男谷 精一郎とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > スポーツ > 武道 > 剣術家 > 男谷 精一郎の意味・解説 

おだに‐せいいちろう〔をだにセイイチラウ〕【男谷精一郎】

読み方:おだにせいいちろう

[1798~1864]江戸後期幕臣剣客直心影(じきしんかげ)流の達人で、江戸道場をもつ。のち、講武所頭取剣術師範役をつとめ、後世剣聖呼ばれた


男谷精一郎

作者戸部新十郎

収載図書日本剣豪幕末編
出版社光文社
刊行年月1993.3
シリーズ名光文社時代小説文庫


男谷精一郎

作者奈良本辰也

収載図書日本剣豪列伝 3
出版社福武書店
刊行年月1995.3
シリーズ名福武文庫

収載図書人物日本剣豪4 千周作島田虎之助ほか
出版社学陽書房
刊行年月2001.6
シリーズ名人物文庫


男谷信友

(男谷 精一郎 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/20 08:32 UTC 版)

男谷 信友(おたに のぶとも)は、幕末幕臣剣術家直心影流男谷派を名乗った。その実力の高さと温厚な人格から、「幕末の剣聖」と呼ばれることもある。通称精一郎。門下から島田虎之助榊原鍵吉などの名剣士が輩出した。


  1. ^ a b 『日本剣豪譚 幕末編』124-125頁。


「男谷信友」の続きの解説一覧

男谷精一郎(男谷信友)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 07:10 UTC 版)

父子鷹」の記事における「男谷精一郎(男谷信友)」の解説

彦四郎の子婿養子)。剣客として知られる新太郎誠一郎とも。麟太郎預かって育てる。

※この「男谷精一郎(男谷信友)」の解説は、「父子鷹」の解説の一部です。
「男谷精一郎(男谷信友)」を含む「父子鷹」の記事については、「父子鷹」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「男谷 精一郎」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



男谷 精一郎と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「男谷 精一郎」の関連用語

男谷 精一郎のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



男谷 精一郎のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの男谷信友 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの父子鷹 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS