ルイボスとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 植物 > マメ科 > ルイボスの意味・解説 

ルイボス【(アフリカーンス)rooibos】

読み方:るいぼす

南アフリカ原産マメ科植物発酵乾燥させてルイボス茶とする。


ルイボス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/19 22:06 UTC 版)

ルイボスAspalathus linearisアフリカーンス語: rooibos)はマメ亜科アスパラトゥス属英語版の一種である。


  1. ^ a b ルイボスティーが飲めなくなる?気候変動でルイボス消滅の危機 南ア”. AFPBB News (2012年2月29日). 2015年2月9日閲覧。
  2. ^ 梶本五郎,村上智嘉子 (1999). “各種市販茶の抗酸化性とそれらの成分”. 日本栄養・食糧学会誌 52 (4): 209–218. doi:10.4327/jsnfs.52.209. ISSN 1883-2849. http://joi.jlc.jst.go.jp/JST.Journalarchive/jsnfs1983/52.209?from=CrossRef. 
  3. ^ 人見英里,田村聡美,鶴本祐子,津田孝範,中野昌俊「ルイボスティー(Aspalathus linearis)の抗酸化性」『日本食品科学工学会誌』第46巻第12号、1999年、 779–785、 doi:10.3136/nskkk.46.779ISSN 1341-027X
  4. ^ 人見英里, 三浦裕美子, 三原香奈, 大西志麻, 原直子, 中野昌俊「鉄含有クッキーにおけるルイボスティーの抗酸化性」『日本食品科学工学会誌』第52巻第12号、日本食品科学工学会、2005年、 594–598、 doi:10.3136/nskkk.52.594ISSN 1341-027X
  5. ^ a b (英語) ルイボスティーの食後高血糖および血中尿酸低下作用, (2006-12-22), https://patents.google.com/patent/JP2008156264A/ja 2020年5月4日閲覧。 
  6. ^ 医薬品的効能効果を標ぼうしない限り医薬品と判断しない成分本質(原材料)リスト”. 厚生労働省. 2019年4月11日閲覧。


「ルイボス」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ルイボスのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ルイボスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのルイボス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS