臭化銀とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 化学物質 > 固体 > 臭化銀の意味・解説 

しゅう かぎん しうくわ- [3] 【臭化銀】

黄色味をおびた白色固体化学式 AgBr 光にあたると徐々に分解し、銀を遊離して黒色になる。鋭い感光性利用し、写真感光材料に用いる。

物質
臭化銀
化学式
AgBr
原子量
187.8
融点(℃)
432
沸点(℃)
1300
密度(g/cm3
6.47

淡黄個体。光に晒される黒く変色する。には溶けない

臭化銀(I)

(臭化銀 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/27 08:57 UTC 版)

臭化銀(I)(しゅうかぎん いち、: silver(I) bromide)とは、ハロゲン化銀の一種で、臭化物黄色固体である。化学式 AgBr。CAS登録番号[7785-23-1]。天然には臭銀鉱(あるいは臭化銀鉱、bromargyrite)という鉱物として、主にメキシコなどで産出される。




  1. ^ D.D. Wagman, W.H. Evans, V.B. Parker, R.H. Schumm, I. Halow, S.M. Bailey, K.L. Churney, R.I. Nuttal, K.L. Churney and R.I. Nuttal, The NBS tables of chemical thermodynamics properties, J. Phys. Chem. Ref. Data 11 Suppl. 2 (1982).
  2. ^ 新良宏一、庄野利之 益田勲 共訳 『基礎分析化学』 三共出版、1982年
  3. ^ 『化学大辞典』 共立出版、1993年


「臭化銀(I)」の続きの解説一覧



臭化銀と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「臭化銀」の関連用語

臭化銀のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



臭化銀のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの臭化銀(I) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS