実用化とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 活用形辞書 > 実用化の意味・解説 

実用化

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

実用

(実用化 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/10/08 12:31 UTC 版)

実用(じつよう)とは、実験理論の段階ではなく、実際に使うこと、実際に役立つことの意味である。特に、普段の生活に利用可能なことを指す場合が多い。そのような状況に持ち込むことを実用化という。




「実用」の続きの解説一覧

実用化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/19 14:21 UTC 版)

フランク・ホイットル」の記事における「実用化」の解説

間もなく第2次世界大戦勃発したため、調達優先順位下げられてしまったが、軍需省執拗にアピールした結果、W.U. の20分間の連続全開試験成功した1939年には再び予算付いたものの、拡大に伴い新たに生じた暴走過熱振動共鳴サージングバックファイアー等の問題をなかなか解決できず、試運転の度に爆発炎上しないことを祈る有様続いた耐熱合金ナイモニック80英語版)(ニモニック)の出現により、実用化が大きく前進した1941年5月に、ようやく W.1 (Whittle Supercharger Type 1) を搭載した実験機グロスター E.28/39初飛行漕ぎ着けた。これはオハインらが開発した HeS 3b積んだ He 178初飛行より1年半後の事であったが、ハインケル冷遇するナチ及びドイツ空軍その事実を積極的に公表しなかったため、当初 E.28/39 が世界初ジェット推進機として喧伝された。W.1 は英米定期技術交流アメリカに渡り、独自改良経て GE J31 になっているパワージェッツ社に生産能力がなく、軍需省自動車メーカーローバー量産化委託したが、W.1 を3倍にスケールアップした実戦型 W.2 の開発を巡ってホイットル後にランドローバー開発主任として知られるモーリス・ウィルクス (自動車エンジニア)(英語版)ら、ローバー技術陣と鋭く対立した業を煮やしたホイットルは、ローバー競業ロールス・ロイス航空機エンジン部門責任者アーネスト・ハイヴス(英語版)と、同社レシプロエンジン機械式過給器専門家だったスタンリー・フッカー接触し部品調達約束取り付けローバーとは別に独自改良版 W.2/500~/700 の製作に着手、自ら E.28/39 の操縦桿握りつつ開発没頭したこのため W.2 はローバー版とパワージェッツ版の2機種併存する異常事態になったが、いずれも実用化には程遠く混乱重く見た軍需省はフランク・ハルフォード(英語版)に W.2 の詳細データ渡し、より構造簡素な H.1後のデ・ハビランド ゴブリン)を並行試作させた結果、これが先に実用段階達してしまった。 手を焼いたローバーは W.2B 計画放棄してロールス・ロイス生産契約ごと譲渡することにしジェットエンジン専用立ち上げたバーノルズウィック(英語版)のローバー工場と、ロールス・ロイスノッティンガム戦車エンジン工場とを、人員ごと1943年等価交換した。 W.2B の開発承継したフッカーらは、新製したシースルーモデル気流解析重ね原設計欠陥把握したローバー改良作業進んでいた W.2B/23 案に技術的洗練加えたものをウェランド名付け量産化し、1944年に連国側初のジェット戦闘機グロスター ミーティアを進空させた後、遠心式ターボジェットエンジン決定版ニーンを、遂にホイットルの手借りず完成させた。 一方別のタービン機関大手メトロポリタン=ヴィッカースおいてもグリフィスコンスタント王立航空研究所指導による軸流式ターボジェットエンジンの実用化開発1939年から進められていたが、同形式ではドイツ大きく先行し試作中のメトロヴィック F.2第2次世界大戦間に合わなかった。しかし間もなく原理的に優れ軸流式ターボジェットエンジンが殆どを占めるようになり、戦後新規に開発され航空機推進遠心式ターボジェットエンジン極く小数に留まる。

※この「実用化」の解説は、「フランク・ホイットル」の解説の一部です。
「実用化」を含む「フランク・ホイットル」の記事については、「フランク・ホイットル」の概要を参照ください。


実用化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/02/07 14:09 UTC 版)

デルフチア・アシドボランス」の記事における「実用化」の解説

デルフチア・アシドボランスから生成される金塊純度が高い。しかし、デルフチア・アシドボランスから金塊生み出すには、金そのもの価値よりも膨大な経費掛かるため、経済的な意味では現実的なではなく、「金の卵を産む」にはなることはできないまた、天然環境ではデルフチバクチンAは不純物であるなども引き寄せてしまう。しかし、実験室内における金の生産をする目的培養不可能ではないとされている

※この「実用化」の解説は、「デルフチア・アシドボランス」の解説の一部です。
「実用化」を含む「デルフチア・アシドボランス」の記事については、「デルフチア・アシドボランス」の概要を参照ください。


実用化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/12 18:14 UTC 版)

キャメルバック式蒸気機関車」の記事における「実用化」の解説

最初に作られたキャメルバック式蒸気機関車4-6-0 型の408号で、1877年1月に、フィラデルフィア・レディング鉄道直営のレディング・ペンシルベニア工場作られた結果成功だった。燃料にかかる費用年間2000ドル節約できた。現在の訳注2005年の)貨幣価値換算すると、約30000ドルにあたるその後無煙炭産出する地方さまざまな鉄道でキャメルバック機関車作られたそれ以外地方で作られたし、4-6-0以外の車軸配置のものも作られ、最も大きなものは間接式構造持ち車輪配置は0-8-8-0であった一番上写真を参照)。他にも1983年ボールドウィン11つくった車輪配置2-4-2コロンビア)の機関車ウーテン火室動輪上ではなく従輪で受けることで火室位置低くして燃焼効率改善することに成功した

※この「実用化」の解説は、「キャメルバック式蒸気機関車」の解説の一部です。
「実用化」を含む「キャメルバック式蒸気機関車」の記事については、「キャメルバック式蒸気機関車」の概要を参照ください。


実用化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/25 20:11 UTC 版)

モバイルアドホックネットワーク」の記事における「実用化」の解説

OLPCプログラムでは、IEEE 802.11sベースとしたアドホック無線メッシュネットワークチップ搭載したノートパソコンOLPC XO-1)を開発している。一般向け販売されるものとしては、今のところこれがほぼ唯一の例である。 2007年9月スウェーデン企業 TerraNet AB携帯電話メッシュネットワーク発表した。これは、基地局介さず互いに通信できる範囲にある携帯電話同士で、通話したりデータ交換したりできるものである

※この「実用化」の解説は、「モバイルアドホックネットワーク」の解説の一部です。
「実用化」を含む「モバイルアドホックネットワーク」の記事については、「モバイルアドホックネットワーク」の概要を参照ください。


実用化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/29 15:22 UTC 版)

ユンカース ユモ 004」の記事における「実用化」の解説

フランツはオハインらの遠心式圧縮機避けゲッティンゲン航空技術研究所協力得てターボジェットエンジン軸流式圧縮機敢えて新規開発する困難な途を選んだ軸流式圧縮機小径前面投影面積少ないため航空機搭載適し78%の高効率実地発揮したが、遠心式に比べ部品点数飛躍的に増大し複雑化した004試作機1940年春に火入れされ、4.2 kN (430 kgf) の推力得た圧縮機熱振動に起因する排気脈動手を焼いたが、マックス・ベンテレ(英語版) (Max Bentele) 博士考案になる新し静翼奏功し、8月には推力5.9 kN (600 kgf) に発展し12月には9.8 kN (1000 kgf) の推力10時間の連続運転にも成功した先に着手されBMW 003 計画大幅遅延していた。1942年3月15日改良型 004A を懸架したメッサーシュミット Bf110 によって初の飛行試験実施され同年6月18日には最初からジェット推進機として設計されメッサーシュミット Me262試作3号機に 004A が実際に搭載され試験が行われた結果未完成状態を脱せぬ 003破った 004A は航空省から80基の発注受けた。 004A は高温部に高価な耐熱合金多用し重量過大で量産適した構造ではなかった。生産型の 004B ではロストワックス製法で肉抜中空化され鋼製タービンブレード多数穿孔し、バイパスした圧縮空気ブリードエア)を内部から噴出させる事で表面冷却する技法確立後に標準化し製造コスト大幅に低減した。004B は 004A と同等の推力保ちながら約100 kg軽量化され、1943年には定格出力100時間以上の連続運転成功した。 004B はリーデル (Riedel) の小型オートバイ用7 kW10馬力水平対向2ストロークエンジンをインテークコーンに内蔵し外部電源支援なしで単独始動可能にしていた。本体の 004B を始動するためには、先ずコーン先端の穴からケーブルを引き補助エンジン人力始動する手順要した補助エンジン燃料は主推進剤とは異な通常のガソリンのため、小容量燃料タンク空気取入口上部別途設置された。 1943年末まで熱振動排気脈動)は完治せず、ベンテレ音楽家協力得て個々のブレード固有共振周波数開放弦測定し適切に選別し分散配置する事で、コンプレッサ/タービンユニット全体として共振周波数持たせないようにする手法編み出し併せて最大回転数9000 rpmから8700 rpm僅かに下げる等の妥協策を航空省首脳示したこれにより熱振動問題は一定の解決を見たが、004B の本格量産開始1944年初頭までずれ込み、Me262実戦配備遅延させた。 基本的に 004B の設計高信頼性目指した堅実なもので、003 のように野心的ではなかったが、戦局の悪化良質の原材料入手困難にし、高温部に用い耐熱鋼低品質物し得られなくなっていたため、パイロットの技量にも左右されたが、通常の運用では10 - 25時間程度オーバーホールタービンブレード交換)を要した。また初期のターボジェットエンジン共通する難点として、スロットルレスポンスが緩慢で、特に低空性急に出力上げると燃料消費量急増しオーバーヒートからタービンブレード溶解する恐れもあった。しかし Me262, Ar234圧倒的優速と上昇力高空性能連合国側多大な脅威衝撃与え航空史上に不滅の金字塔打ち立てた

※この「実用化」の解説は、「ユンカース ユモ 004」の解説の一部です。
「実用化」を含む「ユンカース ユモ 004」の記事については、「ユンカース ユモ 004」の概要を参照ください。


実用化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/23 10:15 UTC 版)

アームストロング・シドレー サファイア」の記事における「実用化」の解説

Sa.3 の量産モデル Sa.6 は、米では J65-W-6 としてカーチス・ライト及びゼネラルモーターズビュイック部門量産するため、ステンレス溶接構造のタービンディスクを炭素鋼嵌合変更するなど、カーチス・ライトによって生産合理化施されたサファイア高効率燃費良く高空性能にも優れていたため、エイヴォン抜本的改設計に際し RAE仲介ロールス・ロイスにも技術供与された。次期バージョン Sa.4 は Sa.7 として実用化され、アフターバーナー追加した Sa.7R 等へと更に発展したが、サファイア総生産数は1万基を突破した J65 シリーズより少数に留まっている。 しかしエイヴォン充実に加えてドイツのユンカース由来技術発展させた2軸式の P&W J57JT3C) や、全可変静翼式の GE J79出現しより高性能発揮したため、用途広がらなかった。 サファイア縮小版のヴァイパー派生したが、アームストロング・シドレー同じ自動車航空機エンジンメーカーのブリストル飛行機合併してブリストル・シドレーになって以降ブリストル系で複軸式のオリンパス (Olympus) を優先する事になり、更に他社もろとも国策ロールス・ロイス統合されたため、それ以上の開発見ることなく終息した。

※この「実用化」の解説は、「アームストロング・シドレー サファイア」の解説の一部です。
「実用化」を含む「アームストロング・シドレー サファイア」の記事については、「アームストロング・シドレー サファイア」の概要を参照ください。


実用化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/13 14:06 UTC 版)

セックスボット」の記事における「実用化」の解説

アメリカ合衆国カリフォルニア州拠点を置く企業、アビス・クリエーションズ(Abyss Creations)は2017年セックスボット発売決めた人間のように話したり動くリアルなロボットであるという。 アメリカ新興企業であるトゥルーコンパニオンの男性型Rocky」(ロッキー)と女性型「Roxxxy」(ロキシー)とは、2016年6月現在、それぞれ9995ドル販売されている。 カリフォルニア州拠点を置く「RealDoll」社が発売するものは、内蔵ヒーターによる温感があり、接触反応するセンサー搭載されこれまでになくリアルなものになる公表された同社創設者であるマット・マクマレンは人々ロボットへの愛着強めるようにしたいと発言、さらにアダルト商品次なる目標は、ロボットとのセックスだけではなくロボットとの結婚ができるテクノロジーであるとも語った

※この「実用化」の解説は、「セックスボット」の解説の一部です。
「実用化」を含む「セックスボット」の記事については、「セックスボット」の概要を参照ください。


実用化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/02 19:38 UTC 版)

ペロブスカイト太陽電池」の記事における「実用化」の解説

ペロブスカイト型は薄いガラスプラスチック基板上に液体塗り焼いてつくり、印刷技術を使うため従来の太電池半額で製造できる2021年9月世界で始めて量産されポーランドスタートアップ企業建物外壁などに設置する電池として出荷するイギリス中国の企業2022年量産を始め予定で安く設置場所選ばないため、普及すれば世界再生可能エネルギー割合高ま可能性がある

※この「実用化」の解説は、「ペロブスカイト太陽電池」の解説の一部です。
「実用化」を含む「ペロブスカイト太陽電池」の記事については、「ペロブスカイト太陽電池」の概要を参照ください。


実用化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/12 23:49 UTC 版)

推力偏向」の記事における「実用化」の解説

推力偏向小回りのよさや高い運動性求められる軍用機で主に利用されてきた。アイデア自体航空機黎明期からあったものと思われるが、実用段階達し始めるのは第二次世界大戦以後VTOL機開発においてである。離陸着陸際に推力で直機体持ち上げ水平飛行時には推力進行方向へとスイッチするデザイン機体各国試作実験された(詳しくは垂直離着陸機を参照)。この種機体推力方向切り替えティルトローターハリアーのようにプロペラローターあるいはジェット噴射の向き90°程度回転させて行うというものが多い。 近年ではジェット戦闘機運動性上のための手段として利用されている。この場合排気ノズル排気パドルの向き制御することで推力偏向実現する。これは第4世代以上のジェット戦闘機では基本的な要素一つとされている。特に、方向舵など空気力学的な機体制御超音速領域では効果小さく超音速域においても高い機動性発揮するには、推力偏向必須の機能である。推力偏向によるポストストール機動を行うと抵抗増えて運動エネルギー急激に消耗してしまうリスクがあるため、一概に空中戦有利になるとはいえないが、使い方次第で空中戦定理根底から覆す可能性秘めているまた、ステルス性燃費面で注目されている全翼機姿勢制御方法としても有効だと考えられる。ふつう全翼機は、可動翼操作して風圧中心空気力作用中心点)を移動させることでピッチング機首の上下げ)を行うことが多いが、水平尾翼使って同様のことを行う場合に比べ制御が難しい。しかし、機体の上下方向推力偏向すれば比較容易にピッチングを行うことができる。もちろん、左右に推力偏向すればヨーイング左右首振り)も可能である全翼機ではないが、無尾翼実験機X-36ヨーイング推力偏向利用していた。 飛行船多く上昇補助として上下に稼働するエンジンポッド備えている

※この「実用化」の解説は、「推力偏向」の解説の一部です。
「実用化」を含む「推力偏向」の記事については、「推力偏向」の概要を参照ください。


実用化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/16 07:03 UTC 版)

ロールス・ロイス ウェランド」の記事における「実用化」の解説

ホイットルとの軋轢嫌気差したローバーは W.2B プロジェクトに関する一切をかねてからジェットエンジン興味示していたロールス・ロイス工場人員ごと譲渡することで合意し、航空機レシプロエンジン機械式過給器専門家スタンリー・フッカーStanley George Hooker )らのチームが W.2B の開発引き継いだシースルーモデル気流解析重ね W.2B の本質的欠陥把握したフッカーらは、ローバーで半完成状態にあった W.2B/23 (B.23) 案に技術的洗練加え蒸発管式燃料噴射反転燃焼器外部水冷タービン固執するなど、経験論拘泥し進歩主義陥ったホイットルへの皮肉と、エンジン内の気流が「川の流れのようにスムーズという意味込めて工場の傍を流れウェランド川 (River Welland) の名を借り、この同社初のターボジェットに“Welland”の愛称付したその後ロールス・ロイスジェットエンジンの殆どにイングランド流れ河川名愛称与えられているのは、この故事因む。なお、英仏合弁ロールス・ロイスチュルボメカ)で設計されたRB.172 / RT.172 / T260 アドーアは例外的にフランス南西部アドゥール川(英語読みでアドーア川)に由来するロールス・ロイス持てる要素技術ノウハウを注入したウェランド W.2B/23C (B.23C) は実戦耐える水準にまで改良され1943年に英初のジェット戦闘機グロスター ミーティア F.1 向けに量産開始し次作ダーウェント交替するまで、総計167基が生産された。 メッサーシュミット Me262数週間遅れてミーティア積まれ実戦配備されたウェランドは、推力7.1kN (730kg)、オーバーホール間隔180時間性能発揮して速力上昇力では全く太刀打ち出来なかったが、安定性燃料消費率ユンカース ユモ 004上回っていた。 また独で異色の遠心軸流併用ターボジェット傾注し1939年世界初ジェット推進He 178 を進空させていたハインケルハンス・フォン・オハインらのチームは、1941年には実用型 HeS 8搭載した戦闘機 He 280試作したものの、小予算研究体勢整わなかった事情相俟って実用段階未達のままウェランドより先に計画放棄されていた1944年8月4日には実験飛行隊 616th SQ 配備ミーティア F.1 (EE216) が、独から飛来しV-1 (Fi 103) 飛行爆弾撃墜成功し連合国側ジェット戦闘機による初戦果記録した。ただしエンジン軸受能力の限界からミーティア機動は±2G程度制限されており、この段階で対戦闘機戦闘事実上不可能だったと言えるミーティア F.1 の1号機 (EE210/G) は、米陸軍航空隊との技術交流で、ウェランド前作パワージェッツ W.1 のライセンス版であるゼネラル・エレクトリック J31積んだベル XP-59A エアラコメット交換され各々テストされた。

※この「実用化」の解説は、「ロールス・ロイス ウェランド」の解説の一部です。
「実用化」を含む「ロールス・ロイス ウェランド」の記事については、「ロールス・ロイス ウェランド」の概要を参照ください。


実用化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/21 19:36 UTC 版)

ダルシー・ワイスバッハの式」の記事における「実用化」の解説

流体工学上、本式配管体積流量用いた損失水頭式にした方望ましいこともある。先に記載され本式損失水頭式次の式を代入する必要があるV 2 = Q 2 A w 2 {\displaystyle V^{2}={\frac {Q^{2}}{A_{\mathrm {w} }^{2}}}} ここで V : 断面平均流速(配管断面湿潤面積あたりの体積流量一致する) (m/s) Q : 体積流量 (m3/s) Aw : 配管断面湿潤面積 (m2) 一般的なケースでは、Awの値は、配管傾斜断面形状流量及びその他の変数による陰関数であり、すぐには求めることが難しい。しかし、配管満水態で流れかつ円管であるという実用よくあるシナリオであるときには次の式が成り立つ。 A w 2 = ( π D 2 4 ) 2 = π 2 D 4 16 {\displaystyle A_{\mathrm {w} }^{2}=\left({\frac {\pi D^{2}}{4}}\right)^{2}={\frac {\pi ^{2}D^{4}}{16}}} D : 円形配管直径 (m) この結果最初の損失水頭式代入すると満水状態の円管流れについての体積流量用いた損失水頭式変換されるh f = 8 f L Q 2 π 2 g D 5 {\displaystyle h_{\mathrm {f} }={\frac {8fLQ^{2}}{\pi ^{2}gD^{5}}}}

※この「実用化」の解説は、「ダルシー・ワイスバッハの式」の解説の一部です。
「実用化」を含む「ダルシー・ワイスバッハの式」の記事については、「ダルシー・ワイスバッハの式」の概要を参照ください。


実用化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 05:45 UTC 版)

可変電圧可変周波数制御」の記事における「実用化」の解説

営業用車両としては、1982年昭和57年)に熊本市交通局8200形電車が日本初となる(1983年ローレル賞受賞)。このインバータは逆導通サイリスタ(RCT)を用いたものであったが、一般的なゲートターンオフサイリスタ(GTO)素子による初のVVVFインバータ搭載車両は、1984年昭和59年)に登場した大阪市営地下鉄20系電車2代目)となる(高速鉄道としては日本初。しかし、試験長引いたため、営業開始日順となる下表では4番目にある)。 架線電圧1500Vでの初のVVVFインバータ制御車両東急6000系電車VVVF改造車である。1983年デハ6202に日立製作所製2500V耐圧GTO素子VVVFインバータ2台(電気回路それぞれ直列つなぎ)を搭載して各種試験経て1984年7月25日から大井町線営業運転開始された。その後1985年にはデハ6302に東芝VVVFインバータを、デハ6002に東洋電機製造VVVFインバータを、1983年改造された6202に4500V耐圧GTO素子VVVFインバータ同時に改造した新車車輌としては1984年昭和59年)の近鉄1250系電車1251編成(現・近鉄1420系電車1421編成)が最初だが、本格的な量産車輌は、1986年新京成電鉄8800形電車東急9000系電車近鉄3200系電車近鉄7000系電車1987年ローレル賞受賞及び鉄道車両初のグッドデザイン賞受賞辺りからで、これをきっかけに多くの大手私鉄地下鉄インバータ車両の試験導入経て本格的な導入開始された。 IGBT素子利用したインバータ搭載車両1992年営団(現:東京メトロ06系電車07系電車が初となる。またJR西日本207系電車0番台JR東日本701系電車、及びJR東日本901電車A編成後に209系電車900番台改造されたが装置三菱電機製GTOに取替えられた)ではパワートランジスタ(PTr)素子使用したインバータ採用されている。 1990年代以降日本での新造電車路面電車から新幹線に至るまでVVVFインバータ制御主体となった東京メトロ6000系電車小田急8000形電車など、既存チョッパ抵抗制御車の電気機器VVVFインバータ交換改造したり、果ては伊予鉄道3000系電車えちぜん鉄道MC7000形、名古屋市交通局5000形電車のように中古車両譲渡に際して電気機器VVVFインバータ交換改造した例も出現している。一方実用初期に製作され車両は、新造から20年以上経過したことから半導体素子経年劣化による制御装置交換や、一部には廃車・解体された車両出ている。 これらの改造新車導入により、営業用車両全てVVVFインバータ制御になった鉄道事業者出てきており、2012年平成24年9月には京王電鉄大手私鉄初となる全営業車両VVVFインバータ制御統一達成しJRグループでも2019年9月JR四国が全営業電車VVVF制御統一達成している。 2010年代では、SiCダイオードトランジスタ使用したVVVF開発・実用化され、従来IGBTよりもコンパクトかつ、より省電力化されインバータ登場している。新製車ではJR東日本E235系電車に初導入されたのを皮切りに神戸電鉄6500系電車JR西日本323系電車西鉄9000形電車新幹線N700S系電車採用されたほか、既存車やPTr-VVVF車、さらには初期のGTO使用した車両駆動装置更新にも使用され東京メトロ05系北綾瀬支線改造車小田急1000形更新車、京都市交通局10系更新車、新京成電鉄8800形更新車、北神急行電鉄7000系更新車(7000-A系)、西武6000系更新車、JR九州811系リニューアル車使用された。その後採用例が増加している。

※この「実用化」の解説は、「可変電圧可変周波数制御」の解説の一部です。
「実用化」を含む「可変電圧可変周波数制御」の記事については、「可変電圧可変周波数制御」の概要を参照ください。


実用化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/16 08:23 UTC 版)

クロマティックダイヤ図」の記事における「実用化」の解説

クロマティックダイヤ図実用レベル試作品完成したのは、2009年11月である。2008年2009年二度にわたるダイヤ改正により、大幅な改善なされた東西線遅延状況クロマティックダイヤ図検証していた牛田が、今まで気付かなかった微細な遅延発見する様子が、NHK総合テレビの『プロフェッショナル 仕事の流儀』(2010年2月2日放送の中で紹介された。 また、牛田並行して開発進めていたバッファインデックスBuffer Index)をクロマティックダイヤ図により可視化することで、「遅延の質」と「遅延量(遅延時間)」の変化の関係について比較検証することを試みその手法有効性各種論文など紹介している。

※この「実用化」の解説は、「クロマティックダイヤ図」の解説の一部です。
「実用化」を含む「クロマティックダイヤ図」の記事については、「クロマティックダイヤ図」の概要を参照ください。


実用化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/22 20:57 UTC 版)

光線銃」の記事における「実用化」の解説

赤外線誘導ミサイル火器管制装置等の光学センサー無力化する形式Directional Infrared Counter Measures英語版)として既に配備されつつある。物理的な損傷与え得るレーザー発振するための発振装置や、それを稼動させる動力源十分に小型化出来ていない前述の光線投射する事で事実上無力化、あるいはなんらかの破壊的な効果与え過去の・または現用兵器存在する例えば、紀元前214年-紀元前212年第二次ポエニ戦争シラクサ包囲英語版)においてアルキメデスは熱光線によってローマ軍船焼き払ったという記述ルキアノス著述残されている。これはその後再現実験において状況によっては全くの絵空事ではなかった事が実証された。 イギリス軍第二次世界大戦中1942年秋、スエズ運河防衛際に特殊改造施したサーチライト21基を設置爆撃大隊仕立てて攻撃してきたドイツ軍パイロットの目を眩ませて撃墜行っている同様のものに、歩兵近接戦闘にて敵に照射して動きを封じるSurefire等の「タクティカル・フラッシュライト」が存在する1980年代後半には中国で歩兵用レーザー銃ZM-87開発始まったとされる。これは敵の失明や、兵器光学機器破壊目的としていた。1990年代にはレーザー光照射装置用いて航空機操縦席を狙う事で、パイロットの視力を奪う兵器開発されたが、視力永遠に失わせる可能性もある事か非人道的だとして採用見送られている。1995年10月には、特定通常兵器使用禁止制限条約議定書IV失明もたらすレーザー兵器に関する議定書」にて禁止された。なぜなら、失明という治療不可重傷負わせる兵器を、低い技術力安価かつ大量に生産する事が可能でありこのような兵器の開発懸念されるべきだと考えられからである(→規制が議論されている兵器)。しかし、2018年中国ZKZM-500のような歩兵レーザー銃開発された。 一方訓練においては既に各国レーザー交戦装置が実用化されている

※この「実用化」の解説は、「光線銃」の解説の一部です。
「実用化」を含む「光線銃」の記事については、「光線銃」の概要を参照ください。


実用化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/08 23:24 UTC 版)

UHDTV」の記事における「実用化」の解説

2015年現在、各メーカーから4K液晶テレビ発売されスカパー!プレミアムサービス4K放送が実用化されている。又、ネット配信でも4K映像配信サービス登場している。

※この「実用化」の解説は、「UHDTV」の解説の一部です。
「実用化」を含む「UHDTV」の記事については、「UHDTV」の概要を参照ください。


実用化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/25 15:15 UTC 版)

ナトリウムイオン二次電池」の記事における「実用化」の解説

2021年7月29日電池メーカーである中国CATLが、ナトリウムイオン電池NIB)の商用化開始するオンライン発表した開発した第1世代NIBセル重量エネルギー密度は160Wh/kgであり、3元系リチウムイオン電池LIB)が同240~270Wh/kg、CATL主力製品であるリン酸鉄LFP)系LIBが同180~200Wh/kgであるこに対して、かなり低い値となっていた。一方、急速充放電性能一般的なLIBより高く15分80%以上を充電できるとする。加えて、-20低温環境でも定格容量90%を利用できるという。さらにはたとえ-40といった極寒環境でも電池として動作するとした。また、LIBNIB並列接続して1つパッケージ集積したABバッテリーパックソリューション」も合わせて発表した。ただし、充放電サイクル寿命量産規模などは明らかにしなかった。

※この「実用化」の解説は、「ナトリウムイオン二次電池」の解説の一部です。
「実用化」を含む「ナトリウムイオン二次電池」の記事については、「ナトリウムイオン二次電池」の概要を参照ください。


実用化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/01 05:03 UTC 版)

燃料電池」の記事における「実用化」の解説

2007年現在欧州キャンピングカーにおいて、メタノール使用したものが開発され2009年春日本仕様として、エタノール濃度調整した製品販売開始された。また、液化石油ガス (LPG) を使用するものが、数年間に採用されるまた、りん酸形燃料電池であるUTC Power製の400kWPAFCが、ニューヨークフリーダム・タワー12設置される。 なお、2009年6月4日放送されテレビ東京ニュースモーニングサテライト」で、京都ベンチャー企業携帯電話デジタルオーディオプレーヤー充電用としてから水素分離して燃料とする小型の燃料電池2010年春コンビニエンスストアで「高校生小遣い買える価格発売開始する報じられたが、詳細について不明である2009年10月22日東芝モバイル機器充電用としてメタノール燃料とする小型のモデル販売を、台数限定開始したIEC (国際電気標準会議) の安全性規格 (暫定版) に準拠、としている。 米国ニュージャージー州において太陽光発電パネル水素燃料による住宅設備フル稼働おこなわれている。

※この「実用化」の解説は、「燃料電池」の解説の一部です。
「実用化」を含む「燃料電池」の記事については、「燃料電池」の概要を参照ください。


実用化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/03 20:59 UTC 版)

ヘンリー・ベッセマー」の記事における「実用化」の解説

ベッセマー製鋼法特許5つ製鉄業者にライセンス提供したが、それら企業はよい品質の鋼を製造するのに当初から多大な苦労強いられたスウェーデン人製鉄業Göranssonスウェーデン製の純度の高い炭銑鉄を使うことで最初にい品質の鋼の製造成功したが、それまでに何度も失敗繰り返していた。その成功報告を受けてベッセマーカンバーランド赤鉄鉱から作った純度の高い銑鉄試してみたが、それでも成功限定的だった。ロバート・フォレスター・マシェットはディーン一角工場作り、そこで数千回の実験行い炭素マンガン正確な配合加えたスピーゲル作ること最終的な鋼の品質向上し可鍛性よくなることを発見したベッセマー業者改良したシステム採用させようとしたが拒絶されたため、自ら製鉄業乗りだ決心をした。友人援助シェフィールド土地購入して製鋼所建設し、鋼の製造開始した当初生産量わずかだった徐々に生産拡大していき、他の業者気づいたころには Henry Bessemer & Co. は1トン当た20ドル安値で鋼を販売できるようになっていた。すぐにライセンス申込み殺到しベッセマー100万ポンド以上を手にすることになった

※この「実用化」の解説は、「ヘンリー・ベッセマー」の解説の一部です。
「実用化」を含む「ヘンリー・ベッセマー」の記事については、「ヘンリー・ベッセマー」の概要を参照ください。


実用化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/01 09:26 UTC 版)

有機エレクトロルミネッセンス」の記事における「実用化」の解説

現在もっともよく用られている有機EL積層機能分離デバイス発光素子1987年に米イーストマン・コダック社の鄧青雲、スティーヴン・ヴァン・スライク(英語版)らによって発明された。このSH構造有機EL素子特性は、10 VのDC電圧1000 cd/m、1.5 lm/Wを達成し従来報告大きく上回ったポリマーEL研究は、1990年ケンブリッジ大学キャヴェンディッシュ研究所のJ. H. Burroughesらにより、ポリp-フェニレンビニレン)の厚さ100 nmフィルム使用した高効率緑色発光ポリマーベースのデバイス報告され最高潮達した分子材料から高分子材料への移行により、これまでの有機膜の長期安定性の問題が解決され高品質な膜を容易に作ること可能になった。その後の研究では、多層ポリマー開発されプラスチックEL有機EL研究デバイス化という新し分野急速に発展していった。1995年山形大学城戸淳二らが開発した白色有機ELは、有機ELバックライトディスプレイや照明の実用化を実現した

※この「実用化」の解説は、「有機エレクトロルミネッセンス」の解説の一部です。
「実用化」を含む「有機エレクトロルミネッセンス」の記事については、「有機エレクトロルミネッセンス」の概要を参照ください。


実用化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/06 22:50 UTC 版)

インターモーダル輸送」の記事における「実用化」の解説

マクリーン陸運会社大きくした1950年代彼はかねてからのアイデア実現に移すべく中古貨物船購入して改造しトレーラーそのまま船倉乗り入れさせて積み込む貨物船RO-RO船)を実現した。だがこれはトレーラー車輪運転席分だけ無駄なスペース必要で、もっと効率的に詰め込むため、彼はトレーラー運転席車台部分荷物入った部分分離させ、荷物入った箱型部分規格化して「コンテナ」にし、一方船側船倉全体に規格化されコンテナ積み木のように積み固定するためのガイドレール縦横設けたコンテナ船」を発明した。このコンテナを運ぶクレーン当面は船にも設置したものの、基本的に船には余計なクレーン設置せずに、港の岸壁コンテナ積み下ろし用のガントリークレーン」を設置して将来はこれを世界中の港に整備すべきだとした。マクリーン自らの陸運会社売って船会社買収し中古軍用タンカー買ってコンテナ船Ideal-X」に改造し1956年ニュージャージー州ニューアークからテキサス州ヒューストンまでを58個の金属製コンテナ積んで運航した

※この「実用化」の解説は、「インターモーダル輸送」の解説の一部です。
「実用化」を含む「インターモーダル輸送」の記事については、「インターモーダル輸送」の概要を参照ください。


実用化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 14:03 UTC 版)

ミドリムシ」の記事における「実用化」の解説

豊富な栄養素を持つことから栄養補助食品サプリメント)や野菜・果物ジュースクッキーなどに加え食材として使われている。

※この「実用化」の解説は、「ミドリムシ」の解説の一部です。
「実用化」を含む「ミドリムシ」の記事については、「ミドリムシ」の概要を参照ください。


実用化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/21 14:28 UTC 版)

光免疫療法」の記事における「実用化」の解説

小林らが論文発表した翌年2012年)、アスピリン・セラピューティクス社がNIH特許利用権取得した同社には日本の楽天出資して 楽天アスピリンとなり、2018年8月1億5000ドル調達同年12月には1億3400ドル調達再発頭頚部がん対象とした第3相試験日本を含むアジア米国欧州連合(EU)で実施することを発表した国際共同治験)。対象者275名としている。 楽天アスピリンから社名変更したは楽天メディカル の子会社である楽天メディカルジャパンは2020年9月光免疫療法医薬品アキャルックス」を日本製造販売する承認得た使用する施設限定し有効性安全性引き続き調べる「条件付き承認」であるが、光免疫療法用の医薬品はこれが世界初である。

※この「実用化」の解説は、「光免疫療法」の解説の一部です。
「実用化」を含む「光免疫療法」の記事については、「光免疫療法」の概要を参照ください。


実用化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/21 07:49 UTC 版)

直接メタノール燃料電池」の記事における「実用化」の解説

2009年10月22日東芝モバイル機器充電用として直接メタノール型の小型のモデル販売を、台数限定開始したIEC (国際電気標準会議) の安全性規格 (暫定版) に準拠、としている。ダイレクトメタノール燃料電池車への搭載予定される

※この「実用化」の解説は、「直接メタノール燃料電池」の解説の一部です。
「実用化」を含む「直接メタノール燃料電池」の記事については、「直接メタノール燃料電池」の概要を参照ください。


実用化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/24 08:48 UTC 版)

培養皮膚」の記事における「実用化」の解説

日本では大学病院などの医療機関バイオベンチャー企業中心に自家および同種の培養表皮培養真皮自家複合型培養皮膚開発臨床応用が行われてきた。現在、株式会社ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング提供する自家培養表皮商品名ジェイス®)が唯一医療用具として厚生労働省の承認を受け製品化されており、 2009年1月より保険収載されているまた、自家複合型培養皮膚も、株式会社セルバンク東海大学との産学共同事業として実用化を目指している。

※この「実用化」の解説は、「培養皮膚」の解説の一部です。
「実用化」を含む「培養皮膚」の記事については、「培養皮膚」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「実用化」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「実用化」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

実用化のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



実用化のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの実用 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのフランク・ホイットル (改訂履歴)、デルフチア・アシドボランス (改訂履歴)、キャメルバック式蒸気機関車 (改訂履歴)、モバイルアドホックネットワーク (改訂履歴)、ユンカース ユモ 004 (改訂履歴)、アームストロング・シドレー サファイア (改訂履歴)、セックスボット (改訂履歴)、ペロブスカイト太陽電池 (改訂履歴)、推力偏向 (改訂履歴)、ロールス・ロイス ウェランド (改訂履歴)、ダルシー・ワイスバッハの式 (改訂履歴)、可変電圧可変周波数制御 (改訂履歴)、クロマティックダイヤ図 (改訂履歴)、光線銃 (改訂履歴)、UHDTV (改訂履歴)、ナトリウムイオン二次電池 (改訂履歴)、燃料電池 (改訂履歴)、ヘンリー・ベッセマー (改訂履歴)、有機エレクトロルミネッセンス (改訂履歴)、インターモーダル輸送 (改訂履歴)、ミドリムシ (改訂履歴)、光免疫療法 (改訂履歴)、直接メタノール燃料電池 (改訂履歴)、培養皮膚 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS