多肉植物とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 植物 > 植物学 > 植物 > 多肉植物の意味・解説 

たにく‐しょくぶつ【多肉植物】

肥厚して多量水分蓄え植物の総称乾燥地や塩分の多い土地生え表皮クチクラ発達したものが多い。サボテン・アッケシソウ・リュウゼツラン・ベンケイソウ・アロエなど。多漿(たしょう)植物肉質植物


多肉植物

、根などを分厚くしたり太くして水分蓄え組織を持つ植物乾燥塩分の高い環境に強い。アロエカランコエマツバギクリュウゼツランなど。

多肉植物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/03 03:58 UTC 版)

多肉植物(たにくしょくぶつ)は、またはの内部の柔組織(じゅうそしき)にを貯蔵している植物の総称である。砂漠海岸のような乾燥地帯に生育するものが多い。多肉植物のうちで、サボテン科が非常に種類の多いグループであるため、一般に園芸業界では「サボテン」とそれ以外の「多肉植物」とに分けて呼ばれることが多い。




「多肉植物」の続きの解説一覧



多肉植物と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「多肉植物」の関連用語

多肉植物のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



多肉植物のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
園芸ネット園芸ネット
(c) copyright 1999-2021 engei.net all rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの多肉植物 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS