保存性とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 活用形辞書 > 保存性の意味・解説 

保存性

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

保存性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/11 19:34 UTC 版)

写真」の記事における「保存性」の解説

フィルム作るのは一次画像であり、これは撮影レンズ通った情報含んでいる。オルソクロマチックのように特定の周波数領域限られた感度またはパンクロマチック幅広い感度といった違いはあっても、色(波長)によって対象をとらえる点は同様である現像方法違いにより最終的なネガポジに差は出るが、現像終われば画像はほとんど変化しない理想的な態で処理・保存されフィルム実質的に100年以上変わらず性能発揮するプラチナ化合物によって発色するプリント基本的にベース寿命制限されるのみであり、数百年ほどは持つ。高い保存性を欲するならば調色必須であるという因襲があった。調色されたプリントの保存性は高い。しかし現在では調色せずとも保存性を高め薬品販売されている。 2007年時点でコンピュータ中心としたデジタル媒体登場してから50年程しか経っていないため、デジタル写真の保存性はフィルムほどには分かっていない。しかし保存に関して乗り越えなければならない点が少なくとも3つ存在する記録媒体物理的耐久性記録媒体将来的な可読性保存使ったファイルフォーマット将来的な可読性である。 多くのデジタル媒体長期的にデータ保管する能力はほぼない。たとえば、多くのフラッシュメモリ10年から数十年データを失うし、一般的な光ディスク長いものでも100年程度である(例外あり)。MOなどの光磁気ディスクは保存性の高い記録媒体であるが、将来的な可読性という面で劣る。近年Google フォトなどのクラウドストレージなどで管理する方法もある。 さらに、記録媒体長期間データ保持できたとしても、デジタル技術ライフスパンは短いため、メディア読み取るドライブがなくなることがある。たとえば5.25インチフロッピーディスク1976年初め発売されものであるが、それを読めるドライブは、30年経たない1990年代後半にはすでに珍品となっていた。後継3.5インチフロッピーディスクも、2012年現在ドライブ装備するパソコン少ない。Zip1994年発売開始後数年売れ行き落ち2007年時点ではメディア・ドライブとも入手困難になっているデータデコードできるソフトウェア存続関係する。たとえば現代デジタルカメラ多く画像JPEGフォーマット保存するが、このフォーマット1990年代初頭登場した国際標準化機構ISO)・国際電気標準会議IEC)で規格化されたのが1994年ものである。現在、膨大な数JPEG画像生み出されているが、遠い未来おいてもJPEGフォーマット読むことができるかという問題があるまた、複数並立し、互換性乏しRAWフォーマット将来不確定であるこれらのフォーマット一部暗号化されたデータまたは特許保護され専用データ含まれているが、突然メーカーフォーマット放棄する可能性があるメーカーRAWフォーマット情報開示しいならば、この状況今後も続く。 デジタル写真におけるこれらのデメリットにも対策がうてる。たとえば、ビットマップ形式JPG形式PNG形式など、汎用性の高いファイルフォーマットを選ぶことによって、ソフトウェアがそのファイル読解できる将来可能性が増す。また、将来読めなくなるかサポートされなくなる可能性がある記録媒体データ保存していたものを、品質低下させることなく新しメディアコピーすることが可能である。このことはデジタルメディア大きな特徴一つである。

※この「保存性」の解説は、「写真」の解説の一部です。
「保存性」を含む「写真」の記事については、「写真」の概要を参照ください。


保存性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/17 05:05 UTC 版)

長鎖ノンコーディングRNA」の記事における「保存性」の解説

lncRNAの保存性に関する初期の研究からは、lncRNA保存配列エレメント富み置換率挿入/欠失率が低く希少変異少ないことが指摘されており、その機能維持する純化選択はたらいていることが示唆された。しかしながら脊椎動物lncRNAに対するさらなる研究からは、lncRNA配列保存されているものの、その転写に関して保存されていないことが明らかにされた。言い換えると、ヒトlncRNA配列他の脊椎動物保存されている場合であっても、その生物オーソロガスゲノム領域lncRNA転写起こってない場合が多い。こうした観察に対しては、lncRNA大部分機能的なものではないことを示唆しているとの解釈なされたり生物種間で迅速な適応選択が行われていることを示唆しているとの解釈なされたりしている。 lncRNA転写ターンオーバー当初予測されていたよりもはるかに速いが、それでも数百lncRNA配列レベル保存されていることは着目値する遺伝子全長にわたって強い配列保存性みられるlncRNA転写産物一部5'末端スプライス部位など)のみが保存されているlncRNAゲノム上のシンテニック(英語版)な領域から転写されているが配列類似性みられないlncRNAなど、lncRNAみられるさまざまな選択シグネチャーカテゴリ明らかにする試みがいくつか行われている。さらに、lncRNA保存され二次構造同定する試み行われているが、現在のところこうした研究からは相反する結果得られている。

※この「保存性」の解説は、「長鎖ノンコーディングRNA」の解説の一部です。
「保存性」を含む「長鎖ノンコーディングRNA」の記事については、「長鎖ノンコーディングRNA」の概要を参照ください。


保存性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/25 17:59 UTC 版)

有機農産物」の記事における「保存性」の解説

1995年露地ものハウスものの両方有機栽培ホウレンソウ慣行栽培ホウレンソウよりも保存性が高いという結果示された。すなわち、4度1週間貯蔵後のビタミンC含量減少割合有機栽培ホウレンソウ露地ものハウスもので非常に小さかったに対し慣行栽培ホウレンソウ大きかった

※この「保存性」の解説は、「有機農産物」の解説の一部です。
「保存性」を含む「有機農産物」の記事については、「有機農産物」の概要を参照ください。


保存性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/30 10:01 UTC 版)

ハナビラタケ」の記事における「保存性」の解説

子実体外観変化対象とした感検査や、酢酸可溶多糖類グリコーゲン多糖類)・有機酸遊離糖類および低分子多糖類経時的定量結果からすればマイタケよりも日保ちするきのこの一つであるが、ポリエチレンフィルムなどによる密封包装による流通は向かいとされている。

※この「保存性」の解説は、「ハナビラタケ」の解説の一部です。
「保存性」を含む「ハナビラタケ」の記事については、「ハナビラタケ」の概要を参照ください。


保存性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/02 22:03 UTC 版)

微酸性電解水」の記事における「保存性」の解説

微酸性電解水殺菌成分である次亜塩素酸(HOCL)の比率高く保存性が高い。遮光容器半年以上、遮光密閉1年以上保存可能であるまた、次亜塩素酸ナトリウム水溶液化学的に不安定であり常に化学反応起こし保存する塩素酸増加する傾向がある

※この「保存性」の解説は、「微酸性電解水」の解説の一部です。
「保存性」を含む「微酸性電解水」の記事については、「微酸性電解水」の概要を参照ください。


保存性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/15 14:32 UTC 版)

電子カルテ」の記事における「保存性」の解説

法令定め保存期間内、復元可能な態で保存すること。

※この「保存性」の解説は、「電子カルテ」の解説の一部です。
「保存性」を含む「電子カルテ」の記事については、「電子カルテ」の概要を参照ください。


保存性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/24 00:48 UTC 版)

電解水」の記事における「保存性」の解説

電解水使用原則は、装置から生成したものをその場で使用する強酸性電解水有効塩素濃度減少速いため遮光密閉冷所保存2週間程度だが、微酸性電解水安定性高く同条であれば室温でも半年以上も有効塩素濃度持続する

※この「保存性」の解説は、「電解水」の解説の一部です。
「保存性」を含む「電解水」の記事については、「電解水」の概要を参照ください。


保存性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/03 14:57 UTC 版)

高野豆腐」の記事における「保存性」の解説

乾物のため保存性は高いが、保存期間長くなる脂肪分酸化し品質劣化する。味を損なわず食べられる期間は6か月程度限度である。また、多孔質でにおいを吸着しやすいので保存時には注意が必要である。酸化防止とにおい移りを防ぐために、密封容器入れ冷暗所保管することが望ましい。食品産業センター資料ライブラリー加工食品賞味期限設定について」の中に、「凍り豆腐期限表示設定考え方」がある。

※この「保存性」の解説は、「高野豆腐」の解説の一部です。
「保存性」を含む「高野豆腐」の記事については、「高野豆腐」の概要を参照ください。


保存性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/01 03:25 UTC 版)

弾薬箱」の記事における「保存性」の解説

耐久性のある構造により、金属製使用済み弾薬箱小物入れなど、一般物資保管その他の目的で再利用されているまた、宝探しゲームである「ジオキャッシング」では、よく宝箱として利用される使用済みの弾薬箱内部に弾薬含まれると装(火薬)の残留物あるため飲食物保管には使用できない市販新しいものや洗浄されるなどして完全に再生され使用済み弾薬箱には問題ないステンシル文字が記された、多くの米軍放出品の使用済み弾薬箱が、ミリタリーショップなどで販売されている。

※この「保存性」の解説は、「弾薬箱」の解説の一部です。
「保存性」を含む「弾薬箱」の記事については、「弾薬箱」の概要を参照ください。


保存性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/15 16:44 UTC 版)

CEP57L1」の記事における「保存性」の解説

Cep57L1は、配列がおよそ40%一致したCep57というパラログを持つ。脊椎動物はCep57・Cep57L1という二種類パラログを持つが、それ以前に分岐した生物パラログ持たないことから、Cep57・Cep57L1脊椎動物祖先種で遺伝子重複起こしたと考えられる。Cep57は 刺胞動物海綿動物にまで保存されている。

※この「保存性」の解説は、「CEP57L1」の解説の一部です。
「保存性」を含む「CEP57L1」の記事については、「CEP57L1」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「保存性」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「保存性」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

保存性のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



保存性のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの写真 (改訂履歴)、長鎖ノンコーディングRNA (改訂履歴)、有機農産物 (改訂履歴)、ハナビラタケ (改訂履歴)、微酸性電解水 (改訂履歴)、電子カルテ (改訂履歴)、電解水 (改訂履歴)、高野豆腐 (改訂履歴)、弾薬箱 (改訂履歴)、CEP57L1 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS