百円とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 百円の意味・解説 

百円硬貨

(百円 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/04 05:39 UTC 版)

百円硬貨(ひゃくえんこうか)とは、日本国政府発行の貨幣百円玉(ひゃくえんだま)、百円貨[1]とも呼ばれる。額面100硬貨である。明治時代の硬貨と異なり法律上の表裏はないが、造幣局では便宜上年号の記された面を「裏」としている。


注釈

  1. ^ 昭和39年銘通常百円硬貨は昭和38年度製造(昭和39年1月)
  2. ^ 昭和32年7月10日政令第191号
  3. ^ 昭和34年1月5日政令第1号
  4. ^ 昭和41年9月30日政令第341号

参考文献

  1. ^ 日本銀行サイト「日本のお金」、日本銀行
  2. ^ a b 日本銀行金融研究所 『日本貨幣年表』日本銀行金融研究所、1994年、103頁。ISBN 9784930909381 
  3. ^ 平成2年 国民生活白書 第II部 技術と生活 第1章 第2節 (10)”. 内閣府. 経済企画庁. 2019年2月13日閲覧。
  4. ^ 渡部 晶「わが国の通貨制度(幣制)の運用状況について」 (pdf) 『ファイナンス』第561号、財務省、2012年8月、 18-31頁、2021年5月20日閲覧。
  5. ^ 偽造100円白銅貨幣について
  6. ^ a b 日本銀行金融研究所 『日本貨幣年表』日本銀行金融研究所、1994年、100頁。ISBN 9784930909381 
  7. ^ a b 日本銀行金融研究所 『日本貨幣年表』日本銀行金融研究所、1994年、101頁。ISBN 9784930909381 
  8. ^ 石原幸一郎 『日本貨幣収集事典』 原点社、2003年
  9. ^ 青山礼志 『新訂 貨幣手帳・日本コインの歴史と収集ガイド』 ボナンザ、1982年
  10. ^ a b c 郡司勇夫 『日本貨幣図鑑』東洋経済新報社、1981年10月、312-316頁。 


「百円硬貨」の続きの解説一覧

「百円」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「百円」に関係したコラム

  • 株式取引とFXとの違い

    個人投資家が資金面や手続き面など比較的手軽に投資できるものとして株式取引とFXが挙げられます。ここでは、2012年6月現在の株式取引とFXとの違いについて紹介します。▼取引先取引先は、株式取引は証券会...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

百円のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



百円のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの百円硬貨 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS