乳とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 性質 > > の意味・解説 

にゅう【乳】

[音]ニュウ(慣) [訓]ちち ち

学習漢字6年

[一]ニュウ

ちち。「乳牛乳製品牛乳搾乳授乳粉乳哺乳(ほにゅう)・母乳離乳

ちち状の液体。「乳液豆乳

乳房。「乳癌(にゅうがん)・乳頭

母のちちを飲む年齢。「乳歯乳児

[二]〈ちち〉「乳色

[三]〈ち〉「乳首乳房

難読乳母(うば・めのと)


ちち【乳】

哺乳(ほにゅう)類が、分娩(ぶんべん)後に、子を育てるために乳腺(にゅうせん)から出す乳白色液体乳汁。「母親の—」「牛の—」

乳房(ちぶさ)。「—が張る

植物の茎ら出る白色液汁


ち【乳】

ちち。乳汁(にゅうじゅう)。「—兄弟」「添え—」

「みどり子の—乞ふがごとく」〈四一二二

《形が乳首に似ているところから羽織・幕・旗などにつけた、ひもやさおを通すための小さな輪。「ひもを—に通す」

釣鐘表面にある、いぼ状の突起

乳房乳首(ちくび)。「—の下」

「胸をあけて—などくくめ給ふ」〈源・横笛

乳金物(ちかなもの)」の略。

乳の画像
(3)
乳の画像
わらじの乳(2)

ち〔乳〕

幟や旗の縁へ輪にしてつける布の名称。
五月幟の旗や幟などの縁につけ、竿や紐などを通す小さな布の輪。

読み方
ちち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/06 03:56 UTC 版)

乳汁(にゅうじゅう、ちしる、ちちしる)とは、(ちち、にゅう)、ミルク: milk)とも言われる、動物のうち哺乳類幼児に栄養を与えて育てるために母体が作りだす分泌液である。特に母乳(ぼにゅう)と呼ぶ場合は、ヒト女性が出す乳汁を指すのが慣例である。誕生後の哺乳類が他の食物を摂取できるようになるまでの間、子供の成長に見合った栄養を獲得できる最初の源となる[1]


  1. ^ a b c d e f g h i j k l 牛乳、乳製品の知識 (PDF)”. 社団法人日本酪農乳業協会. 2012年5月30日閲覧。
  2. ^ 増田哲也. “ミルク科学研究室”. 日本大学、生物資源科学部、動物資源科学科. 2012年5月30日閲覧。・ただし、後述のように少数ながら類似例はある。
  3. ^ a b c Oftedal, Olav T. (2002). “The mammary gland and its origin during synapsid evolution”. Journal of Mammary Gland Biology and Neoplasia 7 (3): 225–252. doi:10.1023/A:1022896515287. PMID 12751889. 
  4. ^ Oftedal, Olav T. (2002). “The origin of lactation as a water source for parchment-shelled eggs”. Journal of Mammary Gland Biology and Neoplasia 7 (3): 253–66. doi:10.1023/A:1022848632125. PMID 12751890. 
  5. ^ Lactating on Eggs”. Nationalzoo.si.edu (2003年7月14日). 2009年4月14日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年3月8日閲覧。
  6. ^ Lefèvre C.M., Sharp J.A., Nicholas K.R. (2010). “Evolution of lactation: ancient origin and extreme adaptations of the lactation system”. Annual Review of Genomics and Human Genetics 11 (11): 219–238. doi:10.1146/annurev-genom-082509-141806. PMID 20565255. 
  7. ^ Vorbach C., Capecchi M.R., Penninger J.M. (2006). “Evolution of the mammary gland from the innate immune system?”. Bioessays 28 (6): 606–616. doi:10.1002/bies.20423. PMID 16700061. 
  8. ^ Goldman, Armond S (2002). “Evolution of the mammary gland defense system and the ontogeny of the immune system”. Journal of mammary gland biology and neoplasia (Springer) 7 (3): 277-289. doi:10.1023/A:1022852700266. https://doi.org/10.1023/A:1022852700266. 
  9. ^ 荒牧弘範. “特別演習 基礎薬学 (PDF)”. 第一薬科大学分子生命化学教室. 2012年5月30日閲覧。
  10. ^ 五嶋良郎. “6. 赤ん坊が乳を吸う”. 横浜市立大学分子生命化学教室. 2012年5月30日閲覧。
  11. ^ William H. Bowen and Ruth A. Lawrence (2005). “Comparison of the Cariogenicity of Cola, Honey, Cattle Milk, Human Milk, and Sucrose”. Pediatrics 116 (4): 921–6. doi:10.1542/peds.2004-2462. PMID 16199702. 
  12. ^ Soil pH: What it Means” (英語). SUNY College of Environmental Science and Forestry. www.esf.edu.. 2012年5月30日閲覧。
  13. ^ USDA「World Markets and Trade」 (In selected countries)
  14. ^ Hemme and Otte (2010年). “Status and Prospects for Smallholder Milk Production: A Global Perspective (PDF)” (英語). Food and Agriculture Organization of the United Nations. 2012年5月30日閲覧。
  15. ^ 「【乳】」『日本語大辞典』講談社、1989年、第一刷、1246頁。ISBN 4-06-121057-2
  16. ^ Gussekloo, S.W.S. (2006). “Chapter 2: Feeding Structures in Birds”. In Bels, V. Feeding in Domestic Vertebrates: From Structure to Behaviour. CABI Publishing. p. 22. ISBN 978-1-84593-063-9. "A remarkable adaptation can be found in the crop of pigeons. During the breeding season the crop produces a yellow-white fat-rich secretion known as crop milk that is used to feed the nestlings. … The crop milk resembles strongly the milk produced by mammals, except for the fact that carbohydrates and calcium are missing in crop milk." 
  17. ^ a b “Moose milk makes for unusual cheese”. The Globe and Mail. (2004年6月26日). オリジナルの2007年9月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070930035220/http://www.theglobeandmail.com/servlet/ArticleNews/TPStory/LAC/20040626/MOOSE26/TPEntertainment/Style 2007年8月27日閲覧。 
  18. ^ World's No 1 Milk Producer” (英語). Indiadairy.com. 2012年5月30日閲覧。
  19. ^ a b c d e f g h McGee, Harold (2004) [1984]. “Milk and Dairy Products”. On Food and Cooking: The Science and Lore of the Kitchen (2nd ed.). New York: Scribner. pp. 7–67. ISBN 978-0-684-80001-1. https://books.google.co.jp/books?id=bKVCtH4AjwgC&lpg=PP1&pg=PA7&redir_esc=y&hl=ja 
  20. ^ Basnet, S.; Schneider, M.; Gazit, A.; Mander, G.; Doctor, A. (April 2010). “Fresh Goat's Milk for Infants: Myths and Realities—A Review”. Pediatrics 125 (4): e973–977. doi:10.1542/peds.2009-1906. PMID 20231186. 
  21. ^ 牧場おしごと探検隊‐牛乳は栄養満点の飲みもの”. 酪農学園大学. 2012年5月30日閲覧。
  22. ^ a b Goff, Douglas (2010年). “Introduction to Dairy Science and Technology: Milk History, Consumption, Production, and Composition” (英語). Dairy Science and Technology. University of Guelph. 2012年5月30日閲覧。
  23. ^ About Bison: Frequently Asked Questions” (英語). National Bison Association. 2012年5月30日閲覧。[リンク切れ]
  24. ^ Allen, Joel Asaph (June 1877). “Part II., Chapter 4. Domestication of the Buffalo”. In Elliott Coues, Secretary of the Survey (英語). History of the American Bison: bison americanus. extracted from the 9th Annual Report of the United States Geological Survey (1875). Washington, DC: Department of the Interior, United States Geological Survey, Government Printing Office. pp. 585–586. OCLC 991639. https://books.google.co.jp/books?id=oj04AAAAMAAJ&pg=PA585&redir_esc=y&hl=ja 2012年5月30日閲覧。 
  25. ^ O'Connor, George (March/April 1981). “The Basics of Beefalo Raising” (英語). Mother Earth News (Ogden Publications) (68). http://www.motherearthnews.com/Sustainable-Farming/1981-03-01/The-Basics-of-Beefalo-Raising.aspx 2012年5月30日閲覧。. 
  26. ^ International dairy product prices are turning down: how far, how fast?” (英語). FAO Food outlook No.1, June 2006. www.fao.org. 2012年5月30日閲覧。
  27. ^ J. Henriksen. “Milk for Health and Wealth (PDF)” (英語). FAO Diversification Booklet Series 6, Rome. 2012年5月30日閲覧。
  28. ^ Livestock Production statistics” (英語). FAOSTAT, Food And Agricultural Organization of the United Nations. faostat.fao.org. 2012年5月30日閲覧。
  29. ^ Bellwood, Peter (2005). “The Beginnings of Agriculture in Southwest Asia”. First Farmers: the origins of agricultural societies. Malden, MA: Blackwell Publushing. pp. 44–68. ISBN 978-0-631-20566-1 
  30. ^ Bellwood, Peter (2005). “Early Agriculture in the Americas”. First Farmers: the origins of agricultural societies. Malden, MA: Blackwell Publushing. pp. 146–179. ISBN 978-0-631-20566-1 
  31. ^ Beja-Pereira, A.; Caramelli, D.; Lalueza-Fox, C.; Vernesi, C.; Ferrand, N.; Casoli, A.; Goyache, F.; Royo, L. J. et al. (2006). “The origin of European cattle: Evidence from modern and ancient DNA”. Proceedings of the National Academy of Sciences 103 (21): 8113–8118. doi:10.1073/pnas.0509210103. ISSN 0027-8424. 
  32. ^ Jin, Dong-Yan; Folgiero, Valentina; Avetrani, Paolo; Bon, Giulia; Di Carlo, Selene E.; Fabi, Alessandra; Nisticò, Cecilia; Vici, Patrizia et al. (2008). “Induction of ErbB-3 Expression by α6β4 Integrin Contributes to Tamoxifen Resistance in ERβ1-Negative Breast Carcinomas”. PLoS ONE 3 (2): e1592. doi:10.1371/journal.pone.0001592. ISSN 1932-6203. 
  33. ^ Sherratt, Andrew (1981). “Plough and pastoralism: aspects of the secondary products revolution”. In Hodder, I.; Isaac, G.; Hammond, N.. Pattern of the Past: Studies in honour of David Clarke. Cambridge: Cambridge University Press. pp. 261–305. ISBN 0-521-22763-1 
  34. ^ Jean-Denis Vigne; Daniel Helmer (2007). “Was milk a “secondary product” in the Old World Neolithisation process? Its role in the domestication of cattle, sheep and goats”. Anthropozoologica (Muséum national d'Histoire naturelle) 42 (2): 9-40. https://habricentral.org/resources/6615. 
  35. ^ Evershed, Richard P.; Payne, Sebastian; Sherratt, Andrew G.; Copley, Mark S.; Coolidge, Jennifer; Urem-Kotsu, Duska; Kotsakis, Kostas; Özdoğan, Mehmet et al. (2008). “Earliest date for milk use in the Near East and southeastern Europe linked to cattle herding”. Nature 455 (7212): 528–531. doi:10.1038/nature07180. ISSN 0028-0836. 
  36. ^ Price, T. D. (2000). “Europe's first farmers: an introduction”. In T. D. Price. Europe's First Farmers. Cambridge: Cambridge University Press. pp. 1–18. ISBN 0-521-66203-6 
  37. ^ Meadow, R. H. (1996). “The origins and spread of agriculture and pastoralism in northwestern South Asia”. In D. R. Harris. The origins and spread of agriculture and pastoralism in Eurasia. London: UCL Press. pp. 390–412. ISBN 1-85728-538-7 
  38. ^ Craig, Oliver E.; John Chapman, Carl Heron, Laura H. Willis, László Bartosiewicz, Gillian Taylor, Alasdair Whittle and Matthew Collins (2005). “Did the first farmers of central and eastern Europe produce dairy foods?”. Antiquity 79 (306): 882–894. http://antiquity.ac.uk/ant/079/ant0790882.htm. 
  39. ^ Copley, M.S.; Berstan, R.; Mukherjee, A.J.; Dudd, S.N.; Straker, V.; Payne, S.; Evershed, R.P. (2005). “Dairying in antiquity. III. Evidence from absorbed lipid residues dating to the British Neolithic”. Journal of Archaeological Science 32 (4): 523–546. doi:10.1016/j.jas.2004.08.006. ISSN 03054403. 
  40. ^ Anthony, D. W. (2007). The Horse, the Wheel, and Language. Princeton, NJ: Princeton University Press. ISBN 978-0-691-05887-0 
  41. ^ Gifford-Gonzalez, D. (2004). “Pastoralism and its Consequences”. In A. B. Stahl. African archaeology: a critical introduction. Malden, MA: Blackwell Publishing. pp. 187–224. ISBN 978-1-4051-0155-4 
  42. ^ “[The dromedary: ancestry, history of domestication and medical treatment in early historic times]” (German). Tierarztl Prax Ausg G Grosstiere Nutztiere 25 (6): 559–65. (November 1997). PMID 9451759. 
  43. ^ a b c The History Of Milk” (英語). About.com. 2012年5月30日閲覧。
  44. ^ Rolf Jost "Milk and Dairy Products" Ullmann's Encyclopedia of Industrial Chemistry, Wiley-VCH, Weinheim, 2002. doi:10.1002/14356007.a16_589.pub3
  45. ^ a b c d Fox, P. F. Advanced Dairy Chemistry, Vol. 3: Lactose, Water, Salts and Vitamins. 2nd ed. Chapman and Hall: New York, 1995.
  46. ^ a b 酪農王国 北海道の牛乳の科学 (PDF)”. 日本農芸化学界北海道支部・網走大会・サブセッション、北海道大学農学部. 2012年5月30日閲覧。
  47. ^ a b c Fox, P.F. Advanced Dairy Chemistry: Vol 2 Lipids. 2nd Ed. Chapman and Hall: New york, 1995.
  48. ^ a b c d e f 堂迫俊一. “基調講演 「ミルクの神秘」”. 雪印メグミルク株式会社酪農総合研究所. 2012年5月30日閲覧。
  49. ^ a b Goff, Douglas (2010年). “Dairy Chemistry and Physics” (英語). Dairy Science and Technology. University of Guelph. 2012年5月30日閲覧。
  50. ^ chemistry and physics” (英語). Foodsci.uoguelph.ca.. 2012年5月30日閲覧。
  51. ^ Milk From Cows and Other Animals, web page by Washington Dairy Products Commission” (英語). Havemilk.com. 2012年5月30日閲覧。
  52. ^ Whale. Encarta. 2009年11月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。 不明な引数|deadlinkdate=は無視されます。(もしかして:|url-status-date=) (説明)
  53. ^ 八木 直樹 『食品の科学と新技術』 p.103 日本出版制作センター 1992年2月15日発行
  54. ^ Milk analysis” (英語). North Wales Buffalo. 2007年9月29日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年5月31日閲覧。 (Citing McCane, Widdowson, Scherz, Kloos, International Laboratory Services.)
  55. ^ USDA National Nutrient Database for Standard Reference. Ars.usda.gov. Retrieved on 2011-11-24.
  56. ^ Designing Foods: Animal Product Options in the Marketplace. National Academies Press. (1988). ISBN 978-0-309-03795-2. https://books.google.co.jp/books?id=qJgdAEhQvnMC&pg=PA226&redir_esc=y&hl=ja 
  57. ^ Feskanich, D; Willett, WC; Stampfer, MJ; Colditz, GA (1997). “Milk, dietary calcium, and bone fractures in women: a 12-year prospective study”. American journal of public health 87 (6): 992–7. doi:10.2105/AJPH.87.6.992. PMC 1380936. PMID 9224182. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1380936/. 
  58. ^ Brody T. Calcium and phosphate. In: Nutritional biochemistry. 2nd ed. Boston: Academic Press, 1999:761–94
  59. ^ Heaney, Robert P.; Weaver, Connie M. (1990). “Calcium absorption from kale”. The American journal of clinical nutrition 51 (4): 656–7. PMID 2321572. 
  60. ^ Calcium and Milk: What's Best for Your Bones and Health?” (英語). The Nutrition Source. Harvard School of Public Health (2011年). 2012年5月30日閲覧。
  61. ^ Roy BD (2008). “Milk: the new sports drink? A Review”. J Int Soc Sports Nutr 5: 15. doi:10.1186/1550-2783-5-15. PMC 2569005. PMID 18831752. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2569005/. 
  62. ^ Ferguson-Stegall L, McCleave E, Doerner PG, Ding Z, Dessard B, Kammer L, Wang B, Liu Y, Ivy JL (2010). “Effects of Chocolate Milk Supplementation on Recovery from Cycling Exercise and Subsequent Time Trial Performance”. International Journal of Exercise Science: Conference Abstract Submissions 2 (2). http://digitalcommons.wku.edu/ijesab/vol2/iss2/25. 
  63. ^ a b Babu, J. et al "Frequency of lactose malabsorption among healthy southern and northern Indian populations", American Journal of Clinical Nutrition, doi 10.3945/ajcn.2009.27946
  64. ^ Champe, Pamela (2008). “Introduction to Carbohydrates”. Lippincott's Illustrated Reviews: Biochemistry, 4th ed.. Baltimore: Lippincott Williams & Wilkins. p. 88. ISBN 978-0-7817-6960-0 
  65. ^ University of Maryland Medical Center. “Digestive Disorders – Lactose Intolerance”. 2009年5月3日閲覧。
  66. ^ Patterson, K. D. "Lactose Tolerance", The Cambridge World History of Food, Kiple, K.F. (Ed.) Cambridge University Press, 2000
  67. ^ Waller, W. H.; Hodge, P. W. (2003). Galaxies and the Cosmic Frontier. ハーバード大学出版局. pp. 91. ISBN 0674010795 
  68. ^ 菅淑江, 田中由紀子「蜂蜜考(Ⅰ) -人々と自然との調和-」『中国短期大学紀要』第29巻、中国短期大学、1998年6月、 1-14頁、 ISSN 0914-1227NAID 120006588218
  69. ^ 月刊みんぱく2005年9月号”. 国立民族学博物館. 2012年5月30日閲覧。
  70. ^ Jonathon Green (2005). Cassell's Dictionary of Slang. Weidenfeld & Nicholson. ISBN 978-0-304-36636-1. https://books.google.co.jp/books?id=5GpLcC4a5fAC&pg=PA943&redir_esc=y&hl=ja 



出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 07:34 UTC 版)

ヴィーガン母乳を含む乳の摂取タブーとしている。

※この「乳」の解説は、「食のタブー」の解説の一部です。» 「食のタブー」の概要を見る


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/19 00:59 UTC 版)

モンゴルでは「5種類家畜」と呼ばれるウシウマラクダヒツジ、ヤギ、およびヤクから、それぞれ搾乳される。地方によって異なるが、乳製品一般的にはウシの乳を中心に生産されるウマの乳は発酵させて、アイラグ(ツェゲー)(айраг、цэгээ ᠴᠡᠭᠡ)として利用される伝統的に生乳飲むこと少ない。乳製品は、加熱撹拌静置分離濾過発酵成型乾燥などのプロセスを通じて加工されきわめて多くの種類がある。クロテッドクリーム状のウルム(өрөм)や固形状のアーロール(ааруул)などがある。 ウルム(өрөм) アーロール(аруул) アイラグ(ツェゲー)(айраг、цэгээ)

※この「乳」の解説は、「モンゴル料理」の解説の一部です。» 「モンゴル料理」の概要を見る


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/19 23:50 UTC 版)

スイギュウの乳は、分布地で多くの人々飲用加工用利用しており、脂肪分が8%程度家畜の中で最も多くギーインドなどで料理使われる澄ましバター)の主要な原料となる。鉄分ビタミン類乳糖なども、一般にウシの乳よりも豊富に含まれている。 また、タンパク質も、チーズなどの伝統的な材料となっている。南イタリアカンパニア州のサレルノカゼルタ周辺水牛乳で作るフレッシュチーズモッツァレッラ・ディ・ブーファラ・カンパーナMozzarella di Bufala Campana)の産地となっている。また、中国雲南省のフレッシュチーズルービン(乳餅)や板状伸ばして干したルーシャン乳扇)、フィリピンケソンプティにも用いられる中華人民共和国南部では、水牛重要な役畜であるが、水牛乳を、大良牛乳牛乳プリン、ホワイトクリームなど、さまざまに加工して利用する順徳料理のような例もある。

※この「乳」の解説は、「スイギュウ」の解説の一部です。» 「スイギュウ」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典:『Wiktionary』 (2020/11/28 02:47 UTC 版)

発音(?)

名詞

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「乳」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



乳と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

乳のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



乳のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
社団法人日本人形協会社団法人日本人形協会
Copyright (C) 2022 社団法人日本人形協会 All rights reserved.
※このホームページに掲載されている文章・写真・イラストなどの無断転載を禁じます。
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの乳 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの食のタブー (改訂履歴)、モンゴル料理 (改訂履歴)、スイギュウ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS