撮像素子とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 撮像素子の意味・解説 

さつぞう‐そし〔サツザウ‐〕【撮像素子】

読み方:さつぞうそし

イメージセンサー


撮像素子

読み方さつぞうそし
【英】image sensor

撮像素子とは、レンズから入ってきた光を電気信号変換する電子部品のことである。デジタルカメラ中心として、デジタル画像撮影用いられている。

撮像素子は光情報記録可能な形式変換するという点で、フィルム式カメラ銀塩カメラ)のフィルム相当する機能一部果たしている。撮像素子の表面には無数の受光素子隙間なく並んでおり、レンズを通じて光を感知した受光素子は光を電気変換する。撮像素子そのものモノクロであり、原色フィルター補色フィルターなどのカラーフィルタを通すことによって色を再現することが可能となっている。

撮像素子の代表的な種類としては、CCDイメージセンサーCMOSイメージセンサーなどがある。これらは一度で平面二次元情報)を撮影することができるため、特にエリアイメージセンサーと呼ばれることがある

電子回路のほかの用語一覧
半導体製造技術:  PPGA  PPRAM  リソグラフィ  撮像素子  製造プロセス  ジョセフソン素子  シリコン

撮像素子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/10 06:25 UTC 版)

撮像素子(さつぞうそし)は、画像を電気信号に変換する素子。可視光だけでなく、赤外線紫外線X線に感度のある撮像素子などもある。


注釈

  1. ^ イメージセンサへの応用が特に中心的であるため、CCDといえばイメージセンサ、といったように思われがちであるが、シフトレジスタとして信号処理に使うなど、CCDの利用はイメージセンサに限られない。

出典



「撮像素子」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

撮像素子のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



撮像素子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ撮像素子の記事を利用しております。
カメラマンWebカメラマンWeb
© 2005-2022 モーターマガジン社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの撮像素子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS