一本とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > 一本 > 一本の意味・解説 

いっ‐ぽん【一本】

細長い一つまた、電話手紙などについてもいう。「一本の便りもない」→本(ほん)

㋐一冊または一部書物

㋑ある書物異本別の本。「一本に曰(いわ)く」

柔道剣道などで、完全に技が一つ決まること。転じて相手をやり込めること。「これは一本取られたな」

名詞に付いて)そのことだけに、目標態度などを絞ること。いっぽんやり。「芸一本に生きる」「進学一本にしぼる」

それ一つだけ独立しうる状態であること。特に、一人前になった芸者。→半玉(はんぎょく)

とっくりに入った酒。「一本つける」

100つないだ銭差(ぜにさし)一つ一文銭100文、四文銭400文。

「―づつも取らねば勘定に合ふもんぢゃあねえ」〈黄・即席耳学問

同じ仲間一味。ぐる。

「おのれが弟の伝三郎今迄おのれら―と思ひしに」〈浄・卯月の紅葉

アクセント137ッポン、2はイッポン


ひと‐もと【一本】

や木などのいっぽんまた、一つだけ離れて立っているや木など。「一本松

「滑(なめらか)なる床には、―のだに生いず」〈鴎外訳・即興詩人


一本

読み方:いっぽんいつぽん

  1. 1 半玉に対し一人前芸者をいふ。 2 いつぽんぐま(一本隈)の略、俳優の顔の隈取り一種
  2. 半玉から一人前芸者になること 一本は線香一本をもつて時間計り一人前玉代がとれるところから。〔花〕 ②ヘロイン五瓦の包装 取引単位。〔覚〕
  3. 百円又は千円をいう。又花柳界では水揚した芸者のことをいう。

分類 花/覚/風俗犯罪


一本

読み方:いっぽん

  1. 金額百円又ハ千円ノ意。〔第七類 雑纂
  2. 一口といふこと。〔相場語〕
  3. 金額壹円、十円百円、又は千円のことをいふ。〔犯罪語〕
  4. 百円又は千円を云ふ。
  5. スリツタ金品一個呼称ス。
  6. 一回一つ或いは百円千円もいう。〔一般犯罪
  7. 百円、又は千円。〔掏摸

分類 掏摸犯罪犯罪語、相場


一本

読み方:いっぽん

  1. 門戸ニ施シタル閂。〔第五類 一般建物

一本

読み方:いっぽん

  1. 水揚すまして一人前になつた芸者のことをいふ。みづあげの条を参照せよ。〔花柳語〕
  2. 半玉から一人前芸者になつたもののこと。〔花柳界
  3. 一人前になつた芸者。「半玉」に対す言葉
  4. 芸妓。又『寝子(ねこ)』に作る、但し売人間に於ては之等の異名使用せず専ら芸者衆(げいしやしゆ)』と称するを常とす。をんちまをしやま、ぎ、きつね、げいしう、さんしらう、しやも、しげま、しやけ、しやべいしんげえるちんすけ、ちやつた、ちんふり、つま、つよぎ、どぼ、どてつ、ともきち、びー、びるまるひようさいやあちやん、等は何れも其の隠語なり。上は丸山総監所謂神聖な芸妓』より下は一回一錠の円タク連に至るまで妓品頗る多し何れも七つ八つからイロハを習ひハの字忘れてイロばかりの徒。最近不良客の増加伴ひ之が撃退目的として新に腕力芸者進出する者あり自ら僭して講道館二段号す何ぞ猫に類せざるの甚しきや、宜なり近時妓の三紘を張る者亦多く犬皮用ゆ著者如きは常に馬革造る所の皺を鳴してスパニツシユダンスを踊れり、か、か、はた馬か、希はくは読者採決委せん。校書柳樽やなぎだる)に曰く。『くらやみを目ばかりあるくからす』。明治初年新聞に、芸者と呼んで告訴された記事が出てゐるが、示談にでもなつたものか判決文見当らぬ。
  5. 水揚すまして一人前になつた芸者のことをいふ。みづあげの条を参照せよ。
  6. 〔隠〕水揚すまして一人前になつた芸者のこと。
  7. 半玉から一人前芸者になつたもののことをいふ。
  8. 水揚げを済ました一人前芸者の事を云ふ。
  9. 花柳界用語。半玉から一人前芸者になつたもの。芸者花代は、今は大方時間制度であるが、昔は線香一本いくらと定められてゐたので、この「一本」といふところから出た言葉であらう。
  10. 水揚をすませて一人前になつた芸者のこと、玉代線香代)のことから出た語、「ミズアゲ」参照
  11. 水揚すまして一人前になった芸者のことをいう。〔花柳界
  12. 一人前芸者

分類 花柳界花柳界風俗花柳


一本

読み方:いっぽん

  1. 衣服枚数単位。〔第七類 雑纂
  2. 衣類枚数単位
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

一本

名字 読み方
一本いちもと
名字辞典では、珍しい名字を中心に扱っているため、一般的な名字の読み方とは異なる場合がございます。

一本

読み方
一本いちもと
一本ひともと

一本

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/07 01:48 UTC 版)

一本(いっぽん)とは、武道将棋プロレス等、勝負ごとにおいて、ひと勝負ついた、決着がついたことである。




「一本」の続きの解説一覧

一本

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 01:50 UTC 版)

名詞

いっぽん

  1. 細長い形のものが1つあること。
  2. 1書物
  3. ある書物
  4. 武道が完全にきまること。
  5. 1つの事に専念すること。

発音

語義1,4,5

い↘っぽん

語義2,3

い↗っぽん

翻訳

語義1
語義4

関連語

語義1
語義4
語義5



一本と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「一本」の関連用語

一本のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



一本のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
名字見聞録名字見聞録
copyright©1996-2021 SPECTRE all rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの一本 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの一本 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 Weblio RSS