塩分とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 化学物質 > > 塩分の意味・解説 

えん ぶん [1] 【塩分】

海水・汗・料理などに成分として含まれている塩。しおけ。
水中に溶けている塩類含量海水場合1キログラム 中のグラム数(パーミル)で表し、陸水場合1キログラム 中のミリグラム数(ppm)で表す。
「塩分」に似た言葉
鹹味  塩気  


塩分(えんぶん)salinity

海水1kg中に含まれている固形物質の全量グラムで表したものを塩分という。ただし全ての炭酸塩酸化物にかえ、臭素よう素はすべて塩素置き換え有機物は完全に酸化するものとする。しかしこの測定は容易でないので、海水イオン組成が場所によらず一定であることを利用して、通常塩素量あるいは海水電気伝導度測定して換算する。塩分の単位千分率(パーミル)であるが、電気伝導度から求め場合には実用塩分単位(psu)を用いる。

塩分

トマトジュース野菜ジュースには、野菜のもつ独自の青臭さやわらげ飲みやすくするために、少量の塩を加えることがあります。「生活習慣病予防減塩工夫を」と、食塩一日10グラム程度控えるように言われていますが、トマトジュース野菜ジュースの塩分は多いとは言えない量です。一日食事全体での塩分の摂り過ぎへの配慮が必要でしょう野菜ジュースには無塩のものもありますので、塩分を気付かっている人にはお勧めです。

塩分濃度

(塩分 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/30 06:12 UTC 版)

塩分濃度(えんぶんのうど、: salinity)は、に溶けているの量である。ここで言う「塩分」とは、塩化ナトリウム(NaCl) だけでなく、硫酸マグネシウム(MgSO4) や硫酸カルシウム(CaSO4)そして炭酸水素塩などの塩類を含める場合が多い。


  1. ^ "halo"は「塩の」「海の」を表す接頭辞であり、塩分濃度と同じ意味で使われることも多い。
  2. ^ 磯辺篤彦. “2.海水の物性と水塊分布”. 九州大学. 2015年12月31日閲覧。
  3. ^ “Standard Seawater Comparisons updated” (PDF). Journal of Physical Oceanography英語版 (アメリカ気象学会) 17 (4): 543-548. (1987-4). doi:[[doi:10.1175%2F1520-0485%281987%29017%3C0543%3ASSCU%3E2.0.CO%3B2|10.1175/1520-0485(1987)017<0543:SSCU>2.0.CO;2]]. ISSN 0022-3670. http://journals.ametsoc.org/doi/pdf/10.1175/1520-0485(1987)017%3C0543:SSCU%3E2.0.CO;2. 
  4. ^ 現在では、pptは1兆分の1の意味で使われることも多い。
  5. ^ a b 角皆静男. “海水の塩分の定義と単位”. 2016年7月1日閲覧。
  6. ^ Hydrographical tables. キッシンジャー出版英語版. (2010-10-10). ISBN 978-1-166-56584-8. 
  7. ^ 日本標準海水のカルシウム成分について (PDF) 」 『海洋情報部研究報告』第12号、海上保安庁 海洋情報部、1977年3月。
  8. ^ a b c わが国海洋観測史を彩る名測量艦,名観測船 (戦前,戦中編) (PDF) 」 『海事資料館年報』第15巻、神戸商船大学 海事資料館、1987年、 27-36頁。
  9. ^ “The practical salinity scale 1978 and its antecedents”. IEEE Journal of Oceanic Engineering (電気電子学会(IEEE)) 5 (1): 3-8. (1980-10). doi:10.1109/JOE.1980.1145448. ISSN 0364-9059. http://ieeexplore.ieee.org/xpls/abs_all.jsp?arnumber=1145448. 
  10. ^ “The practical salinity scale 1978 and the international equation of state of seawater”. Technical Papers in Marine Science (国際連合教育科学文化機関(UNESCO)) 36. (1981). 
  11. ^ “Background papers and supporting data on the Practical Salinity Scale 1978” (PDF). Technical Papers in Marine Science (国際連合教育科学文化機関(UNESCO)) 37. (1981). http://unesdoc.unesco.org/images/0004/000479/047932eb.pdf. 
  12. ^ The Venice System for the Classification of Marine Waters According to Salinity. 3. 先進陸水海洋学会. (1958). pp. 346-347. doi:10.4319/lo.1958.3.3.0346. http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.4319/lo.1958.3.3.0346/abstract. 
  13. ^ USGS Fact Sheet 2004-3108: Changing Salinity Patterns in Biscayne Bay, Florida”. アメリカ地質調査所(USGS). 2016年7月1日閲覧。
  14. ^ “The final resolution of the symposium on the classification of brackish waters”. Archo Oceanogr. Limnol (ヴェニス·システム) 11(supplement): 243-248. (1959). 
  15. ^ “Hydrobiological notes on the high-salinity waters of the Sinai Peninsula”. Marine Biology (シュプリンガー·フェラーク) 14 (2): 111-119. (1972-5). doi:10.1007/BF00373210. ISSN 0025-3162. http://link.springer.com/article/10.1007/BF00373210. 
  16. ^ “Ecological Salinity Boundaries in Poikilohaline Waters”. Oikos (Nordic Society Oikos英語版) 7 (1): 1-21. (1956). doi:10.2307/3564981. http://www.jstor.org/stable/3564981. 
  17. ^ Salinity”. 海洋大気庁(NOAA). 2016年7月1日閲覧。
  18. ^ Greek and Latin for Medicine”. 京都大学大学院 医学研究科 ゲノム医学センター 統計遺伝学分野. 2016年7月1日閲覧。
  19. ^ 中内清文. “和英西仏語・海洋総合辞典”. 2016年7月1日閲覧。


「塩分濃度」の続きの解説一覧



塩分と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「塩分」の関連用語

1
100% |||||

2
96% |||||

3
鹹味 国語辞典
74% |||||


5
70% |||||

6
58% |||||

7
58% |||||


9
54% |||||


塩分のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



塩分のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
海洋情報研究センター海洋情報研究センター
Copyright (C) 1997-2019 Marine Information Research Center, Japan Hydrographic Association. All Right Reserved.
サントリーサントリー
COPYRIGHT © 1995-2019 SUNTORY LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.
サントリー株式会社お酒・飲料大事典
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの塩分濃度 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS