常温とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 自然科学 > 計測 > 温度 > 常温の意味・解説 

じょう おん じやうをん [0] 【常温】

常に一定した温度恒温こうおん)。
特に冷やしたり、熱したりしない温度平常温度

常温

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/25 13:56 UTC 版)

常温(じょうおん)とは、常に一定した温度、温度が一定であること(恒温)、特に冷やしたり熱したりしない温度、平常の温度、一年中の平常の温度などを表す[1]。これらはの字と温度のの字の組合せからの一般的な解釈としての意味であり、人間感覚的な捉え方において、標準的な温度と思えるものを指す。室温が同様な意味で使われる場合もある。なお、日本薬局方は、常温とは別に標準温度を20℃と定めている[2]


  1. ^ 三省堂『大辞林 第三版』、岩波書店『広辞苑 第六版』
  2. ^ 第十六改正日本薬局方(平成23年)通則15
  3. ^ 日本薬局方 通則 9. 常温は15~25℃PDFファイル形式
  4. ^ Carreiro & Koske(1992)Mycologia 84(6) pp.886-900


「常温」の続きの解説一覧

常温

出典:『Wiktionary』 (2010/11/03 10:20 UTC 版)

名詞

じょうおん

  1. いつもかわらない温度恒温
  2. 人が生活する空間において、一般に周辺見られる物質が熱による影響ほとんど受けないで変化しない又はきわめて穏やかに変化する温度室温
    この食品常温1年間保存できます

成句

翻訳




常温と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「常温」の関連用語

常温のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



常温のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの常温 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの常温 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2019 Weblio RSS