乙類とは?

Weblio 辞書 > 食品 > 焼酎・泡盛用語 > 乙類の意味・解説 

乙類(おつるい)

主としてデンプン質原料発酵させ、これを単式蒸留機蒸留したもので、アルコール度数45度以下、エキス分2%未満蒸留酒酒税法でいう焼酎乙類別称製造法によって、醪取(もろみとり)焼酎粕取かすとり焼酎大別される。また、使用原料名を冠して、コメ焼酎ムギ焼酎イモ焼酎などとも呼ばれるわが国伝統的蒸留酒であり、主として九州以南地域でつくられ、愛飲されてきたが、最近では全国的生産され、かつ消費地も全国に広まっている。わが国焼酎は、東南アジア、特に当時琉球王朝交易のあった暹羅しゃむろ)国(タイ)から沖縄に伝わったというのが定説であり、沖縄から庵美諸島当時琉球領内)を経て鹿児島地方上陸し、さらに北上して球磨地方宮崎地方へと伝播(でんぱ)したといわれる近年になってからの体験考証として、戦前タイ訪れ沖縄の歴史東恩納寛惇ひがおんなかんじゅん)の『泡盛雑考』に、当時タイでつくられていた「ラオ・ロン」と称するコメ蒸留酒風味沖縄泡盛に実によく似ていたこと、その醸造に使われていたかめや蒸留機なども泡盛醸造のそれと類似していたとする報告がみられ、その伝来裏づけられる。焼酎沖縄でつくられるようになったのは一五世紀半ばごろであろうといわれ、以後200年くらいの間に南九州全域定着したとされている。本格焼酎発酵醪をごく簡単な構造単式蒸留機蒸留するために、アルコールのほかに様々な香味成分製品回収される。また、原料としてはそれぞれの地域収穫される農作物が使われ、各地域に残る伝統的製法でつくられるため、その風味は非常にバラエティーに富み、かつ地域特性豊かな酒いえる。これらの特性充分に生かした味わい方が推奨される。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「乙類」の関連用語

乙類のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



乙類のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
本格焼酎と泡盛本格焼酎と泡盛
Copyright (C) 日本酒造組合中央会 2019.

©2019 Weblio RSS