ISOとは?

アイ‐エス‐オー【ISO】


イソ【ISO】


イソ【ISO】


アイ‐エス‐オー【ISO】


イソ【iso】

ギリシャ語で、同じの、の意》有機化合物異性体を示す語。「イソオクタン


アイソ【ISO】


ISO(あいえすおー)

規格化推進する国際機関

工業品などの統一規格作り国際間の流通促する。118の国・地域参加していて、日本からもJIS関連日本工業標準調査会加盟している。単位や用語、また物資サービスなどの標準化推進する。

ISOで製品などの規格標準化されると、その規格には法的拘束力はないが、事実上の標準規格となり、国際的使用されるようになる。言いかえればISOの規格互換性のあるものとして、国際的にその規格統一される傾向がある。

(2000.05.30更新


ISO

読み方アイ・エス・オー
【英】:International Organization for Standardization

ISOは、1947年18ヶ国により設立された。現在、加盟国150ヶ国(正会員+準会員)を超えている。日本1952年加盟

活動目的は、世界各国間の製品サービス交換助けるために、標準化活動発展促進すること 、知的科学的技術的、そして経済的活動における国家協力発展させることである。
ISO9001など作成された国際規格は、17,000 件を超える

ISO(アイ・エス・オー)

参照:ISO 商品砂糖

ISO(あい・えす・おー)

International Sugar Organizationの略で、国際砂糖機関のことです。ロンドン本部を置き、国際砂糖協定運営及び実施監督するための機関です。

ISO

International Organization for Standardization/国際標準化機構。「製品サービス」などの世界的標準化推進している団体のこと。1946年ロンドン組織された、世界的規格統一目的としており、アメリカ国家規格協会ANSI)を含む110余ヶ国の会員構成されている。このISOが制定した品質面でのマネジメントシステムがISO9000シリーズであり、環境面でのマネジメントシステムがISO14000である。

ISO 【International Organization for Standardization】

各国規格国際化するため1947年設立された機構

ISO(International Organization for Standardization)


ISO:国際標準化機構 International Organization for Standardization

  国際標準Global standard)とは,国際市場において円滑に経済取引を行っていくため,相互理解互換性確保消費者利益確保などを図る製品品質性能安全性寸法試験方法などに関する国際的取極めであり,各国代表的標準化機関から成る国際標準機関で,電気及び電子技術分野を除く全産業分野鉱工業農業医薬品等)に関する国際規格作成を行っている。
国際標準化機構
分野 石油関連規格
同義語 ISO/IEC
関連用語 JIS, NDS, JPI, ISO, IEC
類似語 ISODOC, ISONET
略語 ISO
国際標準化機構

イソ ISO International Organization for Standardization

国際標準化機構」。電気関係を除く、科学芸術経済活動分野での国際標準化を促進することを目的としてできた国際機構広範囲わたって標準化制定している。

ISO

International Organization for Standardizationの略で、国際標準化機構のこと。工業標準策定目的とする国際機関で、各国標準化機関連合体1947年設立され、現在では147カ国が参加している。本部スイスジュネーブ日本からは日本工業規格(JIS)を定め日本工業標準調査会が、1952年(昭和27)に加入した。略称が英文名称の頭文字語IOSではなく「ISO」になっているのは、ギリシャ語で「平等」を意味する「isos」という言葉起源のため。

ISO

International Organization for Standardization 国際標準化機構
1947年設立された国際機関国際取引障害となりやすい各国工業規格共通化するため国際規格決めている。

ISO


ISO

分類:人工衛星
名称:Infrared Space Observatory(ISO)
小分類:科学衛星
運用機関会社:欧州宇宙機関(ESA)
打ち上げ年月日:1995年11月17日
運用停止年月日:1998年4月8日
打ち上げ国名機関:欧州/欧州宇宙機関(ESA)
打ち上げロケット:アリアン4
打ち上げ場所:ギアナ宇宙センター(GSC)
国際標識番号:1995062A

ISOは、欧州宇宙局1995年打ち上げ赤外線天体観測衛星で、この種のものとしては20世紀最後プロジェクトです。ISOには極低温冷却された赤外線望遠鏡搭載されており、天体発する赤外線キャッチして解析することができます赤外線は光に比べ吸収されにくいため、暗黒星雲宇宙塵隠れ原始星銀河中心研究に適しており、星の誕生過程を知る大きな手がかりになります地上では地球発する赤外線に邪魔をされ、十分な研究できないので、宇宙空間からのISOによる観測成果大きな期待寄せられています。

1.どんな形をして、どんな性能持っているの?
円筒形望遠鏡に、太陽電池の傘をかぶせたような形の望遠鏡衛星です。全長5.31m、高さ3.56m、幅2.77mで、総重量2.418トンになります赤外線観測用に直径0.6m、焦点距離9mのカセグレン式反射望遠鏡をもち、機体からの熱放射を防ぐため、液体ヘリウムでマイナス270度(3度k)に冷却されます。

2.どんな目的使用されるの?
ISOの目的は、天体から放射される波長2.5〜200マイクロメートル赤外線スペクトル分析光度判定などを行ない地球データを送ることです。送信されたデータは、星間物質原始星銀河中心核などの組成をを調べ、星の誕生するプロセスを知るための貴重な資料となります。

3.宇宙でどんなことをし、今はどうなっているの?
ISOは1日に約40回、1ヵ月400時間観測行ないます。1998年2月6日までに、観測回数時間はすでに24,293回、9,575時間にのぼり、膨大なデータ地球へ送信されました。
ISOはその後観測継続しましたが、機体冷却するための液体ヘリウム残存量から、1998年4月8日寿命迎えました。

4.どのように地球を回るの?
近地点距離1,036km、遠地点距離70,578kmの長楕円軌道をとり、約1日(23時間56分)で地球周回します。


国際標準化機構


【英】Iso-[Equi-]
読み方:とう

等しいことを表す接頭語

イソ (自動車)

(ISO から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/01 06:49 UTC 版)

イソ(イーゾ) (Iso) とは、かつてイタリアに存在した自動車メーカーである。






「イソ (自動車)」の続きの解説一覧

ISOイメージ

(ISO から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/06 06:41 UTC 版)

ISOイメージは、国際標準化機構 (ISO) の定義した形式の光ディスクアーカイブファイル(ディスクイメージ)。このフォーマットは多くのソフトウェアベンダーがサポートしている。ISOイメージファイルの拡張子.iso とされることが多い。ISO と呼ばれるのは、CD-ROM媒体で使われる ISO 9660 ファイルシステム に由来するが、ISO 9660 を拡張し互換性を保持しているUDFファイルシステムもISOイメージに格納できる。




「ISOイメージ」の続きの解説一覧

国際標準化機構

(ISO から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/16 08:06 UTC 版)

国際標準化機構(こくさいひょうじゅんかきこう、: International Organization for Standardization)、略称: ISO(アイエスオー、イソ、アイソ)は、各国の国家標準化団体で構成される非政府組織である。







Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。




ISOと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「ISO」に関係したコラム

  • FXのJPYやUSDの意味は

    FX(外国為替証拠金取引)の通貨ペアで使われているJPYやUSDには次のような意味があります。例えばJPYの場合は「JP」が日本の国名コードでISO 3166-1-alpha-2によって定められていま...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ISO」の関連用語



3
100% |||||

4
92% |||||

5
92% |||||

6
92% |||||

7
92% |||||

8
92% |||||

9
90% |||||

10
90% |||||

ISOのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ISOのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2020 時事用語のABC All Rights Reserved.
JMACJMAC
Copyright (C) JMA Consultants Inc. All Rights Reserved.
日本ユニコム日本ユニコム
Copyright(C) 2020 NIHON UNICOM CORPORATION All Rights Reserved.
日本ユニコム商品先物取引用語集
ISO用語辞典ISO用語辞典
2020 (C) JMC Corpyright All Rights Reserved
株式会社ジェイエムシーISO用語辞典
社団法人日本映像ソフト協会社団法人日本映像ソフト協会
Copyright © 2000-2020 Japan Video Software Association
株式会社EMC鹿島株式会社EMC鹿島
© Copyright EMC Kashima all right reserved.
国土交通省 道路局 ITS推進室国土交通省 道路局 ITS推進室
All Rights Reserved, Copyright © 2020 Ministry of Land, Infrastructure and Transport
石油技術協会石油技術協会
Copyright © 2020, 石油技術協会 作井技術委員会 作井マニュアル分科会
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2020 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
丸ヱム製作所丸ヱム製作所
© 1998-2020 Maruemu Works Co,. Ltd. All rights reserved.
発泡スチロール協会発泡スチロール協会
Copyright (c) 2020 Japan Expanded Polystyrene Association All rights reserved.
かんこうかんこう
2020 (C) KANKO All Rights Reserved.
JAXAJAXA
Copyright 2020 Japan Aerospace Exploration Agency
食品安全委員会食品安全委員会
Copyright © 2006 - 2020 Food Safety Commission. All Right Reserved.
国立医薬品食品衛生研究所国立医薬品食品衛生研究所
COPYRIGHT (C) 2020 National Institute of Health Sciences ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのイソ (自動車) (改訂履歴)、ISOイメージ (改訂履歴)、国際標準化機構 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS