液晶とは? わかりやすく解説

えき‐しょう〔‐シヤウ〕【液晶】

読み方:えきしょう

液体結晶との中間状態にある物質液体流動性結晶規則性とをあわせもち、光学的異方性を示す透明な電極挟んで時計・パソコン・テレビ・携帯電話などの画面表示用いる。液状結晶


液晶


液晶

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

えきしょう【液晶】

デジパチ権利物デジタル部分パチスロ演出モニター使われることが多い、分子規則的に配列され液体初めて液晶が使われたのは「ブラボーエクシード(平和)」、初めカラー液晶が使われたのは「麻雀物語やっぱり平和)」、初めパチスロ搭載したのは「ゲゲゲの鬼太郎サミー)」。

液晶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/10 22:15 UTC 版)

液晶(えきしょう、: Liquid Crystal)は、液体のような流動性と、結晶のような異方性を兼ね備えた物質である[1]。一部の液晶は、電圧印加すると分子の向きが変化し、それによって光学特性が変化する性質を持つものがある。この性質を応用した液晶ディスプレイなどの製品が広く普及している。


  1. ^ 第2版, 日本大百科全書(ニッポニカ),ASCII jpデジタル用語辞典,化学辞典 第2版,ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典,百科事典マイペディア,知恵蔵,精選版 日本国語大辞典,とっさの日本語便利帳,デジタル大辞泉,世界大百科事典. “液晶とは” (日本語). コトバンク. 2021年6月7日閲覧。
  2. ^ Definitions of Basec Terms RElating to Low-molar-mass and Polymer Liquid Crystals, IUPAC Recommendations 2001. Pure Appl. Chem., Vol. 73 No. 5, pp.845-895, (2001).
  3. ^ a b 液晶辞典 日本学術振興会情報科学用有機材料第142委員会液晶部会編 培風館(1989)
  4. ^ The Physics Of Liquid Crystals (International Series Of Monographs On Physics) P. G. de Gennes Oxford University PressU.S.A.; 2版 (2002/5/2)
  5. ^ Meyer, R.B.; Liebert, L. (1975). “Ferroelectric liquid crystals”. J. Physique Lett. 36: 69-71. doi:10.1051/jphyslet:0197500360306900. 
  6. ^ 液晶の歴史 (朝日選書) D・ダンマー (著), T・スラッキン (著), 鳥山和久 (翻訳) 朝日新聞出版 (2011/8/10)
  7. ^ F. Reinitzer, Monastshefte fur Chemie(Wien) Vol.9, 421-441(1888).
  8. ^ G. Friedel, Annales de Physique Vol. 18, 273-474(1922)
  9. ^ G. H. Heilmeier, Dynamic Scattering: A New Electrooptic Effect in Certain Classes of Nematic Liquid Crystals, Proc. I.E.E.E. 56 1162-71(1968).
  10. ^ 物理化学 大幸勇吉,「物理化学講義(中巻)」, p217(1908). 冨山房,東京.
  11. ^ 化学本論 片山正夫,「化学本論」, P.411 (1915).内田老鶴圃,東京.
  12. ^ 応物解説 山本健磨, 液晶(1-3), 応用物理, 6 , 234-240,290-293,340-343(1937)
  13. ^ 山崎 栄一,「液晶又は晶液精製の原理およびその性質につき」,日本化学会誌,43,134(1922).
  14. ^ 苗村省平,「Q & Aファイル101 液晶が分かる本」, (2001).工業調査会,東京.
  15. ^ 古畑芳男,鳥山和久,液晶再発見, 固体物理, 4, No.4, 32(1969) .
  16. ^ Von Bunichi Tamamushi, Bulletin of the Chem. Soc. Jpn., 9, 475(1934).
  17. ^ 藤田 幸夫,赤穂 英輔,松村 忠男,三木 孝雄,「可溶化系の液晶に関する研究」,Journal of J. C.C.A. 1, 5(1963).
  18. ^ 液晶紳士録 月刊ディスプレイ編集委員会編 液晶紳士随想録 テクノタイムズ社(2002)
  19. ^ 温度で七色に変化する“液晶”アイデアで用途は無限,新型商売特集号, オール生活 1979年11月増刊, 実業之日本(1979).
  20. ^ 佐々木昭夫,苗村省平 編,「液晶ディスプレイのすべて」, 工業調査会(1993).
  21. ^ 石川 謙,液晶21巻 136(2017).
  22. ^ プロジェクトX挑戦者たち「液晶 執念の対決」,Kindle版, (2012), NHK出版, 東京)
  23. ^ 船田文明、薄型ディスプレイ事始め、電気情報通信学会誌 89号 735-739(2006)
  24. ^ 船田文明 液晶イノベーション応用物理学会誌  Vol76. P462-471(2007)
  25. ^ 液晶ディスプレイ物語ー50年の液晶開発と未来に託す夢 小出直之編 エース出版(2013)
  1. ^ Nematic液晶の日本語表記には「ネマチック」と「ネマティック」がある。日本液晶学会誌では2020年1月現在で「ネマチック」表記を用いている。これは文部省学術用語集 分光学編(S49年初版、H11年増改訂版)に従ったと考えられるもので、ここでもネマチック表記とする。スメクチック等も同様。
  2. ^ 英訳は Crytals That Flow Compiled with translation and commentary by T. J. Sluckin, D. A. Dunmur and H. Stegemeyer, Taylor & Fransis (2004)
  3. ^ この文献以外に複数の文献があるがいずれも液晶という言葉が用いられている。


「液晶」の続きの解説一覧

液晶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/24 18:21 UTC 版)

示差走査熱量測定」の記事における「液晶」の解説

DSCは液晶の研究にも用いられる。液晶は固体液体中間状態の物質であり、ディスプレイ用いられている。 DSC用いると、固体から液晶状態へ、液晶から液体へと転移する小さなエネルギー変化計測することが出来る

※この「液晶」の解説は、「示差走査熱量測定」の解説の一部です。
「液晶」を含む「示差走査熱量測定」の記事については、「示差走査熱量測定」の概要を参照ください。


液晶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/24 18:49 UTC 版)

AQUOS PHONE」の記事における「液晶」の解説

2012年夏モデル以降のAQUOS PHONE(シリーズ化している端末)の液晶にはシャープ開発した「SuperCGシリコン液晶」を搭載2012年冬モデル以降から科学技術振興機構開発しシャープ量産化した「IGZO」を搭載いずれも省電力図った液晶を搭載している。解像度はHD/フルHD採用Rシリーズには更に高精細10億色での表現可能にした「Pro IGZO」を搭載。なお、zeroシリーズにはIGZOではなく有機EL搭載されている。 以前はNewモバイルASV液晶解像度WVGA/VGA/qHDを搭載していたが、電池消費面を考慮し上記2種の液晶システム主流となっている。 全機全面フルタッチパネル搭載

※この「液晶」の解説は、「AQUOS PHONE」の解説の一部です。
「液晶」を含む「AQUOS PHONE」の記事については、「AQUOS PHONE」の概要を参照ください。


液晶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 03:12 UTC 版)

物質の状態」の記事における「液晶」の解説

詳細は「液晶」を参照 液晶は液体固体中間の性質を持つ。例えば、ネマティック相はパラアゾキシアニソールのような長い棍棒状の分子からなり118度から136度でネマティック性質を示すこの状態では、分子液体のように流動するが、全ての方向揃っていて自由な回転できないその他の種類の液晶もあり、液晶ディスプレイのような技術にとって重要なものもある。 柔軟性結晶は液晶とはまた異な液体固体中間態である。

※この「液晶」の解説は、「物質の状態」の解説の一部です。
「液晶」を含む「物質の状態」の記事については、「物質の状態」の概要を参照ください。


液晶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/01 15:46 UTC 版)

ゲームボーイ」の記事における「液晶」の解説

シチズンから液晶テレビ用のモノクロディスプレイ売り込みがあり、開発スタートした本機シャープ共同で開発しシャープ40億円を投じゲームボーイの液晶開発用工場設立。液晶は同社のものを使用している

※この「液晶」の解説は、「ゲームボーイ」の解説の一部です。
「液晶」を含む「ゲームボーイ」の記事については、「ゲームボーイ」の概要を参照ください。


液晶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 10:11 UTC 版)

アクオス」の記事における「液晶」の解説

科学技術振興機構開発しシャープ量産化した「IGZO」を搭載している が、一部モデルでは「S-CGシリコン液晶」を搭載している。 解像度フィーチャーフォン除きHD/フルHDで、フィーチャーフォンを除く全ての機種全面フルタッチパネル搭載2018年冬モデル登場したAQUOS zeroシリーズ自社製有機EL搭載されている。シャープ堺市工場投資行い自社スマホ向けの有機EL生産開始していた。

※この「液晶」の解説は、「アクオス」の解説の一部です。
「液晶」を含む「アクオス」の記事については、「アクオス」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「液晶」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

液晶

出典:『Wiktionary』 (2021/07/15 13:02 UTC 版)

名詞

えきしょう

  1. 液体のように流動性を持つものの、結晶のように分子配向ある程度規則性がある物質電圧をかけたときの光学特性変化利用して電卓携帯電話テレビなど、様々な表示機器使われている。
  2. 液晶ディスプレイ

発音(?)

え↗きしょー

派生語

関連語

翻訳


「液晶」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

液晶のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



液晶のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ液晶の記事を利用しております。
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
日本板硝子日本板硝子
(C) 2022 Nippon Sheet Glass Co., Ltd. All Rights Reserved.
日本板硝子ガラス用語集
パチンコビレッジパチンコビレッジ
Copyright(C)pachinkovillage.Co.,Ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの液晶 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの示差走査熱量測定 (改訂履歴)、AQUOS PHONE (改訂履歴)、物質の状態 (改訂履歴)、ゲームボーイ (改訂履歴)、アクオス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの液晶 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS