Harris Townsendとは?

Weblio 辞書 > 人名 > 江戸人物事典 > Harris Townsendの意味・解説 

Harris Townsend (ハリス タウンゼント)

1804〜1878 (文化元年明治11年)
外交官日米修好条約締結列強先駆けて幕府鎖国政策崩した。
アメリカの外交官。1854年和親条約に基づき56年駐日総領事として着任下田玉泉寺日本初領事館がおかれた。1858年ポーハタン号艦上日米修好通商条約締結成功し、初代駐日公使となった。これが契機となり、日本はオランダ・ロシア・イギリス・フランスと次々と通商条約を結び、鎖国体制は完全に崩壊した。1862年帰国

 年(和暦)
1806年 (文化3年) 大火 2才
1808年 (文化5年) フェートン号事件 4才
1825年 (文政8年) 異国船打払令 21
1828年 (文政11年) シーボルト事件 24
1829年 (文政12年) 江戸大火 25
1830年 (天保元年) 伊勢御蔭参り大流行 26
1837年 (天保8年) 大塩平八郎の乱 33才
1839年 (天保10年) 蛮社の獄 35
1853年 (嘉永6年) 黒船来航 49
1855年 (安政2年) 安政江戸地震 51
1858年 (安政5年) 安政の大獄 54
1860年 (万延元年) 桜田門外の変 56
1862年 (文久2年) 生麦事件 58
1863年 (文久3年) 薩英戦争 59
1867年 (慶応3年) 大政奉還 63
1868年 (明治元年) 鳥羽・伏見の戦い 64
1869年 (明治2年) 版籍奉還 65
1871年 (明治4年) 廃藩置県 67
1871年 (明治4年) 解放令 67
1873年 (明治6年) 徴兵制布告 69
1876年 (明治9年) 廃刀令 72
1877年 (明治10年) 西南戦争 73
1877年 (明治10年) 東京大学設立 73


 人物
高島 秋帆 1798年1866年 (寛政10年慶応2年) +6
男谷 精一郎 1798年1864年 (寛政10年元治元年) +6
緒方 洪庵 1810年1863年 (文化7年文久3年) -6


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「Harris Townsend」の関連用語

Harris Townsendのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



Harris Townsendのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
江戸net江戸net
Copyright (C) 2020 財団法人まちみらい千代田 All rights reserved.

©2020 Weblio RSS