仙人とは? わかりやすく解説

せん‐にん【仙人/×僊人】

読み方:せんにん

俗界離れて山中住み不老不死で、飛翔(ひしょう)できるなどの神通力をもつといわれる人。道教で、理想とされる神的存在。仙。神仙仙客

無欲で世事に疎い人。

仏語外道(げどう)の修行者で、世俗交わり断ち神通力修めた人。


せんにん 【仙人】

道教での理想的人物人間界離れて山中住み穀食避けて不老・不死の法を修め神変自在の法術得た人。神仙。仙の本字は「僊」で〈舞う〉という意味がある天空に舞う人の意。仏教でも梵語リシrsi音写は利師)の訳として仙人または神仙聖仙大仙などの語を当て山林修行して超人間的な術を得た人とする。仏は不老不死であるとして大仙と呼ぶことがある中国で、天下太平のしるしとして天から降ると信じられ器物仙人掌と呼ぶ。仙人が掌で盤を捧げ持つ形をしている。またサボテン仙人掌と書く)。

仙人

作者芥川龍之介

収載図書芥川龍之介全集 1
出版社筑摩書房
刊行年月1986.9
シリーズ名ちくま文庫

収載図書芥川龍之介全集 5
出版社筑摩書房
刊行年月1987.2
シリーズ名ちくま文庫

収載図書杜子春蜘蛛の糸芥川龍之介小説集
出版社第三文明社
刊行年月1988.12
シリーズ名少年少女希望図書館

収載図書改編 羅生門・鼻・
出版社角川書店
刊行年月1989.4
シリーズ名角川文庫

収載図書蜘蛛の糸杜子春トロッコ十七
出版社岩波書店
刊行年月1990.8
シリーズ名岩波文庫

収載図書芥川龍之介全集 第1巻 羅生門
出版社岩波書店
刊行年月1995.11

収載図書芥川龍之介全集 第9巻 トロツコ 六の宮の姫君
出版社岩波書店
刊行年月1996.7

収載図書ザ・龍之介芥川龍之介全一増補新版
出版社第三書館
刊行年月2000.7

収載図書蜘蛛の糸杜子春トロッコ十七
出版社岩波書店
刊行年月2002.11
シリーズ名岩波文庫

収載図書読書の時間に読む本 中2年生
出版社ポプラ社
刊行年月2003.3
シリーズ名読書の時間に読む本 中学生版

収載図書蜘蛛の糸杜子春
出版社舵社
刊行年月2005.8
シリーズ名デカ文字文

収載図書羅生門・鼻・芋粥 改版 新装版
出版社角川書店
刊行年月2007.6
シリーズ名角川文庫

収載図書芥川龍之介全集 第9巻 トロツコ六の宮の姫君
出版社岩波書店
刊行年月2007.9

収載図書くもの糸杜子春芥川龍之介短編集 新装版
出版社講談社
刊行年月2007.11
シリーズ名講談社青い鳥文庫


仙人

作者ジェシカ・サイキ

収載図書ハワイ物語日系米人作家ジェシカ・サイキ短篇集 2
出版社西北出版
刊行年月1998.8


仙人

作者鈴木康

収載図書ぐーるど先生怪異譚
出版社鳥影社
刊行年月2003.9


仙人

作者永島久司

収載図書新釈おとなのお伽話
出版社新風舎
刊行年月2005.1


仙人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/24 09:40 UTC 版)

仙人(せんにん)は、中国の道教の神を指す言葉。


  1. ^ E. T. C. Werner (1922). Myths & Legends of China. New York: George G. Harrap & Co. Ltd.. p. 303 
  2. ^ 横手 2008, p. 16-19.
  3. ^ 新村出 編 『広辞苑』(第一版)岩波書店、1964年、1220頁。 
  4. ^ 田中 2002, p. 17-21.
  5. ^ 田中 2002, p. 6-7.
  6. ^ a b 道教事典 1994, p. 488.
  7. ^ 窪徳忠 『道教の神々』(10刷)講談社〈講談社学術文庫〉、2001年、86頁。 
  8. ^ 坂出 2005, p. 52-54.
  9. ^ 道教事典 1996, p. 301-302.
  10. ^ 一無位真人(いちむいのしんにん)”. rinnou.net. 臨黄寺院ネットワーク運営委員会. 2020年5月19日閲覧。 “山田無文著『臨済録』(禅文化研究所)より”
  11. ^ 横手 2008, p. 16.
  12. ^ 横手 2008, p. 20-22.
  13. ^ 坂出 2005, p. 148.
  14. ^ 李遠国 著、大平桂一et al 訳 『道教と気功』人文書院、1995年、77-81頁。 
  15. ^ 坂出 2005, p. 232.
  16. ^ ゴーセールet al 2011, p. 108-109.
  17. ^ 三多 2009, p. 198-199.
  18. ^ 坂出 2005, p. 73.
  19. ^ 野口, 田中 2004, p. 110.
  20. ^ 坂出 2005, p. 68.
  21. ^ 坂出 2005, p. 69.
  22. ^ 道教事典 1996, p. 407.
  23. ^ 長澤志穂「内丹と外丹 中国における煉丹術の分化と内的動機」『南山宗教文化研究所研究所報』第19号、南山宗教文化研究所、2009年、 45頁。
  24. ^ ゴーセールet al 2011, p. 70-71.
  25. ^ 道教事典 1996, p. 138.
  26. ^ ゴーセールet al 2011, p. 23-24.
  27. ^ 坂出 2005, p. 180-183.
  28. ^ 道教事典 1996, p. 511.
  29. ^ 劉向が作ったというのは仮託であり、実際には後漢以降に成立したものと見られている。
  30. ^ 龍虎山”. arachina.com. China Highlights. 2020年5月19日閲覧。
  31. ^ 武当山”. arachina.com. China Highlights. 2020年5月19日閲覧。
  32. ^ 大図鑑 2007, p. 136.
  33. ^ 小野 2000, p. 30-31.
  34. ^ 大図鑑 2007, p. 134.
  35. ^ 小野 2000, p. 31-32.
  36. ^ a b 大図鑑 2007, p. 152.
  37. ^ 大図鑑 2007, p. 142.
  38. ^ 道教事典 1996, p. 152-153.
  39. ^ 大図鑑 2007, p. 145.
  40. ^ 道教事典 1996, p. 198.
  41. ^ 大図鑑 2007, p. 143.
  42. ^ 道教事典 1996, p. 284-285.
  43. ^ 小野 2000, p. 28.
  44. ^ 小野 2000, p. 28-29.
  45. ^ 小野 2000, p. 33-34.
  46. ^ 李麗涼 (2010). “1949-1990臺灣仙道史──以《仙學》與《仙道》為主的考察”. In 賴賢宗, 蕭進銘 (繁体中文). 臺灣的仙道信仰與丹道文化. Taipei: 博揚. p. 195-226 
  47. ^ 徐, 李 2020, p. 120.
  48. ^ 徐, 李 2020, p. 133.
  49. ^ 大図鑑 2007, p. 132.
  50. ^ 大図鑑 2007, p. 141.
  51. ^ 小林正美「劉宋における霊宝経の形成」『東洋文化』第62号、東京大学東洋文化研究所、1982年3月30日、 99-137頁。



仙人(せんにん)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/25 17:59 UTC 版)

聖剣使いの禁呪詠唱」の記事における「仙人(せんにん)」の解説

フィクション出てくるような仙人でなく、通力魔力豊かでよく練ることが出来る人は老化しない原理特別な修行法突き詰めて肉体捨て通力で体を創ることで昇仙すること。なにも食べなくても生きていけるが人の負の感情溜めすぎると動けなくなる(本人曰く、死ぬ事と変わらない)。仙人になれたのは迭戈と貝利のみ。

※この「仙人(せんにん)」の解説は、「聖剣使いの禁呪詠唱」の解説の一部です。
「仙人(せんにん)」を含む「聖剣使いの禁呪詠唱」の記事については、「聖剣使いの禁呪詠唱」の概要を参照ください。


仙人(仙道)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 15:54 UTC 版)

封神演義 (漫画)」の記事における「仙人(仙道)」の解説

元始天尊曰く生命としての道を極めようとする者」で、仙人と同じ、修行を行う(行った不老者である(肉体滅んで魂魄があれば再生できる)。ただし、外見は非常にゆっくりとしたペース年を取っている。後述道士と合わせて仙道呼ばれる

※この「仙人(仙道)」の解説は、「封神演義 (漫画)」の解説の一部です。
「仙人(仙道)」を含む「封神演義 (漫画)」の記事については、「封神演義 (漫画)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「仙人」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

仙人

出典:『Wiktionary』 (2021/08/22 00:12 UTC 版)

発音(?)

せ↗んに↘ん

名詞

せんにん

  1. (道教) 俗界離れ山中修行し、不老不死神通力得た人。
  2. 無欲で世間離れした人。

「仙人」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

仙人のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



仙人のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの仙人 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの聖剣使いの禁呪詠唱 (改訂履歴)、封神演義 (漫画) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの仙人 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS