンダ教見られる旧約聖書由来ストーリー初期メソポタミア神話ベースにしている可能性指摘されている。とくに創造神話エデンの園大洪水バベルの塔、そしてニムロドリリスといった人物にその類似性顕著である。加えてモーセ出自に関してサルゴンとの類似性が、モーセの十戒アッシリアバビロニア律令との類似性指摘されている。さらには現代ネオペイガニズムにもメソポタミアの神々対す信仰説くものがある。

※この「再構築」の解説は、「メソポタミア神話」の解説の一部です。
「再構築」を含む「メソポタミア神話」の記事については、「メソポタミア神話」の概要を参照ください。


再構築

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/08 21:40 UTC 版)

Zuse Z1」の記事における「再構築」の解説

元もとのZ1は1943年ベルリン空襲破壊されたが、ツーゼ1986年にZ1の再構築を決意した。彼はZ1の数千個の部品を再び製作し1989年完成させた。再構築されたZ1はベルリンドイツ科学技術博物館英語版)に展示されている。

※この「再構築」の解説は、「Zuse Z1」の解説の一部です。
「再構築」を含む「Zuse Z1」の記事については、「Zuse Z1」の概要を参照ください。


再構築

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/21 20:57 UTC 版)

パマ・ニュンガン語族」の記事における「再構築」の解説

パマ・ニュンガン祖語は、4万年から6万年前以上前からオーストラリア大陸定住していたとされるアボリジニ過去5000年の間に使用していた言語である。オーストラリア大陸大部分広がり、その土地ごとに詳細不明な先パマ・ニュンガン諸語(Pre-Pama-Nyungan languages)からパマ・ニュンガン語族言語に置き換わったが、文化儀式伝播並行して一つ集団から他の集団言語広まっていったことが可能性として考えられる。各集団間には同語とみられる言葉関連性があり、多く特徴共有する語群がパマ・ニュンガン祖語下位言語存在する見られ古代文化集団どうしの接触による文化の波が複数回来たことを示している。そのため、多く言語群では語族系統樹つくられるが、パマ・ニュンガン語族には枝分かれ系統樹適していないという主張Dixon強調している。

※この「再構築」の解説は、「パマ・ニュンガン語族」の解説の一部です。
「再構築」を含む「パマ・ニュンガン語族」の記事については、「パマ・ニュンガン語族」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「再構築」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「再構築」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「再構築」の関連用語

再構築のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



再構築のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのリストラ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのツンデレ (改訂履歴)、イルクート (航空機メーカー) (改訂履歴)、オルシーニ多翼祭壇画 (改訂履歴)、メソポタミア神話 (改訂履歴)、Zuse Z1 (改訂履歴)、パマ・ニュンガン語族 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS