鳳凰とは?

鳳凰

読み方:ほうおう

鳳凰(ほうおう)とは中国神話由来する伝説である。36種の羽を持つ動物の長であり、聖天子治める平和な世にのみ姿を現わすとされている。全体クジャクに似ていて、頭は、あごは燕、頸は、背は亀、尾はで、黒、白、赤、青、黄の五色からなり、高さは六尺ほどとされる。めったに実を結ばないという竹の実食し梧桐あおぎり)の木にのみ止まると言われる西洋では、東洋不死鳥ともみなされ、「中国フェニックス(英: chinese Phoenix)」と呼ばれることもある。

鳳凰は民話伝説伝えられてきたところによると、人の性格を見定め、親切な人々祝福するとされる。鳳凰の姿形モチーフにしたデザイン古来東アジア全般にわたって使用されており、日本では、宇治平等院鳳凰堂鹿苑寺金閣屋上にあるものが有名である。なかでも鳳凰堂屋上のものは、2004平成16)年から使用されている現行の一万円札裏面にも描かれている。 

ほう‐おう〔‐ワウ〕【××凰】

古代中国で、麟(りん)・亀・竜とともに四瑞として尊ばれた想像上霊鳥。体は、前は麟(りん)、後ろは鹿(しか)、頸(くび)は、尾は、背は亀、あごは燕(つばめ)、くちばしに似るといわれる。羽が5色で、梧桐(ごとう)に宿り竹の実を食べ、醴泉(れいせん)を飲むと伝えられ、聖徳天子兆しとして世に現れるとされる。は雄、凰は雌という。

紋所の名。1図案化したもの鳳凰丸桐に鳳凰などがある。

鳳凰の画像
鳳凰の紋所一つ「舞鳳凰」
鳳凰の画像
鳳凰の紋所一つ有職鳳凰」

ほう‐おう ‥ワウ 【鳳凰】

〔名〕

古代中国で、麟・亀・龍とともに四瑞一つとして尊ばれた想像上瑞鳥。形は、前は麟、後ろは鹿、頸は、尾は、背は亀、頷(あご)は燕、嘴(くちばし)はに似て、高さ五、六尺(一・五〜一・八メートル)、羽には五色の紋がある。梧桐宿り竹の実食し醴泉(れいせん)のを飲んで、聖天子出生瑞兆として出現すると伝えられた。雄を、雌を凰と分けて称することもある。鳳鳥

鳳凰&wc1;〈奈良県南法華寺磚〉の画像

性霊集‐三(835頃)贈伴按察平章事赴陸府詩「麒麟不踏昆虫、鳳凰来巣阿閣」〔詩経大雅・巻阿〕

紋所一つ。①の姿を図案化したもので、鳳凰の丸桐に鳳凰などがある。

鳳凰の丸@桐に鳳凰の画像

竹むきが記1349)上「戸の御調度桐竹とほうわう也」

香木の名。二百種名香の一つ

④ (裲襠(うちかけ)に金糸で①を刺繍したものを着ていることが多かったところから) 江戸時代吉原遊郭で、太夫職遊女の称。鳳鳥。ほうお。

雑俳柳多留二八(1799)「鳳凰か一日に化て出る」


鳳凰

読み方:ホウオウ(houou)

古来中国でめでたいとして尊ばれた想像上


ほうおう 【鳳凰】

空想上霊鳥中国漢代から瑞鳥として装飾文様用いられ、日本にも仏教と共に伝来した。孔雀からの発想とか極楽鳥南洋産)からとか諸説がある。が雄、凰が雌とされ、竜と並ぶときは竜が男で鳳凰が女とされる。宇治平等院阿弥陀堂は、この鳥が翼を広げたようだとして鳳凰堂と呼ぶ。

鳳凰

作者石川淳

収載図書石川淳全集 第3
出版社筑摩書房
刊行年月1989.7


鳳凰

読み方:ホウオウ(houou)

伝説上の


鳳凰

読み方:ホウオウ(houou)

作者 石川淳

初出 昭和24年

ジャンル 小説


鳳凰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/12 00:29 UTC 版)

平等院鳳凰堂屋上の鳳凰像。新一万円札にも描かれている。


  1. ^ 『爾雅』「釋鳥」郭璞の注による。鳳凰特徴:鶏頭、燕頷、蛇頸、亀背、魚尾、五彩色、高六尺許。
  2. ^ 『癸辛雑識』別集巻下
  3. ^ a b 『大辞林 第3版』 三省堂、2006年。ただし現在では本来一単語であった鳳凰を二文字に分解して一方を何々、他方を何々と意味付けするのは中国にありふれた語源俗解であり、後世の後付けにすぎないと考えられている。
  4. ^ 【天鳳堂資料室】瑞祥・瑞獣
  5. ^ a b c 斉藤ヒロコ「伝説の翼 #13 鳳凰 I (fenghuang)」『BIRDER』第27巻第1号、文一総合出版、2013年1月、 65頁。
  6. ^ 『詩経』大雅巻阿
  7. ^ 晋書』巻14 苻堅載記下、『魏書』巻21下 彭城王勰伝
  8. ^ 『酉陽雑俎』巻十六羽篇
  9. ^ 曽布川寛 『崑崙山への昇仙:古代中国人が描いた死後の世界』 中央公論社〈中公新書〉、1981年。
  10. ^ 袁珂『中国神話・伝説大事典』大修館書店 、1999年
  11. ^ 寺島良安著 島田勇雄・竹島淳夫・樋口元巳訳注『和漢三才図会』6、平凡社東洋文庫〉、1987年、319-320頁。ISBN 978-4-582-80466-9
  12. ^ 荒俣宏『大東亜科学奇譚』ちくま文庫、1996年
  13. ^ 荒俣宏『大東亜科学奇譚』ちくま文庫、1996年、荒俣宏編『世界大博物図鑑 4 鳥類 別巻1 絶滅・希少鳥類』平凡社
  14. ^ 『中国の神話伝説』上下、青土社 、1993年『中国神話・伝説大事典』大修館書店 、1999年
  15. ^ 笹間良彦『図説・日本未確認生物事典』柏書房、1994年、163頁。ISBN 978-4-7601-1299-9 ただし大航海時代以前に新大陸の固有種がモデルになったという説は説得力がない。
  16. ^ 現代の植物学ではアオギリと桐は相が異なるため、誤りともいえる。
  17. ^ 滝川恒昭「房総里見氏の印判について―鳥の形像を有する印判をめぐって―」(中世房総史研究会編『中世房総の権力と社会』高科書店、1991年)
  18. ^ ご贈答マナー【賞状について】
  19. ^ 白川静字統
  20. ^ キャロル・ローズ『世界の怪物・神獣事典』「フォンフアン(鳳凰)」の項(363頁)。
  21. ^ 山木聖史「フェニックスの系譜学―太陽・香料・炎・不死」『博物誌の文化学―動物篇』鷹書房弓プレス、2003年、38頁。



鳳凰

出典:『Wiktionary』 (2017/03/05 18:25 UTC 版)

名詞

ほうおう

  1. 古代中国で、麒麟霊亀応竜とともに四瑞として尊ばれた想像上霊鳥で体は、前は麟、後ろは鹿、首は、尾は、背は亀、顎は燕、嘴はに似るといわれている。は雄、凰は雌。
  2. 不死鳥

派生語

関連語

翻訳



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「鳳凰」の関連用語

鳳凰のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



鳳凰のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2021 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鳳凰 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの鳳凰 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS