労働移動支援助成金とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 人事労務用語 > 労働移動支援助成金の意味・解説 

労働移動支援助成金

「労働移動支援助成金」とは、事業規模縮小などにより離職余儀なくされる労働者に対して再就職支援を行った事業主給付される助成金のことで、再就職支援給付金とも呼ばれます。厚生労働省2014年度から、中小企業支給する労働移動支援助成金の対象大企業にも広げるなど同制度大幅拡充する方針で、現政権が掲げる「失業なき労働移動」を実現する雇用政策として期待されています。

労働移動支援助成金

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/06 06:00 UTC 版)

労働移動支援助成金(ろうどういどうしえんじょせいきん)とは、日本において雇用保険法等を根拠に、事業規模の縮小等により離職を余儀なくされる労働者等に対する再就職支援を行う事業主に対して給付する助成金の一である。雇用保険のなかの「雇用保険二事業」と呼ばれる事業のうちの雇用安定事業(雇用保険法第62条)として行なわれる。






「労働移動支援助成金」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「労働移動支援助成金」の関連用語

労働移動支援助成金のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



労働移動支援助成金のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本の人事部日本の人事部
Copyright © 2004- 2020 i.Q. Co., Ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの労働移動支援助成金 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS