黒糖焼酎とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 食物 > > 焼酎 > 黒糖焼酎の意味・解説 

黒糖焼酎(こくとうしょうちゅう)

黒糖を主原料とした焼酎コメ破砕精米)を蒸煮冷却白麹菌しろこうじきん)を散布して麹をつくり、120%程度くみ水加えて一次醪(もろみ)を仕込む。これに黒糖溶解液加えて二次醪とし、主発酵充分行われた後、蒸留貯蔵する。黒糖レンガ状のブロックであるため、使用前に溶解する必要がある奄美地方では溶解タンクブロック状の黒糖そのままか、あるいは適宜大きさに砕いて入れ、これに加えてボイラーから水蒸気を吹き込んで加熱かくはんして溶解する方法一般的に行われる。黒糖焼酎におけるコメ黒糖重量比は各社品質目標により異なるが、通常コメ一に対して黒糖1.2~2.0程度多く製品個性持たせる度合には黒糖使用比率高める。
酒税法では糖質原料から製造した蒸留酒スピリッツ類ラム)となるが、特例として奄美諸島製造し(奄美諸島焼酎)、かつコメ麹を使用した場合限り焼酎として取り扱われ、低率酒税負担適用されている。なお、原料としてコメ麹の使用義務づけられた理由には、1.黒糖原料として製造する蒸留酒にはラムがあり、これと区別する必要があること、2.コメ麹内に生産されるクエン酸により醪のpH下げ、有害繁殖抑えて健全醸造期す、3.黒糖のみでは酵母増殖に必要な微量成分が不足であり、これをコメ麹で補うためなどがあげられる。

奄美黒糖焼酎

(黒糖焼酎 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/05/22 06:34 UTC 版)

奄美黒糖焼酎(あまみこくとうしょうちゅう)は、鹿児島県奄美群島で造られている、米麹サトウキビからとれた純黒砂糖を原料に醸造し、単式蒸留した本格焼酎。奄美大島酒造協同組合の地域団体商標である[1]。一般名詞は黒糖焼酎(こくとうしょうちゅう、こくとうじょうちゅう)である。


  1. ^ 地域団体商標「奄美黒糖焼酎」について”. 鹿児島県酒造組合奄美支部・奄美大島酒造協同組合 (2012年). 2014年10月12日閲覧。
  2. ^ 株式会社財宝
  3. ^ 株式会社甚松
  4. ^ もし蒸留後に砂糖やエキスを加えると本格焼酎とは名乗れず、焼酎乙類または単式蒸留焼酎という表示しかできない。
  5. ^ 清洲桜醸造株式会社の「黒糖太郎」。減圧蒸留、25度。
  6. ^ a b c 奄美黒糖焼酎について”. 鹿児島県酒造組合奄美支部・奄美大島酒造協同組合 (2012年). 2014年10月12日閲覧。
  7. ^ 安藤義則 ほか、「黒糖焼酎用酵母の分離について」『鹿児島県工業技術センター研究成果発表会予稿集』、2003年、鹿児島県工業技術センター。 [1]
  8. ^ 富田醸造場、天川酒造などが現在も行っている。
  9. ^ また、サツマイモは奄美群島や沖縄県ではイモゾウムシなどの害虫被害により、栽培に限界がある。
  10. ^ JOUGO、里の曙黒麹仕込、れんと、はなとりなど。
  11. ^ 「花恋慕」など。
  12. ^ 渡邉泰祐、塚原正俊、外山博英、「沖縄の伝統発酵食品と微生物~泡盛を中心に~」『生物工学会誌』第90巻6号、pp311-314、2012年、日本生物工学会。[2]
  13. ^ 「花恋慕」、「れんと」など。
  14. ^ なお、規定上はサトウキビの他にサトウモロコシ(スイート・ソルガム)、トウモロコシの絞り汁から作った固形の含蜜糖も使えるが、使われてはいない。
  15. ^ 規定上、焼酎乙類と表示する場合で、エキス分2度未満ならば可能であるが、実際には作られていない。
  16. ^ 大口市焼酎資料館蔵
  17. ^ 原口泉、「焼酎の歴史と文化」『柴田書店MOOK 薩摩焼酎・奄美黒糖焼酎』p88、2001年、東京、柴田書店
  18. ^ 蟹江松雄、藤本滋生、水元弘二、「黒糖焼酎の登場」『鹿児島の伝統製法食品』、pp112-114、2001年、鹿児島、春苑堂出版、ISBN 4-915093-74-3
  19. ^ 朝日酒造株式会社ホームページ
  20. ^ a b c 吉田元、「軍政下奄美の酒(1)」『日本醸造協会誌』第101巻第11号pp862-866、2006年、東京、公益財団法人日本醸造協会 [3]
  21. ^ 吉田元、「軍政下奄美の酒(2)」『日本醸造協会誌』第101巻第12号pp862-866、2006年、東京、公益財団法人日本醸造協会 [4]
  22. ^ a b 山本一哉、「奄美の黒糖焼酎産業について(1)」『奄美ニューズレター』No.17 pp12-21、2005年4月、鹿児島大学 [5]
  23. ^ 松岡美根子、八久保厚志、須山聡、「奄美大島における黒糖焼酎生産の新展開」『奄美大島の地域性-地理学調査法 野外調査報告書-』、2003年、駒澤大学 [6]
  24. ^ 現奄美大島酒造。
  25. ^ 山本一哉、「奄美の黒糖焼酎産業について(2)」『奄美ニューズレター』No.18 pp39-47、2005年5月、鹿児島大学 [7]
  26. ^ a b 喜界町
  27. ^ 徳之島町。
  28. ^ 他に自社名義のスピリッツラム酒)であるルリカケス、徳州、原酒、神酒を製造。
  29. ^ 5蔵の共同瓶詰め事業。中村酒造は天城町、松永酒造場は伊仙町、他は徳之島町
  30. ^ 和泊町
  31. ^ 4蔵の共同瓶詰め事業。神崎産業は知名町、他は和泊町
  32. ^ a b 知名町
  33. ^ 久留ひろみ、濱田百合子、「パッション酒」『奄美の食と文化』p147、鹿児島、南日本新聞社、ISBN 978-4-86074-185-3
  34. ^ 川越政則、『焼酎文化図譜』pp497-499、1987年、鹿児島、鹿児島民芸館
  35. ^ 川越政則、『焼酎文化図譜』pp956-958、1987年、鹿児島、鹿児島民芸館
  36. ^ 川越政則、『焼酎文化図譜』pp474-477、1987年、鹿児島、鹿児島民芸館







黒糖焼酎と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「黒糖焼酎」の関連用語

黒糖焼酎のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

機織り

べにりあ

骨鼻腔

にっぽん丸

FACOM 230-10

ボーイング式737-500型

ビキューナ

コウヤマキ





黒糖焼酎のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
本格焼酎と泡盛本格焼酎と泡盛
Copyright (C) 日本酒造組合中央会 2018.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの奄美黒糖焼酎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS