奄美群島の歴史とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 奄美群島の歴史の意味・解説 

奄美群島の歴史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/12 20:54 UTC 版)

奄美群島の歴史(あまみぐんとうのれきし)は、奄美群島の歴史を概説する。




注釈

  1. ^ a b なお九州島(太宰府)の出先は筑前国の博多や、肥前国の彼杵半島(松浦)や五島列島などである。
  2. ^ 当時の沖縄地域は群雄割拠の状態であり、英祖王の勢力は沖縄本島の一部を支配しているに過ぎず、後に宗主国の明に倣った琉球版冊封体制の装飾であると考えられる。
  3. ^ もっとも、生産の終焉については、琉球王国の成立による交易の活発化で中国産磁器との競争に敗れた(またその事は同勢力の弱体化に繋がる)、琉球王国の征服によるものか等、諸説あるがまだ確定はしていない。
  4. ^ 自奥渡上之捌理(おくとよりうえのさばくり)」(奥渡より上の捌理)と言う役職が元である
  5. ^ 例として、明治期まで琉球の間切制度が温存されて国郡制や薩摩藩本土の外城・郷・門割といった制度は導入されず、公的な地図(例:元禄国絵図天保国絵図)においても琉球国の一部とされた。
  6. ^ 『鹿児島県管轄大島・喜界島・徳ノ島・沖永良部島・与論島ヲ以テ大島郡ト為シ,大隅国ヘ被属候条,此旨布告候事』

出典

  1. ^ 中山清美、「兼久式土器分類試論 : 奄美大島マツノト遺跡出土土器を中心に」『先史琉球の生業と交易 -奄美・沖縄の発掘調査からー』巻2、pp171-178、2006年、熊本、熊本大学 [1]
  2. ^ 高宮、伊藤編(2011年)pp.196 - 198
  3. ^ 安里(1996)
  4. ^ a b 木下(2002)
  5. ^ a b 安里(2013)
  6. ^ 高梨(2005)
  7. ^ a b c d e f 中村(2014)
  8. ^ 安里(2013)
  9. ^ 中村(2014)
  10. ^ a b c 安里(2013)
  11. ^ https://shoryobu.kunaicho.go.jp/Toshoryo/Detail/1000672140000
  12. ^ 高宮、伊藤編(2011年)pp.204 - 205
  13. ^ a b 安里(2013)
  14. ^ 歴史・伝統文化 / 与論町ホームページ”. www.yoron.jp. 2018年12月21日閲覧。
  15. ^ 奄美諸島編年史料 古琉球期編上
  16. ^ 明治12年4月8日太政大臣三条実美通達[注釈 6]
  17. ^ 十島村公式サイト「十島村略年表」


「奄美群島の歴史」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「奄美群島の歴史」の関連用語

奄美群島の歴史のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



奄美群島の歴史のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの奄美群島の歴史 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS