拒否とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 概念 > 拒否 > 拒否の意味・解説 

きょ‐ひ【拒否】

[名](スル)要求提案聞き入れないで断ること。拒絶。「立ち退き要求拒否する


拒否 [denial]


拒否

作者糸舞慶太

収載図書最後の外へ
出版社文芸社
刊行年月2004.12


拒否権

(拒否 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/21 08:55 UTC 版)

拒否権(きょひけん、: veto)とは、ある事柄について拒み断る権利を言う。この意味での用例としては供述拒否権がある。政治の世界で拒否権と言う場合にはさらに意味が限定され、政策決定の際に、決議された法律・提案された決議・締結された条約その他を一方的に拒否できる特権を意味することが多い。


  1. ^ 憲章第27条
  2. ^ 日本大百科全書(ニッポニカ)の解説”. コトバンク. 2018年2月17日閲覧。
  3. ^ 河野健二, (編) (1989年), 『資料フランス革命』, 岩波書店, ISBN 4-00-002669-0 
  4. ^ Pocket veto
  5. ^ 米国議会上院ホームページ
  6. ^ Pub.L. 104–13
  7. ^ History of Line Item Veto Notices”. National Archives and Records Administration. 2006年2月1日閲覧。
  8. ^ ベルギーボードゥアン1世が1990年に中絶法を「人間として受け入れられない」と公布を拒否し、一時退位したことがあった。立憲君主制に悖る事態であるため、法案は内閣が代理公布した
  9. ^ a b 『実務地方自治法講座 6巻 執行機関』, p. 357-358
  10. ^ 広報なると2010年11月号(「議会基本条例案」の再議について・第3回定例会)
  11. ^ 『実務地方自治法講座 6巻 執行機関』, p. 354-355
  12. ^ a b 『実務地方自治法講座 6巻 執行機関』, p. 346
  13. ^ 『地方議会議員大事典』, p. 277
  14. ^ 政策ニュース/国等の動き 地方自治法の一部を改正する法律が成立 全国町村議会議長会
  15. ^ 名古屋市:市会だより第124号 再議について ―知事が市長の審査申立てに対し棄却の裁定―(市会情報)
  16. ^ asahi.com:河村市長、議会を提訴-マイタウン愛知
  17. ^ 市議会議決取り消し訴訟 河村市長 控訴取り下げへ-読売新聞
  18. ^ 判例によると同項の「非常の災害」とは震災、水害、およびこれに準ずる災害を指す(青森地裁昭和33年2月27日判決)。
  19. ^ 『実務地方自治法講座 6巻 執行機関』, p. 350
  20. ^ 白井市:平成23年度当初予算
  21. ^ 議案否決も予算執行へ 市長の「原案執行権」で 銚子市立病院赤字穴埋め-千葉日報
  22. ^ 『実務地方自治法講座 6巻 執行機関』, p. 355-357
  23. ^ 株主総会において決議すべき事項のうち、当該決議の他、当該種類の株式の種類株主を構成員とする種類株主総会の決議がある事を必要とするもの(会社法108条1項8号)
  24. ^ 拒否権とは (会計用語キーワード辞典、M&A用語集) コトバンク、2014年10月25日閲覧。


「拒否権」の続きの解説一覧



拒否と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「拒否」の関連用語

拒否のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



拒否のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本マイクロソフト株式会社日本マイクロソフト株式会社
© 2021 Microsoft.All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの拒否権 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS