煉乳とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 国語辞典 > 煉乳の意味・解説 

加糖練乳

(煉乳 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/15 09:20 UTC 版)

練乳(れんにゅう、: condensed milkコンデンスミルク)または加糖練乳(かとうれんにゅう)とは、牛乳に糖分を加えて濃縮させた、粘度の高い液状の食品である。本来の表記は「加熱精製した乳」という意味の煉乳であるが、「煉」が常用漢字に入っていないため、法令では「れん乳」、新聞等では「練乳」と書かれる。決して「練ったミルク」という意味ではない。




  1. ^ 富山市史編纂委員会編『富山市史 第二編』(p1075)1960年4月 富山市史編纂委員会


「加糖練乳」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「煉乳」の関連用語

1
98% |||||

2
加糖練乳 国語辞典
98% |||||

3
糖乳 国語辞典
98% |||||

4
練乳 国語辞典
98% |||||

5
32% |||||





10
8% |||||

煉乳のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



煉乳のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの加糖練乳 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS