ISOとは? わかりやすく解説

ISO

別表記:アイエスオーイソ

「iso」とは・「iso」の意味

「ISO」とは、品質環境安全などをマネジメントするための国際規格定めている「International Organization for Standardization国際標準化機構)」の略称で「ISO規格」のことを指すが、カメラ関連において「ISO」と表現する場合には「ISO感度」のことを指している場合多くパソコン関連においてはISOファイル」のことを指している場合が多い。

国際標準化機構とは】
国際標準化機構は、スイスジュネーブ本部がある非政府国際組織で、国際的な規格基準定めており、167の国や地域加盟している。日本からは「日本産業標準調査会JISC)」がISOに加盟している。この国際標準化機構によって定められた規格のことを「ISO規格と言う

(1)ISO規格一覧
ISO規格には約25,000もの膨大な規格があり現在も規格開発中のため(現在の規格数はISO公式サイトを参照のこと)、ここに一覧を掲載することはできないが、具体例いくつか紹介することとする

ISO1製品幾何特性仕様および検証のための標準基準温度
製品サイズ測定耐久性などを測定する際には、摂氏20検証することを定めた規格

ISO 9001:2015品質マネジメントシステム
顧客満足度高めることを目的しており顧客品質満たした製品やサービス継続して提供するシステムあること表している規格

ISO14001:2015環境マネジメントシステム
組織環境を守るために、持続可能な開発環境管理するシステムあること表している規格

<ISO/IEC20000-1ITサービスマネジメント
ITサービス提供している企業や団体において、ITサービス内容リスク明らかにして、サービス継続的な管理効率化改善するシステムあること表している規格

ISO22000食品安全マネジメントシステム
食品に関する事故リスク減らし食品の安全を管理するシステムあること表している規格

ISO/IEC 27001:2022情報セキュリティサイバーセキュリティおよびプライバシー保護情報セキュリティマネジメントシステム —>
情報セキュリティ管理システム確立されていて、情報セキュリティ継続的な改善ができるシステムあること表している規格

ISO45001:2018労働安全衛生管理システム
労働関連の災害病気予防し安全で健康な労働環境にすることを目的しており労働環境継続的に改善させるシステムあること表している規格

ISO/IEC 80000-2:2019数量単位
科学数学分野使われている量や単位について定めた規格

これらの例から分かるように、ISOが「国際的な規格定めている」と言っても製品条件そのもの」の規格定めている場合もあれば、「マネジメントシステム」を定めている場合もある。いずれも品質安全について継続的に管理改善するためのシステム有していることが、ISOの認証を受けるための要件である。

(2)何のために国際的な規格定めているのか
国際的な規格定めることにより、国際的な取引スムーズにすることができるというねらいがある。特に、海外市場進出している企業にとって、ISO認証のある製品取引することは、安心して取引ができるというメリットがあるまた、自社がISOを取得していることは、国際的な基準品質製品生産できる体制整っていることをアピールすることができるので、企業戦略としても有効である。さらに、ISOの認証を受けるためには、PDCAサイクル(「Plan計画する)」「Do(実行する)」「Check評価する)」「Action改善する)」の業務品質管理改善していくための手法)が構築されていることが必要なため、業務管理品質管理にも有効である

(3)ISO認証取得するためには
ISO認証取得する場合は、ISOの認証担当している機関審査してもらう必要がある審査をする機関複数存在するため、取得したいISOの認定行っている機関選ばなければならないそのためには、まず企業や団体内で「どのISO規格取得するか」を決めて規格適用される範囲認証のために必要な条件確認する次に企業や団体内計画立案して実行したり、マニュアル策定して運用したりして、認証要件を満たすように調整するその後認証担当している機関審査依頼して審査を受ける。という流れをとることになる。当然、審査に合格した後も、継続的に認証要件を満たすように努め必要がある

ISO感度とは】
カメラ関連の文脈において、「ISO」は「ISO感度」を意味することが多く、「アイ・エス・オー(かんど)」や「イソ(かんど)」と読む。ISO感度の「ISO」は、国際標準化機構のことである。ISO感度とは、デジタルレンズから入ってきた光をフィルムどれだけ記録できるかを数値化したものである。ISOの後に続く数値大きければ大きいほど、光がより増幅されていることを表している。なお、デジタルカメラ取り込む光の量は、ISO感度他にもシャッタースピード絞り値によっても決まるため、これらを調整することで写真明るさ変わってくる。

(1)ISO感度上げた撮影
ISO感度数字大きいと、デジタル処理された光が増幅された状態になり、シャッタースピード速くて適正な露出撮影することができる。そのため、ISO感度上げることで、手ブレ被写体ブレ防止することができる。また、い場所フラッシュ使わず撮影をする時に適正露出調整されるため、暗いシーン被写体背景明るく撮影したい時に向いているといえる一方でISO感度上げると、デジタル処理された光の増幅により、ノイズ写真ザラつき)が入りやすくなるというデメリットもある。

(2)ISO感度下げた撮影
ISO感度下げることで、ノイズ少なクリア写真撮影することができる。そのため、光量が多い場所での撮影は、ISO感度下げるとよい。また、星や、川や滝などの撮影では、あえてISO感度下げことがある例えば、星の撮影ではISO感度上げることで星が止まっている(一つの点になっている)状態の写真撮影でき、ISO感度下げることで星が流れている星の軌道上で線になっている)状態の写真撮影できる

パソコンにおけるISO】
パソコン関連文脈において、「ISO」は「ISOファイル」を意味することが多く、「アイ・エス・オーファイル)」や「イソファイル)」と読む。ISOファイルの「ISO」は、国際標準化機構のことである。ISOファイルは、「イメージファイル」、「ISOイメージ」、「ディスクファイル」などと呼ばれることもあり拡張子が.isoになっているファイルである。ISOファイルは、CDDVDブルーレイディスクなどの光学ディスク書き込まれデータひとまとめにしたファイルで、複数データから構成されていることが特徴である。全てのデータをまとめることができるので、ドライブマウントするだけで光学ファイル読み込んだ時と同じような動作をする。個別にファイル展開する手間がかからない上にシステム情報そのまま複製することができるので、利便性が高い。

プロテインにおけるISO】
Dymatizeが製造しているプロテインに「ISO 100」という製品がある。このISOは、「分離するという意味英単語isolateアイソレート)」が元になっている。「ISO 100」は、WPIWhey Protein Isolate/ホエイプロテインアイソレート)と呼ばれる分離乳清タンパク質プロテインである。分離乳清タンパク質は、タンパク質以外の成分分離させて作られているため、タンパク質含有量非常に高いという特徴がある

「iso」の熟語・言い回し

「iso」は、英熟語英単語の略称であるためURL使った熟語言い回しはない。

iso9001とは


iso9001」とは、国際標準化機構定めている「品質マネジメントシステムに関する国際規格」のことである。

iso14001とは


iso14001」とは、国際標準化機構定めている「環境マネジメントシステムに関する国際規格」のことである。

アイ‐エス‐オー【ISO】

読み方:あいえすおー

International Organization for Standardization》⇒イソ(ISO)


アイ‐エス‐オー【ISO】

読み方:あいえすおー

Independent System Operator》⇒独立系統運用機関


アイソ【ISO】


イソ【iso】

読み方:いそ

ギリシャ語で、同じの、の意》有機化合物異性体を示す語。「―オクタン


イソ【ISO】


イソ【ISO】


ISO(アイ・エス・オー)

参照:ISO 商品砂糖

ISO(あい・えす・おー)

International Sugar Organizationの略で、国際砂糖機関のことです。ロンドン本部を置き、国際砂糖協定運営及び実施監督するための機関です。

ISO 【International Organization for Standardization】


ISO(International Organization for Standardization)


イソ ISO International Organization for Standardization


ISO

International Organization for Standardization 国際標準化機構
1947年設立され国際機関国際取引障害なりやす各国工業規格共通化するため国際規格決めている。

ISO

分類:人工衛星
名称:Infrared Space Observatory(ISO)
小分類:科学衛星
運用機関会社:欧州宇宙機関(ESA)
打ち上げ年月日:1995年11月17日
運用停止年月日:1998年4月8日
打ち上げ国名機関:欧州/欧州宇宙機関(ESA)
打ち上げロケット:アリアン4
打ち上げ場所:ギアナ宇宙センター(GSC)
国際標識番号:1995062A

ISOは、欧州宇宙局1995年打ち上げた赤外線天体観測衛星で、この種のものとしては20世紀最後のプロジェクトです。ISOには極低温冷却され赤外線望遠鏡搭載されており、天体発する赤外線キャッチし解析することができます赤外線は光に比べ吸収されにくいため、暗黒星雲宇宙塵隠れた原始星銀河中心研究適しており、星の誕生の過程を知る大きな手がかりになります地上では地球発する赤外線に邪魔をされ、十分な研究できないので、宇宙空間からのISOによる観測成果大きな期待寄せられています。

1.どんな形をして、どんな性能を持っているの?
円筒形望遠鏡に、太陽電池の傘をかぶせたような形の望遠鏡衛星です。全長5.31m、高さ3.56m、幅2.77mで、総重量2.418トンになります赤外線観測用に直径0.6m、焦点距離9mのカセグレン式反射望遠鏡をもち、機体からの熱放射を防ぐため、液体ヘリウムでマイナス270度(3度k)に冷却されます。

2.どんな目的使用されるの?
ISOの目的は、天体から放射される波長2.5200マイクロメートル赤外線スペクトル分析光度判定などを行ない地球データ送ることです。送信されデータは、星間物質原始星雲銀河中心核などの組成をを調べ星の誕生するプロセスを知るための貴重な資料となります

3.宇宙でどんなことをし、今はうなっているの?
ISOは1日に約40回、1ヵ月400時間観測行ないます1998年2月6日までに、観測回数時間はすでに24,293回、9,575時間にのぼり膨大なデータ地球へ送信されました。
ISOはその後観測継続しましたが、機体冷却するための液体ヘリウム残存量から、1998年4月8日寿命迎えました

4.どのように地球を回るの?
近地点距離1,036km、遠地点距離70,578kmの長楕円軌道をとり、約1日(23時56分)で地球周回します。


【英】Iso-[Equi-]
読み方:とう

等しいことを表す接頭語

イソ (自動車)

(ISO から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/01 06:49 UTC 版)

イソ(イーゾ) (Iso) とは、かつてイタリアに存在した自動車メーカーである。






「イソ (自動車)」の続きの解説一覧

国際標準化機構

(ISO から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/08 04:26 UTC 版)

国際標準化機構(こくさいひょうじゅんかきこう、: International Organization for Standardization)、略称: ISO(アイエスオー、イソ、アイソ)は、各国の国家標準化団体で構成される非政府組織である。





ISOイメージ

(ISO から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/04 04:54 UTC 版)

ISOイメージは、国際標準化機構 (ISO) の定義した形式の光ディスクアーカイブファイル(ディスクイメージ)。このフォーマットは多くのソフトウェアベンダーがサポートしている。ISOイメージファイルの拡張子.iso とされることが多い。ISO と呼ばれるのは、CD-ROM媒体で使われる ISO 9660 ファイルシステム に由来するが、ISO 9660 を拡張し互換性を保持しているUDFファイルシステムもISOイメージに格納できる。




「ISOイメージ」の続きの解説一覧

ISO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/20 00:43 UTC 版)

ユーザビリティ」の記事における「ISO」の解説

こうした状況の中、ユーザビリティという概念きちんとした義を与えたのがISO規格であり、現在はこの定義が一般的に用いられている。ISOの規格におけるユーザビリティの定義には、ISO 9126系のものとISO 9241-11系のものがある

※この「ISO」の解説は、「ユーザビリティ」の解説の一部です。
「ISO」を含む「ユーザビリティ」の記事については、「ユーザビリティ」の概要を参照ください。


ISO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/15 14:52 UTC 版)

ドライクリーニング」の記事における「ISO」の解説

国際的な「ケアラベル・取扱い絵表示」(ISO 3758)では、クリーニングについて、テトラクロロエチレンパークロロエチレン)または石油溶剤によるクリーニング可能な場合はPに○、石油溶剤によるドライクリーニングのみ可能な場合にはFに○、ドライクリーニング不可の場合には○に×を重ねた表示用いられる上記JIS L0001を参照)。

※この「ISO」の解説は、「ドライクリーニング」の解説の一部です。
「ISO」を含む「ドライクリーニング」の記事については、「ドライクリーニング」の概要を参照ください。


ISO(国際標準化機構)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/29 14:32 UTC 版)

標準化団体 (コンピュータと通信)」の記事における「ISO(国際標準化機構)」の解説

電気分野を除く工業分野

※この「ISO(国際標準化機構)」の解説は、「標準化団体 (コンピュータと通信)」の解説の一部です。
「ISO(国際標準化機構)」を含む「標準化団体 (コンピュータと通信)」の記事については、「標準化団体 (コンピュータと通信)」の概要を参照ください。


ISO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/02 02:18 UTC 版)

カード」の記事における「ISO」の解説

国際標準化機構 (ISO)/国際電気標準会議 (IEC) が制定した国際規格 (IS) で、カードに関するものには次のものがあるISO/IEC 7810:2003 Identification cards -- Physical characteristics日本広く用いられる規格のひとつ後述)。 ISO/IEC 7811ISO/IEC 7811-1:2002 Identification cards -- Recording technique -- Part 1: Embossing ISO/IEC 7811-2:2001 Identification cards -- Recording technique -- Part 2: Magnetic stripe -- Low coercivity ISO/IEC 7811-6:2001 Identification cards -- Recording technique -- Part 6: Magnetic stripe -- High coercivity ISO/IEC 7811-7:2004 Identification cards -- Recording technique -- Part 7: Magnetic stripe -- High coercivity, high density ISO/IEC 7812ISO/IEC 7812-1:2000 Identification cards -- Identification of issuers -- Part 1: Numbering system ISO/IEC 7812-2:2000 Identification cards -- Identification of issuers -- Part 2: Application and registration procedures ISO/IEC 7816ISO/IEC 7816-1:2011 Identification cards -- Integrated circuit cards -- Part 1: Cards with contacts - Physical characteristics ISO/IEC 7816-2:2007 Identification cards -- Integrated circuit cards -- Part 2: Cards with contacts - Dimensions and location of the contacts ISO/IEC 7816-3:2006 Identification cards -- Integrated circuit cards -- Part 3: Cards with contacts — Electrical interface and transmission protocols ISO/IEC 7816-4:2013 Identification cards -- Integrated circuit cards -- Part 4: Organization, security and commands for interchange ISO/IEC 7816-5:1994 Identification cards -- Integrated circuit(s) cards with contacts -- Part 5: Numbering system and registration procedure for application identifiers ISO/IEC 7816-6:2004 Identification cards -- Integrated circuit cards -- Part 6: Interindustry data elements for interchange ISO/IEC 7816-7:1999 Identification cards -- Integrated circuit(s) cards with contacts -- Part 7: Interindustry commands for Structured Card Query Language (SCQL) ISO/IEC 7816-8:2004 Identification cards -- Integrated circuit cards -- Part 8: Commands for security operations ISO/IEC 7816-9:2004 Identification cards -- Integrated circuit cards -- Part 9: Commands for card management ISO/IEC 7816-15:2004 Identification cards -- Integrated circuit cards -- Part 15: Cryptographic information application ISO 13491-2:2000 Banking -- Secure cryptographic devices (retail) -- Part 2: Security compliance checklists for devices used in magnetic stripe card systems ISO/IEC 14443ISO/IEC 14443-1:2000 Identification cards -- Contactless integrated circuit(s) cards -- Proximity cards -- Part 1: Physical characteristics ISO/IEC 14443-2:2001 Identification cards -- Contactless integrated circuit(s) cards -- Proximity cards -- Part 2: Radio frequency power and signal interface ISO/IEC 14443-3:2001 Identification cards -- Contactless integrated circuit(s) cards -- Proximity cards -- Part 3: Initialization and anticollision ISO/IEC 14443-4:2001 Identification cards -- Contactless integrated circuit(s) cards -- Proximity cards -- Part 4: Transmission protocol ISO/IEC 15457ISO/IEC 15457-1:2001 Identification cards -- Thin flexible cards -- Part 1: Physical characteristics ISO/IEC 15457-2:2001 Identification cards -- Thin flexible cards -- Part 2: Magnetic recording techniques ISO/IEC 15457-3:2002 Identification cards -- Thin flexible cards -- Part 3: Test methods

※この「ISO」の解説は、「カード」の解説の一部です。
「ISO」を含む「カード」の記事については、「カード」の概要を参照ください。


ISO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/08 11:52 UTC 版)

アメリカ合衆国各州の略号一覧」の記事における「ISO」の解説

ISO 3166によるコード。2文字、3文字、3桁の数字によるコードは、ISO 3166-1より。2+2文字コードは、ISO 3166-2より。

※この「ISO」の解説は、「アメリカ合衆国各州の略号一覧」の解説の一部です。
「ISO」を含む「アメリカ合衆国各州の略号一覧」の記事については、「アメリカ合衆国各州の略号一覧」の概要を参照ください。


ISO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/15 21:47 UTC 版)

灯油」の記事における「ISO」の解説

国際規格としては石油関連について定めるISO/TC28(Petroleum products and related products of synthetic or biological origin)がある。

※この「ISO」の解説は、「灯油」の解説の一部です。
「ISO」を含む「灯油」の記事については、「灯油」の概要を参照ください。


I.S.O.

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/18 23:18 UTC 版)

大友良英」の記事における「I.S.O.」の解説

一楽儀光Sachiko M大友良英1997年結成1998年には2ヶ月にわたる欧米ツアーを行う。初期エレクトロニクスメインにした即興演奏だったが、近年特殊な環境における、特殊セッティングライブを行うことが多い。

※この「I.S.O.」の解説は、「大友良英」の解説の一部です。
「I.S.O.」を含む「大友良英」の記事については、「大友良英」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ISO」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ISO」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。




ISOと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「ISO」に関係したコラム

  • FXのJPYやUSDの意味は

    FX(外国為替証拠金取引)の通貨ペアで使われているJPYやUSDには次のような意味があります。例えばJPYの場合は「JP」が日本の国名コードでISO 3166-1-alpha-2によって定められていま...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ISO」の関連用語



3
92% |||||

4
92% |||||

5
92% |||||

6
92% |||||

7
92% |||||

8
92% |||||

9
78% |||||

10
78% |||||

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ISOのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2023 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2023 時事用語のABC All Rights Reserved.
JMACJMAC
Copyright (C) JMA Consultants Inc. All Rights Reserved.
日本ユニコム日本ユニコム
Copyright(C) 2023 NIHON UNICOM CORPORATION All Rights Reserved.
日本ユニコム商品先物取引用語集
ISO用語辞典ISO用語辞典
2023 (C) JMC Corpyright All Rights Reserved
株式会社ジェイエムシーISO用語辞典
社団法人日本映像ソフト協会社団法人日本映像ソフト協会
Copyright © 2000-2023 Japan Video Software Association
株式会社EMC鹿島株式会社EMC鹿島
© Copyright EMC Kashima all right reserved.
国土交通省 道路局 ITS推進室国土交通省 道路局 ITS推進室
All Rights Reserved, Copyright © 2023 Ministry of Land, Infrastructure and Transport
石油技術協会石油技術協会
Copyright © 2023, 石油技術協会 作井技術委員会 作井マニュアル分科会
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2023 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
丸ヱム製作所丸ヱム製作所
© 1998-2023 Maruemu Works Co,. Ltd. All rights reserved.
発泡スチロール協会発泡スチロール協会
Copyright (c) 2023 Japan Expanded Polystyrene Association All rights reserved.
かんこうかんこう
2023 (C) KANKO All Rights Reserved.
JAXAJAXA
Copyright 2023 Japan Aerospace Exploration Agency
食品安全委員会食品安全委員会
Copyright © 2006 - 2023 Food Safety Commission. All Right Reserved.
国立医薬品食品衛生研究所国立医薬品食品衛生研究所
COPYRIGHT (C) 2023 National Institute of Health Sciences ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのイソ (自動車) (改訂履歴)、国際標準化機構 (改訂履歴)、ISOイメージ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのユーザビリティ (改訂履歴)、ドライクリーニング (改訂履歴)、標準化団体 (コンピュータと通信) (改訂履歴)、カード (改訂履歴)、アメリカ合衆国各州の略号一覧 (改訂履歴)、灯油 (改訂履歴)、大友良英 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS