ウーロン茶とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > ウーロン茶の意味・解説 

ウーロン茶

読み方:ウーロンちゃ

(1)中国茶一種
(2)「うざい」「ロン毛」「茶髪」の略語。主に、女性ロン毛茶髪のうざい男性に対して用いる。

ウーロン‐ちゃ【烏竜茶】

《「ウーロン」は中国語中国福建省台湾などの特産半発酵茶。生発酵途中で釜煎(かまい)りをし、よくもんだのち乾燥させる。いれた紅茶に似るが、緑茶風味とどめ香気が強い

烏竜茶の画像
烏竜茶の一種鉄観音

ウーロン茶

半発酵茶の代表。
中国福建省本場といわれ、「烏龍」「鉄観音」「水仙」「色種」が代表的品種です。
茶葉が烏の羽のように黒褐色で、龍のように曲がりくねった形をしていることから「烏龍茶」と名付けられたという説がありますまた、烏は「黒」のこと、龍は「中国皇帝」を指す言葉であることから、「黒い皇帝お茶」という意味もあります
現在は、茶葉そのものだけでなく、茶漉しがなくても手軽にできるティーバックのものも販売されており、また、そのまま飲めるウーロン茶飲料(缶、瓶、ペット入り)も販売され広く飲まれています。

烏龍茶

(ウーロン茶 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/01 00:30 UTC 版)

烏龍茶(ウーロンちゃ)は、中国茶のうち青茶(せいちゃ、あおちゃ)に分類され、茶葉発酵途中で加熱することで発酵を止めた、半発酵である。淹れた茶の水色(すいしょく)は黄褐色。 ウーロン茶の特徴は品種の多さである。その数は800種とも言われている。[2]は作られる木によって、香りと味に微妙な違いが生まれる。




  1. ^ 文部科学省 「日本食品標準成分表2015年版(七訂)
  2. ^ 加藤千洋、小学館
  3. ^ 楊品瑜 (1999). 台湾茶の楽しみ方とおいしい料理. 三心堂出版社. ISBN 4883423131  34p
  4. ^ 松下智、『茶の民族誌―製茶文化の源流』、1998年、雄山閣出版
  5. ^ 栄養情報/栄養事典/ウーロン茶ポリフェノール 日本医療栄養センター
  6. ^ 『太極拳 カラダも心も美しくなる!』54頁。
  7. ^ 兒島新平、「臺灣烏龍茶は斯くの如くの人が始めた」『三府及近郊名所名物案内』pp77-78、1918年、東京、日本名所案内社 [1]
  8. ^ 彼女らの出身地は日本茶の産地でも有名な静岡県であった。
  9. ^ サントリー烏龍茶 秘話(男の浪漫伝説 Vol.86) | 懸賞ならドリームメール
  10. ^ 1979年9月10日放送の「夜のヒットスタジオ」では、歌唱前のトークで鉄観音烏龍茶の箱を持参して紹介した。
  11. ^ 伊藤園ウーロン茶 伊藤園
  12. ^ サントリー烏龍茶 サントリー
  13. ^ お~いお茶 緑茶 伊藤園


「烏龍茶」の続きの解説一覧

ウーロン茶

出典:『Wiktionary』 (2018/10/25 22:50 UTC 版)

異表記・別形

語源

中国語 烏龍茶

発音

ウ↗ーロ↘ンちゃ

名詞

ウーロンウーロンちゃ

  1. 茶葉発酵途中加熱して発酵止め、半発酵させた中国茶のうち青茶分類される。

翻訳



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ウーロン茶」の関連用語

ウーロン茶のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ウーロン茶のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
サントリーサントリー
COPYRIGHT © 1995-2021 SUNTORY LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.
サントリー株式会社お酒・飲料大事典
文部科学省文部科学省
食品成分値は文部科学省科学技術・学術審議会資源調査分科会報告「五訂増補 日本食品標準成分表」、 科学技術庁資源調査会編「改訂日本食品アミノ酸組成表」によります。 食品成分値を複製又は転載する場合は事前に文部科学省への許可申請もしくは届け出が必要となる場合があります。 連絡先:文部科学省科学技術・学術政策局政策課資源室 電話(03)5253-4111(代)
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの烏龍茶 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのウーロン茶 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS