労働契約とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 契約 > 契約 > 労働契約の意味・解説 

ろうどう‐けいやく〔ラウドウ‐〕【労働契約】


労働契約

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/17 10:03 UTC 版)

労働契約(ろうどうけいやく)は、労働者使用者に使用されて労働し、使用者がこれに対して賃金を支払うことを内容とする労働者と使用者の間の契約である(労働契約法6条)。契約の形態としては民法上の雇用契約(623条以下に規定がある)とほぼ同じであるが、労働法学では労働契約は労働者が使用者に対して従属的な地位に立つことを前提にした制度設計であり、労働者と使用者が対等の立場に立つ建前の雇用契約とは区別して把握されることが多い。なお、一般には民法上の請負契約(632条)や委任契約(643条)は雇用契約とは性格が異なるが、これらの場合でも実質的な点から労働契約と評価される場合もある(後述)。




  1. ^ 小西國友・渡辺章・中嶋士元也『労働関係法第4版』136頁,有斐閣,2004年 ISBN 4-641-15904-1
  2. ^ 『法律学小辞典第4版』1237頁,有斐閣,2004年 ISBN 4-641-00023-9


「労働契約」の続きの解説一覧



労働契約と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「労働契約」の関連用語

労働契約のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



労働契約のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの労働契約 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS