1835年とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 学問 > 近世年表 > 1835年の意味・解説 

天保6年 (きのとひつじ 乙未)

天保6年
年(年号)
1825年 (文政8年) 異国船打払令
1828年 (文政11年) シーボルト事件
1829年 (文政12年) 江戸大火
1830年 (天保元年) 伊勢御蔭参り大流行
天保6年
1837年 (天保8年) 大塩平八郎の乱
1839年 (天保10年) 蛮社の獄
1853年 (嘉永6年) 黒船来航
1855年 (安政2年) 安政江戸地震


天保6年
葛飾 北斎 1760年1849年(宝暦10年嘉永2年) 75
十返舎 一九 1765年1839年(明和2年天保10年) 70
滝沢 馬琴 1767年1848年(明和4年嘉永元年) 68
佐藤 信淵 1769年1850年(明和6年嘉永3年) 66
徳川 家斉 1773年1841年(安永2年天保12年) 62
間宮 林蔵 1775年1844年(安永4年弘化元年) 60
柳亭 種彦 1783年1842年(天明3年天保13年) 52
為永 春水 1790年1843年(寛政2年天保14年) 45
徳川 家慶 1793年1853年(寛政5年嘉永6年) 42
遠山 金四郎 1793年1855年(寛政5年安政2年) 42
渡辺 崋山 1793年1841年(寛政5年天保12年) 42
水野 忠邦 1794年1851年(寛政6年嘉永4年) 41
千葉 周作 1794年1855年(寛政6年安政2年) 41
Siebold Philipp Von 1796年1866年(寛政8年慶応2年) 39
歌川 広重 1797年1858年(寛政9年安政5年) 38
高島 秋帆 1798年1866年(寛政10年慶応2年) 37
男谷 精一郎 1798年1864年(寛政10年元治元年) 37
Harris Townsend 1804年1878年(文化元年明治11年) 31
緒方 洪庵 1810年1863年(文化7年文久3年) 25
井伊 直弼 1815年1860年(文化12年万延元年) 20才
Hepburn J. 1815年1911年(文化12年明治44年) 20才
河竹 黙阿弥 1816年1893年(文化13年明治26年) 19才
安藤 信正 1819年1871年(文政2年明治4年) 16才
阿部 正弘 1819年1857年(文政2年安政4年) 16才
勝 海舟 1823年1899年(文政6年明治32年) 12
Boissonade G. E. 1825年1910年(文政8年明治43年) 10
梅若  実 1828年1909年(文政11年明治42年) 7才
松平 春嶽 1828年1890年(文政11年明治23年) 7才
高橋 由一 1828年1894年(文政11年明治27年) 7才
仮名垣 魯文 1829年1894年(文政12年明治27年) 6才
吉田 松陰 1830年1859年(天保元年安政6年) 5才
中村 正直 1832年1891年(天保3年明治24年) 3才
近藤 勇 1834年1868年(天保5年明治元年) 1才
Roesler K. 1834年1894年(天保5年明治27年) 1才
橋本 雅邦 1835年〜1908年(天保6年〜明治41年) 0才
土方 歳三 1835年〜1869年(天保6年〜明治2年) 0才

1835年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/11 08:42 UTC 版)

1835年(1835 ねん)は、西暦グレゴリオ暦)による、木曜日から始まる平年




「1835年」の続きの解説一覧

1835年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/28 18:13 UTC 版)

サロン・ド・パリ」の記事における「1835年」の解説

ウジェーヌ・ドラクロワナチェズ族』1823年‐1835年。90.2 × 116.8 cmメトロポリタン美術館

※この「1835年」の解説は、「サロン・ド・パリ」の解説の一部です。
「1835年」を含む「サロン・ド・パリ」の記事については、「サロン・ド・パリ」の概要を参照ください。


1835年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 04:08 UTC 版)

ハレー彗星」の記事における「1835年」の解説

1835年のハレー彗星は、初め大々的に近代的な観測が行われた。写真撮影可能になったのは1839年のことであったためこの時ぎりぎりハレー彗星天体写真を撮ることはできなかった。 この回帰の際、Marie-Charles Damoiseau(英語版)、らが近日点通過時刻予想した。Damoiseauは木星土星重力影響考えて11月4.81日であることを示したPhilippe Gustave Doulcet(英語版)も地球木星土星天王星重力影響考慮した11月12.9日とやや外れていた。オットー・ローゼンベルガー海王星以外の当時知られていた7惑星の重力影響考えた11月12.0日であり、実際の近日点通過時刻11月16.4日を正確に予測できなかった。 アイルランドのMatkree天文台(英語版)ではE. J. Cooper(英語版)がハレー彗星スケッチするために口径13.3インチ望遠鏡用いたドイツの天文学者フリードリヒ・ヴィルヘルム・ベッセルハレー彗星スケッチ行ったまた、彼は自身の観測したハレー彗星の尾の流れから彗星蒸気噴射力が軌道変える一因となっていると提唱したフランスではフランソワ・アラゴパリ天文台口径24.4cmのLerebours望遠鏡用いて観測し偏光観測行った彼は1819年大彗星英語版)を観測していることもあり、尾はまばらに分散した物質太陽光反射しているものだと提唱したカナダではニューファンドランド島ケベック観測が行われ、新聞にもハレー彗星に関することが報道された。中国にも観測記録がある。朝鮮では『朝鮮王朝実録』と『承政院日記』にハレー彗星記述がある。 William G. Toddは1835年と1910年ハレー彗星両方目撃しており、ポピュラー・アストロノミーインタビュー答えている。彼は1910年彗星どんな風に見えたか述べた後、1910年ハレー彗星に関して1843年ハレー彗星に比べて尾は広がっている長くはない語っている。 更にフリードリッヒ・フォン・シュトルーベジョン・ハーシェルなど各地著名な天文学者らもハレー彗星観測を始めた。アメリカではイェール・カレッジでデニソン・オルムステッド(英語版)とエリアス・ルーミス(英語版)による望遠鏡での観測が行われた。この観測により1456年1378年ハレー彗星ハレー彗星であると同定された。 この後ハレー彗星回帰してくるのは1910年となるがこの期間は74.42年と既知のもののなかでは最短である。なお、最も長い時は451年から530年の期間で、79.25年も間隔があった。

※この「1835年」の解説は、「ハレー彗星」の解説の一部です。
「1835年」を含む「ハレー彗星」の記事については、「ハレー彗星」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「1835年」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「1835年」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「1835年」の関連用語

1835年のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



1835年のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
江戸net江戸net
Copyright (C) 2022 財団法人まちみらい千代田 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの1835年 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのサロン・ド・パリ (改訂履歴)、ハレー彗星 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS