退職勧奨とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 退職勧奨の意味・解説 

退職勧奨(たいしょくかんしょう)


退職勧奨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/19 14:59 UTC 版)

退職勧奨(たいしょくかんしょう)とは、事業または事業所における使用者労働者退職の誘引をすることをいう。「辞めてほしい」ことを伝え退職を促す行為。「肩叩き」とも言われている。免職(公務員の場合)や解雇(民間企業の場合)との違いは、退職勧奨はあくまで労働者の自発的な意思による退職を促すという点にある。退職勧奨は、双方の合意があって労働契約終了となるものであり解雇予告とは異なる。「解雇予告」「解雇予告手当」も必要ない。


  1. ^ 自衛隊法施行令(政令)の規定により将官の定年年齢は60歳と定められているが、一般に将は57~58歳、将補は56~57歳を基準に早期優遇退職となる(医官歯科医官及び警務・音楽職域を除く)
  2. ^ 階級・役職等に応じて約1千万から3千万円程の加算、本来定年を迎える頃に支給される額と同額になるよう計算されており、通常依願退職ならば数百万から1千万円程度のところ実質的に定年退官と同額水準が支給される。さらに早期退職に伴う手当として若年定年退職者給付金制度が存在し、早期優遇退職者についても対象となる。若年定年退職者給付金は、一般公務員の定年(60歳)の5年前を基準に早期に退職する事から支給される給付金であり、主に1佐の早期退職者に対しても支給対象とされる
  3. ^ 再就職に先立ち、防衛省内にある離職者分科会における審議が行われる
  4. ^ 国家公務員退職手当法施行令の一部を改正する政令について(概要)総務省人事・恩給局(2013年5月)
  5. ^ 1佐(二)及び(一)については1佐としての勤続年数が10年以上のもののうち、勤務成績による選考をもって将補に特別昇任の上、定年日(自衛隊法施行令で規定された定年年齢)よりも前に退職させていた制度
  6. ^ 将及び将補にあっては勧奨退職に代えて早期優遇退職を適用。
  7. ^ 両者とも、2013年11月以前の防衛省人事発令において記載されていた「退職を承認する(勧奨)」の表記がないことからもこれは明らかである
  8. ^ 防衛省設置法等の一部を改正する法律案の概要(平成26年度予算関連法案)
  9. ^ 早期退職募集制度について(内閣人事局)
  10. ^ 定年まで3ヶ月以上日数が多く残っている場合は上司・上級者から事実上の斡旋による退職、3ヶ月を切るような状態であれば総監部・司令部付配置を受けて定年までの日数を年次休暇消化による定年退官となっている。
  11. ^ 「辞めてくれないか」と言われた(退職勧奨・強要)”. 神奈川県かながわ労働センター. 2021年9月19日閲覧。


「退職勧奨」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「退職勧奨」の関連用語

退職勧奨のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



退職勧奨のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2022 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
法テラス法テラス
Copyright © 2006-2022 Houterasu All rights reserved.
日本の人事部日本の人事部
Copyright © 2004- 2022 i.Q. Co., Ltd. All Rights Reserved.
人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー
Copyright© 2022 Active and Company Ltd. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの退職勧奨 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS