バックライトとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 電気 > 照明 > 照明 > バックライトの意味・解説 

バックライト【backlight】

読み方:ばっくらいと

舞台あるいは被写体を、後方から照ら照明や光。

液晶ディスプレー背面につける照明


バックライト


バックライト 【back light】


バックライト

【英】backlight

バックライトとは、主に液晶パネル背面光源として設置され照明のことである。

液晶それ自体発光するものではないため、別途照明当てることによって鮮明な映像表示されるようにしている。光源には、LED陰極冷管が採用されていることが多い。

バックライトを搭載している液晶ディスプレイは、液晶パネルが光を透過するため、透過型液晶呼ばれるこのほか光源側面配置するタイプ液晶ディスプレイなどもある。


バックライト

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

バックライト

サイン灯などパネル面を発光させるために、背後光源置いたもの。導光材の技術進歩により現在ではかならずしも背面光源があるわけではない

バックライト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/02 09:49 UTC 版)

バックライトは背面から液晶を照明するものである。


  1. ^ [1]
  2. ^ 最近よく聞く「ミニLED」と「マイクロLED」はどうすごいのか?(西田 宗千佳)” (日本語). ブルーバックス | 講談社 (2021年1月29日). 2021年10月23日閲覧。
  3. ^ 株式会社インプレス (2021年8月27日). “ミニLEDで"液晶モンスターAQUOS”誕生!? シャープ次世代ディスプレイを見た” (日本語). AV Watch. 2021年10月23日閲覧。
  4. ^ 株式会社インプレス (2021年6月7日). “【Hothotレビュー】 買って後悔なし!ミニLED搭載「12.9インチiPad Pro」。現時点で最高峰のタブレット” (日本語). PC Watch. 2021年10月23日閲覧。
  5. ^ 株式会社インプレス (2021年10月19日). “アップル、ミニLEDディスプレイの「MacBook Pro」。HDMI復活” (日本語). AV Watch. 2021年10月23日閲覧。


「バックライト」の続きの解説一覧

「バックライト」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



バックライトと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「バックライト」の関連用語

バックライトのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



バックライトのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
オムロン株式会社オムロン株式会社
© Copyright OMRON Corporation 1996-2023. All Rights Reserved.
社団法人日本映像ソフト協会社団法人日本映像ソフト協会
Copyright © 2000-2023 Japan Video Software Association
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2023 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリバックライトの記事を利用しております。
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
大光電機大光電機
Copylight 2023.DAIKO ELECTRIC CO.,LTD.All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのバックライト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS