沖縄戦とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 国語辞典 > 沖縄戦の意味・解説 

沖縄戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/30 01:05 UTC 版)

沖縄戦(おきなわせん、沖縄の戦い)は、太平洋戦争末期の1945年昭和20年)、沖縄諸島に上陸したアメリカ軍イギリス軍を主体とする連合国軍日本軍との間で行われた戦いである。連合軍側の作戦名はアイスバーグ作戦: Operation Iceberg、氷山作戦)。琉球語では、Ucinaaikusa (ウチナー(沖縄)いくさ(戦、軍)、の意)ともいう[31]




注釈

  1. ^ アメリカ軍の基準(現NATO基準)では負傷が原因で後日死亡した兵士、戦闘期間中であるが事故や病気で死亡した兵士は含まれない[11][12]
  2. ^ 本土決戦は1945年1月の『帝国陸海軍作戦計画大綱』、『決戦非常措置要綱』等を元に1945年後半を想定して決戦準備がなされていた。
  3. ^ 日本語の呼称「鉄の暴風」は、1950年に刊行された沖縄タイムス社編『鉄の暴風』に、英語での呼称the Typhoon of Steel(鉄の台風の意味)はベローテ兄弟の同名の著書にちなむ。
  4. ^ アメリカ軍の戦死者が12,520人という資料があるが[40]これはアメリカ軍の基準(現NATO基準)で、「即死、または医療施設への到着前に負傷が原因となり死亡した、戦闘犠牲者」と定義されているため、負傷が原因で後日死亡した兵士、戦闘期間中であるが事故や病気で死亡した兵士は含まれていない[41][42]
  5. ^ 独立混成第15連隊は1944年7月に沖縄に到着以来、12月までに7度も配置変更になっている[69]
  6. ^ もともとは、沖縄守備軍長勇参謀長が、八原博通高級参謀や諫山春樹台湾第10方面軍参謀長の前で、台湾や沖縄の島嶼守備軍を評して「われわれは結局本土決戦のための捨て石部隊なのだ。尽くすべきを尽くして玉砕するのほかはない。」と言ったとされる[79]など、日本軍将校達が、大本営の沖縄戦での作戦指導や自らの置かれた立場を表して「捨て石」と言ったことに由来する。
  7. ^ 第9師団の砲兵部隊が75mm山砲36門の装備に対し、第24師団の砲兵部隊は15cm榴弾砲12門、10cm榴弾砲16門、75mm野砲8門であった。
  8. ^ 甲号戦備とは敵の上陸攻撃あれば、直ちに戦闘ができる体制のこと。
  9. ^ アメリカ軍公式記録では機雷による沈没となっているが、戦後しばらく経ってからの調査で甲標的丙型の雷撃による撃沈の可能性も高い事が判明した[137]
  10. ^ 奇しくも誠飛行隊の隊長伊舎堂用久大尉は、同隊が出撃した石垣島の出身で、かねてより故郷を護るために真っ先に出撃する覚悟を決めており[142]、父母の眼前で特攻出撃することとなった[143]
  11. ^ 「インディアナポリス」はこの損害の修理の為にアメリカ本土に曳航され、修理完了後前線に復帰する際、原爆輸送の極秘任務をこなし、原爆を揚陸後に日本海軍の潜水艦「伊58」に撃沈された。
  12. ^ 幕僚会議を主催したのは長参謀長であるが、長個人としては内心反対であり、牛島司令官の攻勢意図や上級司令部に対する体面を察して職責上やむなく方針を変えたとする見方もある[159]
  13. ^ 日本軍推計では4月21日までに艦砲13万発、敵機来襲延べ14,000機に及ぶ[195]
  14. ^ 日本軍が「馬乗り戦法」と名付け恐れた戦術であり、まずは日本軍陣地の出入り口を見つけると、戦車の支援と激しい集中射撃で日本軍を陣地の中に追い込み、歩兵が通気口を見つけそこからガソリンやナパームジェルを流し込むか、壕入口から火炎放射器で攻撃し、火炎で日本兵を弱体化させた後、最後に大量の爆薬で陣地ごと吹き飛ばすといった、圧倒的物量を誇るアメリカ軍ならではの戦法であった[196]
  15. ^ バックナーは、父親も南北戦争で南軍の将軍として従事した軍人家系の家に生まれ、その厳格な性格はウェストポイント陸軍士官学校校長時代から定評があり、圧倒的物量により正面突破する戦術を好んだ[212]
  16. ^ その形状から、皿にもったチョコレートドロップに見える事から、アメリカ兵にチョコ・ドロップという名付けられた。
  17. ^ 攻撃前にはアメリカ海軍はかつてない規模で、念入りに膨大な量の艦砲射撃を加えた為、兵士たちはこの山を「100万ドルの山」と呼んでいた[272]
  18. ^ アメリカ軍は小祿での海軍部隊の激しかった抵抗を「(装備・訓練が足りず勝利の見込みもないが)アメリカ軍に高い犠牲を払わせるために自陣を死守するという強い意志を持っていた敵軍の物語」と抒情的に表現している[291]
  19. ^ バックナーの牛島に対する投降勧告は、士官学校の校長経験という共通の経歴も踏まえた内容であり、「閣下の率いる軍隊は、勇敢に闘い、善戦しました。歩兵の戦略は、閣下の敵であるアメリカ軍から、ひとしく尊敬されるところであります。閣下は本官同様、長年学校と実戦で経験を積まれた立派な歩兵の将軍であります。従って、本官が察するところ閣下もすでにご存じのことと思いますが、全日本軍がこの島で壊滅することは、いまや既に時間の問題であります。」というものであった[317]
  20. ^ 八原は、のちに司令部内部の出来事の貴重な証言をしているが、自ら立案した作戦が多数の住民の死を招いたことから自責の念に駆られ、知人の招きでも再び来島することはなかった。
  21. ^ 沖縄戦の降伏文書には、リーガル版の厚手の用紙が使用されており、米軍側は青インクで署名をしている[351]
  22. ^ 1944年8月31日、第32軍牛島司令官は「軍民一体の戦闘協力」について「現地自活ニ徹スヘシ」、「現地ノ物資ヲ活用シ一木一草ト雖モ之ヲ戦力化スヘシ」と訓示している[353]
  23. ^ 婦人雑誌にも「一億一人残らず忠誠の結晶となり、男女混成の総特攻隊となって敢闘するならば、皇国の必勝は決して疑ひありません」との文字が躍っていた[354]
  24. ^ この長参謀長の新聞談話には、「戦闘激化で食料供給が滞った場合に、住民が餓死するからと軍に食料を求めても軍は応じられない」旨を述べた部分もあったが、特高警察の検閲で一部伏字にされている[358]
  25. ^ ただし、戦時遭難船舶遺族連合会によれば、32隻という遭難船舶数は疎開船に限らず、沖縄県民が乗船中にアメリカ軍の攻撃で犠牲になった船舶の数であり、トラック島空襲で民間人乗船中に沈んだ「赤城丸」や疎開開始前に沖縄定期航路で沈んだ貨客船「湖南丸」「宮古丸」などを含んでいる[372]
  26. ^ ヘンリー・スティムソン陸軍長官の依頼でウィリアム・ショックレー博士らのシンクタンクが行った試算
  27. ^ 旅団の海没による損失を受け、1944年7月に空輸により急遽補充された。
  28. ^ 戦車第2師団師団捜索隊を改編し、1944年7月に第32軍編入。1個中隊は宮古島。

出典

  1. ^ 八原(2015年)、123頁
  2. ^ 米国陸軍省(1997年)、35頁。
  3. ^ ウォーナー(1982年)、253頁。
  4. ^ 2 沖縄戦―軍民無差別の戦場”. 沖縄県公文書館. 2017年10月4日閲覧。
  5. ^ 沖縄県生活福祉部援護課発行「沖縄の援護のあゆみ―沖縄戦終結50周年記念」1996年
  6. ^ 米国戦略爆撃調査団 1996, p. 179
  7. ^ 米国戦略爆撃調査団 1996, p. 171
  8. ^ A Memorial Day’s Solace”. Lima Charlie News. 2017年9月30日閲覧。
  9. ^ THE 15 MOST FATAL BATTLES IN US HISTORY MACABRE”. 2017年9月30日閲覧。
  10. ^ Vic Flintham(2009年)、22頁
  11. ^ BATTLE OF OKINAWA”. 2017年10月5日閲覧。
  12. ^ AAP-06, NATO Glossary of terms and definitions, NATO, (2013), p. 123, オリジナルの2017-10-05時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20120303201526/http://nsa.nato.int/nsa/zPublic/ap/aap6/AAP-6.pdf 
  13. ^ 米国陸軍省(1997年)、516頁。
  14. ^ (6)平和の礎 刻銘者数”. 平和祈念公園 - 沖縄県平和祈念財団. 2017年9月30日閲覧。
  15. ^ Vic Flintham(2009年)、22頁
  16. ^ 米国陸軍省(1997年)、519頁。
  17. ^ Rielly 2010, pp. 318-324
  18. ^ a b U.S. Naval Chronology Of W.W.II, 1945” (英語). 2016年12月22日閲覧。
  19. ^ Rielly 2010, pp. 318-324
  20. ^ ウォーナー 1982b, pp. 294-359
  21. ^ 図説特攻 2003, pp. 122-123
  22. ^ "The Battle of Okinawa", Retrieved October 5, 2017.
  23. ^ 米国陸軍省(1997年)、420頁。
  24. ^ Alexander (1996) , p. 34.
  25. ^ The Royal Navy's Pacific Strike Force”. U.S. Naval Institute. 2017年10月5日閲覧。
  26. ^ Judith Pearson(2004年)、84頁。
  27. ^ ウォーナー 1982b, pp. 294-359
  28. ^ Judith Pearson(2004年)、84頁。
  29. ^ Chronology of Aviation History”. 2017年10月5日閲覧。
  30. ^ Task Force 57: The British Pacific Fleet LAYOVER Leyte Logistics, Okinawa Campaign - April 23 - May 1, 1945”. 2017年10月5日閲覧。
  31. ^ 半田一郎 『琉球語辞典』第1版 大学書林、1999年、563頁。ISBN 4-475-00144-7
  32. ^ 太平洋戦争⑧、13頁
  33. ^ a b c d 戸部(1991年)、238頁。
  34. ^ 読谷村のあゆみ“怒”1―時間稼ぎの捨石作戦」『読谷バーチャル平和資料館』 読谷村役場、2008年3月18日。(2012年5月26日閲覧)
  35. ^ ファイファー(1995年)
  36. ^ a b c Q.4 沖縄県民は、「沖縄戦」でどのような被害を受けたのですか。」『空襲被害者等援護法Q&A』 全国空襲被害者連絡協議会。(2012年5月26日閲覧)
  37. ^ 『平和への証言』141頁 沖縄県生活福祉部援護課。
  38. ^ 沖縄県生活福祉部援護課発行「沖縄の援護のあゆみ―沖縄戦終結50周年記念」1996年
  39. ^ Judith Pearson(2001年)、239頁
  40. ^ 米国陸軍省(1997年)、516頁。
  41. ^ BATTLE OF OKINAWA”. 2017年10月5日閲覧。
  42. ^ AAP-06, NATO Glossary of terms and definitions, NATO, (2013), p. 123, オリジナルの2017-10-05時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20120303201526/http://nsa.nato.int/nsa/zPublic/ap/aap6/AAP-6.pdf 
  43. ^ The National Archives: Heroes and Villains. Retrieved October 4, 2017.
  44. ^ The Royal Navy's Pacific Strike Force”. U.S. Naval Institute. 2017年10月5日閲覧。
  45. ^ 米国陸軍省(1997年)、519頁。
  46. ^ 内閣総理大臣 鳩山由紀夫内閣参質174第70号 参議院議員糸数慶子君提出沖縄戦に関する質問に対する答弁書』 2010年5月21日
  47. ^ a b 戸部(1991年)、224頁。
  48. ^ 戸部(1991年)、225頁。
  49. ^ 八原(2015年)、38頁
  50. ^ 八原(2015年)、42頁
  51. ^ 小松(2000年)、16頁。
  52. ^ ハラス(2007年)、30頁。
  53. ^ a b 米国陸軍省(1997年)、103頁。
  54. ^ ハラス(2007年)、31頁。
  55. ^ a b 戸部(1991年)、232-233頁。
  56. ^ 山岡(2015年)、194頁
  57. ^ 八原(2015年)、89頁
  58. ^ 八原(2015年)、57頁
  59. ^ 『戦史叢書 沖縄方面陸軍作戦』、100頁。
  60. ^ 堀栄三 『大本営参謀の情報戦記』 文藝春秋〈文春文庫〉、1996年、186頁。
  61. ^ 山岡(2015年)、217頁
  62. ^ 八原(2015年)、73頁~74頁
  63. ^ 山岡(2015年)、216頁~220頁
  64. ^ a b 『戦史叢書 沖縄方面陸軍作戦』、134頁。
  65. ^ 八原(2015年)、77頁~78頁
  66. ^ 戸部(1991年)、230-231頁。
  67. ^ 旧独立行政法人平和祈念事業特別基金(総務省委託)『平和の礎 軍人軍属短期在職者が語り継ぐ労苦(兵士編)』480頁~482頁
  68. ^ a b 『戦史叢書 沖縄方面陸軍作戦』 135頁。
  69. ^ 『戦史叢書 沖縄方面陸軍作戦』 170頁。
  70. ^ 『戦史叢書 沖縄方面陸軍作戦』 168頁。
  71. ^ 『戦史叢書 沖縄方面陸軍作戦』 185頁。
  72. ^ 山岡(2015年)、231頁
  73. ^ 山岡(2015年)、229頁
  74. ^ 山岡(2015年)、233頁
  75. ^ 山岡(2015年)、234頁
  76. ^ 戸部(1991年)、236-237頁。
  77. ^ 八原(2015年)、109頁
  78. ^ 読谷村史「戦時記録」上巻 第一章 太平洋戦争
  79. ^ 宮田 仁「群青の彼方に」P.71で 吉川成美「死生の門=沖縄戦秘録」を引用
  80. ^ 八原(2015年)、123頁
  81. ^ 八原(2015年)、123頁
  82. ^ 八原(2015年)、130頁
  83. ^ 山岡(2015年)、190頁
  84. ^ 八原(2015年)、131頁
  85. ^ a b 林(2001年)、114-115頁。
  86. ^ 米陸軍省戦史局(2011年)、271頁。
  87. ^ 一ノ瀬俊也 『日本軍と日本兵 米軍報告書は語る, p. 235.
  88. ^ ハラス(2007年)、120頁。
  89. ^ a b 米国陸軍省(1997年)、343頁。
  90. ^ 『戦史叢書 沖縄方面陸軍作戦』、86頁。
  91. ^ 白井明雄 『日本陸軍「戦訓」の研究』芙蓉書房出版、2003年、72頁。
  92. ^ 前掲:白井(2003年)、280頁。
  93. ^ 稲垣(2003年)、225頁。
  94. ^ a b 稲垣(2003年)、226頁。
  95. ^ 太平洋戦史シリーズ㊾ 2005, p. 128
  96. ^ ファイファー 1995b, pp. 154-155
  97. ^ 吉田俊雄(2013年)、38頁。
  98. ^ ハラス(2007年)、421頁。
  99. ^ 米陸軍省戦史局(2011年)、270頁。
  100. ^ ファイファー 1995a, p. 369
  101. ^ 米陸軍省戦史局(2011年)、121頁。
  102. ^ a b c ハラス(2007年)、37頁。
  103. ^ NHK 戦争証言アーカイブス フランク・ヘイグラー元海兵隊大尉証言
  104. ^ a b ハラス(2007年)、244頁。
  105. ^ 八原(2015年)、97頁
  106. ^ a b Appleman (1947) , pp. 6-7.
  107. ^ Appleman (1947) , p. 2.
  108. ^ Appleman (1947) , p. 4.
  109. ^ a b Appleman (1947) , p. 3.
  110. ^ フランク 1971, p. 17
  111. ^ Appleman (1947) , p. 19.
  112. ^ Appleman (1947) , p. 23.
  113. ^ C-87A-CF Liberator Serial Number 41-24174
  114. ^ LIEUTENANT GENERAL MILLARD F. HARMON
  115. ^ Cressman (1999) , p. 597.
  116. ^ 大田昌秀(1982年)、52頁。
  117. ^ Appleman (1947) , p. 28.
  118. ^ a b Appleman (1947) , pp. 475-481.
  119. ^ Appleman (1947) , p. 26.
  120. ^ 米国陸軍省(1997年)、48頁。
  121. ^ フランク 1971, p. 7
  122. ^ ウォーナー(1982年)、16頁。
  123. ^ 米国陸軍省(1997年)、47頁。
  124. ^ 吉田健正(1996年)、30頁。
  125. ^ ハラス(2007年)、27頁。
  126. ^ ボ―ルドウィン(1967年)、425頁。
  127. ^ Appleman (1947) , pp. 46-49.
  128. ^ 戸部(1991年)、239頁。
  129. ^ Appleman (1947) , p. 51.
  130. ^ フランク 1971, p. 57
  131. ^ フランク 1971, p. 56
  132. ^ 『戦史叢書 沖縄方面陸軍作戦』、204頁。
  133. ^ a b 『戦史叢書 沖縄方面陸軍作戦』、206頁。
  134. ^ 『戦史叢書 沖縄方面陸軍作戦』、205頁。
  135. ^ 『戦史叢書 沖縄方面陸軍作戦』、207頁。
  136. ^ a b 『戦史叢書 沖縄方面陸軍作戦』、209頁。
  137. ^ 木俣滋郎 『日本潜水艦戦史』 図書出版社、1993年。
  138. ^ Appleman (1947) , p. 52.
  139. ^ 『戦史叢書 沖縄方面陸軍作戦』、227頁。
  140. ^ Appleman (1947) , p. 56.
  141. ^ 『戦史叢書 沖縄方面陸軍作戦』、213頁。
  142. ^ 瀬名波栄(編)『太平洋戦争記録 石垣島方面陸海軍作戦』沖縄戦史刊行会、1996年、56頁。
  143. ^ 『戦史叢書 沖縄方面陸軍作戦』、255頁。
  144. ^ ロビン・L・ライリー 『KAMIKAZE ATTACKS of WORLD WAR II』Mcfarland 320頁
  145. ^ a b ウォーナー(1982年)、12頁。
  146. ^ Appleman (1947) , p. 58.
  147. ^ 八原(2015年)、177頁
  148. ^ フランク 1971, p. 67
  149. ^ 八原(2015年)、178頁
  150. ^ ウォーナー(1982年)、146頁。
  151. ^ [1]2018年9月14日閲覧
  152. ^ ウォーナー(1982年)、147頁。
  153. ^ Appleman (1947) , p. 72.
  154. ^ Appleman (1947) , p. 69.
  155. ^ 戸部(1991年)、244頁。
  156. ^ Appleman (1947) , p. 76.
  157. ^ モリソン(2003年)、430頁。
  158. ^ 戸部(1991年)、245-246頁。
  159. ^ 戸部(1991年)、253・256頁。
  160. ^ 戸部(1991年)、253頁。
  161. ^ a b 戸部(1991年)、254頁。
  162. ^ 木俣(2014年)、321頁。
  163. ^ オネール(1988年)、125頁。
  164. ^ 将口泰浩『魂還り魂還り皇国護らん―沖縄に散った最後の陸軍大将牛島満の生涯』, p. 176.
  165. ^ 碇義朗 『新司偵 キ46 技術開発と戦歴』 光人社、1997年、212頁。
  166. ^ Appleman (1947) , p. 148.
  167. ^ a b 原剛 「沖縄戦における軍官民関係」『沖縄戦「集団自決」の謎と真実』 秦郁彦(編)、PHP研究所、2009年。
  168. ^ 豊田純志「『読谷村戦没者名簿』からみた戦没状況」『読谷村史 第5巻』
  169. ^ モリソン(2003年)、433頁。
  170. ^ a b Appleman (1947) , p. 182.
  171. ^ a b c Appleman (1947) , p. 183.
  172. ^ a b ハラス(2007年)、36頁。
  173. ^ ポッター(1972年)、514頁
  174. ^ 太平洋戦史シリーズ㊾ 2005, p. 142
  175. ^ 『戦史叢書 沖縄方面陸軍作戦』、294頁。
  176. ^ ボ―ルドウィン(1967年)、425頁。
  177. ^ 『戦史叢書 沖縄方面陸軍作戦』、297頁。
  178. ^ 『戦史叢書 沖縄方面陸軍作戦』、301頁。
  179. ^ 太平洋戦史シリーズ㊾ 2005, p. 135
  180. ^ ハラス(2007年)、243頁。
  181. ^ 太平洋戦史シリーズ㊾ 2005, p. 136
  182. ^ 米陸軍省戦史局(2011年)、124頁。
  183. ^ 一ノ瀬俊也 『日本軍と日本兵 米軍報告書は語る, p. 233.
  184. ^ 防衛庁防衛研修所戦史室(編) 『大本営陸軍部(10)昭和二十年八月まで』 朝雲新聞社〈戦史叢書〉、1975年、113頁。
  185. ^ 大田嘉弘 『沖縄作戦の統帥』 相模書房、1979年、403頁。
  186. ^ 『戦史叢書 沖縄方面陸軍作戦』、285〜287頁。
  187. ^ 戸部(1991年)、255-256頁
  188. ^ 『戦史叢書 沖縄方面陸軍作戦』、333頁。
  189. ^ 米国陸軍省(1997年)、181頁。
  190. ^ 米国陸軍省(1997年)、206頁。
  191. ^ ハラス(2007年)、36頁。
  192. ^ 米陸軍省戦史局(2011年)、226頁。
  193. ^ 『天王山』
  194. ^ 米国陸軍省(1997年)、270頁。
  195. ^ 『戦史叢書 沖縄方面陸軍作戦』、421頁。
  196. ^ ハラス(2007年)、426頁。
  197. ^ 太平洋戦史シリーズ㊾ 2005, p. 142
  198. ^ 八原(2015年)、262頁
  199. ^ 『戦史叢書 沖縄方面陸軍作戦』、425〜427頁。
  200. ^ 八原(2015年)、259頁
  201. ^ 米国陸軍省(1997年)、272頁。
  202. ^ 米国陸軍省(1997年)、288頁。
  203. ^ 米国陸軍省(1997年)、296頁。
  204. ^ 米国陸軍省(1997年)、234頁。
  205. ^ 米国陸軍省(1997年)、124頁。
  206. ^ ウォーナー(1982年)、203頁。
  207. ^ ポッター(1972年)、517頁
  208. ^ E・B・ポッター(著)『提督ニミッツ』519頁
  209. ^ ニミッツ(1966年)、440頁
  210. ^ ハラス(2007年)、40頁。
  211. ^ ハラス(2007年)、41頁。
  212. ^ ハラス(2007年)、39頁。
  213. ^ ハラス(2007年)、44頁。
  214. ^ ブュエル(1990年)、546頁。
  215. ^ ブュエル(1990年)、543頁。
  216. ^ "United States Strategic Bombing Survey Summary Report (Pacific War)", Washington, 1 July 1946
  217. ^ カール・バーカー 1971, p. 188
  218. ^ ブュエル(1990年)、544頁。
  219. ^ ブュエル(1990年)、546頁。
  220. ^ ポッター(1972年)、515頁
  221. ^ 『戦史叢書 沖縄方面陸軍作戦』、460頁。
  222. ^ 吉田俊雄(2013年)、253頁。
  223. ^ 八原(2015年)、264頁
  224. ^ 『戦史叢書 沖縄方面陸軍作戦』、461頁。
  225. ^ 八原(2015年)、270頁
  226. ^ オネール(1988年)、125頁。
  227. ^ 木俣(2014年)、344頁。
  228. ^ 宇垣(1953年)、232頁
  229. ^ 米陸軍省戦史局(2011年)、317頁。
  230. ^ 米国陸軍省(1997年)、310頁。
  231. ^ Appleman (1947) , p. 295.
  232. ^ 木俣(2014年)、348頁。
  233. ^ スレッジ(2008年)、336頁。
  234. ^ 木俣(2014年)、352頁。
  235. ^ Appleman (1947) , p. 296.
  236. ^ 稲垣(2003年)、325頁。
  237. ^ 米国陸軍省(1997年)、316頁。
  238. ^ 米陸軍省戦史局(2011年)、320頁。
  239. ^ Appleman (1947) , p. 302.
  240. ^ 吉田俊雄(2013年)、253頁。
  241. ^ 八原(2015年)、281頁
  242. ^ a b c ハラス(2007年)、45頁。
  243. ^ 八原(2015年)、287~289頁
  244. ^ 米陸軍省戦史局(2011年)、321頁。
  245. ^ 米陸軍省戦史局(2011年)、315頁。
  246. ^ スレッジ(2008年)、337頁。
  247. ^ スレッジ(2008年)、339頁。
  248. ^ Appleman (1947) , pp. 302-303.
  249. ^ Appleman (1947) , p. 311.
  250. ^ 米国陸軍省(1997年)、335頁。
  251. ^ 『戦史叢書 沖縄方面陸軍作戦』、488頁。
  252. ^ ハラス(2007年)、60-61頁。
  253. ^ 米国陸軍省(1997年)、347頁。
  254. ^ ハラス(2007年)、265頁。
  255. ^ Alexander (1996) , p. 34.
  256. ^ ハラス(2007年)、267頁。
  257. ^ 米国陸軍省(1997年)、347頁。
  258. ^ ハラス(2007年)、283頁。
  259. ^ 『戦史叢書 沖縄方面陸軍作戦』、515頁。
  260. ^ Appleman (1947) , pp. 322-323.
  261. ^ ハラス(2007年)、401頁。
  262. ^ ハラス(2007年)、243頁。
  263. ^ スレッジ(2008年)、351頁。
  264. ^ 米国陸軍省(1997年)、329頁。
  265. ^ スレッジ(2008年)、362頁。
  266. ^ スレッジ(2008年)、367頁。
  267. ^ 米国陸軍省(1997年)、362頁。
  268. ^ スレッジ(2008年)、373頁。
  269. ^ a b 米国陸軍省(1997年)、365頁。
  270. ^ 米国陸軍省(1997年)、372頁。
  271. ^ 米国陸軍省(1997年)377頁
  272. ^ a b 米国陸軍省(1997年)、383頁。
  273. ^ 米国陸軍省(1997年)、389頁。
  274. ^ 稲垣(2003年)、337頁。
  275. ^ a b 米国陸軍省(1997年)、419頁。
  276. ^ 米国陸軍省(1997年)、420頁。
  277. ^ Alexander (1996) , p. 34.
  278. ^ 米国陸軍省(1997年)、421頁。
  279. ^ 『戦史叢書 沖縄方面陸軍作戦』、530頁。
  280. ^ 『戦史叢書 沖縄方面陸軍作戦』、501頁。
  281. ^ 小松(2000年)、171頁。
  282. ^ a b 米国陸軍省(1997年)、413頁。
  283. ^ ハラス(2007年)、44頁。
  284. ^ 『戦史叢書 沖縄方面陸軍作戦』、555頁。
  285. ^ 米国陸軍省(1997年)、448頁。
  286. ^ ハラス(2007年)、392頁。
  287. ^ a b 『戦史叢書 沖縄方面陸軍作戦』、551頁。
  288. ^ Cressman (1999) , p. 680.
  289. ^ 『戦史叢書 沖縄方面陸軍作戦』、572頁。
  290. ^ ファイファー 1995b, p. 260
  291. ^ 米陸軍省戦史局(2011年)、450頁。
  292. ^ 『戦史叢書 沖縄方面陸軍作戦』、579頁。
  293. ^ ファイファー 1995b, p. 261
  294. ^ 米陸軍省戦史局(2011年)、451頁。
  295. ^ ドキュメント番組『Kamikaze in Color』メディア販売 Goldhill Home Media社
  296. ^ ハラス(2007年)、314頁。
  297. ^ ハラス(2007年)、315頁。
  298. ^ ウォーナー(1982年)、166頁。
  299. ^ ボ―ルドウィン(1967年)、432頁。
  300. ^ チェスター・ニミッツ著『ニミッツの太平洋海戦史』 恒文社p.443
  301. ^ ケネディ 2010, p. 539
  302. ^ 谷光(2000年)、437頁。
  303. ^ THE FINAL CAMPAIGN:Marines in the Victory on Okinawa(1996) , p. 24.
  304. ^ 戦史叢書17 1968, pp. 326-604
  305. ^ 戦史叢書17 1968, p. 520
  306. ^ 米国陸軍省(1997年)、398頁。
  307. ^ アレン・ボーマー 1995, p. 147.
  308. ^ マッカーサー 1964, p. 356.
  309. ^ 米国戦略爆撃調査団 1996, p. 100.
  310. ^ モリソン(2003年)、436頁。
  311. ^ "United States Strategic Bombing Survey Summary Report (Pacific War)", Washington, 1 July 1946
  312. ^ 『戦史叢書 沖縄方面陸軍作戦』、563頁。
  313. ^ 八原(2015年)413頁
  314. ^ 米国陸軍省(1997年)、467頁。
  315. ^ 米国陸軍省(1997年)、492頁。
  316. ^ ハラス(2007年)、397頁。
  317. ^ 米国陸軍省(1997年)、506頁。
  318. ^ フランク 1971, p. 203
  319. ^ Appleman (1947) , p. 461.
  320. ^ History of the US Marine Corps in WWII Vol V - Victory , p. 353.
  321. ^ Simon Bolivar Buckner, Jr. Commanding Officer 22nd Infantry September 1938 - November 10, 1939
  322. ^ Simon Bolivar Buckner, Jr. (1886 - 1945)
  323. ^ Simon Buckner | World War II Database
  324. ^ 沖縄に通い続け慰霊、収骨続ける/元砲撃隊長の石原さん(東京在住)”. 2002年6月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月17日閲覧。
  325. ^ “戦禍を掘る 出会いの十字路 [60 糸満市真栄里(下)]1等兵が狙撃した”. 琉球新報. (2010年1月14日). http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-155666-storytopic-212.html 2014年10月25日閲覧。 
  326. ^ "U.S. Military Generals in World War II" 2017年5月6日閲覧
  327. ^ フランク 1971, p. 17
  328. ^ 小松(2000年)、217頁。
  329. ^ 八原(2015年)、424頁
  330. ^ 米陸軍省戦史局(2011年)、479頁。
  331. ^ "Claudius Miller Easley Brigadier General, United States Army" 2018年6月12日閲覧
  332. ^ バーカー(1971年)、170頁。
  333. ^ 米陸軍省戦史局(2006年)、508頁。
  334. ^ 太平洋戦史シリーズ㊾ 2005, p. 155
  335. ^ ウォーナー(1982年)、189頁。
  336. ^ 米陸軍省戦史局(2011年)、507頁。
  337. ^ 米陸軍省戦史局(2006年)、514頁。
  338. ^ 米陸軍省戦史局(2006年)、449頁。
  339. ^ 太平洋戦史シリーズ㊾ 2005, p. 157
  340. ^ NHKスペシャル「沖縄戦 全記録」(2015年6月14日TV放送)NHK取材班が沖縄県が調査した県民戦没者の記録データを解析した
  341. ^ 米陸軍省戦史局(2006年)、515頁。
  342. ^ 碇義朗 『新司偵 キ46 技術開発と戦歴』 光人社、1997年、p.214
  343. ^ Cressman (1999) , p. 722.
  344. ^ Cressman (1999) , p. 733.
  345. ^ ウォーナー(1982年)、196頁〜201頁。
  346. ^ 関(1997年)、246頁。
  347. ^ 海軍第27魚雷艇隊降伏式 (名護市我部祖河)”. 2017年9月16日閲覧。
  348. ^ 八原(2015年)、457頁
  349. ^ 小松(2000年)、220頁。
  350. ^ テレビ未来遺産“終戦”特別企画 報道ドラマ「生きろ」 戦場に残された伝言
  351. ^ a b “日本軍の降伏文書 公開 沖縄市が終戦70年展”. 琉球新報. (2015年8月19日). http://ryukyushimpo.jp/news/prentry-247513.html 2016年5月27日閲覧。 
  352. ^ 9月7日 沖縄での降伏調印式 (1945年)”. 沖縄県公文書館. 2016年5月28日閲覧。
  353. ^ a b c 安仁屋政昭 「第一章 太平洋戦争 全島要塞化と根こそぎ動員」『読谷村史 第5巻(上)
  354. ^ 『主婦之友』昭和20年7月号
  355. ^ 林(2001年)、124頁。
  356. ^ NHK「戦争証言アーカイブス」悲劇の島 語れなかった記憶 ~沖縄県・伊江島~
  357. ^ a b NHKスペシャル 沖縄戦 全記録”. gooテレビ番組(関東版). goo (2015年6月14日). 2018年7月29日閲覧。
  358. ^ 林(2001年)、116頁。
  359. ^ a b 大田昌秀(1982年)、208-209頁。
  360. ^ 沖縄県公文書館 米国政府撮影写真/占領初期沖縄関係 陸軍1
  361. ^ Q&A 平和の礎について沖縄県平和祈念資料館。(2012年5月26日閲覧)
  362. ^ 知事、戦没者“24万人余”に訂正」『沖縄タイムス』2011年7月7日
  363. ^ a b 『沖縄方面陸軍作戦』、614頁。
  364. ^ a b 『沖縄方面陸軍作戦』、615頁。
  365. ^ 読谷村史 第四節 県外疎開”. 読谷村. 2017年10月8日閲覧。
  366. ^ 沖縄県史料編集室『沖縄戦研究II』
  367. ^ 読谷村史 第四節 県外疎開”. 読谷村. 2017年10月8日閲覧。
  368. ^ 吉田俊雄 『最後の決戦 沖縄』, p. 32.
  369. ^ 八原博通『沖縄決戦 高級参謀の手記』, p. 100.
  370. ^ a b c 『沖縄方面陸軍作戦』、616頁。
  371. ^ 台湾文献館資料 『沖縄から1万4,000人が台湾に避難 台湾文献館で記録文書発見八重山毎日新聞 2007年6月3日
  372. ^ 戦時遭難船舶遺族連合会(編) 『海鳴りの底から 戦時遭難船舶の記録と手記』 戦時遭難船舶遺族会連合会、1987年。
  373. ^ 大田昌秀 『大田昌秀が説く 沖縄戦の深層』, p. 92.
  374. ^ 大田昌秀 『大田昌秀が説く 沖縄戦の深層』, p. 93.
  375. ^ 冨山 一郎 『現代沖縄の歴史経験―希望、あるいは未決性について』 & 第7章3項 本土決戦に向けての統合の論理(2)国民国家と沖縄人.
  376. ^ 稲垣武『沖縄悲遇の作戦 異端の参謀八原博通』, p. 208.
  377. ^ 稲垣武『沖縄悲遇の作戦 異端の参謀八原博通』, p. 211.
  378. ^ 八原博通『沖縄決戦 高級参謀の手記』, p. 101.
  379. ^ 「3人の捕虜」読谷バーチャル平和資料館
  380. ^ 稲垣武『沖縄悲遇の作戦 異端の参謀八原博通』, p. 209.
  381. ^ a b 牛島満伝刊行委員会 1972, p. 359.
  382. ^ 牛島満伝刊行委員会 1972, p. 358.
  383. ^ 吉田俊雄 『最後の決戦 沖縄』, p. 78.
  384. ^ 稲垣武『沖縄悲遇の作戦 異端の参謀八原博通』, p. 213.
  385. ^ 八原博通『沖縄決戦 高級参謀の手記』, p. 103.
  386. ^ 沖縄市における沖縄戦について”. 沖縄市役所. 2017年9月30日閲覧。
  387. ^ 上原正稔(訳・編) 『沖縄戦アメリカ軍戦時記録―第10軍G2マル秘レポートより』 三一書房、1986年、407頁。
  388. ^ 【郷土偉人伝】荒井退造 激戦地の沖縄で県民疎開に尽力した警察部長 戦後70年に故郷・宇都宮の誇りに”. 産経新聞社. 2017年9月30日閲覧。
  389. ^ 平岡 昭利 『離島研究IV』, p. 99.
  390. ^ 林(2001年)、112-113頁。
  391. ^ a b c 『戦史叢書 沖縄方面陸軍作戦』、619頁。
  392. ^ 吉田俊雄 『最後の決戦 沖縄』, p. 280.
  393. ^ 『戦史叢書 沖縄方面陸軍作戦』、621頁。
  394. ^ a b 稲垣武『沖縄悲遇の作戦 異端の参謀八原博通』, p. 344.
  395. ^ a b c 『戦史叢書 沖縄方面陸軍作戦』、620頁。
  396. ^ 吉田俊雄(2013年)、303頁。
  397. ^ 田村(2011年) 39-40頁
  398. ^ 太平洋戦史シリーズ㊾ 2005, p. 157
  399. ^ チビチリガマでの『集団自決』」『読谷村史 第5巻』
  400. ^ 臨時増刊 沖縄戦と「集団自決」―― 何が起きたか、何を伝えるか世界764号、岩波書店、2008年。
  401. ^ 宮城初枝 『沖縄敗戦秘録ー悲劇の座間味島』[要ページ番号]勝岡寛次 『沖縄戦集団自決―架空の軍命令』 明成社、[要ページ番号]ほか
  402. ^ 林博史「“集団自決”の再検討―沖縄戦の中のもうひとつの住民像」 歴史科学協議会(編)『歴史評論』1992年2月号
  403. ^ 『秘録・沖縄戦』[要文献特定詳細情報]
  404. ^ 安仁屋政昭 『裁かれた沖縄戦』 晩聲社、1989年。
  405. ^ 大田昌秀(1982年)、215頁。
  406. ^ 大田昌秀(1982年)、206頁。
  407. ^ 沖縄戦に関する私見,山梨学院大学 我部政男,平成18年度検定決定高等学校日本史教科書の訂正申請に関する意見に係る調査審議について,資料(14) 「爾今軍人軍属ヲ問ハズ標準語以外ノ使用ヲ禁ズ、沖縄語ヲ以テ談話シタル者ハ間諜トミナシ処分ス」(球軍会報)
  408. ^ 大田昌秀(1982年)、180-181頁。
  409. ^ ファイファー 1995b, p. 275
  410. ^ sapio2013年09月号
  411. ^ ファイファー 1995b, p. 274
  412. ^ <未来に伝える沖縄戦>壕に爆弾、先輩が即死 与那覇百子さん(86)下」『琉球新報』2015年3月1日
  413. ^ 産経新聞 2007年10月16日
  414. ^ a b 沖縄戦と占領への新鮮な怒りを」『長周新聞』2004年8月28日
  415. ^ 米兵の民間人殺害克明に―保坂琉大教授が米で記録発見」『琉球新報』2005年11月18日
  416. ^ 大田昌秀(1982年)、210頁。
  417. ^ a b 安仁屋政昭 「第一章 太平洋戦争と沖縄戦 捕虜と難民―収容所の開設」『読谷村史 第5巻(上)
  418. ^ 藤原(2001年)、100頁。
  419. ^ 金城正篤ほか 『沖縄県の百年』 山川出版社、2005年、237頁。
  420. ^ 安里英子 「米軍政下にみる子どもと女性の人権―凌辱される生命」『ピープルズ・プラン研究』3巻4号、ピープルズ・プラン研究所、2000年9月。
  421. ^ “In Okinawa, US troops are estimated to have raped 10,000 Japanese women during World War II” [2]
  422. ^ “3 Dead Marines and a Secret of Wartime Okinawa”, New York Times, 2000-06-01;“But by one academic's estimate, as many as 10,000 Okinawan women may have been raped and rape was so prevalent that most Okinawans over age 65 either know or have heard of a woman who was raped in the aftermath of the war.”
  423. ^ 吉田健正(1996年)、129頁。
  424. ^ [3]
  425. ^ ファイファー 1995b, p. 345
  426. ^ 米陸軍省戦史局(2011年)、489頁。
  427. ^ ハラス(2007年)、249頁。
  428. ^ ファイファー 1995b, p. 147
  429. ^ チェスター・ニミッツ『ニミッツの太平洋海戦史』実松譲訳 445頁
  430. ^ ウォーナー(1982年)、232頁
  431. ^ ファイファー 1995b, p. 240
  432. ^ モリソン(2003年)、438頁。
  433. ^ ウィリアム・マンチェスター英語版 『ダグラス・マッカーサー 下巻』 鈴木主税・高山圭(訳)、河出書房新社、1985年、80頁。
  434. ^ ジョージ・ファイファー 『天王山 沖縄戦と原子爆弾 上』小城正(訳) 早川書房 1995年 前文
  435. ^ ボ―ルドウィン(1967年)、436頁。
  436. ^ NHKスペシャル「沖縄戦 全記録」(2015年6月14日TV放送)
  437. ^ Belote (1970)
  438. ^ 吉田健正(1996年)、77頁。
  439. ^ ハラス(2007年)、394頁。
  440. ^ ポッター(1972年)、520頁
  441. ^ ポッター(1972年)、520頁
  442. ^ Battle of Okinawa Battle of Okinawa - グローバルセキュリティー(サイト第三者による和訳として「沖縄戦の経過について」)
  443. ^ 五百籏頭真(著)『日米戦争と戦後日本』講談社学術文庫 102頁
  444. ^ NHKBS ドキュメンタリーWAVE 「オキナワ リポート 〜兵士をむしばむ戦争神経症〜」(2011年7月30日TV放送)
  445. ^ 米国陸軍省(1997年)、519頁。
  446. ^ 沖縄戦の心の傷(トラウマ)とその回復 保坂廣志
  447. ^ 吉田健正(1996年)、215頁。
  448. ^ 沖縄戦参戦米兵と戦争神経症 - Moses R. Kaufman Report及び Oscar B. Markey Report の抄訳を通して― 保坂廣志
  449. ^ 米国陸軍省(1997年)、418頁。
  450. ^ 吉田健正(1996年)、219頁。
  451. ^ Oscar B. Markey Report(1945年10月3日)沖縄戦参戦米兵と戦争神経症 - Moses R. Kaufman Report及び Oscar B. Markey Report の抄訳を通して― 保坂廣志
  452. ^ 吉田健正(1996年)、220頁。
  453. ^ NHKBS ドキュメンタリーWAVE 「オキナワ リポート 〜兵士をむしばむ戦争神経症〜」(2011年7月30日TV放送)
  454. ^ 半藤一利(著)『聖断 昭和天皇と鈴木貫太郎』PHP文庫 2006年 347頁
  455. ^ 半藤一利(著)『聖断 昭和天皇と鈴木貫太郎』PHP文庫 2006年 386頁
  456. ^ 半藤一利(著)『聖断 昭和天皇と鈴木貫太郎』PHP文庫 2006年 404頁
  457. ^ 木戸幸一(著)『木戸幸一日記 下巻』東京大学出版会 1966年 1213頁
  458. ^ 寺崎英成『昭和天皇独白録・寺崎英成御用掛日記』 1991, pp. 113-114
  459. ^ 五百籏頭真(著)『日米戦争と戦後日本』講談社学術文庫 102頁
  460. ^ 太佐順(著)『本土決戦の真実』学研M文庫 211頁
  461. ^ Frank, Richard B. (1999). Downfall: The End of the Imperial Japanese Empire. New York: Random House. ISBN 978-0-679-41424-7.
  462. ^ ファイファー 1995b, p. 417
  463. ^ 五百籏頭真(著)『日米戦争と戦後日本』講談社学術文庫 133頁
  464. ^ トーマス・B. アレン (著), ノーマン ポーマー (著)『日本殱滅―日本本土侵攻作戦の全貌』 光人社 1995年 P.377~P.379
  465. ^ ファイファー 1995b, p. 413イアン・ガウ著Okinawa 1945: gateway to Japanより引用
  466. ^ NHKスペシャル|昔 父は日本人を殺した 〜ピュリツァー賞作家が見た沖縄戦〜
  467. ^ NHKスペシャル|沖縄戦 全記録




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「沖縄戦」の関連用語

沖縄戦のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



沖縄戦のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの沖縄戦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS