銀塩カメラとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 工業 > 装置 > カメラ > 銀塩カメラの意味・解説 

ぎんえん‐カメラ【銀塩カメラ】

読み方:ぎんえんかめら

フィルムカメラ


銀塩カメラ

読み方ぎんえんカメラ
別名:フィルムカメラフィルム式カメラ
【英】silver halide camera

銀塩カメラとは、感光材料塗られフィルム露光させることで像を写し撮る方式カメラ総称である。フィルム記録媒体として使用する旧来のカメラが、銀塩カメラである。フィルムカメラ、または単純にカメラ呼ばれることもある。

デジタルカメラ登場以後、それと明確に区別するために従来カメラを銀塩カメラなどと呼ぶようになった塩化銀臭化銀といったハロゲン化銀が光に当たることで黒化する原理利用している。銀塩カメラでは一度撮影したものは撮り直しができず、現像焼付けをしなくては仕上がり確認できない

カメラ・デジカメのほかの用語一覧
種類:  iSight  カメラ付き携帯電話  カムコーダー  銀塩カメラ  銀塩写真  コンデジ  LifeCam

カメラ

(銀塩カメラ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/20 02:13 UTC 版)

カメラ: camera: Kamera)は、写真(や映像)を撮影するための光学的な機械や装置[1]写真機(しゃしんき、寫眞機)ともいう。


注釈

  1. ^ still camerastill=静止した、動かない、の意。

出典

  1. ^ 『日本大百科全書』【カメラ】
  2. ^ a b c d e f g h カメラと写真がわかる本”. RICOH. 2020年7月2日閲覧。
  3. ^ 日本経済新聞「2019年のデジカメ出荷、22%減の1521万台に」
  4. ^ [https://www.nikkei.com/article/DGXZQODZ303W20Q1A130C2000000/ 日本経済新聞「デジカメ、20年世界出荷42%減 一眼をミラーレスが抜く」
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m カメラにはいろいろある”. CANON. 2020年7月2日閲覧。


「カメラ」の続きの解説一覧

銀塩カメラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 00:22 UTC 版)

カメラ」の記事における「銀塩カメラ」の解説

フィルム印画紙などの感光材料利用したカメラで、フィルム式カメラインスタントカメラなどデジタルカメラ以外のほとんどのカメラが銀塩カメラにあたる銀塩感光材料主たる原料に銀や塩素化合物用いられていることに由来する銀塩写真では撮影時に光を銀や塩素化学反応として記録し、それを別の化学反応によって目に見える形に変化させる現像の処理が必要なため画像出来上がるまでに時間がかかるまた、銀塩写真では撮影するたびにフィルム消費するためコスト比較高くなる一方で銀塩写真化学反応強弱応じた細かい諧調表現可能なことや現像プロセス楽し目的などから未だに人気がある

※この「銀塩カメラ」の解説は、「カメラ」の解説の一部です。
「銀塩カメラ」を含む「カメラ」の記事については、「カメラ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「銀塩カメラ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



銀塩カメラと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

銀塩カメラのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



銀塩カメラのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ銀塩カメラの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカメラ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのカメラ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS